ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

捨てたらもったいない!金のメガネフレームはレンズがなくても買取価値がある!

捨てたらもったいない!金のメガネフレームはレンズがなくても買取価値がある!
捨てたらもったいない!金のメガネフレームはレンズがなくても買取価値がある!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 昔愛用していた18金のメガネフレームを売りたいです。いくらになりますか?

  • A
  • 使用されている金の純度や使用範囲により価格が異なります。一度拝見いたしますのでこちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 遺品整理で祖父が愛用していた金縁のメガネを譲り受けました。どのくらいの価値がありますか?

  • A
  • バイセルでは金製のメガネフレームなど多数の実績がございます。買取実績をご覧ください。

その他、金のメガネフレームに関する価値や買取について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

コンタクトレンズが広く普及したこともあり、近年、メガネをかける方の数は減少傾向にあります。

使わなくなった不要なメガネをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

メガネのフレームには金が素材として使われていることが多く、買取に出せば高額買取となることも少なくありません。

ここではそんな金のメガネのフレームに焦点を当て、査定方法や気になる買取相場をご紹介します。


金のメガネフレームは売れる!

メガネのフレームは売ることができます。

メガネは使っている人に合わせてサイズやレンズを調整しているので、バッグや財布のように高値で取引されるのが少ない傾向にあります。

しかし、ブランドのメガネやフレームに金が使われているメガネは高値で売れやすいです。

金縁のメガネは、メガネとして査定するのではなく、金製品としても査定を行います。

そのため、傷や付属品の有無に関わらず金の価値として査定できます。

フレームに金が使われているメガネをお持ちなら、ぜひ査定に出すことをおすすめします。

金のメガネフレームを売るならバイセルへ!

金、プラチナ、ダイヤが使われたフレームは貴金属としての価値があるため、自信をもって査定に出すことをおすすめします。

金かどうか分からない場合も、金に詳しい査定員が判断しますのでご安心ください。

使わないメガネフレームがありましたらバイセルへお問い合わせください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

メガネフレームの査定方法

金フレームのメガネの査定金額は貴金属の重量で決まります。

査定方法は分解査定と概算査定があり、それぞれ特徴があります。

・分解査定…メガネを分解して貴金属の正確な重量を測る

・概算査定…分解せずに貴金属以外の部品を差し引いて概算額を出す

分解査定を選ぶと、メガネの種類によっては戻せなくなる可能性があります。

そのため、売却を検討している段階の方は概算査定を選ぶことをおすすめします。

金のない部品(鼻当て、耳当て、レンズ)がついていると、貴金属だけの重さが正確にわからない可能性があります。

分解しない状態で査定する場合は貴金属以外の部品を引いた概算額を提示します。

なお、フレームの重量はフルフレーム、ハーフフレーム、フレームレスの順で軽くなっていき、基準はどの買取業者でも同じです。

メガネフレームに使用される金の種類

金色でないから金が含まれているメガネフレームではないと決めつけないでください。

金フレームのメガネにはホワイトゴールド、ピンクゴールド、中にはプラチナを使ったものもあり、高値で買い取りされやすいです。

金かどうかはフレームの刻印を確認する

ネックレスやリングにも刻印があるようにメガネにも刻まれています。

メガネのフレームが金なのか分からなければ、フレームの内側、レンズとレンズの間、鼻あてを確認してみましょう。

「K18」や「K14」などの刻印があれば、金の可能性が高いです。

金フレームのメガネの素材には、18金や14金を使用するのが主流なので「K18」や「K14」の刻印が多いです。

24金(K24)は柔らかい素材なので、メガネの加工には相応しくなくほとんど流通していません。

また、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドは、それぞれ「K14WG」「K14PG」「K14YG」と刻まれています。

偽物の金の刻印もある

金メッキは、地金の上に金箔(きんぱく)を張ったもので、刻印にも特徴があります。

例えば、「1/20 12K」は「1/20ミクロン」という意味で、12金メッキです。

他にも「K18GP」や「K18 1/10」などの表記がある場合は偽物の可能性があります。

また、Kが後にあるか前にあるかによって金性が変わります。

Kが後にあるものは「あとK」と呼ばれ、刻印どおりの金性である一方、当時の技術レベルによって正確な金の含有量でないこともあります。

年代が古いメガネや明治以前のメガネをお持ちなら、刻印がなくても金が使われている場合があるので、査定員に見てもらいましょう。

金縁メガネフレームの買取価格や相場

金縁メガネフレームの買取相場については、フレーム自体の重さで査定します。

前述した通り、金のメガネフレームの買取相場はフレームの重さで決まります。

査定当日の金相場をもとに<1gあたりの金相場×フレームの重量や純度で、だいたいの買取相場が算出できます。

例えば、K18で金の重量が19.4gのフルフレームとK14で金の重量が27gのフルフレームなら、K18金の方が純度が高いので査定金額が高くなりやすいです。

買取業者の多くは独自の査定基準を設けているため、ご自分で計算するのが難しいのであれば査定に出すことが近道です。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目