24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

遺品整理はどの業者に代行してもらえばいいの?代行業者選びのコツ

遺品整理はどの業者に代行してもらえばいいの?代行業者選びのコツ
遺品整理を代行してもらう事ってできるの?代行業者選びのコツ

今回は遺品整理の代行について説明していきます。たくさんの遺品を整理するのは時間も手間もかかってしまいますよね。すぐに片付けることができれば良いのですが、故人が無くなった後で気分が落ち込んでいる時に対応するのは容易ではありません。

そんな時に便利なのが遺品整理の代行事業者です。「遺品を見ているとなんだか悲しい気持ちになって作業することができない」「相続放棄の関係で、自分から遺品整理することができない」「まとめて遺品を買取して欲しい」と、遺品整理を代行してもらいたい理由は様々。

遺品整理の他にも提供してくれるサービスはあるのか、代行業者選びのコツなども一緒にみていきましょう。

遺品整理を代行してもらう事ってできるの?

遺品整理を代行してもらう事ってできるの?

結論から言いますと遺品整理は代行してもらう事が可能です。遺品整理の代行を専門とした業者やサイトは色々あり、さらに仕分けした不要な遺品はその場で引き取ってくれたり、同時に買取査定してもらうことが可能なので、最近では自分でやらずに代行に全てお任せしているという方も増えてきています。

専門業者なので遺品に関する知識や経験も豊富、特に思い入れのあった遺品を供養するサービスやハウスクリーニングなども利用できます。

いち早く遺品整理をしたい、遠方に住んでいるので中々作業が進まない、そんな時はぜひ遺品整理代行を検討してみてくださいね。

遺品整理代行の流れ

遺品整理代行を利用するのが初めてという方向けに簡単な遺品整理代行業者の流れをご説明しましょう。

ステップ1:問い合わせ

まずは業者やサイトに問い合わせします。

電話やメールなどで簡単に問い合わせできますし、何かわからない事があれば相談することも可能です。

直接足を運んで予約する必要がないため、忙しい方にも最適です。

ステップ2:日程の調整

次は実際に遺品を整理する日程を調整していきます。

問い合わせの段階で遺品整理する場所の住所や特徴、マンションなのか一戸建てなのか、エレベーターはあるかなどの簡単な質問に答え、下見の希望日時を決めます。希望日時を決めたら、あとはその日を待つのみ。

その日までに現在ある遺品の数や状況、そしてそのタイミングである程度残しておく物品を確認しておきます。

当日の作業をスムーズにするためにも可能であれば分かるものだけでも仕分けておくと良いでしょう。

ステップ3:遺品整理の当日

最後に当日の流れを簡単にご説明します。

遺品の仕分け作業を行います。可燃や不燃、一般廃棄物や産業廃棄物毎に仕分けを行い処分するもの、それ以外のもので分けます。

次に遺品の梱包や搬出作業と現場を清掃を行い、作業が終了した後、依頼主自身と業者で現場を確認し費用を支払って終了です。

遺品整理業者の種類

代行業者選びのコツ!有名どころは安心安全

遺品整理を行える業者は大きく4つあります。

どのような業者が遺品整理事業を行っているのか見ていきましょう。

遺品整理専門業者

まず一番始めに検討したいのが遺品整理を専門とする業者です。

覚えておきたい点は遺品整理士という「遺品整理士認定協会」が発行する資格を持っているかがポイントになります。

その資格を所有しているということは、業者のサービスのレベルがある程度保証されます。

ゴミ清掃会社や片付け業者

ものやゴミが多い場合に検討したいのがゴミ清掃会社です。

ゴミ屋敷のようにものが多すぎる場合でも迅速に対応してくれるので安心です。

町の便利屋さん

高齢者や体が弱い方の場合、重い家具や荷物を一人で運ぶことは困難です。

遺品整理業者を利用したい場合でも、地方では遺品整理を専門としている業者がいない場合があります。

その場合に検討したいのが街の便利屋さんです。

すべての便利屋さんが遺品整理事業を行っているわけではないですが、遺品整理を専門としている業者が見つからない場合は検討してみましょう。

不用品買取業者

遺品を整理して捨ててしまうだけでなく、賢く遺品整理したいという方におすすめなのが不用品買取業者です。

ブランド品などを買取する業者が遺品整理を行う場合もあります。

このような買取業者を使うメリットは遺品から買取できる品を鑑定し、買い取ってくれる点です。

専門でないと判断が難しい骨董品やブランド品が遺品の中に含まれている場合は検討してみると良いでしょう。

遺品整理業者の選び方のコツ

遺品整理業者の選び方のコツ

遺品整理業者に代行を頼む場合に基準として必ず覚えておきたいのは、遺品整理士がいるかどうかです。

遺品整理は遺品を整理するだけでなく、不動産相続、電気工事、廃棄物処理などを多くの専門知識を必要とします。

遺品整理士が所属している業者であれば、後は見積りの料金提示がどれだけ明瞭かがポイントになるでしょう。

極端に安すぎる場合は黄色信号です。作業後に何かと追加料金を徴収されてしまうかもしれません。

そうならないためにも、業者には追加料金が発生しないかどうかきちんと確認しましょう。

まとめ

遺品整理を代行に関するまとめ

今回は遺品整理の代行について説明していきましたがいかがでしたでしょうか?

遺品整理を代行できる業者はいくつかあります。少しでも時間に余裕があるのであれば不用品買取業者に連絡をして思わぬお宝を発見してみてはいかがでしょうか?

今まで代行業者に依頼していなかった方もこれを機会に遺品整理の便利な代行サービスを利用してみることをおすすめします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ