ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

1円銀貨の買取価値とは?プレミア価格がつく特徴

1円銀貨の買取価値とは?プレミア価格がつく特徴
1円銀貨の買取価値とは?プレミア価格がつく特徴

1円銀貨はかつて実際に流通した日本の貨幣ですが、現代では収集品として古銭コレクターから人気を集めています。

古銭買取市場においても、最もポピュラーな古銭の1つと言えるでしょう。

また、発行年度や図柄のわずかな違いによって希少価値が大きく異なってくるという点も、古銭コレクターからの人気を集める所以となっています。

1円銀貨には買取市場においてどれくらいの価値があるのか、どのような特徴の1円銀貨にプレミア価値がつきやすいのか、1円銀貨を高く売るために知っておきたいポイントなどについて解説します。

近代貨幣の一種である1円銀貨とは?

近代貨幣の一種である1円銀貨とは?

1円銀貨は1871年(明治4年)、新貨条例で新しい貨幣単位「圓(円)」が採用されたことをきっかけに発行された日本の近代貨幣です。

日本の貨幣でありながら対外貿易専用銀貨としての側面が強く、おもに中国や台湾といったアジア諸国で流通しました。

日本国内では1897年(明治30年)に通用停止されていますが、海外向けの一円銀貨の製造は1914年(大正3年)まで行われました。

現在、1円銀貨は古銭コレクターから高い人気があり、古銭買取市場でも活発に取引されるポピュラーな古銭の1つとなっています。

1円銀貨のデザイン

1円銀貨の表面にはとぐろを巻いた龍が、裏面には「一圓」の文字と上部に菊紋、そして桐がデザインされています。

また、1円銀貨は発行年代によってサイズが若干異なることでも知られています。

発行開始から1887年までは直径38.6mmで大型、1888年以降のものは直径38.1mmで小型と呼ばれています。

直径には差がありますが、どちらも品位は銀90%・銅10%で、量目は26.96グラムと同じになっています。

1円銀貨の種類について

1円銀貨の種類について

広義で「1円銀貨」と呼ぶことができるものの中には、大きく分けて「旧1円銀貨」「新1円銀貨」「貿易銀」「丸銀」の4つの種類があります それぞれの概要と特徴を見ていきましょう。

旧1円銀貨

いわゆる「1円銀貨」と言えば1871年(明治4年)発行の「新1円銀貨」のことを指すことが多いのですが、実はその前年の1870年(明治3年)、使用目的を貿易のみに制限した、デザインの異なる1円銀貨が発行されていました。

この国内では流通しなかった貨幣のことを「旧1円銀貨」と呼びます。

製造期間は1872年(明治5年)までと短く、国内では流通していませんでしたが、現代の古銭買取市場では人気の古銭の1つとなっています。

デザインは、表面が龍なのは新1円銀貨と同様ですが、裏面には大きく旭日が描かれています。

新1円銀貨

1871年(明治4年)に発行された、最もポピュラーな1円銀貨です。

デザインは表面に龍・発行年・額面、裏面に「一圓」の文字と菊紋、桐が配置されています。

発行年によって、「新1円大型銀貨」と「新1円小型銀貨」の2種類のサイズがあります。

貿易銀

1875年(明治8年)から1878年(明治11年)の期間には、貿易用に特化した銀貨である「貿易銀」が発行されました。

海外で貿易に使われていたメキシコ銀貨などと量目を合わせてあるのが特徴で、貿易用に特化したものであるため国内での流通はありませんでした。

デザインは、表面に龍が描かれているのはこれまでの1円銀貨と同様ですが、裏面には「貿易銀」と記されていました。

従って「一圓」という額面はどこにも書いていないのですが、デザインの類似などから1円銀貨の1種とみなされています。

 

丸銀

1897年(明治30年)の貨幣法施行によって日本国内での1円銀貨の通用は停止されました。

しかしながら台湾や朝鮮では、日清戦争以来1円銀貨が盛んに流通していて、すぐに通用停止とすることができませんでした。

そこで当分の間、裏面の「一圓」の文字の左側または右側に「丸で囲った『銀』の字」を刻印した、外地のみで通用する特殊な1円銀貨を発行しました。

丸に銀の刻印がされたことから、この1円銀貨のことを通称「丸銀」と呼んでいます。

買取市場における1円銀貨の価値

買取市場における1円銀貨の価値

1円銀貨を古銭買取に出したらどのくらいの買取価値があるのでしょうか。

大まかには、1円銀貨は発行年代が古いものの方が希少性が高く、買取価格も高くなりやすいようです。

ただし、極端に流通量が少ない年度に発行されたものや、刻印の特徴が珍しいものなどには、非常に高いプレミア価値がつく場合があります。

希少価値の高い特徴を持っていて、保存状態の良いものなら数十万円以上の買取価格がつくケースもあるようです。

プレミア価値がつくかどうかは、刻印のわずかな特徴の違いなどから見分けなければならず、ご自身で判断するのは難しいかもしれません。

お持ちの1円銀貨にどのくらいの価値がつくかは、古銭専門の買取業者に査定を依頼して確かめてみましょう。

1円銀貨にプレミア価値はどのような要素で決まる?

1円銀貨にプレミア価値はどのような要素で決まる?

1円銀貨の中には非常に高いプレミア価値のつくものがあります。

では、そのプレミア価値は具体的にどのような要素で決まっていくのでしょうか。

発行年度

1円銀貨が発行されていた期間の中でも、年によって発行数にはばらつきがありました。

そのため、発行数が少ない(現存数が少ない)年度の1円銀貨は希少性が高く、高い買取価格がつきやすいと言えるでしょう。

例えば、明治8年の1円銀貨の発行数は約14万枚と少なく、古銭買取市場でも非常に高い価値がついています。

刻印の彫りの深さ

1円銀貨には、刻印の彫りが深くてくっきりとしているもの(深彫)と、彫りが比較的浅いもの(浅彫)があります。

それぞれの現存数は発行年度によってまちまちなのですが、「明治〇年は浅彫が少ない」「明治△年は深彫が少ない」など、発行年度との組み合わせによってプレミア価値が発生する場合があります。

例えば、明治8年の浅彫は特に希少価値が高いとされ、買取価格も高くなりやすいです。

旧1円銀貨の「圓」の書体

これは旧1円銀貨に限った話なのですが、表面に「一圓」と額面の表示されている部分の、「圓」の字の9画目が欠けているものがあります。

「圓」の字の中の「貝」の部分が不完全であることから、この特徴がある旧1円銀貨のことを「欠貝円」と呼びます。

この欠貝円は「圓」の字が完全なもの(正貝円)よりも希少価値が高いとされ、高く買取されるケースが多いようです。

1円銀貨を高く売るために知っておきたいポイント

1円銀貨を高く売るために知っておきたいポイント

非常に高いプレミア価値がつくこともある1円銀貨ですが、少しでも高く買取してもらうためにはどのような点に注意すればよいでしょうか。

1円銀貨を買取に出す際に知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

  • ・保存状態は買取価格を左右する
  • ・日本貨幣商協同組合の鑑定書は大事な付属品
  • ・古銭専門の買取業者を利用する

保存状態は買取価格を左右する

1円銀貨に限ったことではありませんが、古銭の買取においては、古銭の保存状態は重要な査定ポイントになります。

1円銀貨に錆が発生していたり、大きな傷がついていたりする場合には買取価格は下がってしまうことが多いでしょう。

反対に、未使用品や美品と呼ばれる保存状態の良いものであれば、高い買取価格がつく可能性もあります。

保管の際にはコインケースに入れておくなど、1円銀貨の状態を損なわないような工夫が必要です。

日本貨幣商協同組合の鑑定書は大事な付属品

日本貨幣商協同組合は日本全国のコイン店を加盟店として組織された組合で、古銭の鑑定書の発行や『日本貨幣カタログ』の発行などを行っています。

日本貨幣商協同組合の発行する鑑定書は、古銭買取市場において最も信頼性の高い鑑定書とされています。

1円銀貨は現行の貨幣ではないためレプリカの作成が可能で、買取市場にも模造品や贋物が多く出回っているという状況があります。

そこで、間違いなく本物の1円銀貨であることを証明してくれる日本貨幣商協同組合の鑑定書は、買取の際にも重要な役割を果たします。

買取業者としては再販する際の品質保証にもなるため、より積極的な価格で買取できる可能性が高くなるでしょう。

古銭専門の買取業者を利用する

1円銀貨には、刻印などのわずかな特徴の差によってプレミア価値がつくものがあります。

もし、査定の際にそのような特徴を見落とされては、思わぬ損をしてしまう可能性がありますよね。

そこで、1円銀貨を買取に出すなら、古銭に関する高い専門性を持った買取業者を利用するのがおすすめです。

実際に買取に出す前に、古銭の買取実績が豊富かどうかを確かめておきましょう。

その他の1円硬貨

その他の1円硬貨

1円銀貨以外にも、これまでにはいくつかの1円硬貨が発行されています。

1円銀貨以外の1円硬貨についてもご紹介しておきましょう。

1円金貨

1円金貨は、1871年(明治4年)および1874年(明治7年)~1880年(明治13年)に発行された日本の金貨です。

表面は「一圓」の刻印が、裏面には菊紋・錦の御旗・八陵鏡(はちりょうきょう:花びらをかたどった鏡)に囲まれた日章がデザインされています。

1871年(明治4年)発行のもの(直径13.515mm)と1874年(明治7年)~1880年(明治13年)発行のもの(12.121mm)とで大きさに多少の差はありますが、品位は金90%・銅10%、 量目は1.6667gとどちらも同じになっています。

1円黄銅貨

1円黄銅貨は、1948年(昭和23年)から1953年(昭和28年)にかけて発行された日本の貨幣です。

表面には漢数字で「一円」、裏面にはアラビア数字とアルファベットで「1YEN」と刻印されているのが特徴です。

原材料の高騰に伴って鋳潰される可能性が出てきたため、発行開始からわずか5年で廃止となりました。

1円アルミニウム貨

1円アルミニウム貨は、現行の1円硬貨のことです。

表面には「日本国」「一円」の文字と若木がデザインされ、裏面には「1」の数字と製造年が刻印されています。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目