特集コンテンツ

査定額の“この差“って、何ですか!?【時計編】

時計
ロレックス/GMTマスター2/国際線パイロットのために開発されたGMTマスターシリーズは、異なる二つ以上の場所の時刻を把握できる機能を備えたロレックス唯一のパイロットウォッチ

この仕事をしていると、いわゆる“成功者”の方をインタビューする機会があります。

皆さん、立ち居振る舞いはスマートで、身だしなみもパーフェクト!特に、一生涯使えるような、上質な腕時計をつけている方が多い印象を受けます。

成功したからいい時計が買えたのか、いいものを知っているから成功したのか…。

さて、“腕時計投資”なんて言葉もあるほど、高級時計の人気は根強いですが、「正直、どれを購入すればいいかわからない」という人もいるのでは?そこで今回は、高級時計の世界を徹底調査しました。

買い取り時に値下がりしにくい時計は?買い取り価格に差が生まれるのはなぜ?など、気になる疑問を、ブランド品などの出張買い取りを行っている「バイセル」の鑑定人・荻原雅俊さんにお聞きしました。

鑑定人プロフィール

鑑定人:荻原雅俊
  • 荻原雅俊(おぎわら まさとし)さん
  • 31歳/既婚
  • 趣味:トレーニング、サーフィン
  • 鑑定暦:4年
  • 得意な買取ジャンル:着物、ブランド品

いつの時代も、不動の人気を誇る『ロレックス』

時計
ロレックス/サブマリーナ デイトブルー/オイスターケースと呼ばれる世界初の防水ケースを採用したロレックスの歴史の中でも重要なモデル

--高級時計を購入したくてもどれを買っていいかわからない人へ、おすすめのメーカーやブランドを教えてください。

荻原:特に男性は、高級時計を1本は持ちたいという方、多いですよね。高級時計に何を求めるかによって、選ぶメーカーやブランドは変わってくると思います。例えば、ファッション性を重視する人、国内のメーカー以外は嫌だという人、売る時に値が下がらないものを買いたい人など、その人の価値観次第だとは思います。

売るときに値が下がりにくいことを重視するなら、『ロレックス』の一択です。『オメガ』や『フランクミュラー』など、人気のある高級時計ブランドは数ありますが、『ロレックス』の人気は不動です。

--『ロレックス』の中でも特に人気のモデルは何ですか?

荻原:やはり「デイトナ」と「サブマリーナ」ですね。「デイトナ」は『ロレックス』の中でも絶大な人気を誇るモデルで、資産価値もトップクラス。正規店では常に、在庫不足が続いています。「サブマリーナ」は、高度な防水機能を搭載したスポーツモデル。映画『007』の主人公、ジェームズ・ボンドが愛用していたことでも有名なんですよ。

--「デイトナ」や「サブマリーナ」の買い取り評価額が下がりにくい理由を教えてください。

荻原:まずは、『ロレックス』のブランド力ですね。高級時計の買い取り市場では、時計専門のメーカーが強いんです。『カルティエ』の時計も人気がありますが、ジュエリーブランドなので、『ロレックス』ほど、評価は高くありません。

それに、『ロレックス』の時計は丈夫で、作りが秀逸です。自分の時計を子どもに受け継がせる人もいるほど。長く使えるという点でも愛されていると思います。人気がありすぎて生産が追いつかず、なかなか手に入らない…。そうすると、欲しい気持ちがどんどんと膨らみます(笑)これが、『ロレックス』の買い取り評価額が下がらない理由だと思います。

高級時計は車と同じ。維持費やメンテナンスは必須

時計
ロレックス/デイトジャスト/ロレックスの神髄にして王道。歴史は古く、世界で初めて日付の小窓に自動表示機能をつけたレジェンドウォッチ

--供給が追いつかないことが、人気に拍車をかけているとは…。ちなみに、時計の買い取り評価を下げない使用方法があれば、教えてください。

荻原:ポイントはいくつかありますが、まずは、ブレス(ベルト)の扱い方です。腕を激しく動かすとブレスのつなぎ目が摩耗して、だらりとたわんでしまいます。マイナスポイントになるので、腕の動作が必要な時は、着用しないことをおすすめします。また、ベストフィットの長さに調整して、購入することも大事ですね。きついと摩耗が進みやすくなり、ゆるいとガチャガチャと物に接触して傷が増えますから。

--なるほど~。スポーツをする時は、はずすのが賢明と…。

荻原:その通りです。それから、最も大事なのは、時計が止まらないようにすること。車に例えてお話しすると、長期間乗らない車は、エンジンが劣化しますよね? 高級時計も同じで、長期間使わないと中のオイルが固まり、オーバーホール(分解点検修理)の時期が早まります。

オーバーホールは、全てばらして部品交換をしますが、これが問題です。純正の部品が取り寄せられない場合、別メーカーの代用部品で修理しますが、『ロレックス』は特に“オール純正”が高く評価されます。オーバーホールで他メーカーの部品を使ってしまうと、それだけで大きなマイナスポイントに。ですから、時計を止めないよう大事に使い、オーバーホールさせないことが、高価買い取りにつながるんです。

--使わずに長い期間、放置するのも問題ありと…。他に気をつけるべき点はありますか?

荻原:基本中の基本ですが、傷はマイナスポイントです。特に、裏蓋が要注意。時計をはずしてテーブルなどに置く時に雑に扱うと、裏蓋とベルトが接触して傷が付きます。傷をつけないために、購入した時に付いているシールを付けたまま、使い続けている人もいるぐらいですよ。

--新車の座席ビニールを取らずに乗り続ける…みたいな?

荻原:まさに、そんな感じです(笑)そう考えると、高級時計の扱い方は、車に似ているかもしれません。車は、車検がスムーズ通るように、定期的にオイル交換やタイヤ圧をチェックしますよね。高級時計も、できるだけオーバーホールをさせないように、傷を付けないようにと、メンテナンスにお金や労力が必要なので…。

--そんなところも、男性の所有欲をくすぐるのかもしれませんね!

荻原:確かに…、そうかもしれません(笑)

萩原雅俊
「高級時計には、文字盤で時間を知るだけでない、意味や魅力があると思います」と荻原さん

使わないと高く売れるが、使うことで得る価値も大きい

時計
ロレックス/デイデイト10Pダイヤベゼル/ベゼルと文字盤部分にはダイヤがセットされ、ロレックスの中でもエレガントさと高級感がコンセプトとなっている

--今までのお話をまとめると、傷が少ない純正品であれば、高額で買い取ってもらえるってことですか?

荻原:そうですね。でも、実はビンテージの『ロレックス』の場合は、傷だらけでも売れます。

--え!? 本当ですか!?

荻原:ビンテージは、文字盤を覆う風防がプラスチック製なので、文字盤が見えないほど損傷していることも多いですが、それでも欲しいという方がいらっしゃる。だから、傷があっても査定してもらう価値はありますよ。

逆に良かれと思ってやっていることが、評価を下げる、なんてこともあります。購入する時に、純正のベルトにダイヤモンドをあしらう方がいますが、これが、あまりよろしくない…。たとえダイヤモンドがついていても、『ロレックス』の場合は、純正のベルトでないと評価が下がってしまいます。

--ひぇー。ダイヤがついているのに? 高級時計って奥が深いですね…。

荻原:本当にそう思います。極論の極論を言うと、メンテナンスを怠らずにまったく使用しなければ、高く売れるってことになりますね(笑)

--そ、そういうことになりそうですね(笑)

荻原:だから、「もったいなくて使えない」という方に度々お会いします。でも自分は、それこそが“もったいない”と思っています。大事に使えば、それほど劣化しないのが高級時計の魅力。また、つけることで、オーナーのモチベーションやステータスをあげるので、使うことで得る価値も高いような気がします。

高級時計は、一生どころか、子どもや孫の代にも受け継げる貴重なアイテムです。時計を買い替えようと考えている人は、ぜひ、高級時計の購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

萩原雅俊
「少しマニアックな話ですが、『ロレックス』の場合、シリアルナンバーが01番やキリ番だと査定額が上がります」と荻原さん

記者の『ロレックス』に対するイメージは、「ゴツい…」「ベタ…」と、後ろ向きでした。しかし、詳しく聞けば聞くほど、自分の無知ぶりを反省しきり…。

今は「いつか『ロレックス』のオーナーになれるよう、頑張ろう!」と、人生のモチベーションをぐんぐん上昇中。

予算は心許ないけれど、魅惑的な高級時計の世界に、すっかりハマりそうです。

取材・文/石上直美(verb)

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!