ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

古いお金の買取相場とは?高額買取が期待できる種類をご紹介!

古いお金の買取相場とは?高額買取が期待できる種類をご紹介!
古いお金の買取相場とは?高額買取が期待できる種類をご紹介!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 部屋を片づけていたら古いお金が出てきました。いくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や発行年代により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父の遺品の中に古いお金のコレクションがありました。価値はありますか?

  • A
  • バイセルは江戸時代や明治時代に発行されていた硬貨や紙幣の査定実績が多数ございます。買取実績へお進みください。

その他、古いお金の買取相場と高額買取が期待できる種類を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

皆さんは、古いお金の価値についてどのくらいご存知でしょうか?

古いお金は「古銭」といい、発行された時代や枚数、素材によって価値が大きく異なります。

自宅で見つけた古銭が、もしかしたら希少価値のある代物かもしれません。

今回の記事では、古銭の種類と特徴、そして買取市場で高値が付きやすい古銭をご紹介します。

古銭の種類と価値について

古いお金の買取相場とは?高額買取が期待できる種類をご紹介!

過去に流通していた硬貨や紙幣をまとめて「古銭」と呼びます。

古銭には硬貨、紙幣、穴銭、大判・小判、他にも記念コインや海外の貨幣と紙幣など多岐にわたります。

中古市場で人気の古銭は数千円から数万円、またはそれ以上の価値がつく場合があります。ここでは、中古市場で主に流通されている古銭の一部を紹介します。

穴銭(あなせん)

「穴銭」とは文字通り、硬貨の中央部に穴が開いている古銭です。

古銭といえば、多くの人が穴銭を想像するでしょう。

ちなみに、銭形平次という時代劇で、主人公が悪人にお金を投げつけるシーンに出てくる穴銭は「寛永通宝」だと言われています。

穴銭の一つである寛永通宝

「寛永通宝」は、江戸時代から明治初頭までの240年間流通していた貨幣です。

寛永通宝は表面に中央部に四角い穴が開いており、貨幣の周りには「寛永通宝」の文字が彫られ、裏面は波形が刻まれているものとないものがあります。

量目は1文銭と4文銭の2種類があり、素材は銅、黄銅、鉄など多様です。

また、寛永通宝の種類は数百にも上ります。

寛永通宝は1659年までに作られたものを「古寛永」、1668年以降に作られたものを「新寛永」と分けられており、どちらも種類や、貨幣に刻まれた文字、書体にも違いがあります。

寛永通宝は大量に発行されているので、買取市場では希少価値が低い傾向にありますが、種類によっては査定金額が高くなることも期待できます。

絵銭(えせん)

「絵銭」とは、江戸時代に庶民が作っていた銭貨に似せた玩具で、貨幣として流通していません。

絵銭は表面にえびす、大黒、七福神などの絵が刻まれており、素材は銅や鉄が使われています。

当初、絵銭はお金持ちになりたいと願う庶民の信仰とされていましたが、江戸時代後期になると子供の石けりやめんこなどの遊び道具として、厚手で大形の絵銭が作られるようになりました。

また、絵銭は玩具とはいえ、保存状態や柄によっては買取相場が十数万円を超えるものも存在します。

大判・小判

「大判・小判」も穴銭と同じく江戸時代に流通し、時代劇の登場によって広く知られた古銭です。

大判・小判は金の含有量、発行枚数、発行された時代によって名前と価値が変わります。

大判は慶長、元禄、享保、天保、万延の5種類で、小判は慶長、元禄、宝永、正徳、享保、元文、文政、天保、安政、万延の10種類の計15種類が発行されていました。

当時、金は貴重で価値が高かったので、大判は献上用、贈答用、高額の借入金として使われていました。

一方、小判は徳川家康が1600年頃に、一般流通を目的に少額の貨幣として発行させたものです。

参考ページ:江戸時代発行の大判小判には驚きの価値がある?!その買取価格とは?

慶長大判・小判

徳川家康が天下統一後、三貨制度によって金貨の重さと名目が統一され、1601年に「慶長大判・小判」も発行されました。

慶長笹書(けいちょうささがき)大判金、明和(めいわ)大判を含めた8種類ほどに分類されており、重量は全て164.9グラムに統一されています。

慶長大判は美術品としての価値も高く、鋳造当時の墨書が残っているものは希少価値が高いです。

古紙幣

「古紙幣」とは、現在流通していない古いお金です。

現在使われている紙幣は1,000円札、5,000円札、10,000円札ですが、古紙幣の中には現在流通している硬貨である1円、5円、10円、100円全てが紙幣だった時代がありました。

現在は通貨としての価値が低い古紙幣も、昔に発行・流通されていたという希少性から、種類によっては高値が付く場合があります。

参考ページ:旧紙幣・古紙幣はいくらで売れる?古いお札の価値や買取相場について

記念コイン

「記念コイン」は、国家行事を記念して発行されている通貨の価値がないものです。

記念コインには、1枚単位で販売されるメダル状のコイン、複数枚がセットになったコイン、さらに「プルーフ貨幣」と呼ばれる硬貨を専用ケースに封入したコインまで様々です。

「プルーフ貨幣」とはミントセットとも呼ばれ、硬貨の表面を特殊な加工を施した仕上がりが美しいコインです。

記念コインの種類は銅貨、銀貨、金貨などがあり、金貨は金としての価値があるので高値になる可能性が高いです。

参考ページ:記念硬貨の買取相場はいくら?記念硬貨の価値がわかる一覧表

古いお金を査定に出すときに気を付けること

古いお金の買取相場とは?高額買取が期待できる種類をご紹介!

手元にある古いお金を査定に出してみたい方は、以下のポイントを押さえておきましょう。


・古銭専門の買取業者に査定をしてもらう

・古銭はクリーニングせずにそのまま査定に出す

・紙幣の保存状態を保つ

・珍しいエラーコインがある

・付属品も一緒に査定に出す

・複数の買取業者に査定をしてもらい、一番高い業者に買い取ってもらう

古銭専門の買取業者に査定をしてもらう

古いお金は、古銭専門の買取業者に査定をしてもらいましょう。

汚れが酷かったり年代が分からない古銭でも、幅広い専門知識と豊富な買取経験のある査定員に任せれば、適正な査定金額を算出できます。

査定員は以下のような視点で、古銭の価値を見出します。


・発行された年代はいつか

・量目はいくつか

・柄はどのようなものか

・刻印されているもの

・保存状態(日焼け、変色、手垢の黒ずみ、折り目、傷がないか)

・中古市場で需要があるか

・希少価値が高いか

・偽物かどうか

・付属品があるかどうか


また、古銭専門の買取業者は出張買取、宅配買取、持ち込み買取を展開しています。

例えば出張買取を利用すれば、査定員が自宅に来るので在宅したまま古銭を売却でき、その場で現金を受け取れます。

持ち込み買取しか受け付けていない買取店は、大量にある古銭のコレクションが大量を店頭まで持ち運ばなくてはなりません。

古銭がいくつもあると店頭に持っていく準備が負担になったり、移動中に落としたりして状態を悪くしてしまう恐れがあります。

古銭を査定してもらい人は、経験豊富な査定員が常駐していて、買取方法が選べる業者を選びましょう。

古銭はクリーニングせずにそのまま査定に出す

古銭の中には発行から300年以上経っているもの、額面や刻印されている文字が読めないものまであります。

状態が悪い古銭はクリーニングに出さずにそのまま査定に出しましょう。

クリーニングをしてしまうと、色落ちや変色、金属がはがれてしまって修復困難になる恐れがあります。

今も残っている古銭は、その時代に生きてきた人が捨てずに遺してくれたものなので歴史の積み重ねがあります。

ですから、古銭に付いた汚れを消すのは歴史の積み重ねも消すことになってしまい、クリーニングをすると価値が下がってしまいます。

「きれいにした古銭の方が査定時に高値が付くかもしれない」と考える人もいると思いますが、価値をなくさないためにもそのまま出しましょう。

紙幣の保存状態を保つ

古銭の中には、耐久性が強い素材で作られた紙幣もあれば、弱い素材で作られた紙幣もあります。

しかし、どちらも紙でできているため、激しく経年劣化している場合があります。

紙幣は太陽光、湿気、虫食い、使用による手垢の黒ずみによって、折れ曲がりや色落ちなどの汚れができやすいです。

できるだけ紙幣を清潔に保てるように、紙幣は専用のアルバムに保管しておきましょう。

紙幣の保管に専用アルバムを使うと、紙幣の状態が確認しやすくなったり、本棚にしまえば太陽光や虫食いも防げます。

珍しいエラーコインがある

例えば、甲州金には「逆打ち」されたエラーコインがあります。

エラーコインとは、貨幣の製造中に起きたミスによって出た不良品です。

逆打ちとは「傾打ずれ」とも呼び、古銭の表裏のデザインがずれている状態です。

甲州金のみならず、本記事で紹介した古銭にもエラーコインがある可能性があります。

エラーコインであれば、通常の古銭よりも数倍から数十倍の買取金額がつくことが期待できます。

傾斜がずれているほど珍しい古銭なので、高値で高く買い取ってもらえるかもしれません。

付属品も一緒に査定に出す

古銭を買ったときに付いてきた鑑定書、専用ケース、箱も一緒に査定に出してください。

鑑定書や専用ケースが付いていない古銭も多いので、これらを査定に出せば価値があるという証明もでき、査定価格が上がる可能性があります。

そのためには、付属品をなくさずに古銭と同じ場所にしまっておきましょう。

複数の買取業者に査定をしてもらい、一番条件に合う業者に買い取ってもらう

買取業者は規模関係なく無数にあるため、条件に合う業者を探し当てるのは大変です。

少しでも探す手間を減らして高額買取が狙える業者を探すには、インターネットで「古銭 買取業者 口コミ」と検索して、実際に古銭を査定に出した人の体験談を読んでみましょう。

インターネットの口コミを読めば、多くの人が利用している買取業者名が分かるだけでなく、サービス内容や査定金額の比較もできます。

口コミを読んで気になった買取業者に査定をしてもらい、実際に自分の目でサービスの質や査定金額を比較して、一番条件に合う業者に買い取ってもらいましょう。

大量に古銭のコレクションがあって早く手放したいと、吟味せずに業者を選ぶと後悔の元になりかねません。

また、古銭専門の買取業者の多くは無料査定を行っているので、電話やメールから気軽にお問い合わせしてみてはいがかでしょうか。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目