24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

遺品整理で絶対に知っておきたい時期とタイミング

遺品整理で絶対に知っておきたい時期とタイミング
遺品整理はいつから始める?おすすめの時期とその理由

遺品整理を始めるべき時期というのに、ルールや法律、決まり事はありません。

親族や自分たちのスケジュールに合わせたり、気持ちの落ち着いた頃にやるのが良いでしょう。

しかし、やはり「一般的にはいつからやるの?」という疑問は残ると思います。

そこでこの記事では、故人の遺品整理を始める時期について、一般的な遺品整理の時期を紹介・解説していきます。

一般的に遺品整理におすすめされる時期

一般的に遺品整理におすすめされる時期

一般的には、遺品整理は以下の様な時期に始めるのが良いとされています。

故人の住環境や、親族との家の距離などによっても変わりますが、多くは「親族が集まる時」というのがポイントになります。

四十九日を迎えたら

仏教では、故人は四十九日まで現世を彷徨い、来世が決まると考えられています。

そのため、故人の魂が旅立っていく四十九日を待ってから遺品整理をする人が多いようです。

また、宗教的な理由以外にも、四十九日法要で親族が集まるため、遺品整理や形見分けがしやすいという理由もあります。

四十九日以外にも、初七日、初盆、一周忌など親戚が集まる法要を境に遺品整理をはじめ、少しずつ進めていく場合があります。

遺品整理をしていると、思いもよらない遺品や、誰かからの借り物、所有者のわからないものなどが出てくることもあります。

また、だれか個人にあてた遺品もあるかもしれません。

そのような、自分一人では判断ができない遺品があった場合にも、法要は親戚の助けが得られる良いタイミングです。

自分では価値がわからないものでも、誰かにとっては大切な思い出の品かもしれません。

知らずに廃棄してしまうなどのトラブルを避けるためにも、親族と一緒に遺品整理をするのが望ましいです。

葬儀が終わってすぐに

葬儀が終わってすぐに遺品整理を始めるメリットは、「親族が揃っていること」です。

その後の法要はそれぞれの予定などで出席できない場合も多いので、一番親族が集まるのは葬儀当日ではないでしょうか。

特に、親族と離れて暮らしていた故人の場合、遺品整理のために何度も親戚を集めるのは難しいことです。

諸手続きを終わらせてから

人が亡くなった直後は、様々な手続きをする必要があります。

死亡届だけではなく、保険や年金、場合によっては電気や水道を止める手続きも必要です。

そのため、遺品整理まで手に回らないことも多いです。

まずは、諸手続きを終わらせてひと段落ついてから、というのも一般的な遺品整理のタイミングです。

気持ちが落ち着いてから始める

やはり、遺品整理を始める時期として最もおすすめなのは「気持ちが落ち着いてから」です。

効率の良さを重視するならば、上記のような人手の多い時期が良いですが、まだ気持ちが落ち着いていないのに遺品整理に取り掛かってしまうと、正しい判断ができなかったり、ひとつひとつの思い出を大事にするあまり作業が進まないということもあります。

また、遺品整理にはどうしても「処分」がつきものです。

気持ちが不安定な時期ですと、故人が使っていたものを捨てるということを受け入れられないかもしれません。

そのため、しっかりと納得して、故人を受け入れられるタイミングで遺品整理をするのが良いでしょう。

ただし、逆に長く時間を空けすぎてしまうと、「今さら片付けるのも…」「いつでも出来るし…」と徐々に面倒に感じてしまうこともあります。

時間を空けるにしても、いつから遺品整理をはじめるか決めてからスケジュールを立てて進めましょう。

遺品整理は「いつまで」に?注意するべきポイント

遺品整理は「いつまで」に?注意するべきポイント

相続税申告期限に注意!

故人の資産を相続するためには、「相続税」が掛かります。

故人の遺した財産が、相続税の非課税額を超過する場合は、申告書を作成し、税務署に提出、納税する義務があります。

そのためにまずは遺産整理をし、相続する財産の金額などを整理・計算しなければなりません。

申告書は、亡くなってから10ヵ月以内に提出・納税をしないと控除を受けられず、さらに「重加算税」を支払わなければなりません。

相続する資産は現金に限らず、不動産や土地、有価証券など多岐にわたります。

想像以上に手続きに時間がかかってしまったケースもありますので、遺品整理はいつから始めても良いとはいえ、相続税の申告期限を意識するようにしましょう。

故人の住宅が「賃貸」の場合

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、こちらの都合に関わらずすぐに遺品整理を行う必要があります。

まずは故人が住んでいた物件の賃貸契約書を探し、家賃の支払い期日と退去日を確認します。

そして、翌月の家賃が発生しないタイミングまでに、遺品整理を済ませ、退去する必要があります。

ただし、例えば故人が月末近くに亡くなり、手続きや葬儀などで時間がかかる場合は、ご遺族が翌月分まで家賃を支払い、余裕をもって遺品整理を行うケースもあります。

特に、故人の住宅が公営住宅出会った場合、亡くなってから14日後までに部屋を引き払わないと、延滞金等が発生するケースもあるので注意が必要です。

スムーズな遺品整理をするためには

スムーズな遺品整理をするためには

この記事を読んでいる人の中には、「相続税の申告期日を知らなかった!」「法要も終わってしまって親族が集まるタイミングがない」という人もいるのではないでしょうか。

これから出来るだけスムーズに遺品整理をしたい場合、自分たちで取り組むよりも「遺品整理業者」に依頼したほうが良いケースがあります。

「不用品回収なんてゴミじゃないんだから…」と思うかもしれませんが、安心してください。

「遺品整理業者」と「不用品回収」は違います。

遺品整理業者は、単なる不用品回収業者とは異なり、遺品整理に対する知識や心遣いを持つ「遺品整理士」という資格を持っており、故人を敬った丁寧な作業をしてくれます。

遺品の中には有価証券や通帳など、見逃しがちな重要書類が混ざっていることもありますが、遺品整理の専門業者ならしっかりと仕訳けしてくれます。

自分で遺品整理をすると、故人の遺品が多いほど体力も使いますし、時間がかかってしまいます。

さらに故人が遠方で暮らしていた場合、労力はますますかかってしまいます。

急いでいる場合や、体力的に辛い場合など、遺品整理業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ