24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

丁銀の買取相場とは?高額が期待できる種類やおすすめの買取方法まとめ

丁銀の買取相場とは?高額が期待できる種類やおすすめの買取方法まとめ
丁銀の買取相場とは?高額が期待できる種類やおすすめの買取方法まとめ

丁銀(ちょうぎん)は秤量貨幣(しょうりょうかへい)の一種で、支払いするたびに切って使用された銀貨です。

室町時代から明治時代まで数百年にわたり長く発行された貨幣で、全部で11種類も発行されました。

当コラムでは、丁銀の概要や高価買取が期待できる種類をご紹介します。

また、丁銀を買取に出すときに利用すべきおすすめの買取方法や、少しでも高額で買い取ってもらうための方法も解説します。

丁銀は秤量貨幣の一種

丁銀は秤量貨幣の一種

時代劇にしばしば登場する小判や、現代で流通している硬貨・紙幣は、お金それぞれの大きさ・重さ・額面によって価値が決められています。

こういった貨幣を計数貨幣と呼び、ごく当たり前の支払い方法のように感じられますが、江戸時代には秤量貨幣と呼ばれる貨幣も数多くありました。

秤量貨幣とは、貨幣ひとつ分の額面・重さなどが決まっておらず、取引の時に秤で重さを計り、必要な分を切って相手にわたすといった使い方をする貨幣のことです。

今回ご紹介する丁銀は、秤量貨幣の一種である銀貨のことです。

丁銀には現在の硬貨のように決まった形はありませんが、海に住んでいるナマコのように細い楕円形をしているのが一般的です。

丁銀は室町時代の後期から明治時代まで使われていており、多くの種類があることが特徴です。

どの丁銀にも表面に極印(ごくいん・きわめいん)と呼ばれる刻印があり、その数や文字などで種類を見分けることができます。

ちなみに金山は東日本に、銀山は西日本に多く分布していました。

そのため、主に金でできている小判は東日本で、丁銀をはじめとする銀貨は西日本で多く流通したそうです。

現在西日本にお住まいの方の中には、大量に様々な種類の丁銀をお持ちの方もいるでしょう。

一方、東日本ではあまり丁銀が流通しなかったので、ここで見つかる丁銀は珍しいタイプかもしれません。

参考記事:大判・小判について

江戸時代に発行された丁銀は11種類

貨幣の製造が最も盛んであった江戸時代には、丁銀だけで11種類も発行されました。

銀貨に含まれる銀と他の金属との割合による純度を品位といいますが、11種類の丁銀はすべて品位が異なります。

ちなみに、江戸よりもっと古い時代に製造された丁銀は「古丁銀」と呼ばれます。

丁銀は切遣いもされましたが、取引のたびに秤で重さを計ったり、切ったりするのは手間が掛かります。

そこで、丁銀や豆板銀(まめいたぎん)をまとまった量を取り分けて紙に包んだ「包銀(つつみぎん)」という形で扱われることも多かったのです。

金貨・銀貨・銭の三貨があった

金貨・銀貨・銭の三貨があった

小判などの金でできた計数貨幣は主に江戸で流通していた一方、銀でできた丁銀は大阪などで商取引に使われていました。

これは前述したように日本の東の方に金山が多く、西に銀山がたくさんあったため、貨幣を製造する金属が決まっていったという理由があります。

また、商人の街として栄えていた大阪は中国とも貿易をしており、銀貨で取引していたという歴史があったため、銀貨の風習が根付いていたのです。

しかし、銀貨や金貨はお金としての桁が大きく、一般庶民にはあまり縁がなかったので、取引額の大きい商用として使用されました。

なお、当時の庶民は銅などでできた「銭(ぜに)」を、主に使って生活していました。

参考記事:小判の価値について

参考記事:天保一分銀について

洗練された街・銀座は銀貨の鋳造所が由来

銀座といえば東京都中央区の地名として思いつく人が大半でしょうが、もともとは丁銀や豆板銀などの銀貨を鋳造する機関のことでした。

そのため江戸以外にも銀座は全国にいくつか設置され、小判などの金貨を作る機関は金座、銭は銭座と呼ばれました。

銀座は幕府が直接運営していたのではなく、幕府が決めた品位や発行枚数などの規格を、貨幣製造の組合につくらせるという民間委託のような方式を取っていました。

幕府が銀貨の流通量が足りないと判断した場合には、銀以外の金属の割合を増やすようなこともできたわけです。

しかし、銀の割合が減った丁銀は重さが変わるので取引相場が変動し、結果敵に物価が上がる原因になることもあったのです。

銀座は京都・大阪・長崎などにもありましたが、最終的には一か所に統合されました。

これが東京・銀座の名前の由来となったのです。

代表的な丁銀と希少性の高い種類

代表的な丁銀と希少性の高い種類

丁銀は江戸時代に多くの種類が発行されました。

ここでは、その中でも代表的な慶長丁銀・天保丁銀・安政丁銀について解説します。

また、希少性が高く高価買取が期待できる種類の丁銀もご紹介しますので、是非ともチェックしてみてください。

慶長丁銀とは

慶長丁銀(けいちょうちょうぎん)は1601年~1695年まで製造されていた丁銀のことで、当時の元号が「慶長」であったことが貨幣の由来です。

品位は銀が80%、銅が20%で、今回ご紹介する丁銀の中では最も銀の品位が高いです。

慶長丁銀には、古鋳(こちゅう)・前期・後期・沢潟(さわがた)丁銀・12面丁銀・12面大黒丁銀の6種類が存在します。

縦の長さは約100mm、横幅は約30mm、重さは約130gです。

素人目には分かりづらいですが、製造初期のものは薄く、終盤のものは少し厚みがあります。

慶長丁銀の表面には「常是(じょうぜ)」の極印が数か所から数十か所打たれており、「大黒像(詳細は後述)」や「寳(宝の旧字)」の極印も併せて打たれています。

ちなみに、常是とは銀貨の精錬所で極印打ちを担当していた役所の長の名称です。

天保丁銀とは

天保丁銀(てんぽうちょうぎん)は1837年~1858年まで製造されていた丁銀のことで、当時の元号が「天保」であったことが貨幣の由来です。

品位は銀が26%、銅が74%で、銅の中に少量の鉛が含有されています。

1833年から1839年(1836年までとする説もある)にかけて起こった「天保の大飢饉」による財政難を脱する目的で発行されたため、銀の品位が低いことが特徴となります。

表面には常是の極印と、大黒像または寳の極印が打たれています。

また、両端に「天保」を表す「保」の字の極印があるので、それを見れば素人でも天保丁銀だと見抜くことができるでしょう。

安政丁銀とは

安政丁銀とは

安政丁銀(あんせいちょうぎん)は1859年から1865年まで製造されていた丁銀のことで、当時の元号が「安政」であったことが貨幣の由来です。

安政丁銀が発行される前年に、日本はアメリカと日米修好通商条約を締結しました。

しかし、条約の内容が日本にとって不利だったため、日本から銀が大量に海外に流出することが懸念されます。

そこで、江戸幕府は銀の品位を抑えた安政丁銀を発行することにしました。

故に安政丁銀の品位は他の丁銀に比べると低いと言えます。

安政丁銀の品位は銀が13.5%、銅が86.5%で、銅の中に少量の鉛が含有されています。

銀の含有量が非常に少ないとはいえ、安政丁銀は日本で最後に発行された秤量貨幣ですので、古銭ファンから人気があり高額で買い取られる傾向にあります。

表面には常是の極印と大黒像または寳の極印が打たれており、両端に「安政」の「政」の字が打たれていることが特徴です。

12面大黒丁銀は高額買取に期待できる

大黒像が12個打たれている丁銀は「12面大黒丁銀」と呼ばれ、丁銀の中でも希少性が高い種類になります。

大黒像は大黒天(いわゆる大黒様)を意匠化したデザインの極印で、祝儀用や上納(年貢)用につくられた丁銀に打たれました。

大黒像は右手に打ち出の小槌を握り、左手で米の入った大袋を背負い、頭巾を被っている大黒天の様子を描いています。

大黒様が丁銀の側面に6個ずつ、計12個も打たれているので、古銭の専門知識がなくても12面大黒丁銀だと見抜ける可能性が高いでしょう。

12面大黒丁銀はすべての種類の丁銀に存在している訳ではなく、また市場に流通されることがほとんどなかったため、珍しいタイプの丁銀だと言えます。

もしお手持ちの丁銀に12個の大黒像の極印が打たれていれば、高額で買い取ってもらえるかもしれませんので、傷つかないように保管しておくことをおすすめします。

その他の丁銀について知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:元禄丁銀について

丁銀の買取相場

丁銀の買取相場

現在の保存状態や古銭買取市場での需要により、丁銀の買取相場は多少変動しますが、1枚あたり数万円から十数万円ほどで買い取ってもらえる傾向にあります。

保存状態が極めて良ければ、買取額は数十万円から数百万円にまで上る可能性も充分に考えられます。

丁銀は古銭として非常に希少性のあるものですので、是非とも買取に出すことをおすすめします。

ただし、詳細は下の項目で解説しますが「もっと買取額を上げられるかも」と思って丁銀をクリーニングすると、かえって買取額が下がってしまうかもしれません。

実際に丁銀を買取に出す場合は、手元にある状態のまま査定員に見せてください。

丁銀のおすすめの買取方法

丁銀のおすすめの買取方法

大切に保管してきた丁銀を買取に出すなら、古銭専門の買取業者の利用がおすすめです。

看板に「古銭専門」を掲げているだけあって、査定員はみな古銭についての専門知識を幅広く有しており、古銭に特化した査定技術が身についています。

査定員は「どんな種類の丁銀か」「希少価値のある丁銀か」「保存状態はどうなっているか」など、素人では見抜きづらいポイントをしっかりと押さえた上で、丁銀の価値に見合う価格を提示してくれます。

そのため、丁銀を買取に出したいとお考えであれば、是非とも古銭専門の買取業者に任せましょう。

とはいえ、業者によって提供している買取方法は異なりますので、代表的なものをご紹介します。

それぞれの買取方法の特徴を把握し、自分に合ったものを選んでくださいね。

買取業者が提供する査定方法は主に以下の3つが挙げられますので、気になる方法があればご一読ください。

・出張買取

・宅配買取

・持ち込み買取

出張買取

出張買取とは、利用者の自宅や倉庫まで業者の査定員に出向いてもらい、その場で査定してもらう買取方法です。

自宅や倉庫からわざわざ丁銀を持ち出す必要がないので、丁銀に汚れがついたり丁寧に梱包したりする必要がありません。

査定員が利用者の目の前で、確認しているポイントを説明しながら査定してくれます。

このとき、気になったことや疑問に思うことは、査定員に遠慮なく聞いてみましょう。

査定内容や買取額に納得ができたら、無事に取引成立となります。

出張買取では持ち込み買取と同様、買取額を現金でその場で渡してくれる場合が多いです。

「売りたい丁銀が多い・重いので、箱に入れたり持ち歩いたりすることが難しい」「査定の様子を目の当たりにしたい」という方に向いている買取方法です。

「自宅で丁銀の査定・買取が完結する」「その場で買取額が現金ですぐに受け取れる」「査定員の解説が聞ける」などメリットがたくさんあるので、出張買取が最もおすすめの買取方法と言えます。

宅配買取

宅配買取

宅配買取とは、利用者が売りたい丁銀を箱に詰めて業者へ送る買取方法です。

箱は自分で適当な大きさのものを用意するか、業者から送られてきた専用のものを利用するパターンが一般的です。

丁銀はどの種類も硬度が低く、少なからず経年劣化しています。

ですので、配送中に欠けたり割れたりしないように丁寧に梱包して箱に詰め、郵便局や宅配会社を利用して業者に送りましょう。

業者に到着後、査定が完了したら利用者の元へ電話やメールで査定結果が伝えられます。

利用者が買取額に納得ができたら取引成立となるので、ご自身が指定した銀行口座に買取額を振り込んでもらいましょう。

「自分の都合の良いタイミングで丁銀を買取に出したい」「日中は仕事や家事で忙しい」という方に向いている買取方法です。

※バイセルでは法令により宅配での古銭買取を受け付けておりません。

持ち込み買取

持ち込み買取とは、買取を実施している店舗へ丁銀を持ち込み、その場で査定してもらう買取方法です。

宅配買取と同様、持ち運んでいる際に傷がつかないように慎重に丁銀を包む必要があります。

店舗に丁銀を持ち込んだら、店内が混んでいなければすぐにスタッフによる査定が開始されるので、結果が出るまでしばらく待ちましょう。

待っている間に、店内を見て回って買い物をしたり、スタッフに許可を取って店外に出て近所を散策したりするのも良いですね。

査定結果が出たらスタッフに買取の可否や買取額を伝えてもらい、納得がいけば買取額を受け取りましょう。

持ち込み買取を実施している多くの店舗では、買取額を現金で渡してもらえるので安心できます。

「買取額をその場で現金で受け取りたい」「査定結果が出る待ち時間を有効活用したい」という方に向いている買取方法です。

丁銀を買取に出すときに気を付けるべきこと

丁銀を買取に出すときに気を付けるべきこと

当コラムを読んでいる方の多くは「せっかく丁銀を買取に出すなら、少しでも高い価格で買取して欲しい」と思っているでしょう。

そんな方のために、この項目では丁銀をより高値で売るために注意すべきポイントをまとめました。

実際に買取業者を選んだり、買取方法を決めたりする前に、まずは以下の点を押さえておくことをおすすめします。

・クリーニングしない

・付属品も一緒に査定に出す

・1日でも早く査定してもらう

クリーニングしない

丁銀は発行されてから数百年が経過しているので、お持ちの丁銀の多くはサビていたり、変色していたりすることでしょう。

劣化した丁銀をお持ちの方の中には「綺麗にしておいた方が高く売れそう」と考えて、丁銀をサビ取り剤に漬けたり、表面を研磨剤で擦ったりしたくなる方もいるかと思います。

しかし、丁銀を含む古銭のコレクターには「製造当初の状態を楽しみたい」「劣化している様子は古銭の面白みの一つ」と感じる人も多いです。

そのため、意図的にクリーニングをして丁銀を綺麗にすると、古銭買取市場での需要が減るので買取額が低くなる恐れがあります。

お持ちの丁銀の状態が悪く、「傷だらけで汚いな」「変色していて見栄えが悪いかも」と感じても、そのまま査定に出すことをおすすめします。

もちろん、未使用品でほとんど劣化していない丁銀があれば、高価買取が期待できます。

付属品も一緒に査定に出す

付属品も一緒に査定に出す

お持ちの丁銀に付属品があれば、まとめて査定に出すようにしてください。

ここでいう付属品とは、価値を証明する鑑定書などを指し、丁銀の真贋や質を確かめるために必要なものです。

付属品が揃っているだけで、丁銀にいくらか上乗せされて買取額を査定員が提示してくれる可能性があります。

故に鑑定書を「所詮は紙切れ」とぞんざいに扱わず、丁銀と一緒に査定員に提出しましょう。

1日でも早く査定してもらう

丁銀をはじめ、古銭は日を追うごとに経年劣化していきます。

上の項目で「クリーニングせずに劣化した状態のまま査定に出した方が良い」とおすすめはしましたが、かといって「できるだけ長く放置してもっと劣化させた方が良い」ということではありません。

劣化すればするほど丁銀の質は悪くなり、買取額はどんどん下がってしまいます。

「思い立ったが吉日」という言葉があるように、なるべく早く丁銀を査定に出し、買取額の低下を食い止めましょう。

言うまでもなく、鑑定書などの付属品も併せて査定に出すことを忘れないでくださいね。

まとめ

まとめ

丁銀にはたくさんの種類があり、中には希少性が高いタイプまで幅広くあります。

古銭に詳しくない素人が見ても、「そもそも持っている古銭が丁銀か分からない」「持っている丁銀がどの種類か見分けられない」と不安になってしまう場合があるでしょう。

丁銀を含めた古銭を買い取ってもらいたいなら、古銭専門の買取業者に査定に出すことがおすすめです。

また、重い古銭を持ち運んだり箱に詰めたりすることは大変なので、出張買取を利用すると便利でしょう。

加えて、丁銀を買取に出すときは付属品を揃え、クリーニングせずに査定員に提出してくださいね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ