ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

金ジュエリーの売却前に知っておきたい金買取のこと

金ジュエリーの売却前に知っておきたい金買取のこと
金ジュエリー

昨今の世界的な金相場の高騰により、投資家の間でも金の売買が増加しています。

お手元にある金ジュエリーも高く売れるかもしれません!

以下では、そんな金ジュエリーの売却や金の買取についてご紹介します。

金・ゴールドジュエリーの売却前に知っておきたいこと

金やプラチナなどのネックレスやリングを売る方は多いと思います。

しかし、その際に注目しておきたいのは、そのリングやネックレスに宝石が付いているかどうかです。

この宝石が金と同等、もしくはそれ以上の高額買取になる可能性があります。

ジュエリー類の買取対象のもの

実際に高額買取ができるジュエリーは、貴石や半貴石と呼ばれる天然石が金属についているものです。

永遠の輝きと言われるダイヤモンドやルビー、サファイアやエメラルドなどを貴石と呼びます。

これらは、希少価値が高く、その石の硬度が7以上のものを指します。

一方、半貴石はアメジストやガーネットなどの硬度が低く、多量に産出できるものをいいます。

貴石の方が高額買取になる可能性はありますが、どちらもジュエリーに当たるので、金よりも高額買取になる可能性があります。

金の素材で作られたアクセサリーは壊れていても買取可能

ご愛用のアクセサリーの中には、何かにぶつけた等で欠けてしまった・ジュエリーを留めていた部分が壊れた、なんてケースもあるかと思います。

一般的なアクセサリーですと価値の低下を招いてしまう事例ですが、金の素材が使われたアクセサリーであれば、壊れていても高額買取の可能性は十分にあります。

その理由は、金そのものでも価値があるからです。ですから、壊れてしまったと諦めてしまう前に、買取業者へ相談してみましょう。

壊れていても純度が低くても高く買い取ります!

どの金の純度でも素材自体に価値があるので、壊れていても純度が低くても高額買取の可能性が高いです。

金相場は高騰しており、金が欲しい人の需要が高いので売るタイミングは今が断然おすすめです。

金を売りたいならバイセルへお問い合わせください!

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

金の純度や金の色ごとの買取相場

金の買取は非常に奥が深く、純度や相場について知識がないと損をしてしまう可能性もあります。

そこで以下では純度や種類、相場に触れつつ高額買取の可能性を探っていきます。

金の純度について

金の品位、つまり金の純度には、投資商品としてK24(24金)をはじめ、リングに多く見られるK22やK21.6などがあります。

またアクセサリーの金性として、不動の地位にいる18金は「K18」として表記されています。

金の色や種類について

ジュエリーに使われる金の色は、純正のゴールドを筆頭に、ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドなどがあります。

これらは、他の金属を混合させて、精製しています。

これは色をつけるだけでなく、柔軟性やその貴金属の強度を高めるために、することが多いです。

金の相場や価値について

金の相場を知る上で必ず押さえておきたいこと、それが「金市場の相場」です。

金市場の相場は新聞にも載っていますし、インターネットで簡単に調べることができます。

ご存知の方も多いですが金の相場は2000年初頭からわずか10年程度で4倍以上というまさに大暴騰と言える高騰ぶりをみせています。

近年類を見ない上昇の要因として、2001年9月11日の米国同時多発テロを起因とした「米国中心の信用経済への不安」が加速が挙げられます。

特にに世界の基軸通貨であるドルによる不安が増大し、それに伴い日本の金の価値が引き上げられたためと推察されます。

宝石つきの金ジュエリー査定ポイント

ジュエリーの地金は、金を筆頭にプラチナやシルバーなど地金の価値が高いものがほとんどです。

そして、石に大きな加工を追加していない天然石などの宝石素材を使ったものが高額買取になりやすいです。

またこの場合、石座(石を土台にしている部分)の裏や側面に隙間があるのは、よいデザインとして高額買取になる可能性があります。

このように、宝石のみ、金のみで査定をするのではなく、ひとつのジュエリーとして査定をする業者が大半でしょう。

そしてそのジュエリーは金と宝石が一緒であるからこそ希少価値が生まれ、状態にもよりますが、高額買取になる可能性は高いです。

金ジュエリーでは人気の高い18金

18金は、金75%とパラジウムなどの白金属を25%混ぜた合金です。

白金属を混ぜると金色が白く変わり、ホワイトゴールドとして結婚指輪などに多く使われています。

ホワイトゴールドは強度が高いうえに明るい白さを放つので、美しいジュエリーに仕上がります。

また、18金アクセサリーには「750」という表記や刻印が見られ、K18(18金)を意味します。

18金の金の含有量は75%なので「750」と表記されます。

18金のジュエリーの買取について

18金が使用されたジュエリーは数多く存在し、アクセサリーに使われる傾向が高いことからノーブランドであっても使用されるほど。

そのため金の買取においては多く取り扱われる素材ですし、ノーブランドであっても高値になることは比較的多い傾向が見られます。

価値が安いと思われがちな10金ジュエリーの買取価格

10金と聞くと、チープなイメージかあるいは聞いたことないという方がほとんですが、10金も高額買取の可能性があります。

過去に10金は存在していない純度でした。

10金は、昨今の金需要の高騰によって18金のように純度の高いアクセサリーを購入できない人のために作られたグレードと言われています。

チープな印象を抱かれやすい10金ですが、現在も需要は絶えず高額買取に期待できる金の一つです。

10金は金の含有量は42%で、残りはニッケルや亜鉛などの金属が含まれています。

純金に比べて色合いがやや淡く、純金よりも硬さがあるため、アクセサリー製品に使われます。

ただし、10金を使用したアクセサリーは錆びやすい傾向が強く、細やかな手入れが必要です。

金ジュエリー買取のQ&A

金ジュエリー
1点からでも買取可能?
ほとんどの業者が買取可能です。1点のみの買取でも純度や重量、査定時の金祖揖場によっては高額買取になる可能性が大いにあります。
金ジュエリーも売却のタイミングは重要?
タイミングは重要です。宝石は現在、人口で精製しているものも多くありますが、天然物の天然石にはかないません。将来宝石の製造技術が進歩すれば、金ジュエリーであっても、金のみの値段しかつかなくなってしまう時代がくるかもしれません。
汚れやキズは買取価格に影響する?
地金部分であれば買取価格に大きな影響は出ませんが、宝石の部分は関係があります。目視では確認できない傷や、内包物により輝きが変わってしまいます。そういった意味では多少、価格の下落につながってしまうでしょう。
刻印がなく、品位が不明なものでも価値はある?
刻印がなくても金やプラチナである可能性は十分あります。海外で購入されたものや、国内でも製造年代の古いものは、刻印されていないケースもあり、すぐには品位の判別がつけられないものもあります。品位が不明な金をお持ちの場合一度、業者に見てもらうことをおすすめします。
 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目