ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

18金喜平のカットの種類と買取価格を解説

18金喜平のカットの種類と買取価格を解説
18金喜平のカットの種類と買取価格を解説

当記事でよくある質問

  • Q
  • 喜平8面トリプルのネックレスを持っています。いくらになりますか?

  • A
  • 使用感や種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父から喜平のネックレスを譲り受けました。どのくらいの価値がありますか?

  • A
  • バイセルでは喜平をはじめ金アクセサリーの査定実績が多数ございます。買取実績ご覧ください。

その他、18金喜平のカットの種類と買取価格を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

1980~90年代にかけて大流行した喜平。かつてはその重厚なデザインと金の輝きがステータスの象徴として、人気を博しました。

ネックレスやブレスレット、チェーンなどにも使用される喜平は、金相場の高騰でその資産価値が再注目され始めています。

そんな喜平ですが、トレンドや趣向の変化で喜平の金製品が不要になり、買取を検討中の方も多いようです。

今回は、そんな喜平の買取をご検討中の方へ、カットの種類など喜平の基本情報から、買取価格に関する情報をご紹介します。

喜平とは?

喜平とは

喜平とは、ネックレスやブレスレットに用いられるデザインを指し、鎖の環をつなぎ90度ひねり、さらに押しつぶした形状が喜平と呼ばれています。

喜平デザインの貴金属製品は、押しつぶした面が並んで見えるためなめらかな光沢を放つのが特徴です。

名前の由来には諸説ありますが、初めて喜平のデザインを考案した人の名前が鈴木喜平だったという説が有力なようです。

喜平ネックレスの流行

喜平のデザインは、日本では古くから定着していたと言われていますが、1980~90年代のバブル期に大流行したとされています。

日本全体が好景気に包まれ、ステータスの象徴として、金製品を身に付けることが流行っていたのです。

中でも喜平のデザインは重くて太いという金の価値をアピールするのに適したデザインだったこともあり一躍人気の金アクセサリーのデザインとなりました。

当時は太くてボリューム感のある喜平が好まれていましたが、近年は細身の喜平が主流となっており、シンプルに着けられるようなデザインも増えています。

またネックレス以外にもブレスレットやアンクレット、メガネやキーホルダーのチェーンなど幅広い場面で用いられています。

喜平のカットと種類

喜平のカットと種類

喜平はカット(断面にある平面の数)によって種類が異なります。

カットには、2,6,8,12,14と種類があり、基本的にカットの数字は大きいほど製造に工数がかかるため値段は高めに設定されることもあります。

14カットは、横から見たカット面がMの形に似ているため「Mカット」とも呼ばれています。

カット数が細かいので他のカット数の喜平とは輝きが大きく違います。

喜平の編み方の種類

喜平はカット以外にも、輪っかの編み方によってシングル、ダブル、トリプルの3種類あります。

  • ・シングル…1つの環に対して1つの輪をつなげた作り
  • ・ダブル…1つの環に2つの輪をつなげた作り
  • ・トリプル...1つの輪に3つの輪をつなげた作り

喜平は2面シングル、6面ダブル、8面トリプルが定番

喜平の定番は以下の3つがあります。

  • ・2面シングル…2面にカットされて、輪っかが1つの作り
  • ・6面ダブル…6面にカットされて、輪っかが2つの作り
  • ・8面トリプル…8面にカットされて、輪っかが8つの作り

喜平はカット数が多いほど金の輝きと重厚感が増します。

トリプルだと三つ編みのような見た目になります。

定番カットの喜平は多くの買取店で買い取ってもらえる

最も人気で喜平は、前述した定番である2面、6面ダブル、8面トリプル喜平です。

喜平のネックレスやブレスレットは、多くの貴金属買取業者が積極的に買い取っています。

喜平は金1gあたりの相場をもとに買取価格出しますが、人気のあるカットかどうかも買取価格に反映される可能性があります。

また、ブランド物の喜平のアクセサリーは、カットの種類の他にブランド価値によって、買取価格が上がる場合があります。

バイセルでは定番の2面、6面ダブル、8面トリプルを高く買い取ります!

バブル期に買ったけれど使っていないから売ろうと思っていたら、バイセルが高く買い取ります。

喜平のネックレスやブレスレットは金としての価値があるため、高額な査定金額が出る可能性があります。

喜平を売りたい方は金の買取実績が多数のバイセルへお電話ください!

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

18金喜平の価値と買取価格

18金喜平の価値と買取価格

それでは次に、18金喜平が持つ価値と、実際に買取に出した時の買取価格についてみていきましょう。

18金喜平は金の資産価値と同じくらい価値がある

喜平を語る上では、アクセサリーとしてはもちろん資産としての価値にも注目するべきでしょう。

喜平には18金や、プラチナであればPt850など、比較的純度の高い貴金属で作られるのが一般的です。

純度の高い貴金属で製造されるという点ではハイジュエリーも同じですが、喜平は素材は金だけなのでハイジュエリーにかかる宝石、加工、流通面でのコストがかかりません。

コストが極めて少なく済むため、購入時にも18金が持つ、18金本来の資産価値に近い額で入手することができるのです。

喜平の持つこの特徴により、喜平は資産として保有することも可能なのです。この喜平の資産価値も喜平の人気の理由の一つとなっています。

18金喜平の買取価格は金1グラムあたりの価格によって変わる

金の価値を決めるのは、「金の純度」です。喜平には、18金(純度が75%の金)が使用されるのが一般的です。そしてこの金の相場は、純度ごとに1g単位で決まってきます。

1gあたりの金相場価格は、日によって変動するため、価格の変動を見ながら、相場が高いタイミングで手放すのが最も高く売る方法と言えます。

なお18金の喜平はじめ、貴金属の買取価格は以下のように算出されるのが一般的です。

K18の買取価格=当日の18金地金価格 × 重量 ―業者ごとの買取手数料

例えば、18金の地金価格が3,500円/1gのとき、K18喜平ネックレス、25gの買取価格は、
3,500 × 25 = 87,500
そして、ここから各業者が定める手数料が引かれた額が買取価格となります。

おわりに

バブル時代に大流行した喜平。ネックレスやブレスレット、チェーンまで様々な場面で使用されています。

しかし、デザインがファッションや趣味に合わなくなったなどの理由で不要になっているのであれば、ぜひ買取に出してみてはいかがでしょうか?

喜平の資産価値に加え、金相場は高騰していますので、購入当時より高く売れることもあるかもしれません。買取に出す際には、ぜひ今回ご紹介したカットや買取価格の情報を参考にしてみてください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目