24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

一厘銅貨はいくらで売れる?高額査定のポイントも徹底解説

一厘銅貨はいくらで売れる?高額査定のポイントも徹底解説
一厘銅貨はいくらで売れる?高額査定のポイントも徹底解説

一厘銅貨は明治6年に発行された貨幣で、条件によっては古銭市場で高額買取されることもある銅貨です。

引き出しや箪笥などに「一厘銅貨」が保存されていて、買取に出したいと考えている方はいませんか?

しかし一厘銅貨とはどんなものなのか、お手持ちの一厘銅貨は高額買取されうる珍しいものなのか、査定額が上がるか下がるかのポイントはどこにあるのか等、一厘銅貨を買取に出そうと思っている方にとっては、不明点や知りたいことがたくさんあると思います。

ここでは、お手持ちの一厘銅貨を賢く買い取ってもらう方法や、一厘銅貨の相場はいくらくらいなのかといった点を詳細に解説していきます。

一厘銅貨とは

一厘銅貨とは

一厘銅貨は明治6年~明治17年に発行された貨幣です。

一厘銅貨は銅を主な素材として錫や亜鉛から作られ、直径が約15mmで重さは1g程度です。

一厘銅貨のデザイン

一厘銅貨のデザインは、両面で異なります。

一厘銅貨の一方の面には「一厘」の二文字が縦に記されています。

一厘銅貨のこの面には、額面を表す「一厘」の2文字以外の文字や図柄はありません。

一厘銅貨の個々の製造年は額面の記された面の反対面に明記されています。

製造年の記された面の中央には、菊の花の紋章(菊花紋章)が配置されています。

その菊花紋章を囲む形で時計回りに「製造年→1RIN→大日本」と刻まれています。

日本語はこの時代の表記ルールに従って、右から左の順に並んでおり、時代の変化が感じられます。

「新貨条例」で生まれた一厘銅貨

「新貨条例」で生まれた一厘銅貨

「補助貨幣」という名目を持つ一厘銅貨は、明治3年に制定された「新貨条例」という貨幣法において発行が決定しました。

ちなみに、実際に一厘銅貨の製造が開始されたのは明治6年です。

新貨条例では「圓(円)」を新しい基準の単位として、「銭」(圓の100分の1)と「厘」(圓の1,000分の1)という補助的な単位を設定しました。

一厘銅貨は、補助単位「厘」を表す「補助貨幣」というわけです。

一厘銅貨の発行は明治17年で停止となりましたが、通貨としては昭和28年まで使うことができました。

昭和28年に「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」が成立した際に、1円の1,000分の1、銭の10分の1の価値を持つ一厘銅貨は「少額通貨」とみなされ、日本国内で通貨としての使用を禁止することとなったのです。

また、一厘銅貨以外で「厘」を単位とする銅貨としては、大正5年発行の「五厘青銅貨」があります。

一厘銅貨以外の銅貨

一厘銅貨の他にも、日本では銅貨を発行してきました。

そして、これらの銅貨の多くが一厘銅貨と同じように、昭和63年に施行された「貨幣の単位及び貨幣の発行等に関する法律」で流通が終了となった「補助単位」である「銭」か「厘」を単位とするものです。

現在の日本で流通している使用可能な硬貨も、アルミニウム製の1円硬貨を除いた全てが銅を主成分として鋳造されています。

代表的な古い銅貨は以下の通りです。

・五厘青銅貨

・小型五銭白銅貨

・半銭銅貨

それでは、上記の銅貨の特徴を見ていきましょう。

五厘青銅貨

五厘青銅貨

「厘」を単位とする補助貨幣としては、一厘銅貨の他にはこの「五厘青銅貨」しか発行されていません。

五厘銭銅貨のデザインですが、「五厘」と額面の記された面にも模様が施され、その反対の面は左右対称の桐の図柄が真ん中に描かれています。

この五厘青銅貨は、大正5年~大正8年の4年間程度しか製造されていませんでした。

発行年数が短いにも関わらず五厘青銅貨は発行枚数が比較的多く、古銭市場にも多く出回っています。

入手が容易なため、五厘銭銅貨の古銭市場での価値は高いとは言えません。

小型五銭白銅貨

大正9年~昭和7年まで製造されていたのが、「小型五銭白銅貨」です。

前身である「大型五銭白銅貨」は、補助貨幣として始めての穴あき貨幣です。

小型五銭白銅貨は大型五銭白銅貨と全く同じデザインで、サイズを縮小しただけのものです。

大正9年に発行された「十銭白銅貨」はデザイン・サイズともに大型五銭白銅貨と同じで、額面が異なるだけでした。

それゆえ、貨幣の大きさで差異化を図るために、同じデザインでサイズだけを小さく設計した「小型五銭白銅貨」が発案されたのです。

半銭銅貨

半銭銅貨

明治3年に制定された「新貨条例」で発行が決まった「補助貨幣」の一つが半銭銅貨です。

「半銭」と縦書きで刻まれた面には、複数種類の植物と額面を表す「半銭」以外に「二百枚換一圓」とも刻まれています。

この言葉は「半銭銅貨200枚で一圓と同じ価値になる(交換できる)」という意味です。

「半銭」と刻まれた裏面には身体を丸めた竜の図柄が中央に配置してあり、この竜のウロコの柄が「角ウロコ」という柄か「波ウロコ」という柄かという点が、査定額に影響してきます。

参考記事:半銭銅貨について

二銭銅貨

半銭銅貨などと同じく新貨条例で補助貨幣として発行が決まったのが、二銭銅貨です。

二銭銅貨はサイズが3cm以上と非常に大きかったので、実際に使用する時に不便なものでした。

そのため、明治17年に製造停止となってしまいました。

一銭銅貨

一銭銅貨は明治3年施行の新貨条例で発行が決まった補助貨幣です。

他の「銭」単位の補助貨幣と同じで、縦書きの金額表記と竜の絵柄のデザインになっています。

「新貨条例」で定められた補助貨幣のなかでも発行枚数が比較的多いのですが、明治6年と明治14年製造のものが高額査定がつきやすくなっています。

一厘銅貨の買取価格はどのくらい?

一厘銅貨の買取価格はどのくらい?

それではお手持ちの一厘銅貨は実際に買取に出した場合、いくらぐらいの値段がつくものなのでしょう。

どのような特徴を持っていれば査定額が高くなるのでしょうか。

発行枚数の少ない製造年は価値が高い

一厘銅貨は、製造年によって買取価格に大きく違いが出てきます。

一厘銅貨として価値が高いと査定員に判断される製造年は、明治8年~明治13年です。

なぜなら明治8年~明治13年の間は、一厘銅貨の発行枚数が極端に少なかったのです。

特に明治13年は発行枚数が1,000枚以下とかなり少なく、一厘銅貨の市場での買取価格としては最も高くなる傾向にあります。

一厘銅貨を高価買取してもらう方法

一厘銅貨を高価買取してもらう方法

お手持ちの一厘銅貨がいつ製造されたものであれ、もっとも高く買取をしてもらう方法は「古銭買取の専門業者に買取依頼すること」と「できるだけ良好な状態を維持しておくこと」という2点です。

専門買取業者に依頼する

古銭専門買取業者では古銭に関する深い専門知識をもっている査定員が、お手持ちの古銭の価値を査定してくれます。

そのため、一厘銅貨を専門業者による査定に出せば、一厘銅貨の査定額を大きく左右する「発行年」と「保存状態」が適正に評価されるのです。

現代ではインターネット上で中古品の個人売買ができるフリマアプリやオークションサイトを利用して、一厘銅貨を始めとした各種古銭を売買している方も多く、出品や落札をしたことのある方も多いと思います。

ネット上のオークションサイトやフリマアプリを利用すると、第三者による査定なしで出品者が自由な値段で売りに出すことができます。

これはオークションサイトやフリマアプリの利点です。

しかし、専門業者による査定額と比較すると、どうしてもお手持ちの一厘銅貨の本来の適正価格とは差が出る点がデメリットになります。

また、実店舗型のリサイクルショップは古くから不要となった日用品や、手放すことに決めたコレクション品などを買い取る事業を行っています。

リサイクルショップの得意な分野は、家具や家電に衣類、古本やCDなどの「リサイクル品全般」です。

故に、リサイクルショップの店員は、古銭の専門知識の質と量において専門業者には劣ります。

そのため、一厘銅貨など古銭を売りたい場合は、賢い選択肢とは言えません。

古銭買取業者に査定依頼を出せば、古銭に関する専門知識を持つ査定員による査定をしてもらえる上に、多くの買取業者が無料見積と出張サービスを実施しています。

無料見積サービスは、査定を行い見積りを算出するまでは一切費用がかからないうえ、査定額に納得いかなくて買取を断ってもキャンセル料なども全く発生しません。

出張サービスは利用者の自宅や倉庫などに査定員が向かい、その場で査定を行うものです。

家事や育児で長時間外出ができない方や自動車を所有していない方、長距離移動が困難な高齢者の方などにとっては非常に便利なサービスですね。

保存状態がいいもの

保存状態がいいもの

お手持ちの一厘銅貨の査定額を高くするための2つめのポイントは「保存状態を良好にする」ということです。

一厘銅貨の査定額を決定する最大の要因は、発行枚数の少ない年に発行されたものかどうかであるという点については説明しました。

こうした発行年などの属性によって決まる、お手持ちの一厘銅貨の本来の価値を上限として、その上限価格からいかに減額されないようにするかというのが買取価格を高くするポイントです。

ベストな状態での査定額から、お手持ちの一厘銅貨の実際の見積価格が減額されてしまうかもしれない原因が「保存状態の良し悪し」です。

言い換えれば、査定額を高くするポイントは「発行当時の状態がどれくらい維持されているか」「単純に綺麗な状態か」ということです。

例えば経年劣化や衝撃によって刻印に欠けが生じた一厘銅貨は、発行当時の状態を著しく損ねているということになり、減額の対象となるでしょう。

適切な湿気対策をしなかったため表面に腐食が発生しており、色味が変異している一厘銅貨も減額の対象です。

「綺麗な状態かどうか」という基準において気をつけるべきは、例えば汚れやくすみがあると感じても、薬品で表面を拭きとるといった処置を施してはいけないということです。

薬品によっては刺激が強かったり、銅との相性が悪い主成分が含まれていたりして、むしろお持ちの一厘銅貨を痛ませたり変色・劣化させることになりかねません。

一厘銅貨を査定に出す前のお手入れとしては、ホコリの除去や柔らかい布で表面を拭くなどにとどめておきましょう。

それだけのことでも、発行から長く時間を経ている一厘銅貨ですから、きっと見栄えの綺麗さは改善されます。

一厘銅貨の高価買取のコツ

一厘銅貨の高価買取のコツ

「お手持ちの一厘銅貨はいくらで売れるんだろう?」「一厘銅貨はどこで売ればいいんだろう?」「一厘銅貨を査定に出すとき気を付けることはあるの?」こうした疑問点が多く一厘銅貨を売りに出すのをためらっている方も、いくつかのポイントを抑えれば簡単に最良の手段で買取に出すことができますよ。

まず、一厘銅貨に明記されている「発行年」を確認してください。

なぜなら、お手持ちの一厘銅貨の発行年が明治8~13年なら査定額が高くなりやすく、特に明治13年のものは発行枚数の少なさにより大幅アップが期待できるためです。

古銭に関する専門的な知識を持つ査定員がいる専門買取業者を利用すれば、買取してほしい一厘銅貨を適正に査定をしてくれる上、無料査定や出張買取にも対応していますので、一厘銅貨を買取に出すにはベストな選択です。

この記事でお伝えしたポイントを確認して、ぜひお手持ちの一厘銅貨を買取に出す際に参考にしてみてください!

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ