株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

大判や小判はいくらで買取してもらえる?価値と買取相場をご紹介

大判や小判はいくらで買取してもらえる?価値と買取相場をご紹介
小判

大判小判と聞くと、江戸時代を舞台とした時代劇や、昔話のような民話を思い浮かべる方が多いと思います。

「大判」と「小判」は、名前は似ていますが全くの別物で、価値や発行当時の用途が異なります。

大判小判の買取を検討している方に向けて、種類ごとの特徴や価値、買取相場をご紹介します。

大判小判を買取してもらう際の注意点もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

金銀財宝の代名詞!小判はいつの時代のお金?

小判

小判とは江戸時代に流通した金貨の一種です。

徳川家康は江戸幕府を開くにあたり、1588年から流通していた「大判」をより小型に、また墨書を極印に改めて一般流通する通貨として「小判」を発行し始めました。

1601年発行の慶長小判を皮切りに、1860年発行の万延小判まで計10種が発行されました。

実際には江戸時代以前の小判も存在し、1595年頃の発行とされている駿河墨書小判と武蔵墨書小判が有名です。

これらは慶長小判の親とも言える金貨で、日本最古の小判とされているため、希少価値が高い小判です。

小判の額面は金一両であり、素材は金と銀の合金で小判によっても含有率が異なります。

小判が持つ価値について

天保小判

小判は基本的には金と銀の合金で、金としての価値と骨董品としての価値が存在します。 種類によって金の含有率や小判そのものの大きさも異なります。

さらに小判の種類によっても価値が変わってきます。

中でも初期の江戸小判と呼ばれる慶長小判や、「元禄金」「元治金」とも呼ばれる元禄小判は価値が高めです。

また、コレクターから人気のある小判や現存する枚数が少ない小判は、希少価値がありプレミアがつきます。

小判の種類と買取相場

小判

小判の種類と買取相場について、具体的な例をいくつか挙げてご紹介します。

慶長小判

1601年より発行された額面が一両の小判です。

金の含有量が86.8%と他の小判に比べて高く、江戸時代初期の小判であるため価値が非常に高いとされています。

買取相場は数十万円以上に及ぶ可能性もあります。

元禄小判

1695年から流通が開始された額面一両の小判です。

慶長小判に比べ金の含有量が少なく、当時から粗末な扱いを受けていたため、現存する枚数は非常に少ないです。

買取相場としては、保存状態が良ければ数十万円以上に及ぶ可能性もあります。

享保小判

1714年に発行された額面が一両の小判です。

金の含有量は86.8%と高く、買取価格は数十万円前後になります。

元文小判

1736年より流通が始まった額面が一両の小判です。

金の含有量は約65.7%で、買取価格は数万円~数十万円前後です。

参考ページ:長年流通していた元文小判金の価値と賢く買取してもらうコツ

文政小判

1819年より流通が始まった額面が一両の小判です。

江戸時代において7番目に発行された小判で、買取相場は数万円~数十万円ほどです。

天保小判

1837年から流通が始まった額面が一両の小判です。

発行枚数は約800万枚と多めですが、現存数は少ないため希少価値があります。

買取相場は状態にもよりますが、数万円~数十万円ほどです。

参考ページ:天保小判金の買取価格と賢く買取ってもらうコツを紹介します!

万延小判

1860年から通用開始された額面が一両の小判で、発行枚数は約62万枚と多く、小判の中でも歴史が浅いです。

買取価格は十万円前後になります。

大判が持つ価値について

小判

大判は、小判が発行された江戸時代よりも昔の、戦国時代に豊臣秀吉が発行させました。

小判との見分け方は、小判よりもサイズが大きいことと、墨書であることです。

大判に含まれる金の量は基本的に160グラム前後で、小判と同じく、金としての価値と骨董品としての価値が存在します。

また、大判に記されている墨書がはっきり残っているものや、現存数が低いものは価値が高いとされています。

大判の種類と買取相場

小判

大判の種類と買取相場について、具体的な例をいくつか挙げてご紹介します。

天正大判

1588年、豊臣秀吉が鋳造を命じた大判であり、日本で初めての大判と言われています。

天正大判は、安土桃山時代から江戸時代の初期にかけて発行されており、以下の3種類が存在します。

天正菱大判…推定現存数が6枚と言われているため、非常に価値のある大型の貨幣です。買取相場は数十万円ほどとされています。

天正長大判…豊臣秀吉が鋳造をした世界で最大の金貨と言われ、縦が約17センチもある大判です。買取相場は数十万円ほどと言われています。

大仏大判…京都の方広寺大仏殿を再建した豊臣秀頼が造った大型貨幣のため、この名が付きました。買取相場は数十万円ほどと言われています。

慶長大判

江戸時代初期1601年より発行された大判で、徳川家康による天下統一を象徴する貨幣として有名です。慶長笹書大判金や明暦大判など約8種類に分類されます。

買取相場は、慶長笹書大判金であればかなりの高額が見込めます。

元禄大判

1695年に発行された大判です。これまでの大判に比べ、金の含有率は下がっていますが現存数が少ないため、そこまで価値が下がりません。

買取相場は状態にもよりますが、数十万円ほどが見込めます。

享保大判

1725年に発行された大判で、発行枚数は約8,000枚です。

買取価格は状態にもよりますが数十万円ほどが相場です。

天保大判

1838年より発行された大判で、発行枚数は1887枚とされています。

買取相場は状態が綺麗であれば、数十万円前後になる場合もあります。

万延大判

1860年に発行された大判です。

これまでの大判の主な利用法は報奨などの目的でしたが、万延大判金は通貨としても利用されていました。

買取価格は数十万円ほどが見込めるでしょう。

大判小判を買取してもらう際の注意点

査定員

大判小判を買取に出す場合、せっかくなら価値を維持し、最大限に活かしたいですよね。

そのためにも、大判小判をはじめとする古銭の買取において、押さえておきたい注意点を2点ご説明します。

自分で磨かない

大判小判などの古銭は、本体の保存状態が買取の査定金額を左右します。

綺麗な状態であるほど高値で買い取ってくれやすい傾向にはありますが、自分で古銭を磨いてしまうと細かな傷が付いたりして、価値が下がる可能性もあります。

古銭は多少汚れていたとしても、そのままの状態で査定してくれる業者が多数あります。

磨かずにそのままの状態で査定に出すのがおすすめです。

レプリカがあることを把握する

大判小判などの価値がある古銭には贋作やレプリカが存在するため、買取の際は本物か否かという点に注意が必要です。

お持ちの古銭が本物であるにも関わらず、知識のない店舗へ買取査定に出してしまって「偽物」と見誤られたら勿体ないですよね。

そのようなことにならないためにも、古銭の買取実績が豊富な専門の買取業者を選び「本物」と「偽物」を見極めてもらうことが大事です。

加えて鑑定書がある場合は、査定の際に一緒に出すことで「本物の証」になります。

場合によってはレプリカであっても、精巧な造り、且つ良質であれば「レプリカ品」としての価値を見出してくれる業者もあるでしょう。

「レプリカ」と思っている作品であっても、一度買取業者に無料相談してみると良いでしょう。

もしかするとプロの査定で「本物」であることが発覚するかもしれません。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目