ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

旭日五十銭銀貨の買取相場は?高価買取してもらう方法を伝授

旭日五十銭銀貨の買取相場は?高価買取してもらう方法を伝授
旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 旭日五十銭銀貨などの古いお金のコレクションをしています。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 保存状態と種類、発行年代により買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父が集めていた古銭の中に旭日五十銭銀貨がありました。価値はありますか?

  • A
  • バイセルでは明治から大正時代に発行された古銭の査定実績が多数ございます。買取実績へお進みください。

その他、旭日五十銭銀貨の価値はと買取に出す際のポイントを詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

旭日五十銭銀貨(きょくじつ50せんぎんか)は、明治から大正にかけて発行されていた貨幣です。

部屋の整理や、遺品整理の際に、旭日五十銭銀貨を見つけて、どのように処分すればいいのか困っていませんか。

例えば、旭日五十銭銀貨を買取に出したら、いくらくらいになるのか、知りたくないでしょうか。

古銭を買取に出したことがない方は、一体どこにどのように出せばいいのかも悩んでしまうかもしれません。

こちらでは、旭日五十銭銀貨についての価値や買取相場、そして、賢く買い取ってもらうための方法をご紹介していきます。

旭日五十銭銀貨とは

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

旭日五十銭銀貨は、明治39年〜大正6年にかけて発行されていた硬貨です。

旭日五十銭銀貨の大きさは直径約27.27mmで、当時発行されていた他の硬貨に比べると大きい方です。

品位(素材の割合)は銀800/銅200、重さは約10.13gで、発行枚数は1億4290万枚です。

デザインは、表面に菊の紋章と「五十餞」の額面が記載されています。

裏面には、中央に旭日(朝日を模した図)があり、その周りに「大日本・50SEN」の文字と、製造年数が表記されています。

旭日五十銭銀貨は、旭日の図柄が描かれている事から、別名「中丸」とも呼ばれています。

また、旭日50銭銀貨は明治41年、明治44年、明治45年、大正元年に、「大字」と「小字」の2種類が発行されています。

表面にある「五十餞」の文字が、名前の通り「大字」は大きく「小字」は小さく、刻印されています。

古銭の買取市場では、基本的に「小字」より「大字」のほうが、高い価値と見なされます。

旭日五十銭銀貨は銀価格上昇の対策で発行された

旭日五十銭銀貨は、明治38年まで流通していた竜五十銭銀貨を、引き継いで発行された銀貨です。

なぜ旭日五十銭銀貨の発行に至ったかというと、銀価格上昇に向けた対策でした。

明治36年から、銀価格は上昇していき、銀貨に使用していた銀の価値が、銀貨の額面を上回りそうになるほどの暴騰が起こりました。

そこで、銀価格暴騰の対策として、銀貨に含む銀量を減らすために発行されたのが、旭日五十銭銀貨でした。

それまで流通していた竜五十銭銀貨よりも、サイズを小さくすると扱いづらくなるという点で、厚みのみを薄くして約13.5gから約10.13gに縮小されました。

旭日銀貨は、50銭の他にも、20銭、10銭が発行されました。

しかし、大正3年から始まった第一次世界大戦の影響で、更に銀価格が暴騰し、旭日銀貨の発行は10年あまりで幕を閉じました。

現在ではシルバーアクセサリーとしても需要がある

発行枚数が多い古銭とされる旭日五十銭銀貨は、現在でも新しい活用法があります。

旭日五十銭銀貨を、リングやリングネックレスに加工し、シルバーアクセサリーとしても需要があります。

商品として売られている場合もあれば、自分で加工して身に着ける方もいらっしゃるようです。

タンスに眠っていた古銭だとしても、アクセサリーにしてしまえば、いつでも持ち歩けて良いですね。

ただし、お手持ちの旭日五十銭銀貨が、買取に出せるような価値があれば、考えも変わるかもしれません。

旭日五十銭銀貨をアクセサリーに加工する前に、一度古銭の専門知識を持ち合わせた人に見てもらう事をおすすめします。

旭日五十銭銀貨の買取相場

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

旭日五十銭銀貨の買取相場は、千円前後から数万円ほどです。

旭日五十銭銀貨は、発行枚数が多いため、現存数も多いとされています。

しかし、銀貨の状態によっては、前述の買取相場で買取してもらえる場合もあります。

昔のお金を今のお金に換算すると、100銭が1円なので、50銭は0.5円です。

旭日五十銭銀貨は、昭和28年に制定された小額通貨整理法という法律により、同年12月31日限りで通用力を失ってしまったため、銀行では換金できません。

旭日五十銭銀貨を高価買取してもらう方法

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

ここからは、旭日五十銭銀貨をはじめとする古銭の買取方法について、詳しくご紹介していきます。

古銭の買取依頼が初めてである場合、買取場所の決め方や、買取の出し方で悩んでしまう方もいるかと思います。

また、せっかく買取に出すならば、なるべく高価買取してもらえれば嬉しいですよね。

お手持ちの旭日五十銭銀貨を、出来るだけ損しないよう手放すために、以下の点を参考にしてみてください。

・古銭の専門買取業者に依頼する

・古銭を綺麗な状態で保存しておく

・発行枚数が少なく希少性が高ければ価値が上がる

古銭の専門買取業者に依頼する

古銭を買取に出す場合、最もおすすめなのは、専門の買取業者に依頼する事です。

古銭には、偽物が紛れていたり、実は価値が高くなる細かいポイントがあったりと、素人では見抜けない部分が多数あります。

お手持ちの旭日五十銭銀貨の、適正価値を見定めてもらうためにも、古銭の専門買取業者に依頼するのが最適でしょう。

古銭の専門買取業者には、古銭についての専門知識や、買取経験が豊富な査定員が在籍しています。

また、買取業者の中には、持ち込みの他にも自宅まで査定員が来てくれる、出張買取サービスを行っている所もあります。

古銭を店舗まで運ぶ場合、「複数枚あるから荷物がかさばる」「運んでいる間、古銭に傷がついたらどうしよう」などと、考えてしまうかもしれません。

しかし、出張買取サービスを利用すれば、査定員が自宅まで来て、その場で買取査定を行ってくれます。

女性査定員が在籍している買取業者もあるので、女性の一人暮らしや、ご年配の方でも安心して出張買取サービスを依頼できます。

古銭を綺麗な状態で保存しておく

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

古銭は、綺麗な状態の方が高く買取してもらいやすいです。

基本的に、発行当時から手の加えられていない状態が一番好ましいとされています。

歴史のある古銭である以上、経年劣化は免れないかと思いますが、少しでも綺麗な状態を保てるようにしましょう。

古銭の具体的な保存方法として、専用ケースに入れ、しっかり密封しておくことが大切です。

古銭を複数枚お持ちの場合は、コインアルバムを使用すると便利です。

また、古銭はカビ・サビに弱いため、湿気からも守らなければいけません。

更に、古銭は直射日光により、変色も起こりやすいです。

古銭は風通しがよく、光の当たらない場所に保管しておきましょう。

人の手にも塩分や脂分が含まれているので、古銭を取り扱う際は素手ではなく、なるべく手袋を着用してから取り扱うようにしましょう。

発行枚数が少なく希少性が高ければ価値が上がる

古銭は、発行枚数が少ないものは希少性が高いとされ、買取価格が高い傾向にあります。

発行枚数が少ない分、それに比例して現存数も少ないので珍しい種類の古銭となります。

旭日五十銭銀貨の場合、大正3年発行のものが最も発行枚数が少ないため、買取価格が数万円ほどと、高い方になります。

一方、明治39年の旭日五十銭銀貨は、それほど少なくない発行枚数なのですが、状態の良い現存数が少ないとされています。

古銭は、発行年代以外にも、細かい部分で買取価格が上がったり下がったりするポイントがあるため、まずは古銭の専門知識がある人に見てもらうのが得策です。

旭日五十銭銀貨の買取で気を付けるべきこと

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

旭日五十銭銀貨は、古銭の専門買取業者に依頼する事がおすすめとお伝えしました。

古銭の専門買取業者に古銭の買取査定を依頼する際、「やっておいた方がいいこと」「やらない方がいいこと」をいくつかご紹介します。

・複数の古銭の専門買取業者で相見積もりをとる

・古銭は汚れていても洗わない

・付属品をつける

複数の古銭の専門買取業者で相見積もりをとる

いざ古銭の専門買取業者に買取査定を依頼するとなったとしても、数ある買取業者から絞っていくのは大変だと思います。

買取業者を厳選する基準の一例として、業者が公開している買取実績や、提供しているサービス内容などで決めるのもいいでしょう。

買取業者の中には、気軽に相談に乗ってくれるところや、買取手数料・キャンセル料も無料なところがあります。

同じ古銭を買取査定に出しても、買取業者によって買取価格が異なる場合があります。

そのため、複数の古銭の専門買取業者で見積もりのみ依頼し、実際に比べてみるのがおすすめです。

自分の基準で買取業者を2、3箇所に絞り、それぞれに見積もりを依頼すれば、買取価格や、サービス内容もある程度把握できるかと思います。

最終的に、見積もりを提示された買取業者の中で、自分が納得できそうなところに買取を依頼すれば、なるべく損をせずに済むでしょう。

古銭は汚れていても洗わない

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

古銭は、綺麗な状態のほうが、高く売れる傾向にあるとご紹介しました。

しかし、お手持ちの古銭が汚れていたとしても、洗う事はおすすめしません。

インターネット上などでは、「古銭の洗浄方法」など数多く掲載されていますが、買取を少しでも検討されている場合は、洗わない方が得策でしょう。

古銭を洗う事によって、逆に傷つけてしまったり、一部が欠けてしまう場合があります。

古銭は経年劣化していて、ただでさえ、もろくなってしまっている可能性があります。

そのため、古銭の価値を今以上に下げないよう、不用意に触ったりしない方がいいでしょう。

付属品をつける

古銭を買取に出す際、付属品があれば一緒につけておくのが望ましいです。

古銭の付属品には、主に鑑定書や箱などがあります。

古銭の買取査定の際に、鑑定書を一緒に持っていくと、査定時間の短縮につながったり、本物である証明になって査定額が上がる場合もあります。

箱から不用意に古銭を出す事も、落としてしまったり、汚してしまう要因になりかねません。

箱を綺麗にするのは構いませんが、古銭の価値を下げてしまうリスクがあるため、中身の古銭にはあまり触れない方いいでしょう。

古銭を買取に出すまでは、付属品も大事に一緒に保管しておきましょう。

旭日五十銭銀貨の価値と売るコツまとめ

旭日五十銭銀貨の価値は?買取に出す際のポイントを伝授!

旭日五十銭銀貨は、明治後期より、銀価格上昇の対策で発行された貨幣です。

旭日五十銭銀貨は、発行枚数は多いですが、発行年代によっては高く買取に出せるかもしれません。

古銭の買取査定はとても難しく、専門知識のある人に見極めてもらった方が良いので、古銭の専門買取業者に依頼をするのがおすすめです。

古銭は、手を加えずに発行当時に近い状態の方が高価買取に近づくため、洗ったりせず、専用ケースに入れて密閉しておきましょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目