ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介
金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

近年の日本では金融商品の利率が極めて低くなっているため、実物資産としての金に人気が集まっています。

また、金を使ったジュエリーは、時代や地域を超えて普遍的に愛されています。

では、このような金地金や金製品を買取に出す場合、買取価格はどのようにして決まるのでしょうか。

金相場の概要や、金の買取価格の計算方法、金の買取相場の計算例などをご紹介します。

金の買取価格には世界の金相場が影響

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

買取市場における金の買取価格は、世界の金相場に連動しています。

世界には4大金市場(ロンドン・ニューヨーク・香港・チューリッヒ)をはじめとして多くの金市場があり、これらの市場の情勢で世界の金相場は決まります。

例えばインフレ時には通貨の価値が相対的に下がるため、インフレの懸念があるときには実物資産である金の需要が高まります。

また、金融緩和が行われると金融商品の金利が下がるため、やはり実物資産である金の需要が増します。

このように金市場での金の需要が高まると、世界の金相場も高くなります。

反対に、金の需要が下がれば世界の金相場も安くなります。

日本での金相場には為替相場も影響

金の国際価格は米ドル建てで表されます。

従って、日本における(円建ての)金相場を考えるときにはドル円相場の影響も受けます。

仮に金の国際価格が1g=50ドルだとします。

1ドル=100円の時には、円建ての金相場は、

金1g=50ドル×100円=5,000円

となります。

これがもし1ドル=120円だと、

金1g=50ドル×120円=6,000円

となります。

このように考えると、日本における金の買取相場について考えるときには、為替相場の変動も無視できないでしょう。

金製品の買取価格はどのように計算される?

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

金相場は金の国際価格の情勢によって変動しました。

金製品の買取価格もこの金相場に基づいて計算されるのですが、具体的にはどのような計算が行われるのでしょうか。

金製品の買取価格の計算方法

金製品の価格は、おおまかには以下の計算式で算出されます。

金製品の価格=地金価格 × 金製品の重量 × 金品位

地金価格とは、金の国際価格をもとに決められる金自体の価格です。

地金価格は毎日変動し、日本経済新聞などにも掲載されます。

金品位とは、金製品に含まれる金の割合のことです。

金の含有割合によってK24・K18など呼び方が変わります。

宝石がついた金製品の買取価格

指輪やネックレスなどで、宝石がついている金製品も多く存在します。

そのような宝石付きの金製品を買取に出す場合、買取価格はどのように計算されるのでしょうか。

宝石がついた金製品の買取では、金と宝石をそれぞれ査定し、その合計額を算出します。

宝石付き金製品の価格=金部分の価格+宝石部分の価格

宝石は同じ種類、同じ大きさ・重量であっても、色味や傷などの様々な要因によって買取相場が異なってきます。

従って、宝石がついた金製品の適正な価値を見極めるためには、金・宝石の双方に関する高い専門性を持っている必要があります。

宝石のついた金製品を買取に出すなら、幅広い分野について専門性を持った買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

金品位の種類

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

金製品に含まれる金の割合、つまり金の純度のことを金品位といいます。

通常、金品位が上がるほど、単位質量あたりの金製品の買取価格は高くなります。

そして、一般的な金製品に使われる金の品位には、いくつかの種類があります。

ここでは代表的な金品位の種類と、それぞれの特徴についてご紹介します。

K24

K24は、いわゆる純金(純度99.999%以上)のことです。

硬さは全ての金品位の中で最も柔らかく、変色や腐敗をしないという特徴があります。

柔らかく変形しやすいため、指輪やネックレスなどのジュエリーというよりは、金貨やインゴット(金塊)などとして使われます。

K22

K22は金の純度が22/24、つまり約91.7%のものをいいます。

金貨などの用途のほか、高品位のジュエリーとして使われるケースも多いです。

純金よりは丈夫なものの、やはり金の含有率が高くて比較的柔らかいです。

K22の金製品は傷がついたり変形したりしやすいため、取り扱いには注意が必要です。

K21.6

K21.6は金の純度が21.6/24、つまり90.0%のものをいいます。

用途としては金貨が多く、アメリカのインディアン金貨・フランスのナポレオン金貨・メキシコのペソ金貨など、コインコレクターにとってお馴染みの金貨の中にも、K21.6のものは多くあります。

K20

K20は金の純度が20/24、つまり約83.5%のものをいいます。

用途としては印台や甲丸リング、ブレスレット・ネックレスなどのアクセサリーが中心です。

また、金歯にもK20が使われているケースは多いです。

K24やK22に比べれば硬度があるためアクセサリーにも向きますが、扱いに注意しなければ傷がついてしまう恐れはあります。

K18

K18は金の純度が18/24、つまり75.0%のものをいいます。

用途としては、指輪・ネックレス・ブレスレットなどのアクセサリーが多いです。

K18は加工しやすい柔軟さと適度な丈夫さがあり、金の光沢の美しさもあることから、ジュエリーに最適の品位とされます。

また、割金の種類によってピンクゴールドやホワイトゴールドなどのカラーバリエーションを作ることができるのも魅力です。

ジュエリー以外にも時計・ライター・カメラ・スマートフォンケースなど、その用途は広くあります。

K14

K14は金の純度が14/24、つまり約58.5%のものをいいます。

金の純度が低いために、硬度が高くて金製品として丈夫なことに加え、比較的安価に金製品を楽しめるという特徴があります。

K14はブレスレット・ネックレス・ピアス・指輪などのアクセサリー、留め金やカフスといった丈夫さが求められる金属パーツ、万年筆のペン先や眼鏡のフレームといった日用品など、幅広い用途に用いられています。

品位ごとの金の買取相場はどう計算する?

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

一般に金製品に使われる金品位にはいくつかの種類がありました。

では、それぞれの品位の金について、買取相場を計算するにはどうすれば良いでしょうか。

品位ごとの金の買取相場は、

品位ごとの金の買取相場=純金の買取相場×金の純度

という計算式で求めることが出来ます。

ここでは、仮に純金の買取相場が1gあたり6,000円だとした場合の、それぞれの品位の金の1gあたりの買取相場を表にしてご紹介します。


金品位純金の買取相場が1g=6,000円のときの計算式1gあたりの買取相場
24K6,000(円)×100%6,000円
22K6,000(円)×91.7%5,502円
21.6K6,000(円)×90.0%5,400円
20K6,000(円)×83.5%5,010円
18K6,000(円)×75.0%4,500円
14K6,000(円)×58.5%3,510円

ただし、これはあくまでも理論上の買取相場であり、買取業者ごとの実際の買取価格は異なる場合があります。

また、その金製品のブランド・希少性・保存状態などによっても買取価格は変化します。

これはあくまで目安程度と捉えてください。


金の買取でよくある質問:Q&A

金の買取価格はどのように決まる?金相場のしくみと計算方法をご紹介

金の買取サービスを初めて利用するときには、様々な疑問点はつきものです。

そこでここでは、金の買取サービスに関するよくある質問をまとめ、それぞれについて解説します。

傷や汚れのある金製品も買取してもらえる?

金製品は素材である金自体に高い価値がありますから、傷や汚れがあるからといって買取を断られることはほとんどありません。

ただし、ブランドのジュエリーなどでは、傷や汚れによってデザインが損なわれている場合、買取価格が下がってしまう可能性はあります。

しかしその場合でも、傷を自分で修復しようとしたり、強引に汚れを落そうとしたりすると、かえって傷を広げるなど保存状態を悪くしてしまう可能性があります。

金は金属の中でも柔らかいため、自分で手を加えるのは危険です。

傷や汚れがあっても、まずはそのままの状態で査定に出してみましょう。

チェーンが切れたネックレスなども買取してもらえる?

チェーンが切れてしまったネックレスでも、専門の職人であれば修理できるケースは多いです。

また、たとえ破損は直らなかったとしても、金製品は素材の金自体に高い価値があります。

買取してもらえる可能性は極めて高いでしょう。

この場合も、自分で修理しようとせずにそのままの状態で査定に出すことをおすすめします。

大判・小判や外国金貨などの古銭・コインも買取してもらえる?

大判・小判などの古銭や海外金貨などのコインも、金製品であれば買取してもらえる可能性は高いです。

ただし、貴金属買取業者を利用した場合には、あくまでも金自体の価値のみに着目して買取価格が決定されることになります。

古銭や海外コインには、金としての価値以外にも、歴史的価値やコレクションとしての希少価値が認められることもあります。

そういった付加価値も含めて総合的に査定してもらうためには、貴金属に加えて古銭・コインの専門性も持った買取業者を利用するのがおすすめです。

どんな買取業者を選べば良い?

貴金属を専門に買取している業者は多いです。

金地金を買取してもらうなら貴金属専門の買取業者でも問題ないのですが、種々の金製品を買取に出す際には、それぞれの金製品に合った買取業者を選ぶのがおすすめです。

ブランドジュエリーなら貴金属だけでなくジュエリーにも強い買取業者を、大判・小判や海外金貨なら古銭・コインにも強い買取業者を選ぶようにしましょう。

そのように幅広い専門性を持った買取業者を選ぶことで、地金としての金の価値だけでなく、デザインの人気や希少価値なども踏まえた、より適正な買取価格をつけてもらうことができるでしょう。

おすすめの買取方法は?

買取業者の買取方法には大きく分けて、品物を買取店の店頭に持ち込む「持ち込み買取」・品物を買取業者に送付する「宅配買取」・買取業者の査定員が利用者の自宅まで来てくれる「出張買取」の3つがあります。

このうち、金製品の買取でおすすめしたい買取方法は、出張買取です。

金製品の買取を利用する人は1点だけでなく複数点、人によっては非常にたくさんの金製品をお持ちのことも多いです。

1つの金製品を査定してもらってから、「それだけの買取価格がつくならあれもこれも査定してもらおうか」という気持ちになるのはよくある話です。

ところが、追加の査定を依頼しようにも、持ち込み買取なら自宅まで取りに帰らなければなりませんし、宅配買取ならもう1度送付しなければなりません。

その点、出張買取なら買取業者の査定員が自宅まで来てくれますから、追加で査定してもらいたい金製品を思いついたら、その場で見てもらうことができます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目