新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【金コラム】価格の長期的な流れ1

【金コラム】価格の長期的な流れ1
金価格の長期的な流れその1

金買取りは、金価格の上昇に伴って業者数が増えてきました。

では、今後金価格が下がっていくことがあったり、金買取り業者が大幅に少なくなることがあるのでしょうか。

金は長期的に見て価値の変動が起こりにくい

金は、大きく分けて経済的な影響力を持っている点、宝飾品としてその美しさが評価されている点、工業製品として優秀な金属である点、資源が非常に少なく、希少価値が高い点などから高額で取引されています。

経済的な影響力という点では歴史が長く、古くは通貨の代わりとして使われていましたし、現在でも製造費はごく僅かとなっている紙幣などの通貨の価値を安定させる働きを持っています。

そのため、経済面での金の価値は今後も大きく変動することはないと考えられています。

このままでは枯渇する可能性が高い金

宝飾品としての価値は今後の需要によりますが、工業製品や精密機械の分野では、今後も需要が増えることこそあれ、大幅に減る可能性は低いでしょう。

むしろ、金買取りによってより多くの金を回収して再利用する方向になっています。

希少価値からいくと、既に埋蔵量はある程度算出されており、仮に現在のペースで採掘を続けると20年程度で枯渇するだろうといわれています。

そのため、長期的な金価格の流れは、安定しているか、上昇傾向にあるというのが大方の見通しです。

今後の金に関する動向

このような流れを受けて、金買取りではインゴットや通貨だけでなく、不要になっている金製品ならば何でも購入するようになっています。

今後、長期的な流れでは、金は慢性的な不足状態になり、金買取りが更に活発化していく可能性があります。

ただ、宝飾品に使われている割合が大きいため、宝飾品の需要が下がった場合には金買取り価格が上昇していくと確信することはできません。

金買取りに出すタイミングは自分で測らなければなりませんが、短期的な方法としては、相場が高い日を狙って金買取り業者に持ち込んだり、複数の業者から見積もりをとって高額査定をしたところに依頼すると、より高く売却できます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金の種類

買取対象品目