24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

ホワイトゴールド(WG)人気の理由とは?金買取のポイントを解説

ホワイトゴールド(WG)人気の理由とは?金買取のポイントを解説
ホワイトゴールド

最近ポピュラーになってきているホワイトゴールドとは、どういうものなのでしょうか。

日本語ではプラチナのことを「白金」と表現するため、ホワイトゴールドと混同している方も多いかもしれませんが、実際はまったくの別物です。

ここではホワイトゴールドについて、その特徴と買取のポイントを見ていきましょう。

ホワイトゴールドとは?

金はその純度によって、24金、22金、18金、14金、10金の5段階に分類されています。

そのなかでも特によく目にするのが、混合物が入っていない99.99%純粋な金である24金(24K)と、75%が純金である金を18金(18K)です。

18金は、残り25%を銀や銅など、金以外の金属を混ぜて作られます。

18金は、その混合物によって、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールド、グリーンゴールドなどの種類に分けられます。

そのうちのひとつであるホワイトゴールドは、金のほかに、銀とパラジウム系の金属を混ぜて作られています。

パラジウム系の金属を混ぜることによって、白っぽい色になるため、ホワイトゴールドと呼ばれています。

ホワイトゴールドは、純金以外の金属が混ぜられているため、硬くて丈夫です。

そのため、結婚指輪など傷が付いたり変形したりしやすい、普段使いのジュエリーを作るのに適しています。

また、比較的安価で手に入るため、親しみやすいのも特徴です。

ただし、上述のとおり、ホワイトゴールドには金以外の他の金属が含まれているため、金属アレルギーのある人は着用に注意が必要になります。

ホワイトゴールドはなぜ白い?

先述のとおり、ホワイトゴールドは、パラジウムを混ぜることで白っぽくなります。

ただし、完全な真っ白にはなりません。

そこで、多くのホワイトゴールドのジュエリーは、表面をロジウムという白色の金属でコーティングすることで、より白っぽいゴールドに近づけています。

なお、18金のなかには、ホワイトゴールドのほかにも、銅を含んでピンク色をしているピンクゴールドや、銀を多く含んでいるグリーンゴールド、銀と銅が等量で含まれているイエローゴールドなどの種類があります。

ホワイトゴールド人気の理由

ホワイトゴールドが人気を集めている理由としては、以下が挙げられます。

落ち着いた控えめな色

ホワイトゴールドは、イエローゴールドなどよりも、落ち着いて控えめな印象があります。

このプラチナにも似た色が、人気の理由だと考えられます。

価格の安さ

ホワイトゴールドは、同じく白っぽい色のプラチナに比べると、価格が低いことも人気の理由です。

ただし、近年では金の価格が高騰しているため、以前に比べてプラチナとの価格の差は小さくなっています。

付け心地のよさ

ホワイトゴールドは軽いため、指輪などの付け心地がいいというのも人気の理由のひとつです。

特にホワイトゴールドがよく使われる結婚指輪などは毎日付けるものですから、特にこの付け心地が重要になってくると言えるでしょう。

ホワイトゴールドと白金(プラチナ)は別物!

ホワイトゴールド

冒頭でも述べたとおり、ホワイトゴールドとプラチナ(白金)は混同しやすいものですが、まったく別の金属です。

以下でその違いを詳しく見ていきましょう。

純度や加工方法の違い

プラチナは、純金や純銀などと同じく、天然の単一金属です。

したがって、科学的にも安定しており、希少性も高く、古くから装飾品として使われてきました。

一方、ホワイトゴールドは、先述したとおり、純金75%に銀とパラジウムなどを25%混ぜて作られているとともに、製品にする際には、ロジウムでメッキ加工をします。

このため、プラチナと比べて価格も低いのが特徴です。

色の違い

色については、プラチナもホワイトゴールドも白っぽい銀色をしていますが、どちらかと言うとプラチナのほうが落ち着いた色合いになっています。

また、ホワイトゴールドは長年使っていると、ロジウムのメッキがはがれ、なかの黄色っぽい色が見えてきますが、再度メッキをすることで元の白い色を取り戻すことが可能です。

やわらかさの違い

プラチナはやわらかく、粘り気のある金属なので、細かい細工をしやすいという特徴があります。

ホワイトゴールドも、加工には向いていますが、プラチナほどのやわらかさはありません。

ホワイトゴールドの買取について

ホワイトゴールドなどの18金は、混ぜてある金属の種類によって、色や重さなどが異なってきます。

ホワイトゴールドの場合、先述したとおり、多くは純金のほかにパラジウムを加えて作られていますが、そのほかの種類の金属が混ぜられている場合もあります。

ホワイトゴールドの買取の際には、金だけでなく、この混ぜられているパラジウムなどの金属も査定の対象になります。

そのため、ピンクゴールドやイエローゴールドといった他の18金に比べて、高く買取してもらえる可能性があるのがポイントです。

リングやネックレスの留め金の部分に「K18WG」という刻印が押されていれば、それは18金ホワイトゴールドであることが証明されているものです。

なお、K18YGはイエローゴールド、K18PGはピンクゴールドです。

買取に出す場合には、刻印に注意をしましょう。

ホワイトゴールド買取の際には金相場をチェックしよう!

純金の相場は、ロンドンの市場相場に応じて日々変化しています。

ホワイトゴールドは金を75%含む合金の18金ですので、純金価格の75%の評価になります。

買取に出す際には、買取店が相場に応じて合金の価格を設定しているかどうかを確かめることが必要です。

また、上述のとおり、金以外の含有物であるパラジウムにも価値がありますので、その分も査定してくれるかどうかもチェックしましょう。

買取店によって、金の純度のみを基準に査定するところと、割金(金以外に含有されている金属)も査定の対象にしているところがあります。

売却する際には、数ヶ所のお店で査定をしてもらい、査定額を比較することが大切です。

おわりに

ホワイトゴールドは、その控えめな色合いと、比較的手ごろな価格で人気が高まってきています。

そのため、買取業界においても、取扱量が増えてきています。

信頼できる買取店では、貴金属専門の査定員が、相場に応じて買取価格を算出してくれます。

売却の際にはまず、信頼できるお店を見つけることが大切です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ