ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

刻印なしの金も信頼できる業者を選べば適正価格の買取が可能!!

刻印なしの金も信頼できる業者を選べば適正価格の買取が可能!!
刻印なしの金も信頼できる業者を選べば適正価格の買取が可能!!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 刻印がない金のジュエリーを持っています。いくらになりますか?

  • A
  • 刻印で判別できない場合は金の純度をお調べした上でお値段をご提示いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から刻印のない金のインゴットを譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • お品物の状態を拝見してからの判断となります。バイセルでは金製品の査定実績が多数ございますので買取実績をご覧ください。

その他、刻印がない金の買取業者に売るときの選び方を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

金は、純度ごとにK24、K22、K18、K14、K10、K9などに区別されています。

見た目では分かりにくい純度の違いも、刻印で判別できます。

しかし、刻印がなかったり傷ついて読めなくなった金もあります。

刻印がない金は、高値で買い取られにくいと思われがちですが、最近では適正価格で買い取ってくれる業者が増えているようです。

本記事は、刻印なしの金を適正価格で買取してもらう方法をご紹介します。

金製品が本物かどうかを見極める方法

刻印なしの金も信頼できる業者を選べば適正価格の買取が可能!!

ここでは、金が本物かどうかを自宅にあるもので見極める方法をご紹介します。

金に磁石を近づける

金に磁石を近づけて、本物かどうかを判別する方法もあります。

金、銀、プラチナなどには磁石にくっつかないため、くっついたら金メッキである可能性があります。

ただし、銅、鉄、ニッケル、スズ、アルミなどの金属が入っていると、磁石に反応するので参考程度に留めておきましょう。

金の色・見た目を確認する

金メッキを長期間使っていると擦れてメッキが剥がれたり、金箔が剥がれて中の金属が見えることがあります。

このような金は偽物の可能性が高いでしょう。

また、金は純度によって色が変わります。

刻印がない金でも色の違いで本物かどうかを確認できます。

一般的に純度の高い金はオレンジに近い色で、純度が低くなるにつれて黄色の明るさが強くなります。

偽物の場合は金の色が明るすぎてテカテカしているなど、違和感があるものが多いです。

ただし、精度の高い偽物は金の色や見た目では判別しきれない恐れがあります。

偽物と思われる金には以下の3種類があります。


・金メッキ製品(金が入っていない)

・金の純度が低いのに高いと偽っている製品

・一部だけに金を使っている製品


金メッキとは金が入っていると偽った製品で、表面に電気分解で細かくされた金を貼ったものです。

また、アクセサリーの留め具やチェーンをつなぐ部分などに金メッキを混ぜて、純度が高いように偽っているものもあります。

金に刻印があってもなくても、本物かどうかを見極めるのは難しいでしょう。

バイセルなら刻印なしの金製品も真贋をしっかり査定します!

刻印がない金は偽物かどうかの判断が難しいからこそ、専門の査定員の手を借りる必要があります。

刻印がなくても査定員が金の純度まで調べて、金の純度が高いとわかれば査定金額が上がる可能性が期待できます。

バイセルの査定員は金の査定・買取実績が豊富にあるのでご安心ください。

刻印なしの金製品を持っていて価値が知りたい方・現時点での査定金額が知りたい方は、バイセルにお問い合わせください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

金買取の注意点

刻印なしの金も信頼できる業者を選べば適正価格の買取が可能!!

刻印あるなしに関わらず、金を買取に出す前に注意すべきポイントがあります。

金を買取に出す前に押さえておきましょう。

金価格は日々変動するので相場を把握できるようにする

金は不動産やプラチナと同じく、それ自体に価値がある実物資産の一つであり投資用商品です。

金製品の価格は日々のレートによって変わり、「買取当日の地金価格」×「金貨の重量」の計算式で決まるため、だいたいの金の価格が想定できるでしょう。

地金価格はg単位で決められており、金貨の重量が大きくなるほど当日の地金価格の影響を受けます。

また、国内の金相場は金買取業者のホームページにある「本日の金レート」や、田中貴金属工業のホームページにある「日次価格推移」で見られます。

どちらも1か月間のグラム単位における金の相場価格のグラフが掲載されているので、前日と比べてどのくらい変動しているかがわかるでしょう。

金は他の金属と比べて柔らかく傷つきやすいので保存状態に気を付ける

純度の低い金には、アクセサリーに使えるように銀やプラチナなどを入れて強度を高めていますが、K24などの純度の高い金には他の金属が入っていないので、非常に柔らかくて傷つきやすいです。

資産価値の高い金は保存状態が悪くても買取できます。

しかし、素材の柔らかさが原因で気づかないうちに傷だらけになる恐れもあり、保存状態が悪くなった分だけ査定金額が低くなってしまう恐れがあります。

金のアクセサリーやインゴットのお手入れは、表面に付いたホコリや汚れを乾いた柔らかい布で拭いて、付属品の箱に入れて直射日光が当たらない場所に保管しましょう。

何年も使ったアクセサリーの場合は、汚れが落ちないからとゴシゴシ拭いて新しい傷をつけないように、汚れをさっと拭くだけにとどめておきます。

刻印なしの金製品を買取に出すときのコツ

刻印なしの金も信頼できる業者を選べば適正価格の買取が可能!!

リサイクルショップではなく買取業者を利用する

刻印なしの金は、買取業者に売るのが得策でしょう。

リサイクルショップは不用品をまとめて持って行っても、ほとんどの品を買い取ってくれますが、金買取に熟知したスタッフがいない可能性があります。

刻印なしの金は、価値の判別が不可能と見なされて、安い査定金額になるかもしれません。

リサイクルショップに売りに出した金が、純度が高い金だとしたらもったいないですよね。

しかし、金買取を専門にしている査定員は、刻印がないものでも価値が見い出せるノウハウを持っています。

刻印なしの金は、金を専門にする買取業者で査定をしてもらうことをおすすめします。

複数の買取業者に査定してもらう

買取業者に査定してもらうと決めたら、複数の業者に相見積もりをしてもらってから1つに絞ることをおすすめします。

買取業者によって査定の質が違う場合があり、金の価格だけや金の価値+ブランド価値(ジュエリーの場合)を合わせた価格で査定金額を提示する業者もいます。

ですから、いくつかの業者に査定金額を出してもらって、最も査定金額が高い業者に買い取ってもらう方が賢い選択です。

買取にかかわる手数料が無料の業者が多いため、自分の希望に合った業者をじっくり見つけられます。

バイセルは査定・出張料などの手数料が無料

買取業者を見つけるのに少々手間がかかるので、金の買取を検討しているのであれば金の買取実績多数のバイセルはいかがでしょうか。

専門知識のある査定員がお電話1本でご自宅に伺って、買取後はその場で査定金額をお渡しできます。

金を売りたいのであればぜひお問い合わせください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目