ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

悪質業者による貴金属買取で多いトラブルは?対策法まとめ!

悪質業者による貴金属買取で多いトラブルは?対策法まとめ!
悪質業者による貴金属買取で多いトラブルは?対策法まとめ!

貴金属を買取に出した際に悪質なトラブルに巻き込まれたら、相談できるところはあるのでしょうか。

トラブルの対処法や優良な貴金属の買取業者の選び方、貴金属の買取相場などをまとめました。

貴金属の買取を検討している方、又はトラブルに遭ってしまったという方は、ぜひ本コラムを参考にしてみてください。

貴金属買取の際によくあるトラブル

貴金属買取の際によくあるトラブル

悪質な業者による貴金属買取のトラブルは、少なくないと言われています。

買取被害には具体的にどのような手口が多いのか、主なものをご紹介します。

強引な勧誘

自宅や職場に業者が押しかけ、断っているにも関わらず、強引に買取の勧誘を勧めてくるケースがあります。

中には、業者がその場にそのまま居座り続けた、という相談も国民生活センターへ寄せられています。

買取価格が低い

「細かい汚れがあるから」「古いデザインだから」と消費者側には真偽が付きづらい理由を並べて、不当に安い価格で買取しようとするケースがあります。

相談内容の中には、相場よりはるかに安い買取価格を提示されたケースもあるようです。

品物を返してもらえない

業者の気迫に負けて、安い買取価格で了承したものの、後日買取を後悔することもあるでしょう。

その際に、業者に連絡して返品を願い出たところ「既に手元にはないため返品できない」「返品には手数料がかかる」などと言われたというケースの報告があります。

業者の連絡先が分からない

品物を買取に出した後「やはり返品してほしい」などの問い合わせたいことが出てくることもあります。

その際に、よくよく考えてみると業者の電話番号、又は正式な会社名が分からないので問い合わせられないというケースがあります。

返金を求められた

品物を買取に出した後、業者から連絡がきて「査定ミスにより、本来の査定額より高く買い取ってしまったので、返金してほしい」と言われたというケースが報告されています。

一般的には「買取金額の返金は行っておりません」などと書かれた書面にサインした場合は「応じる義務は無い」と考えて良いでしょう。

悪質な貴金属買取への対策方法

悪質な貴金属買取への対策方法

せっかくの貴金属買取なのに、悪質な業者に依頼してしまったことを後から気付いたら残念でなりませんね。

しかし、現在では悪質な買取業者を規制する法律が定められています。

トラブルに遭ってしまった方、又は、もしトラブルに遭ってしまったら…と想定されている方向けに、法律に基づいた対策方法をご紹介します。

飛び込みの買取勧誘はハッキリと断る

特定商取引法の一部改定により「訪問購入」に関する規制が適用されるようになったので、いわゆる「飛び込みの買取勧誘」はできなくなりました。

そのため、自宅等に飛び込みの買取勧誘が来た場合は、自信を持ってハッキリと断るようにしましょう。

また、度を超えた勧誘行為や、買い取る品物を明示しないで勧誘することも禁止となっています。

買取内容を記載した書面や契約書を渡さない業者には注意する

買取を行った際には、事業者の連絡先・物品の種類と特徴・購入価格・引き渡しの拒絶やクーリングオフ制度などについて記載された書面や契約書を、消費者に渡すことが義務付けられています。

このような書面がなければ、売却後の問い合わせができない恐れがあるため、必ずもらうようにしましょう。

売った後から8日以内であればクーリングオフをする

「訪問購入」にもクーリングオフ制度が導入されたことにより、買取後(書類を受け取ってから)8日間は買取契約の解除ができるようになりました。

品物を売ったことに後悔してしまった方は、クーリングオフできるかどうか、まず国民生活センターか消費生活センターのホームページを見るか問い合わせしてみましょう。

貴金属の買取相場について

貴金属の買取相場について

貴金属の買取相場をある程度把握しておいたうえで査定に出せば、低く買い叩かれることを防げます。

金などの貴金属の買取相場は、1gあたりで算出されており、海外相場や中古市場の価値などによって日々変動します。

こちらでご紹介するのは2020年3月時点での貴金属の大よその買取相場なので、実際に買取に出す日にインターネット等で調べてみると良いでしょう。

また、買取業者や買取方法などによっても相場が異なるため、あくまでも目安として参考にしてください。

金の買取相場

金の買取相場は、以下の表の通りです。


※1gあたり

K246,080 円
K225,570 円
K21.65,450 円
K205,050 円
K184,650 円
K143,470 円
K102,440 円
K92,160 円
K18WG5,057 円
K14WG3,878 円

銀の買取相場

銀の買取相場は、以下の表の通りです。


※1gあたり

Sv100058 円
Sv92552 円

プラチナの買取相場

プラチナの買取相場は、以下の表の通りです。


※1gあたり

Pt10003,260 円
Pt9503,100 円
Pt9003,021 円
Pt8502,839 円

パラジウムの買取相場

パラジウムの買取相場は、以下の表の通りです。


※1gあたり

Pd10008,380円
Pd9507,920円

貴金属を買取してもらえる3つの方法

貴金属を買取してもらえる3つの方法

貴金属を買取に出すには、主に3つの方法があります。

それぞれの買取方法に特化した業者形態をご紹介しますので、自分に合った売り方を検討してみましょう。

出張買取型

出張買取とは自宅などの利用者の希望場所に、買取業者の査定員が訪問し、その場で査定・買取を行う買取方法です。

業者の中には各種手数料を請求するところもありますが、ほとんどが出張料・キャンセル料などを無料にしているので、事前に確認してからの利用が賢明です。

出張買取型のメリット

出張買取を利用すれば、自分で貴金属を店舗まで持っていく手間や時間がなくなります。

さらに持ち運ぶ際の紛失や損傷などの恐れも防げるため、高価な貴金属をお持ちの場合は、便利に利用できるでしょう。

出張買取型をおすすめしたい人

近所に買取店舗がないが、出張買取の対象エリアにお住いの方は、出張買取を利用するのがおすすめです。

また、売りたい貴金属が複数あり、店舗まで持ち歩くのに重くてかさばるという方にも便利でしょう。

宅配買取専門型

宅配買取専門型の業者は、店舗を持たずに、配送サービスのみを使って買取を行います。

宅配買取査定を申し込めば、宅配キット(段ボール・緩衝材など)が届くので、そこに査定してもらいたい貴金属を梱包して返送すれば査定してもらえます。

宅配買取専門型のメリット

宅配買取は、査定員との対面がないので身構えずに利用できますし、対面の査定に比べて断りやすいでしょう。

さらに、自分の手が空いたときに利用できる点もメリットです。

買取業者によっては、自宅まで集荷を依頼できる体制をとっているところもあり、家から出ることなく宅配買取を利用できます。

宅配買取専門型をおすすめしたい人

宅配買取は、自宅近くに店舗型の買取店がないうえに、他人を自宅にあげたくないという人におすすめです。

また、「対面の査定は気が引ける…」などと考える方にも向いているでしょう。

店舗型

リサイクルショップや質屋などを含む店舗型の買取店は、持ち込み買取をメインに行っています。

店舗をもつほとんどの買取店では、店舗運営維持費などがかかっている可能性が高いです。

そのため、買取価格は無店舗型に比べて、低めに設定されている傾向にあります。

また、多ジャンルの買取を行うリサイクルショップなどでは、貴金属に関する専門知識・経験が少ないスタッフの査定を受ける可能性が高いです。

お持ちの貴金属の価値の高さを見抜けずに、相場より安値で買い取られてしまう恐れがあるので注意しましょう。

店舗型のメリット

店舗型の貴金属買取店で持ち込み買取を利用すれば、査定額に納得した場合、基本的にはすぐに現金化できます。

また、目の前にいる店舗のスタッフに買取額の交渉ができたり、自分の好きなタイミングで店舗へ足を運んで査定してもらえる点もメリットと言えます。

店舗型をおすすめしたい人

店舗型の貴金属買取店が自宅や職場近くにあり、すぐに現金が必要という方は、店舗へ持ち込んで買取に出すのがおすすめです。

貴金属は比較的小さくて持ち歩きやすいので、他の用事のついでなどに、店舗に立ち寄って買取に出せるので便利ですね。

賢い貴金属の買取業者の選び方

賢い貴金属の買取業者の選び方

貴金属を買い取ってくれる業者は数多くあるので、どのように選べばいいのか迷ってしまうかと思います。

貴金属の買取業者を選ぶ際に、気をつけてほしいポイントをお伝えします。


・買取価格表があるか

・ブランド品も買取しているか

・買取手数料などは発生するか

・電話やメールの対応が早いか

・販路は多いか

・目の前で査定するか

・信頼できる査定員はいるか


それでは、詳しく説明していきます。

買取価格表があるか

貴金属の買取相場について前述しましたが、買取に出す前にお持ちの貴金属が「おおよそ、いくらほどになるのか」を知っておければ、安心して買取に出せるでしょう。

そのため、買取業者の公式ホームページに買取価格表があるかどうかを、1つのポイントとして業者選びを進めると良いです。

買取価格表をしっかりと明記している業者であれば、不明瞭にしている業者よりも信頼できるかと思います。

もし実際の査定時に買取価格表よりも低く見積もられた場合は、公式ホームページの買取価格表を見た旨を査定員に伝えてみましょう。

ブランド品も買取しているか

お持ちの貴金属がブランドものの場合、貴金属とブランド品のどちらも買取対象にしている業者に売ることをおすすめします。

もしブランドものの貴金属を貴金属のみ買い取っている業者に査定してもらう場合、どんなにブランドとしての価値が高くても、貴金属としての価値しか査定額に反映してくれないでしょう。

貴金属以外にも特化している買取業者であれば、ブランド品としての価値も加味して買取額を算出してくれるため、比較的に高値で買い取ってもらいやすいです。

買取手数料などは発生するか

貴金属を買い取っている大手の買取業者は、査定料・買取手数料・キャンセル料・宅配料などの手数料を無料としているところがほとんどです。

しかし中には諸手数料を請求してくるところもあるため、当日いきなり請求されて驚かないためにも、事前にしっかり確認しておくことが大事です。

電話やメールの対応が早いか

買取業者へ問い合わせた際の対応も、選び方のポイントの1つとなります。

「電話やメールの返答は早いか」「接客は丁寧か」など、利用者への対応の仕方も見極めておくと良いでしょう。

販路は多いか

買取業者によって、持っている販路先やその多さは異なります。

貴金属を売るならば、貴金属に特化している業者の方が、販路を多く持っている傾向にあります。

また、販路を多く持つ業者であるほど、買い取った品物の価値を活かせる再販先を選ぶ範囲が広がります。

買い取った貴金属を需要がある場所へ売ることができるので、販路をあまり持たない業者よりは、買取額が高く付きやすいです。

目の前で査定するか

基本的に店舗への持ち込み買取や、出張買取の場合、利用者の目の前で査定します。

しかし、一番買取額を左右する重要なポイント「貴金属の重量」を、見えない場所で測定する買取業者はあまり優良とは言えないかもしれません。

グラム数を誤魔化さずに、内訳を明確にしてくれる買取業者であれば、信頼できると言えるでしょう。

信頼できる査定員はいるか

貴金属の買取に特化している業者であれば、専門知識を有し、買取経験が豊富なプロの査定員が在籍している可能性が高いです。

宝石が付いている貴金属を買取に出す際には、宝石鑑定の資格を持つ査定員に見極めてもらえれば、安心して買取に出せるでしょう。

貴金属を売却する際のポイント

貴金属を売却する際のポイント

貴金属を買取に出す前に、査定評価されるポイントを押さえておきましょう。

代表的なものをご紹介しますので、お持ちの貴金属はどのように評価されそうか、事前に確認しておくと良いですね。


・メッキの可能性

・重さ

・品位


さらに、「宝石を売るときのポイント」も併せて詳しく説明していきます。

メッキの可能性

まず、お持ちの貴金属がメッキである可能性を調べておきましょう。

基本的に買取業者では、メッキものは買い取ってくれません。

「貴金属だと思っていたら、実はメッキで出来ていた」などというケースもあるので、注意が必要です。

メッキ品は、磁石にくっ付くうえに金よりも軽いという特徴を活かして、貴金属と見分けられます。

また、本物の貴金属には「K18」や「Pt900」などの刻印が入りますが、「GP」や「PTP」などの刻印が見られる場合はメッキであることを意味しますのでチェックしてみましょう。

重さ

貴金属の重さは、グラム単位で測れるキッチンスケールなどで計量できます。

金は市場に基づいた金価格相場に基づいて買取額が算出されるため、お持ちの貴金属を測っておけば「貴金属の重さ×金価格相場=およその買取額」が計算できます。

品位

金などの貴金属には純度(含有率)が様々で、純度が高いほど、買取額も高くなる傾向にあります。

例えば金の場合は、K24(24K)は純金、K18(18K)は75%が金で残りの25%は別の金属を混ぜていることを意味します。

宝石を売るときのポイント

貴金属の中でも、宝石が付いたものをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そのような方に向けて、宝石を売却する際のポイントをご紹介します。

鑑定書・鑑別書を用意しておく

宝石を買取に出す時は鑑定書、または鑑別書を揃えておくことで、買取額が上がることがあります。

一般的にダイヤモンドには鑑定書、ダイヤモンド・カラーストーン(色石)には鑑別書が付きます。

鑑定書・鑑別書は査定時の手助けとなり、査定時間の短縮に繋がることもあるので、お持ちの場合は宝石本体と一緒に出しましょう。

綺麗に磨いておく

宝石は綺麗な状態であれば、買取額が高くなりやすいです。

そのため、売却前に宝石を洗浄しておくと良いでしょう。

硬いダイヤモンドなどは、薄めた中性洗剤を用いて、歯ブラシでやさしく擦るようにして洗うのがおすすめです。

ただし、宝石の種類によっては柔らかいものもあるので、取扱いやお手入れ時には注意が必要です。

貴金属買取でよくある質問

貴金属買取でよくある質問

貴金属の買取においてよくある質問を、回答と共にご紹介します。

貴金属を買取に出すのが初めてという方は、疑問がたくさん浮かぶかと思いますので、少しでも解決してから買取に望みましょう。

Q.貴金属の状態が悪くても買取してもらうことができるのか?

貴金属の汚れや破損状況によっては、買取不可となる場合もあります。

不安な方は、無料相談か無料査定だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

Q.金を売るときには特別な手続きが必要なのか?

金を売るとき、個人の場合は運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

また、法人の場合は登記簿謄本などが必要です。

さらに、買取金額が高額となる場合には、さらにマイナンバー確認書類の提示など、本人確認を強化する業者もあります。

Q.買取価格が納得行かない場合、返品してもらうことはできるのか?

買取価格が納得行かない場合、基本的には買取をキャンセルすることができます。

ただしキャンセル料や、宅配買取を使用した際は返送料がかかる可能性があるので、事前に下調べしておくと良いでしょう。

Q.今持っている貴金属の買取価格を知る一番手取り早い方法は何か?

お持ちの貴金属の買取価格は、インターネット等でも大体の価格は調べられますが、査定員に本体の状態を実際に見てもらうのが最も確実でしょう。

無料査定などでプロの査定員に見極めてもらうのが、買取価格を知る一番手取り早い方法と言えます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目