24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

毛皮を売るなら質屋?毛皮買取専門業者?毛皮の売却方法について

毛皮を売るなら質屋?毛皮買取専門業者?毛皮の売却方法について
毛皮を売るなら質屋?毛皮買取専門業者?毛皮の売却方法について

着なくなった毛皮のコートや小物などが自宅にありませんか?

毛皮はもともと高額なものだけに、処分するときにはゴミとして捨てるのはしのびないですよね。

そこで買取をしてもらい、お金に換えることが考えられますが、買取のお店も、質屋や買取専門業者などさまざまあり、どこで買取してもらうのがよいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、毛皮の売却方法について、質屋と毛皮買取専門業者を比較しながら考えていきましょう。

質屋ってどんなところ?サービス内容について

質屋は、品物を預ける代わりに現金を融資してもらう店のことを言います。

期限までに元金と利息を質屋に返せば、預けた品物は返してもらえます。

ただし、お金を返せなかった場合は、品物は「質流れ」と言い、質屋が販売することになります。

いまでは、現金を融資してもらう業者と言えば、銀行や消費者金融といった金融機関が頭に浮かぶと思います。

質屋はこういった金融機関と異なり、たとえお金が返済できなくなったとしても、品物を失うだけで済むという点がメリットと言えるでしょう。

質屋は、給料日までお金が足りない、冠婚葬祭で急に現金が必要になった、などすぐに現金が必要なときに利用されることが多いようです。

質屋に持ち込まれるものには、おもにブランドのバッグや財布、腕時計やジュエリーなどの貴金属、カメラやパソコンといった電化製品のほか、毛皮もあります。

「自分のものを手放したくないけれど、一時的に現金を融資してもらいたい」という場合、質屋の利用は、品物を一時的に預けるだけで、

比較的手間をかけずに現金を得られる、便利な方法だと言えるでしょう。

不要な毛皮は毛皮買取専門業者へ!

上述のとおり、毛皮は質屋でも現金化できますが、その質屋に毛皮に関する知識がない場合、どんなに高価な毛皮も、二束三文にしかならないことがあります。

そういった質屋の場合は、ミンクだろうがラビットだろうが、「毛皮ならば一律いくら」と決められてしまっていることが多いようです。

したがって、毛皮を手放してもよく、かつ、適正な値段での買取を希望するなら、質屋よりも、毛皮専門の買取業者や毛皮の取り扱い実績の多い買取業者にお願いするほうがよいと言えるでしょう。

毛皮買取専門業者には、毛皮の買取に精通した経験豊富な査定員が言います。

経験豊富な査定員がいない質屋やリサイクルショップなどと異なり、専門の買取業者では、もともとの価値を正しく査定するとともに、現在の需要をふまえて、適正な値段をつけてくれる可能性が高いのがポイントです。

質屋と異なる毛皮買取専門業者の利用方法は?

質屋は品物を預けるだけですが、毛皮買取はどのように利用すればよいのでしょうか。以下で解説しましょう。

買取業者選びで気をつけるべきポイント

毛皮を買取ってもらう業者を選ぶ際に注意したいポイントは2つあります。

1つ目は、「正しい鑑定ができるか」です。専門の査定員を常駐させて、毛皮の鑑定をしっかり行ってくれる店舗では、市場の価値に見合った値段をつけてもらえるでしょう。

2つ目は、「セキュリティーがしっかりしているか」です。毛皮などの高級品を買取に出す際には、身分証明書の提出が必要になります。

個人情報を提供することになりますので、セキュリティー対策がきちんとされているお店を選ぶことが重要なのは言うまでもありません。

毛皮買取の3つの方法

買取には出張買取と宅配買取、店頭買取の3種類があります。それぞれ対応の仕方が異なるため、毛皮の買取を利用する際には、自分に合った買取形態を選びましょう。

なお、出張買取・宅配買取・店頭買取いずれの場合でも、身分証明書の提出が必要になります。


<出張買取>

売り主が連絡をすると、査定員が指定された場所に来てくれて、その場で査定し、納得ができればその場で現金買取してもらえる方法です。

出張料や査定料もかかりませんので、自宅近くに毛皮買取専門店がない場合に助かります。


<宅配買取>

買取してもらう毛皮を送ると査定額が提示され、納得がいけば代金が銀行口座に振り込まれるという方法です。

自宅近くに毛皮買取専門店がなく、出張買取の対応エリア外に住んでいる場合などに利用するとよいでしょう。送料などは買取店が負担してくれます。


<店頭買取>

もっともよく知られている方法で、毛皮を店舗に持っていき、その場で査定をしてもらい、査定額に納得がいけば代金をその場でもらえる方法です。

高額で買取してもらえる毛皮とは?

毛皮を売るなら質屋?毛皮買取専門業者?毛皮の売却方法について

高額買取してもらえる毛皮には、いくつかのポイントがあります。以下でご紹介しましょう。

毛皮の種類

毛皮買取で特に人気のある種類は、世界三大毛皮と言われる、セーブル、リンクス、チンチラの3種類です。

これらの毛皮は、ものによっては新品で購入すると数百万円~数千万円といったケースもあり、非常に高価な毛皮として知られています。

これらの3種類の毛皮は、フォックスやラビットといった比較的安価な毛皮に比べ、品質が高く人気も高いため、買取の場合にも高値がつけられることが多くなります。

セーブルはネコ目イタチ科の動物で、中国や朝鮮半島、日本にも生息している種類です。

別名クロテンとも呼ばれます。セーブルのなかでも、ロシアンセーブルは最高級の毛皮とされています。

リンクスはシベリアオオヤマネコと呼ばれる動物で、シベリアやヨーロッパに生息しています。チンチラはネコとネズミの2種類がいますが、毛皮に使われるのはネズミのほうです。

手触りがとてもやわらかいのが特徴です。

保存状態

毛皮の保存状態は、種類以上に重要な要素です。どれだけ高価な毛皮であったとしても、保存状態が悪く抜け毛があったり汚れていたり、カビが生えていたり、

たばこや香水の匂いが染みついていたりすれば、当然査定額は低くなります。高額の査定額をつけてもらうためには、場合によってはクリーニングをしたり、ボタンをつけ直したりする必要もあるでしょう。

保証書

毛皮を買ったときの保証書は、その毛皮が本物であることの証拠になりますので、査定に出すときに一緒に提出すると、査定額が高くなります。

ブランド

毛皮にはサガ、エンバといったブランドがあり、これらの毛皮は高く買取ってもらえる傾向にあります。また、毛皮のブランド以外にも、

シャネルやフェンディ、グッチといった一流のブランドの毛皮製品は高額買取が期待できるものです。

質屋と毛皮買取専門業者での買取の違い

質屋と毛皮買取専門業者の買取は、どのように違うのでしょうか。以下でまとめてみました。

質屋

質屋は買取を目的にしているわけではなく、あくまでも品物を預かっているあいだ、現金を融資することが大前提です。

したがって、毛皮を手放したくない場合に利用価値があると言えるでしょう。

「今は着る機会がなくなってしまったけど、すぐに処分する勇気はない」という場合、質屋であれば毛皮を2,3か月預けられ、手元に返してほしいときには元金と質料を支払うことで返してもらえます。

ただし、質屋は一定期間での融資であることもあり、買取に比べると受け取れる金額は少なくなるのが特徴です。

毛皮買取専門業者

毛皮の買取専門業者には毛皮専門の査定員がいて、毛皮の価値に見合った値段をつけてもらえるため、質屋に持ち込むのに比べて、市場価格に基づいた適正な価格がつけられる可能性が高くなります。

また、質屋とは異なり、毛皮の買取専門業者には、独自の毛皮販売ルートがあります。

近年では、中国や韓国といったアジア諸国の富裕層のあいだで毛皮人気が高まっており、日本製の上質な毛皮を求めて多くのバイヤーが買いつけにきています。

国内外に独自の販売ルートを持っている毛皮専門の買取店では、こうした需要の多い地域で、より多くの毛皮を売れるため、さまざまな毛皮製品を比較的高い価格で買取してもらえるのです。

おわりに

毛皮は大変高価なものです。自宅で眠っている不要な毛皮を処分したいとき、すぐに手放すことに抵抗があれば、質屋の利用も効果的でしょう。

ただ、完全に手放してしまう場合には、専門の査定員がいる毛皮買取専門業者に依頼したほうが、適正な値段をつけてもらえる傾向にあります。

ご自身の目的に合った適切な方法で、不要な毛皮を売却してみてくださいね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

毛皮の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ