株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?
不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

若い頃に奮発して購入した毛皮や親から譲り受けた毛皮。

昔は着ることも多かったけれど今はクローゼットに眠らせていませんか?

このような毛皮は専門で買取してくれるお店や業者があります。

着用しない毛皮があるなら、こういった便利なサービスは積極的に活用したいですね。

毛皮は動物の毛がふんだんに使われている性質上、新品で購入すると安くても何十万円から高いもので百万円をゆうに超えるものもあります。

着なくなった中古の毛皮はとてもデリケートですのでその毛皮が売れる状態のものなのか、そして買取相場はいくらなのかを少しでも把握しておいた方が良いでしょう。

ここでは不要になった毛皮コートを買取してくれるサービスや毛皮ごとに異なる買取相場について解説していきます。

毛皮の買取相場は?どのくらいで売れる?

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

毛皮の相場を決める基準は毛皮の種類と保管状態が大きく関係しており状況によって異なるため、一概に相場を出すことはできません。

毛皮買取市場において主に流通している毛皮の種類はミンク・フォックス・チンチラ・セーブルで、中でも希少性の高いチンチラやセーブルは高値の傾向が見受けられます。

また、有名な毛皮ブランド:エンバ(EMBA)製の高品質なミンクやフォックスには「サガ」という名称がつき、サガミンク・サガフォックスと呼ばれ高い需要があります。

クローゼットに眠っているあなたの大切な毛皮がいくらになるのかバイセルがお調べします。

バイセルは毛皮製品の豊富な査定件数がありますので大切な毛皮をしっかり査定いたします。

あなたの毛皮、あなたが満足する価格で買い取ります。まずはご相談ください!

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

毛皮の種類ごとの買取相場について

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

それでは毛皮の買取相場を知る上で必要となる毛皮の種類について詳しく解説していきましょう。

毛皮のサイズについて

毛皮買取において、毛皮のサイズはとても重要です。同じ素材であってもサイズによって買取相場が全く異なります。

ちなみに種類やデザインが同じものがあった場合、単純に大きければ大きいほど値段として上がりやすいです。

これはどれだけ多くの毛皮が使われているのか、という部分も関係しています。

ロング

膝が隠れるほどの長さで、毛皮の使用面積が多いという点においてはロングコートが買取相場が高い傾向といえます。サイズは平均90cm~110cmです。

ハーフ

お尻がギリギリ隠れるくらいの長さで、ハーフサイズは製品ごとに大きさの違いがあります。平均70cm~90cmです。

ショート

腰くらいまでしかない長さです。こちらも製品ごとに大きさの違いがあります。平均50cm~70cmです。ショートサイズは若年層を中心に人気が高まっています。

ベスト

袖のないタイプで、こちらも着やすさや他のファッションに合わせやすいという理由から若年層を中心に人気があります。

ショール、小物類

ショールはいわゆる襟巻きで、コートに比べて入手しやすい点もあり人気です。様々なデザインや大きさがあり、価格も異なります。

毛皮買取においては「ミンク」「セーブル」「チンチラ」「フォックス」の4つが主要な毛皮

様々な種類の毛皮が生産させているものの、毛皮買取においては「ミンク」「セーブル」「チンチラ」「フォックス」の4つが買取市場での需要の高い毛皮といえます。

他にもラビットやラクーンなどの毛皮もありますが、買取相場という点においては高値を見込むのはやや難しいかもしれません。

各毛皮素材について詳しく説明したページがございますのでこちらも合わせてご覧下さい。

この4つの毛皮は、代表的な種類であるとともに、実際に購入する場合の値段も高値です。

フォックスやミンクは毛皮の品質レベルによりますが、4つの中で比較的購入しやすく、そして実際に買取に出した時の値段はセーブルとチンチラに比べるとそこまで高値を期待するのが難しいかもしれません。

しかしながらフォックスやミンクはそれだけ多くの毛皮ファンを魅了している証であり、幅広く生産されています。

ミンクに関して補足すると、品質の高いものになればセーブルやチンチラを上回る稀少なミンク毛皮もありますので、いまだに高い需要と根強い人気が見てとれます。

前項で挙げた「エンバ」などの有名ブランドでは「ブラックグラマ」というアメリカの有名毛皮ブランドもトップクラスの品質を誇っています。

毛皮買取の注意点

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

毛皮の相場を決める基準、それはズバリ毛皮の種類と状態が関係しています。

毛皮買取の相場はこの二つが大きく関係しています。

そして、この二つの条件をどちらも満たしている毛皮こそ、買取相場の高い毛皮として高く評価されるのです。

そして、毛皮はもう一つ注意すべき点があります。

それは毛皮には「ワシントン条約」というものがあり、ここに該当する毛皮は残念ながら売ることも買取することもできません。

ワシントン条約で禁止された毛皮について補足すると、過去に流通していたけれども後から追加された毛皮の品目などもあり注意が必要です。

ご家族から譲り受けた古い毛皮の中には該当するものもあるかもしれませんが、そういった点においては例えば毛皮に詳しい専門業者へ相談するのも一つの方法だといえます。

その毛皮がどんな毛皮なのか教えてくれますし、あなたの都合が良ければそのまま査定してもらうこともできます。

毛皮買取の相場評価を落とす要因

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

毛皮はとてもデリケートな性質を持っており、また衣類ですから着用するたびに目に見えないダメージは蓄積されていきます。

では、毛皮買取の相場評価を下げてしまうポイントにはどういったものがあるのでしょうか。

経年変化の影響で毛皮は劣化する

毛皮はその名の通り動物の毛皮を使っていますので当然年数が経つと劣化し、買取価格に大きく影響します。

劣化の代表的なダメージは抜け毛で、軽く毛を引っ張るとすぐに抜けてしまい、見栄えも悪いです。

そうした劣化した毛皮の多くは光沢やツヤがあまり見られず、手触りもあまり良くありません。

特にミンクなどの白い毛皮は日焼けに注意

白系の毛皮はミンクやフォックスに特に多いカラーですが、日焼けをしてしまうと見た目の美しさを損ねるだけでなく買取価格にも影響します。保管は日陰で風通しの良い場所が良いでしょう。

保管状況が悪いと毛皮にダメージを与えてしまう

保管状況で最も気にすべきは湿気で、毛皮は湿気に弱く、カビが生えやすいです。

一度カビが生えてしまうと修復は難しく、異臭の原因にもなりますので注意してください。

また、ベタつきといって毛皮の内側がベタベタする感触があるものもありますから合わせてチェックしてみましょう。

その他よくある毛皮のダメージ

劣化に関連するダメージで毛皮の表面、特に肩口の色が抜けてしまうということもあります。

また、素材自体がそこまで強くないチンチラによくあるように、着用時に何かに引っかけて破けてしまうケースもあります。

まとめ

不要になった毛皮のコートは売れる?買取相場はどれくらい?

いかがでしたでしょうか。冒頭でお伝えした通り毛皮は大変デリケートな性質を持っています。

ですから購入時にいくら高かったとしても需要の高い毛皮素材であることや、その後の保管状況次第では買取に出した際の値段は大幅に変わってきます。

もしご自宅に価値の不明な毛皮や、毛皮を売りたいけれど良い方法がわからないという場合は毛皮買取専門店への相談をおすすめします。

毛皮買取専門店は毛皮買取に精通していますから、古い毛皮でもしっかり査定してお値段を付けてくれることでしょう。

毛皮に関する知識や査定に詳しい専門店ならば、眠らせたままの毛皮の価値を見抜き、高値で買取が実現する可能性が高まるかもしれません。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

毛皮の種類

買取対象品目