24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

金の750とは?刻印や見分け方や買取価格の計算方法について

金の750とは?刻印や見分け方や買取価格の計算方法について
金

いつの時代も、金は高価な物として、人々から親しまれています。

現在ではそのほとんどが、アクセサリーとして使われています。

その中で、純金である24金や18金をk24やk18ではなく、416や9999、750などの表記をすることがあります。

もし、金を高く売りたいと考えている方は、この表記を知っておいて損はありません。

750とk18は同義

金は金性(金の含有率)によって呼称や刻印が異なってきます。

あまり詳しくないと少しややこしく感じてしまうかもしれません。

ここでは750と18金について解説します。

750とk18は同じ意味

750という表記が、K18(18金)を意味する理由は、金の含有量にあります。

そもそも、純金である24金や14金など、○○金と区別されるのは、それぞれ金の含有量が違うからです。

この表記の場合、24が純金であるため、24分率で金の含有量を区別しています。

金の1000分率について

そしてこれを1000分率にした時、k18である18金は、「750」と表記されます。

そのため、18金は「k18」と表記される以外にも「750」とも表記されるのです。

750とは金の含有率

18金は、1000分率にしたとき、750であるため、18金における含有量は75%となります。

金を合金にする理由

そもそもなぜ金製品の多くは純度100%ではないのでしょうか。

純度を下げて「合金」にする理由を金の特徴に触れながらご紹介します。

合金とは?

純金や純プラチナ、純銀などの純金属に1種類以上の金属を混合させたものを合金といいます。

金を合金にする理由

金を合金にする理由は大きく分けて二つあります。

一つ目は、昨今の金相場高騰による影響です。

金の含有量を増やせば増やすほどコストはかかり、販売価格は上昇していきます。

そのため高価なものになり、だれでも手に入れることが困難になる理由から、金の純度を下げて、時には販売価格を抑える必要があるからです。

そして二つ目は、純金や純プラチナなど、100%の純度では、アクセサリーに向いていないという理由です。

純度100%は金属は、基本的に柔らかく、アクセサリーには、向いていません。

なので、硬度をあげるためや色を変えるために合金をします。

割り金とは?

金には、アクセサリーのデザインのひとつとして、ピンクゴールドやホワイトゴールドなど様々な色があります。

これらはすべて金の色を変えるために、合金されているものがほとんどです。

そしてその合金をする際の金属を「割金」といいます。

750の刻印や見分け方

金

実際に金を売ってみようとなったとき、刻印の確認はとても大事な事項です。

リングの場合、刻印は、そのリングの内側に書かれていることがほとんどです。

状態が古くて劣化しているものや、傷やリフォームで刻印がつぶれてしまっているものは確認しずらいですが、比較的きれいなものは目視でも確認できることがあります。

その際に書かれている刻印は、「K18」又は「750」と刻まれています。

この場合、750と書かれているものも、18金として判断して良いでしょう。

しかしその後に続けて「GP」や「GF」が刻まれているものは、ゴールドプレートやゴールドフィールドと呼ばれ、これらはメッキや金張りにあたるので買取をしてもらうことが難しくなってしまいます。

また「K18」ではなく、「750」という刻印の後には、「GF」や「GP」が刻まれていることはほとんどありません。

海外で買われたものは、「K18」ではなく、「18K」と表記されるものもあり、これは18金とは異なった金の含有量になってしまっていることがあるので注意が必要です。

あらかじめ確認をしたうえで、一度経験豊富な査定員に見てもらうと良いでしょう。

750の買取相場の計算方法

750の金を買取に出すとどのように査定が行われるのでしょうか。

買取相場や計算方法をご紹介します。

金相場について

現在の金相場は、以前に比べて高騰しています。

金の相場変動には、複雑な関係作用がありますが、一般的に世界情勢によって変動すると言われています。

とくに世界の基軸通貨であるドルによる不安が増大すると、円とともに金の価値があがりやすくなります。

その中でも、18金は現在多くのところで使われているため、需要が増しています。

計算方法

毎日変わる金の買取相場をチェックし、グラムで計算をします。1g〇〇円といった感じです。

日によりますが、18金であれば、だいたいが3000円台を推移しています。

この3000円に金の重さをかけたのが、その日の買取相場になります。

金買取は比較が肝になる

金はお金になるので、多くの業者が金を取り扱っています。

18金(750)をより高く、売っていきたい場合、複数の業者に掛け合ってみることをオススメします。

そしてその際に大切なのが、点数です。点数が多ければ多いほど、業者としてはたくさん仕入れることができるので、値段があがりやすくなります。

この場合、必ずしもすべて18金にそろえる必要はりません。

また金に限らず、バッグや財布で点数を増やすのもひとつの手段です。

実際に買取業者と交渉をする時は、相手が何の商品を欲しがっているのか求め、それを売る代わりに18金の値段をあげてくれという交渉をしてみるのも良いでしょう。

金のアクセサリーにダイヤモンドなどの石がついている場合、金だけでの買取価格ではなく、石の値段もつくことがあります。

石に値段をつけてくれる業者を探すのも、金を売るうえで重要だといえるでしょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ