ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

金の買取に年齢制限はある?未成年者が買取を利用する際の注意点まとめ

金の買取に年齢制限はある?未成年者が買取を利用する際の注意点まとめ
金ルール

世界的な不況の結果、実物資産である金の需要が高まり、金価格は高騰しています。

そして延べ棒や金塊の形状をしていなくても、金が含有されていればアクセサリーなどでも買取対象になり得ます。

箪笥の肥やしになっている、滅多に身に着けることのないネックレスが実は純金製で、高額買取されるかもしれません。

ここではインゴットやアクセサリーに含有される金の売却を考えている方に、金買取の基本的なルールや年齢制限の有無、注意点等を紹介します。

金の買取の概要

金ルール

金の買取は日々変動する金価格に基づいて、貴金属を買取対象とする質屋やリサイクルショップなどの買取業者が、インゴットや金を含有する貴金属製品などを買い取ることです。

買い取りされた金はその後、アクセサリーの加工業者や金を材料として用いる機械の製造業者に販売されて再加工されるケースや、投資家に対して販売されることが多いです。

「金メッキ・金張り」は値が付かないことが多い

貴金属を買取対象品としている業者とはいえ、高額買取を期待していた貴金属製品が、買取を断られてしまうこともあります。

たとえば、金メッキ・金張りされた製品です。

「金メッキ」や「金張り」という、土台となる素材は真鍮などでできており、表面に純金を被膜したり合金して、見た目を金一色にする技術があります。

金メッキ・金張りされた製品は金の含有量が非常に少なく、また製品としての価値も低いものが多く、買取を断られる可能性が高いので注意しましょう。

金メッキは英語で「GF(Gold Filled)」金張りは「GP(Gold Plated)」と言い、どちらも純金を偽るための詐術ではなく、れっきとした高度な製造技術です。

それ故、純金を謳う贋作でなければ「GP」「GF」と刻印されることが多く、その場合は買取を断られるかもしれません。

また、純金は磁石に反応しませんが、土台となる安価な金属が鉄を含有していると、磁石に反応してくっ付きます。

買取に出したいものが純金製か否かを調べることのできる、身近な方法です。

金買取に年齢制限はある?

金ルール

未成年者や18歳未満者であっても、純金製の指輪を譲り受けたりして所有している人もいるでしょう。

それでは買取においても、法的に金の買取を未成年から行ってはいけないなどの規制は存在するのでしょうか。

古物営業法では未成年の利用を禁止していない

古物営業法という法律に則って、古書店やリサイクルショップ、貴金属買取店は運営されます。

そして古物営業法に、未成年からの買取を禁じる規制は存在しません。

本人確認書類の提示を求める目的は本人確認であり、古物営業法が義務化しているのは「本人であることの確認」のみです。

青少年保護条例では規制されることが大半

青少年保護条例は、都道府県ごとに内容が異なりますが、その多くは未成年または18歳以下の者からの買取行為を禁じています。

未成年者が、親のアクセサリーを無断で売りさばこうと試みるケースは多いでしょう。

買取業者がこれに応じてしまった場合は、未成年者からの買取で青少年保護条例違反となる場合があります。

また、本人確認を怠ったから未成年だと判別できなかったのだと理解され、古物営業法違反も適用される可能性が高いです。

結果、未成年と取引をすることで条例違反となり、買取業者に営業停止や指導が入るなどのリスクの発生可能性が生まれます。

そのため、未成年者が金の買取を業者に依頼しても、概ね断られるでしょう。

どうしても未成年者が金買取を利用する条件

金ルール

未成年者・18歳未満の者でも、お金を貯めて純金のアクセサリーを購入することはできますし、そこには何の違法性もありません。

例えばそのアクセサリーが不要になったから売ってお金にしたい場合は、どうすれば買取してもらえるのでしょう。

保護者の同意があれば買取可能な業者もある

一部の買取業者は、保護者の同意書の提出を求めた上で、電話確認も取れると買取に応じてくれます。

非常に厳重な確認システムと言えますが、それほど未成年・18歳未満者からの金やアクセサリー買取はリスクを伴う行為です。

未成年者が自分で店舗を訪れ純金製の製品を買い取ってもらうなら、まずは保護者からの捺印と署名が必須の「保護者同意書」に類する書類を用意します(書類は店舗・業者が作成したものです)。

その場で保護者に電話連絡して事実確認する店舗の場合は、その旨を保護者に伝えておくなど、事前の準備が多く非常に手間がかかります。

金を売る場合は買取相場に注目

金ルール

成人で身分を書類で証明できる人は、問題なくお持ちのインゴットや金を多く含有するアクセサリーを買い取ってもらうことができます。

どうせ売るならば、できるだけ高額でというのは誰しも望むことですよね。

金をできるだけ高く売却するには、そのタイミングが非常に大事です。

製品価値ではなく、金地金(純粋な貴金属としての金)価値で買取額が決まるのが金の買取の要です。

その日の金の相場・金価格はインターネットや新聞で簡単に確認できます。

金価格の高騰は長期間続いていますが、日々多少の価格変動が起きており、また大きな事件や天災で急落したり、より高騰することもあります。

重量が大きい純金製品やインゴットを買取に出す場合、少しでも金価格の高い日を狙って査定してもらえば、大きく数字に差が出てくるはずです。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目