ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

毛皮小物

毛皮小物
毛皮小物

毛皮小物について

「きちんとした毛皮製品は高い」「毛皮は好きだけど着られるシーズンが短い」。そうしたネックを感じている人に嬉しいのがファー小物。これまでラビットファーやラクーン、ムートンで満足していた若い女性向けに、近年は高級毛皮であるミンクやセーブルのショール、バッグ、スヌード、帽子など多数のファー小物が割と手頃な価格で販売されています。

新しいお洒落に挑戦する入口としても大変活躍するファー小物は、それ自体が「更に上質な毛皮に直に触れる機会」を与えてくれるのも魅力で、今でこそ毛皮のコートやジャケットを愛用している方であっても、まずは小物をきっかけにファーに目覚めたという方は大変多いのです。

最近ではあらゆる技術が日々進化して化学繊維によるフェイクファーでもさわり心地が良いものは多数存在しますが「初めて本物のセーブルマフラーに触った時、その違いに衝撃を受けた」という感想は非常に多いです。ここで気になるのが「なぜ高級毛皮素材による小物が充実してきたのか」です。まず近年のリサイクルやエコへの熱も手伝い、着なくなった古い毛皮整理する際に「処分」ではなく「リサイクル」を選択する方が増えているということが挙げられます。保管方法に難があったために部分的に劣化し、ジャケットとしては着られなくなった。

しかし袖の状態はまだまだ良好ならば思い切ってリメイクにあてよう、ということです。ただ毛皮のリメイクは一般的な技術とは言えないため、大半の方が自分で行うことはできません。そのため上手にリサイクル市場へ載せられる買取業者を探し、大切な毛皮が形を変えて誰かに活用されることを望まれるのです。全てが全てリサイクル毛皮でないということを踏まえても、一般的な意識の変化が素晴らしいファー小物の世界を広げてくれるのは嬉しいですね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • 電話

    電話お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    フリーダイヤル0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • フォーム入力

    フォーム入力最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

毛皮の種類

買取対象品目