ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

中国貨幣の価値と買取相場、買取価格を上げるためのポイントとは?

中国貨幣の価値と買取相場、買取価格を上げるためのポイントとは?
中国貨幣の価値と買取相場、買取価格を上げるためのポイントとは?

当記事でよくある質問

  • Q
  • 中国貨幣など海外の古いお金をコレクションしています。いくらになりますか?

  • A
  • 保存状態やお金の種類により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 中国貨幣の収集が趣味だった祖父の遺品から古銭が出てきましたが汚れが酷くてお金の種類が分かりません。価値はありますか?

  • A
  • バイセルでは中国古銭をはじめ国内外の様々な古銭を取り扱っております。買取実績へお進みください。

その他、中国貨幣の価値と買取相場と買取価格を上げるためのポイントを詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

皆さんは中国貨幣についてどんなイメージをお持ちでしょうか。

中国貨幣は名前の通り中国で発行され流通している通貨なのですが、「古銭における中国貨幣」とは現在の中国よりもさらに昔の時代に流通していたお金が該当します。

厳密に言えば「中国大陸で流通していたお金」となりますが、いずれにしても貨幣制度の歴史はとても古く、始まったのはなんと紀元前16世紀頃だったと言われています。

数千年に渡り様々形を変えて流通してきた中国貨幣は、まさに古銭ロマンの詰まった古銭であるといえるのではないでしょうか。

今回はそんな中国貨幣にスポットを当て、魅力を紹介していきます。

中国貨幣の価値

中国貨幣の価値を語る上で欠かせないのが「中国貨幣の歴史」でしょう。

とりわけ中国は国名は異なるものの中国大陸では長きに渡り一時代を築いた国が多数存在し、現在の中国にもその流れが見て取れます。

まずは中国貨幣の深い歴史を見ていきましょう。

中国貨幣の歴史のはじまり

中国貨幣の歴史をひも解くと、古くは紀元前16世紀頃に始まったとされており、この時代に貨幣として使われていたのが「貝貨」でした。

たから貝(子安貝)という名前の貝で、稀少性が高かったことから王族の間で珍重され、通貨と同じ価値を持つ物品として扱われていました。

その後中国は戦国時代(春秋時代)に突入し、通貨も貝貨から「蟻鼻銭(ぎびせん)」が使用されるようになりました。蟻鼻銭はたから貝の模倣品で「銅貨」の1種で、名称の由来は形状が蟻の顔に見えることに由来しています。

また、他に刀貨・布貨など青銅を素材とした貨幣が次々と生み出されていきました。

中国貨幣の歴史:秦の時代

秦の始皇帝が中国を統一したのち、半両銭という環銭が登場します。形状は中心の穴が正方形で、穴銭のルーツではないかとも言われている古銭ロマンを刺激する貨幣ですね。

この頃になると高額の支払いに対し金貨や銀貨なども使われるようになってきたのですが、まだ現在のようなしっかりした貨幣制度とはいえず、時期により制度の内容が変わったり新しい貨幣が登場したりという状況だったようです。

中国貨幣の歴史:貨幣の統一を試みた隋

秦に代わり中国を統一した隋が、まず始めに行ったとされる施策が「貨幣の統一」でした。価値の異なる貨幣や制度も場所によって異なるということで混乱が起こっていたようです。

そこで隋がまず始めに行った施策が貨幣の統一でした。開元通宝・乾元重宝・重輪銭という貨幣が登場し、これらは今でも古銭コレクターから人気の高い古銭ですが、流通していた時期には模倣品も多く、貨幣の統一がすぐに実施できたとは言い難い状況だったようです。他には銅銭・鉄銭も登場しています。

中国貨幣の歴史:世界で初めての紙幣

貨幣が登場してしばらくしたのち、飛銭と呼ばれる手形が流通していましたが商人の間で交子・会子と呼ばれる紙のような手形が登場しました。

これはいわゆる世界で初めて登場した紙幣であるといえ、他の国との貿易も兼ねて使われていましたがインフレが激しく一定期間を過ぎるとお金の価値がなくなってしまうという状況でした。

中国貨幣の歴史:銀貨の普及

貨幣・紙幣のインフレーションは永く続き、その間にも至元鈔をはじめとした通貨が登場しては消え、という状態が続いていました。

そこで登場したのが銀貨で、銀は今のようにそこまで稀少価値が高くなかったことで通貨に使われていき、これがきっかけでお金の価値が一定に向かったようです。

中国貨幣の歴史:近代的通貨制度の誕生

明・清朝の時代を、光緒元宝という貨幣が登場します。ここでようやく現在の中国に近い貨幣制度が生まれるに至りました。

しかし日中戦争などの影響で通貨にもインフレが起こり、価値は不安定だったようです。その後共産党樹立に伴い現在の中国貨幣である人民元が登場し、現在に至ります。

代表的な中国貨幣の種類

現在流通している中国貨幣といえば「元」ですが、過去に流通していた貨幣は「中国王朝の貨幣」といえます。

中国王朝の時代に登場した貨幣の一覧は以下をご覧下さい。

貨幣名登場した時代
貝貨殷の時代
青銅貨幣春秋時代
刀貨春秋戦国時代
布貨戦国時代(韓・趙)
蟻鼻銭戦国時代(韓・趙)
円銭戦国時代(韓・趙)
環銭戦国時代(韓・趙)
半両銭秦の時代
五銖銭唐の時代
開元通宝魏晋南北朝時代
交子唐の時代
飛銭唐の時代
鉄銭北宋時代
交子北宋時代
会子北宋時代
宋銭北宋時代
宝鈔明の時代
永楽通宝明の時代
馬蹄銀明の時代
光緒元宝清朝時代
大清銅幣清朝時代
威豊通宝咸豊時代
光緒元宝清朝時代
人民元・人民幣中華人民共和国

中国貨幣の買取相場は?

”中国貨幣”と総称すると現在流通している人民元が含まれてしまうため(旧人民元も買取可能ではありますが)ここでは「中国古銭」「中国王朝の貨幣」という認識で説明します。

また、多岐に渡る種類がありますのでここでは古銭買取および古銭コレクターの間で有名な代表的な中国古銭を紹介します。

刀幣

刀の形をした青銅貨で状態にもよりますが古銭買取では10万円以上は見込めるようです。

五銖銭

紀元前2世紀頃に登場した貨幣で、現存数がそこまで多くなく、状態が良ければ1万円前後のようです。

開元通宝

開元通宝は古銭コレクターの間で比較的有名な古銭ではありますが、大量に流通していたこともあり高くても1000円に満たない程度のようです。

宋銭、明銭

北宋の時代に登場したこの貨幣は大量に流通していたこともあり高くても1000円に満たない程度のようです。

咸豊通宝

清朝時代に登場したこの貨幣は現存数が少なく、希少価値が高いです。状態が極端に悪い場合を除き数万円程度が見込めるようです。

中国貨幣を売った時の買取価格を上げるために

中国貨幣(現行貨幣以前の中国古銭/中国王朝の貨幣)は総じて発行された年代が古いものがとても多いです。

時代の古い古銭は基本的に価値が高い傾向がありますが、ここで重要なのは「保存状態」です。

状態が悪い(汚れ、欠け)のあるものは古銭の買取り業者によっては評価も低くなる場合もあるものの、洗浄は控えて下さい。

古銭においてはその時代の価値が評価ポイントとなるため、汚いからといって不用意に洗浄や清掃してしまうと「手を加えた」ということになり価値が一気に下がります。

場合によっては無価値という厳しいケースもありますので、汚れていてもそのままの状態で査定に出しましょう。

中には汚れていても年代によっては価値が高いと判断され、高値になるものもあります。

中国貨幣の買取まとめ

中国貨幣(現行貨幣以前の中国古銭/中国王朝の貨幣)の買取についてご紹介しました。

中国貨幣は歴史が古いことで稀少性の高さが印象的なジャンルですが、長い時間の経過とともに状態が悪い種類も多く存在しています。

古すぎるが故に一見見ても何の古銭なのか判断できない場合は、下手に手を加えずに古銭専門の買取り業者へ査定に出してみましょう。

想像を超える高値が付くかもしれませんよ。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目