ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

鑑定書がない場合でもダイヤモンド買取はできるのか?

鑑定書がない場合でもダイヤモンド買取はできるのか?
鑑定書がない場合でもダイヤモンド買取はできるのか?

「鑑定書」は、ダイヤモンドの価値を保証してくれる重要な付属品です。

買取においても鑑定書の有無は重要な評価項目ですが、買取業者によっては鑑定書がなくとも買い取ってくれることもあります。

しかし、鑑定書はダイヤモンドの品質について詳細が記載されているため、少なからず買取額に影響します。

そこで今回の記事では、ダイヤモンドに付属する鑑定書の役割と、買取において具体的にどのような影響を及ぼすのか詳しくご紹介します。

鑑定書とは?

タ鑑定書とは?

正式名称を「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」という鑑定書は、名前の通り天然のダイヤモンドだけに発行される特別な証明書です。

宝石にはダイヤモンド以外にルビーやサファイアなどがありますが、鑑定書が発行されるのはダイヤモンドだけです。

鑑定書にはダイヤモンドそのものの評価が記されており、品質保証をしてくれる重要な役割を持っています。

ダイヤモンドの価値は「4C」と呼ばれる評価基準によって決まっています。

4Cの評価基準は、宝石学の研究・鑑定機関として世界を牽引する「GIA(アメリカ宝石学会 )」によって定めれた世界共通の基準です。

また鑑定書には書式自体には厳密なルールがないため、発行元によって4C以外に、ダイヤモンドの写真や図が掲載されているなど、視覚的にもわかりやすいよう工夫がされていることもあります。

4Cの評価結果の内容は記号などで記されているため、どのくらいの価値あるダイヤモンドなのか、馴染みのない人にとっては何が書かれているのか読み取れません。

しかし4Cの評価内容はシンプルなため、各評価項目の専門用語を押さえておけば、決して難しいことはありません。

4Cの評価項目は以下4つに分かれています。


・カラット

・カラー

・クラリティー

・カット


ここからは、各項目の詳細について解説していきます。

カラット(Carat)

カラット(Carat)

「カラット」は、ダイヤモンドの重さを表す単位で「ct」と表記されます。

一般に重量が重いダイヤモンドであるほど、価値も高くなる傾向にあります。

カラットはグラム単位に換算すると、1ctあたり0.2グラムです。

直径は1ctで約3.0mm、2ctで約3.7mmと、1ct増えるごとに0.6mm〜0.8mmほど直径が大きくなります。

もちろん、ダイヤモンドのカット方法によっても直径は変わってきます。

また、カラットはあくまでも1つの評価項目です。

そのため、カラーやクラリティー、カットなどの他の項目で高評価を得たダイヤモンドは高値で取引されることもあります。

カラー(Color)

「カラー」は、ダイヤモンドの透明度を示す評価項目で、23等級に分かれています。

23等級は「D〜Z」のアルファベットで段階的に評価され、Dが最も品質が高く、Zが低いダイヤモンドとされています。

質の悪いダイヤモンドほど黄味が含まれており、無色透明に近いほど希少性が高いとされています。

しかし中にはピンクやブルーなどの色彩を持った「ファンシーカラー」と呼ばれる種類のダイヤモンドも存在し、カラーとは違った別の評価基準で色の品質が評価されます。

クラリティー(Clarity)

クラリティー(Clarity)

ダイヤモンドの透明度を示した「クラリティー」は、表面・内部にあるキズや欠け、内包物がどの程度含まれているかを評価する基準です。

評価は高い順に以下のように6つのカテゴリー、11段階で評価されます。

「FL」が最高評価の等級で、「I3」が最も低い等級です。


・FL(フローレス)

・IF(インターナルフレーレス)

・VVS1、VVS2(ベリーベリースラトリーインクルーデッド)

・VS1、VS2(ベリースラトリーインクルーデッド)

・SI1、SI2(ストライトリーインクルーデッド)

・I1、I2、I3(インクルーデッド)


また内包物はインクルージョン(Inclusion)と呼ばれており、ダイヤモンドが地底深くで形成される過程で中に残ってしまったキズやひび割れ、曇りなどが含まれているダイヤモンドほど評価が下がってしまいます。

ちなみに鑑定書には上記のようなクラリティーの評価結果だけではなく、内包物が含まれている箇所や数、種類も記載されています。

カット

「カット(Cut)」はダイヤモンドの形を評価する項目です。

評価されるポイントは「カットの正確性(プロポーション)」「表面の磨き具合(ポリッシュ)」「対称性(シンメトリー)」の3点です。

各項目ごとに5段階の評価がされ、最高評価はExcellent、次いでVery Good・Good・Fair、最低ランクはPoorと表記されます。

3つの評価項目すべてでExcellentと称されたダイヤモンドは「3EX(トリプルエクセレント)カットダイヤモンド」と呼ばれています。

鑑定書がないと買取価格は下がってしまうのか?

鑑定書がないと買取価格は下がってしまうのか?

ダイヤモンドの価値を保証してくれる鑑定書がないことで、買取価格が下がる可能性はあります。

買取業者によって、ダイヤモンドに対する査定技術や知識を持っていない場合があるためです。

鑑定書がないことでダイヤモンドの価値を正確に判断できず、損だけはしないよう買取価格も抑える傾向にあります。

そのため鑑定書が付いていないダイヤモンドを買取に出す際は、ダイヤモンドなどの宝石の買取を専門的に行っている業者を選ぶよう心がけましょう。

例えば「買取実績が豊富」「GIA G.G.資格保有者が在籍」などをホームページからチェックすることで、その業者に宝石の査定技術がどの程度あるのかが把握できます。

買取実績が豊富な買取業者であれば、年間を通して数多くの宝石を査定しているため、在籍する査定員もダイヤモンドに対して十分な査定技術・知識を有しています。

また「GIA G.G.」とは、宝石学の権威である「GIA(米国宝石学会)」に認定された者に発行される資格で、「宝石のスペシャリスト」であることを証明します。

何カラットから鑑定書は発行されるのか?

何カラットから鑑定書は発行されるのか?

天然のダイヤモンドが付いたジュエリーであっても、鑑定書が付いていない場合があります。

例えばファッションブランドが販売している安価なダイヤモンドジュエリーでは、鑑定書が付いていない代わりに保証書が付属しています。

ダイヤモンドは1粒「0.15ct以上」のものでないと鑑定書が発行されていないことが多く、その理由は主に以下の2つです。


・0.15ct未満だと小さすぎて計測が難しい

・ダイヤモンドが多くついているジュエリーでは、発行費用がかさむ


ダイヤモンドの4Cを評価するためには、ある程度のサイズがないと難しい場合があります。

そのため、天然のダイヤモンドであっても、サイズ次第では鑑定書が付いていない場合があります。

また鑑定書は、ダイヤモンド1粒ごとに発行されます。

そのため、エタニティリングなどの複数の細かなダイヤモンドが散りばめられているジュエリーに関しては、鑑定書が付属していないケースがあります。

鑑定書の発行料は1枚で数千円〜数万円し、1つの商品のために何枚も発行していては販売価格にも影響する可能性があるため、あえて鑑定書を付けないケースがあります。

鑑定書がある場合の買取時のメリット

鑑定書がある場合の買取時のメリット

ダイヤモンドを買取に出す際は鑑定書がなくとも多くの業者が査定してくれますが、鑑定書が付いていた方がメリットがあるのも事実です。

ここでは、買取時に鑑定書があることで得られる以下2つのメリットをご紹介します。


・ダイヤモンドの価値を下げないで買取してもらえる

・買取査定の時間を短縮できることもある


同程度の品質を持ったダイヤモンドであっても、鑑定書の有無によって買取額に違いが出てくる可能性があります。

それぞれのメリットの内容について把握しておきましょう。

ダイヤモンドの価値を下げないで買取してもらえる

買取時において鑑定書は「付属品」扱いされるため、買取業者によっては鑑定書が付いていることで買取額がプラスになることがあります。

買取業者にとって鑑定書は、ダイヤモンドの品質を保証してくれる証明書のため、価値を判断する重要な資料になります。

また再販時にも鑑定書が付いていることで、購入者側にとっても安心してダイヤモンドを購入できます。

買取査定の時間を短縮できることもある

ダイヤモンドの品質を見極め、適切な査定額を決めるには熟練の査定員であっても時間がかかるケースがあります。

ダイヤモンドの品質について詳細が記載されている鑑定書が付いていることで、査定する時間を短縮でき、手短かに買取を済ませられるでしょう。

また査定をお願いするダイヤモンドジュエリーが多いほど、査定の時間も掛かってしまうため、鑑定書は時間短縮の面でもメリットがあります。

ダイヤモンドの買取価格の決まり方

ダイヤモンドの買取価格の決まり方

ダイヤモンド自体の買取価格は、上記でご紹介した4Cのカラット・カラー・クラリティー・カットの評価項目の良し悪しが大きく影響します。

宝石専門の買取業者は、鑑定書に記載されている4Cの評価内容を加味した買取価格を提示してくれます。

仮に鑑定書がなかった場合は、買取業者の査定員がダイヤモンドの品質を見極めて買い取ってくれますので大きな心配は不要です。

しかし鑑定書などの付属品も査定の対象となるため、少なからず買取額に影響することは認識しておきましょう。

またダイヤモンドが付いた指輪やブレスレット、ネックレスなどのジュエリーの場合は、使われている貴金属の素材や保存状態、ブランド名なども評価対象となります。

例えば有名ブランドのジュエリーであれば、ダイヤモンドや貴金属などの品質に加えてブランド名自体がプラスの評価につながり、買取額も上がることがあります。

ダイヤモンド買取でよくある質問

ダイヤモンド買取でよくある質問

最後に鑑定書の以外に関して、ダイヤモンド買取の際に気になるポイントをQ&A形式にてご紹介します。

ちょっとした疑問でもすっきり解消してから、買取依頼をしましょう。

Q:カラーダイヤモンドの場合、買取価格は変化しますか?

A:買取価格は変化します。

カラーダイヤモンド版の鑑定書もあり、色の品質を「彩度」と「明度」から判別して評価します。

基本的には無色透明なダイヤモンドの方が買取価格は高くなる場合が多いですが、カラーダイヤモンドの中にも希少な種類があり、十分な買取価格が期待できるものも存在します。

Q:イニシャルが入っているアクセサリーでも買取してもらえますか?

A:買取業者によっては買い取ってもらえます。

イニシャルが入っているアクセサリーであっても、買取業者側で消せると判断された場合は買い取ってもらえる可能性があります。

しかし、刻印を削りとってしまうことで商品価値が落ちてしまう場合は、アクセサリーの素材(ダイヤモンド・金・銀など)だけが買取対象となる場合もあります。

Q:ブランドの有無で買取価格は変わるのか?

A:買取価格は変わります。

人気ブランドのダイヤモンドジュエリーは買取市場でも需要が高いため、宝石専門の買取業者を中心に多くの業者が高めの価格で買い取ってくれます。

また、買取業者によっては得意・不得意としているブランドもあります。

マイナーなブランドであっても中には高い値段で買い取ってくれる可能性もあるため、業者を選ぶ際は、所有しているブランドの買取実績があるかホームページなどをチェックして見ましょう。

Q:ダイヤモンドの買取に為替相場は関係しますか?

A:ダイヤモンドにも金(ゴールド)や株のように国際為替相場が存在し、買取額にも関係してきます。

ダイヤモンドの相場は毎日変動し、買取業者もその日の為替相場を参考に買取価格を決定します。

価格指標はカラット・カラー・クラリティーによって分けられていますので、もしも鑑定書を持っている場合は品質評価の内容を参考に、日ごとの為替相場を見てみましょう。

Q:ダイヤが古い場合、価値は下がりますか?

A:古いダイヤモンドであっても価値は下がりません。

ダイヤモンドの品質は時間が経ったとしても落ちることはなく、古いダイヤモンドであっても4Cをベースに価値が決まります。

しかし、ダイヤモンドが付いているリングやネックレスなどの品質は保存情報によっては劣化するため、価値が落ちてしまう場合があります。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目