24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

高額取引も多い古銭、小判について知ろう

高額取引も多い古銭、小判について知ろう
高額取引も多い古銭、小判について知ろう

コレクターの多い古銭ですが、日本の古銭において人気のジャンルの1つが江戸時代の小判です。

見た目も華やかで資産価値も高い小判について、基本的な知識や価値の評価基準をご紹介します。

コレクションとしての価値や資産価値が高い古銭

過去に製造された貨幣は古銭と呼ばれ、その美しさや資産としての価値から、額面よりも高額で評価されることがあります。

貨幣の歴史は古く、紀元前後の時代には古代ギリシャや古代ローマなどで既に流通していました。

当時のコインは金や銀の塊に刻印を施した程度のものとなっていますが、その希少性や美的価値からコレクターが多くいます。

また、中世にはヨーロッパを中心に様々な金貨や銀貨が製造され、当時の支配者の像や神話の神々、国のイメージを代表するモチーフなどがデザインされており、種類によっては数百万単位で取引されることもあります。

日本の古銭でも、江戸時代や明治、大正、昭和の貨幣などが古銭として人気を集めています。

 

江戸時代の貨幣を知ろう

江戸時代には、三貨制度という独特の貨幣制度がありました。

これは金、銀、銅という3種類の基本通貨が並行して流通するようになった制度で、物によってどの通貨で支払うかが異なっており、通貨間の交換割合も日によって変動していました。

金貨としては小判や一分金、銀貨としては丁銀、豆板銀などがあり、さらに銅貨として一文銭などの銭貨が製造されました。

また、通貨の種類によって単位や価値の測り方も異なっており、金貨の場合は両・分・朱という単位がつけられ、金貨の枚数によって価値を数えていました。

一方で、銀貨は貫・匁・分という単位がつけられ、銀貨の重さによって価値が決められており、使用のたびに天秤などで重さを測っていたのです。

複雑な金貨・銀貨・銅銭間の交換を請け負う両替商も成長していきました。

 

小判にはどのような種類がある?

江戸時代の小判は、現在でも収集家の多い人気の貨幣です。

金貨のうちもっとも大きいものは大判でしたが、これは贈答など特殊な用途に用いられた貨幣であり、流通量としては小判の方が多かったといわれています。

小判は製造された年によって区別されており、大きく分けて10種類ありました。

初代の小判は慶長小判と呼ばれ、続いて元禄小判、宝永小判、正徳小判、享保小判、元文小判、文政小判、天保小判、安政小判、そして万延小判が発行されていきました。

江戸時代の金貨のデザインはどれも共通しており、楕円形をしており米俵のように細かく水平な彫り込みが入っていること、上下に扇で囲まれた桐紋、中央に額面と花押が記されていることが特徴です。

 

小判の価値の目安を知ろう

小判の価値は、希少価値や金の含有率によって左右されています。

一般的に江戸時代前期の小判は価値が高く、後期のものは価値が低い傾向があります。

特に万延小判は金が57%程度であり、かつ数多く現存しているため評価が低めですが、それでも10万円前後の査定をつけられることが一般的です。

もっとも評価が高いとされるものは正徳小判であり、金85%、さらに希少価値の高い小判のため200万円以上で取引されることもあります。

他に100万円以上の高値がつけられる傾向があるのは、慶長小判、元禄小判、宝永小判などです。

ただし、いずれも状態が良いことが条件で、劣化が激しいと査定価格は下がってしまいます。

 
ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ