ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

沖縄国際海洋博覧会記念メダルの買取相場は?種類ごとの価値を解説!

沖縄国際海洋博覧会記念メダルの買取相場は?種類ごとの価値を解説!
沖縄国際海洋博覧会記念メダルの買取相場は?種類ごとの価値を解説!

親や知人から受け継いだ記念コインのコレクションの中に、沖縄国際海洋博覧会記念メダルが含まれていたという人は少なくないのではないでしょうか。

沖縄国際海洋博覧会が開催されてから半世紀近くが経つ現在でも沖縄国際海洋博覧会記念メダルのコレクションとしての人気は高く、買取市場でも活発に取引されています。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルの種類ごとの価値や買取相場、買取業者の選び方、高く売るために知っておきたいポイントなどをご紹介します。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルとは

沖縄国際海洋博覧会記念メダルとは

沖縄国際海洋博覧会とは、沖縄返還・沖縄県の日本本土復帰記念事業として、1975年から1976年にかけて沖縄県で行われた国際博覧会です。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルは、この博覧会の開催にあわせて造幣局が鋳造した記念メダルで、1975年に発行されました。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルには、メダルセットまで含めて7つの種類があります。

種類備考
純金小判型メダル24金製
金メダル18金製
銀メダル純銀製
銅メダル丹銅(銅と亜鉛の合金)製
金・銀・銅メダルセット上記金メダル・銀メダル・銅メダルの3点セット
銀・銅メダルセット上記のメダルとは別の銀メダル・銅メダルセット
100円記念硬貨唯一額面のついた白銅貨

「純金小判型メダル」は素材が24金で、重さも90グラムと大きいため、コイン買取市場での買取価格も高くなっています。

「100円記念硬貨」は総発行枚数が1億2,000万枚と大変多く、日本で最も多く発行された記念硬貨としても知られています。

それぞれの種類についてもう少し詳しく見ていきましょう。

純金小判型メダル

純金小判型メダルはその名の通り、江戸時代の小判のような形をした純金製の記念メダルです。

表面には「EXPO’75」という文字と沖縄国際海洋博覧会のシンボルマーク(波が漂う様子が描かれている)と、左右の両端には横線が多数ありU字を左右に反転させたようなデザインが描かれています。

裏面には「沖縄国際海洋博覧会 昭和50年」という刻印があります。

純金製である上にサイズも90gと大きく、沖縄国際海洋博覧会記念メダルの中でも最も高く買取されやすい種類です。

金メダル

金メダルは18金製で、サイズは直径26mm・重さ14.5gとなっています。

メダルの表面には進貢船(しんこうせん:琉球王国時代に使われた交易用の官船)が描かれています。

裏面には博覧会のシンボルマークとアクアポリス(日本政府が博覧会に出展した海上構造物)が描かれ、その下部に沖縄国際海洋博覧会という文字が刻まれています。

この裏面のデザインは、銀メダル・銅メダルも共通です。

金メダルは素材が18金であるため、コイン買取市場における買取価格も比較的高い種類となっています。

銀メダル

銀メダルは純銀製で、サイズは直径50mm・重さ80gです。

メダルの表面にはフエヤッコダイという沖縄県石垣島でよく見られる魚が描かれおり、裏面のデザインは金メダルと同様になっています。

素材が純銀であるため、コイン買取市場においても価値あるメダルとして知られています。

銅メダル

銅メダルは丹銅製で、サイズは直径50mm、 重さ70gとなっています。

メダルの表面にはこちらに顔を向けたシーサーが描かれており、裏面のデザインは金メダル・銀メダルと同様です。

金メダル・銀メダルと違って素材が高価でないため、コイン買取市場における買取価格もそれほど高くならない可能性が高いでしょう。

金・銀・銅メダルセット

金・銀・銅メダルセットは、上記の金メダル・銀メダル・銅メダルの3種類が1枚ずつ入ったセットです。

博覧会のシンボルマークが入った専用のケースが付属しており、青く光沢感のある布地の上に3種類のメダルが配されています。

銀・銅メダルセット

銀・銅メダルセットは、上記で紹介したものとは異なるデザインが施されている銀メダルと銅メダルのセットです。

銀メダルは純銀製で直径70mm・重さ185g、銅メダルは丹銅製で直径70mm・重さ160gととなっています。

やはり専用ケースが付属しています。

デザインですが、銀メダルの表面にはイルカに乗った少年が、銅メダルの表面にはタツノオトシゴに乗った少年が描かれています。

裏面には双方とも博覧会のシンボルマークとEXPO’75・沖縄海洋博覧会の文字があり、その英語表記もされています。

銀メダルが純銀製の上に重量もあるため、買取市場においても価値のあるメダルセットとみなされています。

100円記念硬貨

100円記念硬貨(沖縄海洋博覧会記念100円白銅貨とも)は、沖縄国際海洋博覧会記念メダルの中で唯一額面がついたコインです。

素材は白銅(銅とニッケルの合金)で、サイズは直径22.6mm・重さ4.8gとなっています。

コインの表面には守礼の門と、沖縄の紅型の波模様を参考にしたという穏やかな波が描かれています。

裏面には「100」という額面の表示と、上部には博覧会シンボルマーク、左右にはイルカのマスコットマークが描かれています。

100円記念硬貨は発行枚数が多くて希少価値はほとんどなく、買取市場でもあまり高く買取されることはないでしょう。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルの買取相場

沖縄国際海洋博覧会記念メダルの買取相場

沖縄国際海洋博覧会記念メダルの買取相場は、種類によって大きな幅があります。

中でも高く買取されやすいのは、純金小判型メダルと金メダルです。

純金小判型メダルなら単品で数十万円、金メダルなら単品で数万円といった買取相場になるでしょう。

純金小判型メダル・金メダル・銀メダルの買取相場は、素材である金相場・銀相場の影響を大きく受けます。

ごくごく大まかではありますが、

素材の地金価格×メダルの重量

という計算によっておおよその買取相場を知ることは出来るでしょう。

ただし、実際の買取価格は買取業者によっても異なり、この計算の通りにはならない場合も多いので注意が必要です。

また、セットで発行されているメダルについては、単品での売却かセットでの売却かで買取相場が異なる場合があります。

セットが揃っている方がコレクションとしての需要が高まるため、買取相場も高くなりやすいでしょう。

銅メダルおよび100円記念硬貨の単品売却ではあまり高い買取価格がつかないことが多く、買取対象外もしくは額面以下になる可能性もありますので注意しましょう。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルはコイン専門の買取業者で売ろう

沖縄国際海洋博覧会記念メダルはコイン専門の買取業者で売ろう

沖縄国際海洋博覧会記念メダルは素材である金や銀の価値もさることながら、コレクションとしての需要も高い記念メダルです。

コレクションとしての価値は保存状態や付属品の有無などによっても左右されます。

従って、沖縄国際海洋博覧会記念メダルの価値を正確に査定するためには「この保存状態ならこれくらいの需要がある」「付属品があるからこれくらいの付加価値がつく」といったことを見極められなければならず、コインを専門とする買取業者でなければ難しい仕事です。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルを適正な価格で買取に出したいなら、コインを専門としており、記念メダルなどの豊富な買取実績を持つ買取業者を選ぶことをおすすめします。

ネットオークションやフリマアプリでの売却はおすすめできない

沖縄国際海洋博覧会記念メダルは、ネットオークションやフリマアプリを使って個人間で売買することも可能です。

スマートフォン1つあれば出品できるという点で、非常に便利な方法でもあります。

しかしながら、ネットオークションやフリマアプリには大きな弱点もあります。

出品する際の価格は利用者自身で設定しなければならず、自身でメダルの正確な価値を把握していないと、本来の価値よりも安く売ってしまって思わぬ損をしてしまうかもしれません。

また、購入者とのやり取りや発送といった作業も自身で行わなければならず、稀に購入者との間で行き違いが発生するなど、面倒が多い方法でもあります。

「沖縄国際海洋博覧会記念メダルを手軽に適正価格で売りたい」と考えているのであれば、ネットオークションやフリマアプリはおすすめできません。

無料サービスが充実している買取業者がおすすめ

沖縄国際海洋博覧会記念メダルに限らず、買取サービスを利用する際には業者によって査定料・買取料・キャンセル料といった手数料が発生する場合があります。

せっかく沖縄国際海洋博覧会記念メダルを売っても、手数料によって実際に手にできる買取金額が目減りしてしまうのは悔しいですよね。

そこで実際に利用するなら、各種手数料を無料としており、無料サービスが充実している買取業者を選ぶのがおすすめです。

「試しに査定に出して価値を確かめてみたい」といった場合にも、無料査定を行っているかどうか確かめてから依頼するようにしましょう。

手軽な出張買取サービスを利用してみよう

コイン専門の買取業者は一般的なリサイクルショップなどに比べて店舗数が少なく、「どこにでもある」とは言い難いです。

自宅の近くに思い当たる店舗がないという人も多いかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、コイン専門の大手買取業者が提供していることの多い「出張買取」サービスです。

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれるサービスのことを言います。

売りたい沖縄国際海洋博覧会記念メダルを店舗まで運ぶ必要がありませんし、近くに店舗がなくても自宅にいながら専門業者のサービスを受けられるという、とても手軽な買取方法です。

ぜひ一度、出張買取を試してみてください。

もちろん、その際には出張費などの手数料を無料にしている業者を選ぶことで、無駄な出費を抑えることができます。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルを高く売るためのポイント

沖縄国際海洋博覧会記念メダルを高く売るためのポイント

沖縄国際海洋博覧会記念メダルは種類によって高い買取価格がつくものもありますが、より高く買取してもらうためにはどのような点に注意すれば良いでしょうか。

沖縄国際海洋博覧会記念メダルを少しでも高く売るために知っておきたいポイントをご紹介します。

メダルの保存状態には要注意

純金小判型メダル・金メダル・銀メダルなどには実物資産の貴金属としての側面もあるのですが、より高く売るためにはコレクションとしての人気も無視することはできません。

その観点から、やはり傷や変形が無いなど、保存状態の良いものの方がコレクションとしての需要は高くなるでしょう。

保管の際にはメダルに傷がつかないように、ケースに入れるなどの工夫が必要です。

付属のケースも一緒に査定に出そう

保存状態と同様に、メダルセットなど元々ケース付きで発行されたものの場合、ケースが付いている状態の方がコレクションとしての人気は高まります。

ケースもメダルと一緒に査定に出した方が、買取価格が高くなる可能性は上がるでしょう。

また、ケースに収められていたメダルには傷がつきにくいため、メダル自体が美品のまま残っている可能性が高いことも人気のポイントになっているようです。

もし売りたい沖縄国際海洋博覧会記念メダルに付属のケースがあれば、メダルと一緒に査定員に提示するようにしましょう。

たとえケースにヒビや汚れがあっても、ケースが無いよりは買取価格が上がる可能性があるため、遠慮せずに出すのがおすすめです。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目