24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説
毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

バブル時代に流行した毛皮は、買取市場において需要がなくなったころもありましたが、最近になって再燃しています。

毛皮が流行している理由は日本の景気回復によって高級志向が高まったり、海外からのニーズが増加したり、高級ブランドが毛皮の新作発表をしたことなどが関係しているようです。

本コラムでは、毛皮買取で扱っている毛皮の種類や見分け方、毛皮買取金額、買取の値段を高めるコツなどをご紹介していきます。

毛皮買取で取り扱っている種類とその見分け方

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

毛皮の種類は多く、特徴も種類によって異なるため、コートやマフラーなどの用途に応じてマッチする毛皮が使われています。 動物の種類ごとに、異なる毛皮の特徴について解説していきましょう

ミンク系統

ミンク系の毛皮は、ファッション性と実用性を兼ね備えた特徴を持っています。

・ミンク
世界的にメジャーな種類です。刺し毛(さしげ)はしなやかで光沢があり、綿毛(わたげ)はシルキーなため、衣料用に合う毛皮といえます。 耐久性と保温性にすぐれ、簡単に染色できる点が特徴です。 カラーバリエーションが豊富で、黒、こげ茶、薄茶色などが人気です。

【毛皮コラム】ミンク

・ウィーゼル
地域によって毛質や毛色が異なります。 日本に広く普及しているのは中国産で、黄褐色の短い刺し毛が特徴的です。

・セーブル(黒テン)
さまざまな地域で生産されますが、ロシア産のロシアンセーブルが主です。 黒褐色から黄褐色まで、豊富なカラーがそろっています。 毛足はやわらかくてやや長く、光沢感があり軽いのが特徴です。毛皮の王様といわれています。

フォックス系統

刺し毛は長く、密集した綿毛がボリューム感を出してくれます。 ゴージャス感を出したい毛皮製品によく使われる種類です。

・レッドフォックス
良質なものほど鮮明な赤味のあるオレンジ色をしているのが一般的です。 くすんだ色の毛だと、等級が下がります。

・シルバーフォックス
レッドフォックスの突然変異種。長くて張りのある刺し毛が特徴的で、銀色と黒色があります。 天然のまま使用するケースが多いですが、染色する場合もあります。

・ブルーフォックス
キツネのなかではもっとも産出量が多い種類です。 全体的にグレー色で、耐久性と保温力にすぐれています。染色しやすい種類です。

・シャドーフォックス
ブルーフォックスの変種で、ブルーフォックスより淡いグレー色をしていて、毛質もやわらかいのが特徴です。

・コヨーテ
黄味色がかった灰色または暗灰色をしています。 産地によってやわらかい刺し毛もあれば、硬いものもあります。

・タヌキ
日本、中国、ロシアなどに生息しており、背筋の黒色が特徴的です。 長いシルキーな刺し毛と深く密生した綿毛を持っています。

・ラクーン(アライグマ)
茶緑色から緑褐色の刺し毛と尾にあるリング状の斑紋が特徴的です。 毛は長く、すぐれた保温性を持ちます。

キャット系統

キャット系統の毛皮は、斑点が特徴的なものが多くなっています。ただ、ワシントン条約によって買取を行っていない買取業者も多数存在しますので、買取に出す際は買取の不可を事前に確認しておきましょう。

・リンクス(オオヤマネコ)
密集したやわらかく長い毛が特徴的です。 背の部分に斑点模様があり、腹部は白色、暗褐色の斑点があります。

・リンクスキャット
リンクスに似ていますが、リンクスより小型で、毛足がやや短く、鮮明な斑点を持っているという特徴があります。

・レオパードキャット
黄褐色に黒褐色の斑紋があるのが特徴です。 毛は短く、やわらかくなっています。

ラビット系統

安価なものから高級種までさまざまなバリエーションがあります。

・ラビット、ラパン、ウサギ
比較的安い単価で手に入る種類です。 ファーやニットの一部に取り入れられることが多く、染色されるとカラーバリエーションが豊富になります。 毛足は長めで、やわらかいふわふわした手触りが特徴的です。 ただし、劣化すると毛抜けが目立ちます。

・チンチラ
養殖種で、滑らかな綿毛のみで構成されています。 皮は軽いですが、耐久性の面で劣るのが難点。よく見かけるのは黒から白へグラデーションした模様です。 ・リス
とても軽くやわらかな短い毛が特徴的です。 ハイグレードなものは、毛が密になっており、ブルーグレーの背と白色の腹部を持っています。

・ヌートリア
褐色のやわらかい綿毛と薄茶色の太い刺し毛が特徴的です。 毛を抜いたりまたは刈ったりして使用されるケースが一般的となっています。

・ビーバー
綿毛はやわらかく密生していますが、茶褐色で長い刺し毛は硬いため、抜き毛や刈り毛をし、染色してから活用されることが多くなっています。

ラム系統

毛足がカールしています。綿毛はなく刺し毛だけの構造です。 チクチクした手触りですが、産地によってふわふわした感触のものもあります。

・カラクルラム
黒色の毛がほとんどですが、グレー、茶、白色をしたカラクルラムもいます。 綿毛だけの構成で、巻き毛の形によっていろいろな斑紋があります。

・カルガンラム
中国産のラム。巻き毛状の白い綿毛を持ち、毛はやや短くやわらかですが、やや光沢に欠けます。

・チキャンラム
中国浙江省のラム。シルキーでやわらかくウェーブ状の毛が特徴です。染色して使われるケースが多くなっています。

・チベットラム
チベット産の、毛足が長い白色のラムです。 カールした綿毛で、染色されることが多くなっています。

・ベビーラム
生まれたばかりの仔ヒツジの総称です。 黒・茶・グレー・白・ぶち柄があり、巻いた毛を伸ばしたり刈ったりなど、加工して使うこともあります。

リアルファーとフェイクファーの違いと見分け方

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

近年では動物保護の観点から、本物の毛皮を模した合成繊維でできている「フェイクファー(エコファー)」と呼ばれる毛皮が注目されています。

フェイクファーは化学繊維が使われているため、防寒機能の調整や防水や撥水などの機能がが付けることができ、様々な製品に応用できるのも魅力の一つです。

ですが、リアルファー(本物の動物の毛皮)とフェイクファーは買取面では大きな違いがあり、昔から一つのステータスとされていたリアルファーの方が価値としては極めて高いです。

ここでは、リアルファーとフェイクファーの違いと見分け方について解説します。

毛皮の取扱店によってはフェイクファーの買取を受け付けていないこともあるので、もしも所有しているのがフェイクファーの場合、その価値やリアルファーとの見分け方については事前に把握しておいた方が良いでしょう。

リアルファーの特徴

動物の毛皮が使われているリアルファーは、先ほど紹介した動物の種類によって質感に違いが生じます。 リアルファーは「綿毛」と「刺し毛」の2種類の毛で構成されています。

刺し毛とは動物が外敵から身を守るための役割があり、綿毛よりも長くて固いのが一般的で、刺し毛は動物の柄を表すための役割もあります。 綿毛は柔らかく短い毛で、温度調整の役割を果たしてくれる毛でもあります。

もしも持っている毛皮がリアルファーか気になる人は、毛をかき分けて毛の根元を確認してみましょう。 人の髪の毛のように表皮が確認できれば、それはリアルファーと判断がつきます。

価値としてはリアルファーの方が高いのですが、保存状態が悪いと虫による被害や、カビが生じるなど扱いの面ではフェイクファーよりは手間がかかるのがデメリットです。

防虫や防湿などの対処など長期間毛皮の品質を保てる環境で保存することが出来れば、リアルファーの長所である、高い保温性と艶のある質感を長く保持できることでしょう。

フェイクファーの特徴

フェイクファーは化学繊維のポリエステルやアクリルなどを毛に模してつくられている、いわば「人工物のファー」ともいえる代物です。

化学繊維や人工物と聞くと、ネガティブな印象を受けるかもしれませんが、動物の毛皮を用いていないため、毛皮としては非常にエコでポジティブなイメージを持っています。

フェイクファーの基本構造は、タオル地やドレスなどに使われるベロア素材に似ています。 そのため、裏面を見てみれば繊維が織られていることが分かるのですぐに、合成品と判断がつきます。

フェイクファーは、毛を模したアクリルなどの化学繊維でできているため、耐久性に優れている上に手入れも簡単であることが長所です。

しかし、化学繊維は熱に弱いのがデメリットで、ドライヤーやストーブの熱で簡単に縮んでしまいます。 冬の時期に着ることが多いフェイクファーは、特にストーブの熱には注意しましょう。

毛皮のコートや小物類の買取金額はどれくらい?

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

毛皮の種類によって、毛皮製品の買取金額は異なります。 どんな毛皮製品が、どれくらいの金額で買取ってもらえるのか、ご紹介していきましょう。

毛皮の種類で異なる買取金額

毛皮買取金額は、毛皮の種類が何かという点が重要です。 毛皮のコートや小物類で評価が高い毛皮はセーブルとチンチラで、最高ランクの毛皮といわれています。

チンチラはワシントン条約の保護対象となっているので、チンチラの毛皮を海外へ輸送する際の手続きの手間や関税がかかります。そのため、毛皮を扱う買取業者によっては買取額が下がる場合も考えられます。

また、これらに続くのがミンクやフォックスです。購入金額には劣りますが、毛皮では高額の買取金額が期待できます。

ワシントン条約は正式名称を「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」といって、1972年にワシントンD.C.の国際議会で採択された条約です。

ワシントン条約については下記の外務省が更新しているサイトをご覧ください。
参照元:外務省

サイズで異なる買取金額

毛皮買取対象となるものは、ロングコート・ショール・帽子・マフラーなどさまざまな種類があります。

これらのなかで、多くの毛皮が使用されている毛皮製品ほど高額な買取金額になりやすいのが一般的です。

ただし毛皮製品にも流行りがあるので、昔に買った毛皮のロングコートも今では古いデザインとみなされていたら、需要も少ないため買取価格も下がる場合があります。

余計な装飾のないシンプルなロングコートでしたら、使われている毛皮の量が多いうえに需要もあるため、今でも高い買取額が期待できるかもしれません。

ブランドで異なる買取金額

有名毛皮ブランドの製品や人気が高いブランドの毛皮製品は、ニーズがあるため高額買取してもらえるケースが多くなっています。

たとえば「ブラックグラマ」はアメリカ産で最高ランクの黒ミンクを使う高級ブランド、「サガ」は厳密な品質検査を行った質の高い毛皮製品で知られる有名ブランドです。

こうしたブランド毛皮は高額の買取金額で取引されやすくなります。

また、毛皮の買取業者によっては買い取った毛皮の再販ルートや販売方法が異なるため、業者ごとに高価買取できるブランド品などにも若干の違いがある場合があります。

「ハイブランドの毛皮じゃないから高く買い取ってもらえないかも」と不安に思っている方は、複数の買取業者のサイトを調べてみて積極的に買い取っているブランド名を確認しておくことも良いでしょう。

買取査定額が下がってしまう毛皮の種類や状態

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

毛皮の種類や状態によっては、買取査定価格が低くなってしまう場合があります。

買取査定価格が下がりやすい毛皮の種類

まず、化学繊維が素材となっているフェイクファーにも買取価格が付きにくい傾向があり、毛皮の専門だったら買い取ってくれないでしょう。 また、毛皮の種類の中でも下がりやすいのはラビットの毛皮です。

ミンクやチンチラに比べてラビットは単価が安く手に入りやすい毛皮のため、売却する際に安値取引されやすいといわれています。

そもそもラビットの毛皮は小さいため、ニットやファーの一部として使われることが多いことや、毛が抜けやすいのでデメリットがあることが、安価になる要因です。特に劣化したラビットの毛皮は毛が非常に抜けやすいため、状態次第では買い取ってくれない可能性もあります。

買取査定価格が下がりやすい毛皮の状態

査定する査定員は、袖口や脇など目立たない部分もチェックします。 大きな汚れやほつれだけでなく、小さく見えにくい部分の劣化も見逃しません。

毛皮査定価格は、毛抜け・硬化・破れ・変色・色落ち・ニオイなど、毛皮の品質を落とす原因に応じて決まります。 これらのポイントでマイナス要素があれば、買取査定価格は下がってしまいます。

中でも意外に気付きにくいのがニオイです。汗・食べ物・タバコ・香水などのニオイは大きなマイナス要因になり得るため注意しましょう。 クリーニングする際の柔軟剤や洗剤のニオイにも要注意です。

自分でよい香りだと感じるものでも、人によっては嫌なニオイに感じることがあります。 毛皮の保管状態、お手入れの仕方によって買取査定価格は下がる傾向があります。

対処方法としては、一日着た毛皮のコートなどはすぐにクローゼットにしまわずに、一晩は風通しのよりところで陰干しをしましょう。毛皮に付着した汗がニオイの原因になる可能性があるためです。

また、毛皮のコートのニオイや汚れを取るためにクリーニングに出すことを検討している人もいるかと思います。しかし、毛皮のクリーニングは店舗などにもよりますが1万円程度はかかるうえに、仕上がるまでに3週間程度の期間が必要です。

費用や手間などを考慮にいれた場合、買取額を下げないためのクリーニングは少し慎重になった方が良いでしょう。

蒸しタオルで毛の部分を拭いたりするだけでも、ちょっとしたニオイだったら取れる場合もあります。余計な出費を抑えたい人は、まずは試してみてはいかがでしょうか。

このようにきちんとケアし、保管していれば、査定金額を大幅に下げることは防げるでしょう。

毛皮を高額買取してもらうためのポイント

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

以下では、毛皮を高額買取してもらうポイントを押さえておきましょう。

【ポイント1】複数ある毛皮はカテゴライズする

買取予定の毛皮が複数あるなら、いくつかのカテゴリに分けておくと把握しやすく、高額買取してもらえる業者を選びやすくなります。 購入時期別・毛皮の種類別・製品の大きさ別など、わかりやすく分類してみましょう。

カテゴリ分けせずまとめ売りすると、買取業者に「毛皮の価値をわかっていない」「雑に毛皮を扱う人だ」などネガティブな印象を与える可能性があります。

【ポイント2】毛皮専門の査定員がいる業者を選別

買取業者を選ぶ際、毛皮に詳しい経験豊富な査定員がいるところを選んだほうが、高額買取してもらいやすくなります。

査定員が在籍する買取業者のウェブサイトには、査定員などの情報が記載されているため、経験年数や買取実績を見極めておくとよいでしょう。

【ポイント3】オンライン査定で情報収集

やや正確さに欠けますが、査定金額の目安を知りたい場合は、オンライン査定を活用してみましょう。 毛皮買取業者のなかにはオンライン査定を無料で行っているところがあります。

査定金額を比較するのに便利で、どこが高額査定価格を出してくれそうか見当をつけやすくなるでしょう。

【ポイント4】毛皮をまとめ売り

毛皮のコート、マフラーなど同じブランドの商品がある場合は、まとめて査定してもらうことで高額になる可能性があります。

毛皮の買取を行っている業者はブランドのバッグやアクセサリーなども扱っていることも多いので、毛皮以外のバッグ、アクセサリーと一緒に買取ってもらう手も有効です。

【ポイント5】メンテナンス

毛皮はホコリがつきやすく、劣化も早いのが特徴です。 日ごろからきちんとメンテナンスしておくことでよい状態をキープしましょう。

査定してもらう前に毛皮の状態を再確認し、可能な範囲で修繕しておくと高額買取が期待できます。 着用後はホコリを取る、汚れたらすぐに水気のある布を固く絞って拭く、毛並みが崩れない収納スペースにしまうなど、工夫してみてください。

毛皮の売り時は?

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

「毛皮を高額買取してもらいたい」という場合、タイミングも重要です。 毛皮の売り時はいつなのか、そのタイミングについて解説します。

毛皮のシーズン前

毛皮を買取してもらうなら、秋口が狙い目です。買取業者は寒さが厳しくなる前に商品を手に入れたいと考えているからです。 そのため少し肌寒くなって来た秋口に査定してもらうと、高価買取が期待できるでしょう。

買取業者によってはキャンペーンを実施することもあるため、夏の終わり頃からは毛皮の買取業者の情報にアンテナを張っておくことが大切です。

売ろうと決意したとき

毛皮の買取相場価格はいつ変動するかわかりにくいものです。「もう少し待てば高く売れるかも……」などと考えてもキリがありません。

また、今は世界的に見ても毛皮製品をつくるブランドは減少傾向にあり、2017年には『グッチ(GUCCI)』がリアルファーの使用を廃止することを宣言しました。日本の毛皮輸入量も減少傾向にあり、若者を中心にリアルファーを買わない選択が拡大しているのかもしれません。

このようにリアルファーの需要が減れば、買取額も下がります。

本コラムの冒頭でお伝えした通り、今は日本の景気が回復傾向であるため、リアルファーに人気が集まっています。しかし上述したリアルファーの需要が減るという流れは今後も加速することも考えられるので、これ以上価値が下がる前に買取に出す方が良いかもしれません。

年月とともに劣化しやすい毛皮はすぐに買取してもらおう

毛皮買取で取り扱われている種類や買取相場を解説

毛皮の買取価格や毛皮の種類の違いなど、毛皮を売却しようと考えている方向けに、さまざまな情報を提供してきました。 毛皮はお手入れや保管に気を遣う必要があるため、定期的に細かいケアをしなければ、年月とともに劣化してしまいます。

売り時は思い立ったとき、つまり「今」です。時期を逃さず査定を依頼して、高額買取を狙いましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

毛皮の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ