24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!
新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券は、明治時代に国立銀行が発行した紙幣です。

新国立銀行券は、発行枚数は多いですが、古銭の買取市場で希少価値が高いとされています。

新国立銀行券がお手元にある場合、「売りたいけど価値はどのくらいだろう」「どこで買い取ってくれるのだろう」などと、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、新国立銀行券とはどういう紙幣なのか、また、古銭の買取市場での相場、買取に出す際のポイントとおすすめの買取方法をご紹介していきます。

新国立銀行券は1876年より国立銀行が発行した紙幣

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券は、明治時代の1876年より国立銀行が発行した紙幣です。

新国立銀行券の額面は、5円と1円の2種類のみです。

新国立銀行券は、どのような経緯で発行され、幕を閉じたのでしょうか。

また、新国立銀行券の1円札・5円札はそれぞれどのような紙幣なのでしょうか。

以下に詳しくご説明します。

新国立銀行券は経済状況の悪化を防ぐために発行された

現在は、日本銀行が日本の紙幣を発行していますが、日本銀行の設立前に発行を担っていたのが国立銀行です。

国立銀行券で発行された紙幣のことを、「国立銀行券」と総称します。

国立銀行券は、以下の2種類に分けられます。

・兌換紙幣(だかんしへい)・・・金との交換が約束された紙幣

・不換紙幣(ふかんしへい)・・・金との交換が出来ない紙幣

国立銀行は、1873年に兌換紙幣である「旧国立銀行券」を発行し、それが初めての国立銀行券でした。

しかし、担保となる金の不足などにより、経営不振に陥り、旧国立銀行券の発行は失敗に終わりました。

その後、1876年に経済状況の悪化を防ぐために発行されたのが、不換紙幣である「新国立銀行券」でした。

翌年の1877年には、西南戦争による大量の戦費を賄うために、新国立銀行券は大量に発行されました。

そのため、激しいインフレーション(物価が暴騰し、貨幣価値が下降する事)が発生し、銀行制度を整備するためにも日本銀行が設立されました。

新国立銀行券・旧国立銀行券は、ともに回収され、国立銀行券は1899年12月に通貨としての運用が停止されました。

新国立銀行券1円札

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券1円札は、1877年から発行されていました。

サイズは、74mm×156mmです。

デザインは、表に水兵、裏にエビス様が描かれています。

表図の水兵は、殖産興業と富国強兵の象徴でもあり、通称「水兵1円」とも呼ばれています。

新国立銀行券5円札

新国立銀行券5円札は、1878年から発行されていました。

サイズは、89mm×174mmです。

デザインは、表に鍛冶屋、裏は1円札と同様にエビス様が描かれています。

表図の鍛冶屋は、今後、日本が農業から工業を主軸にしていくことの意味も込められており、通称「鍛冶屋5円」とも呼ばれています。

新国立銀行券の価値

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券は、経済状況悪化から脱却するために、大量に発行された紙幣です。

しかし、その後インフレーションに陥り、新国立銀行券を含む当時の紙幣は積極的に回収されました。

そのため、現在では残っている数も少なくなっており、希少価値が高い古紙幣とされています。

新国立銀行券の状態にもよりますが、古銭の買取市場にて、高価買取が期待できると言えるでしょう。

新国立銀行券の買取相場

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券の買取相場は、額面や、紙幣の状態によって異なります。

新国立銀行券の買取相場は、1円札であれば十万円以上とされ、5円札であれば数十万以上とされています。

シワがない、いわゆるピン札などの美品やプレミアがつくような紙幣の場合、100万円以上の買取額になる場合もあります。

また、国立銀行は全国各地153箇所に設立されていました。

そのため、新国立銀行券の表面にある、頭取や支配人の署名捺印によっても買取価格が異なる場合もあります。

プレミア紙幣

新国立銀行券の中でも、プレミアがついているものは、買取価格が高くなりやすいです。

よくある古紙幣のプレミアは、珍しい製造番号や、エラープリントのものです。

プレミアがつく製造番号

新国立銀行券の表面には、製造番号が割り振られています。

古紙幣のプレミアがつく製造番号は、基本的に以下の通りです。

・1番(例:〇〇〇〇一)

・ゾロ目(例:五五五五五五)

・キリ番(例:五〇〇〇〇〇)

・階段(例:一二三四五六)

また、この他にも1~100までの若い番号も、希少とされる場合があります。

なぜなら、若い番号の紙幣は、その紙幣に関係する機関や地域、人物などに寄贈される傾向があるからです。

プレミアがつくエラープリント

次に、古紙幣のプレミアがつくエラープリントは、基本的に以下の通りです。

・印刷のずれ(印刷がずれていたり、二重になっている等) ・印刷ミス(印刷が片面しかなされていないものや、一部が欠けて空白になってしまっている等) ・裁断ミス(裁断時に紙が折れ曲がって、紙幣の角に余分な紙がついている。

「耳付き」とも言う) 紙幣のエラープリントによっては、見た目があまり綺麗ではないため、そこまで高い買取価格にならない場合もあります。

参考記事:関連項目:ぞろ目のお札はプレミア価格になる?価値が上がる紙幣について

新国立銀行券を買取に出すおすすめの方法

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券を買取に出すおすすめの方法は、古銭の専門買取業者を利用することです。

古紙幣を買取に出せる場は他にもいくつかあります。

なぜ、その中でも古銭の専門買取業者がおすすめなのか、その他の買取方法も挙げながらご説明していきます。

金券ショップを利用する

自宅や職場の近くに金券ショップがあった場合、気軽に立ち寄りやすいですよね。

なにかのついでに、お手持ちの新国立銀行券を持って、店舗に寄るのも良いかもしれません。

金券ショップが混雑などしていなければ、その場で買取査定をしてくれ、現金化される可能性もあります。

しかし、金券ショップは、様々なチケットやカードなどを取り扱っている店舗が多いです。

そのため、金券ショップには、古紙幣に詳しいスタッフが必ずしもいるとは限りません。

古紙幣の価値は、紙の状態や、印刷内容に大きく左右されます。

古紙幣についての専門知識を持つ人に見てもらった方が、お手持ちの新国立銀行券に適した価値を見出してくれると言えます。

ネットオークションを利用する

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

ネットオークションを利用する場合は、まず、インターネットが使える環境を作らなければいけません。

その後、インターネット上の、どこのサイトで出品するかを選んで登録をします。

そして、出品する古紙幣の撮影を行い、説明文とともに掲載します。

買い手からの質問や、値段交渉にも受け答えし、交渉成立後も梱包・発送・到着後の確認などの作業が待っています。

ネットオークションは、個人間のやり取りとなるため、手間や時間がかかる事が多いです。

苦労して出品したところで、買い手がつかない場合も大いにあります。

また、買い手が、古紙幣の知識があまりない人の場合、「偽物だ」と言いがかりをつけられる可能性もあります。

古銭の専門買取業者を利用する

古銭の専門買取業者には、古銭についての専門知識や、買取経験が豊富な査定員が揃っています。

このようなプロの査定員に、お手持ちの新国立銀行券を見てもらえば、誤って低く見積もられてしまう心配もありません。

また、古銭の専門買取業者は、全国各地に展開されている所もあり、以前より気軽に利用できる存在になりました。

「古銭を持ち運びたくない…」という方のために、出張買取サービスを行っている所もあります。

出張買取サービスであれば、自宅まで査定員が足を運び、その場で査定してくれます。

古銭の買取を、手軽にきびきびと済ませたい人にもぴったりです。

買取査定額に納得がいかない場合は、無料キャンセルも可能な買取業者が多いです。

お手持ちの新国立銀行券の価値を知るという意味でも、まずは古銭の専門買取業者に査定を依頼する事がおすすめです。

古紙幣を買取に出すなら綺麗に保存しておく事が大事

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券を含む古紙幣は、綺麗な状態の方が高価買取されやすいです。

古紙幣は経年劣化しているものがほとんどですが、そのうえで、少しでも綺麗な状態で保管されているものが貴重とされます。

おすすめの保存方法は専用のケースにいれておく

古紙幣のおすすめの保存方法は、紙幣専用の保存ケースに入れて、密閉しておくことです。

紙幣の素材である紙は、太陽光・風・湿気などに弱く、いずれも劣化の原因となります。

更に、紙は虫に食われる可能性もあるため、保管する際は十分気を使うほうがいいでしょう。

保存ケースに入れておけば、紙幣が直接外気に触れる事もなく、劣化を出来る限り防ぐ事が出来ます。

古紙幣が複数枚ある場合は、アルバム型になっている紙幣ケースに入れておくのも便利です。

また、手の脂分なども紙幣に付着すると、劣化の原因になります。

古紙幣を取り扱う際には、手袋を着用するといいでしょう。

新国立銀行券は買取専門業者に買い取ってもらおう

新国立銀行券の価値はどのくらい?買取相場から買取方法までを徹底解説!

新国立銀行券は、古銭の買取市場の中でも価値が高いほうで、1円札であれば十万円以上、5円札であれば数十万以上の買取相場とされています。

新国立銀行券は、ピン札などの美品や、プレミアがつく製造番号・エラープリントのものであれば、通常の新国立銀行券に比べて買取額が高くなる傾向にあります。

新国立銀行券などの古紙幣は、保存状態も買取価格を左右するため、専用の保存ケースなどに入れて大事に保存しましょう。

古紙幣の買取を考えている方は、古銭の買取専門業者に査定を依頼し、お手持ちの古紙幣に適した価値を見極めてもらうことをおすすめします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ