24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

半銭銅貨の賢い売り方、買取相場を解説します!

半銭銅貨の賢い売り方、買取相場を解説します!
半銭銅貨の賢い売り方、買取相場を解説します!

半銭銅貨は明治時代に製造・流通した銅貨です。

半銭銅貨は、製造量・流通量が多く、頻繁に市場に登場し取引されています。

ですので、そこまで高額で売買されるものではないのですが、発行年と絵柄によっては買取価格が高価になることもあります。

とはいえ、いざお手持ちの半銭銅貨を買取に出そうとすると、買取価格の相場や、お得に買取してもらえる方法、買取に出すべき場所など、わからないことがたくさんありますよね。

今回は半銭銅貨の歴史や特徴から、買取価格の相場、買取価格アップのポイント、買取してもらうべきお店についても説明していきます。

半銭銅貨を売りたい方や古銭に興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

半銭銅貨とは

半銭銅貨とは

半銭銅貨は、明治6年に発行が開始された「補助貨幣」の一つです。

一方の面に「半銭」の文字、他方の面に絵柄の記された、銅を主な原料として錫と亜鉛も含まれている古銭です。

明治3年に制定された新貨条例において、「補助単位」として設定されたのが「銭」「厘」です。

半銭銅貨は文字通り一銭の半分の価値を表す、「補助貨幣」の一種です。

明治3年、江戸時代の貨幣制度を一新して「圓(円)」を本位の貨幣単位とし、銀が主成分の「一圓銀貨」を「本位貨幣」として製造すると定めたのが「新貨条例」という施策です。

「本位貨幣」に対する「補助貨幣」という位置に、半銭銅貨はあるのです。

半銭銅貨は明治3年に発行が決定されましたが、本格的に製造され始めたのは明治6年のことでした。

「新貨条例」にて補助貨幣として製造されたものは、半銭銅貨のほかに「一銭銅貨」「二銭銅貨」「一厘銅貨」などがあります。

半銭銅貨の査定を決める重要なポイントは「絵柄」と「製造年」

半銭銅貨の査定を決める重要なポイントは「絵柄」と「製造年」

半銭銅貨の査定額を決める重要なポイントは2つあります。

1つ目は貨幣に描かれる絵柄、2つ目は貨幣の発行年です。

この2点により、大量に発行され、また流通量の多い半銭銅貨であっても、高額買取の可能性があります。

高額買取の決め手は「竜のウロコ」と「発行年」

半銭銅貨には竜の絵柄が記されており、この竜のウロコの形状が「角」か「波」か、そして半銭銅貨の発行年がいつか、という2点が査定額の大幅アップの条件です。

半銭銅貨は明治6年から明治21年まで、明治11年を除いて毎年発行されていました。

製造初年の明治6年から明治10年までに製造された半銭銅貨は、他の年に製造されたものと「竜のウロコの形状」が異なっています。

明治10年までに製造された半銭銅貨のウロコは「角ウロコ」といって、やや角に丸みのある、小さな四角形が規則的に配置されています。

竜の顔面や前足の細密な表現と対照的に、幾何学的な図形が整然と並ぶことで、全体のコントラストが強調されている印象があります。

この「角ウロコ」に替わって採用されたのが、V字が縦に連なり水流のような動きを感じさせる「波ウロコ」です。

明治10年は、竜半銭銅貨のウロコの形状が「角ウロコ」から「波ウロコ」へ変更された年で、どちらの種類のウロコ型の半銭銅貨も発行されました。

そして明治10年発行の角ウロコの半銭銅貨は、現存数が少なく、高額で売買される傾向にあります。

このような貨幣の発行枚数が少なかったり、現存する貨幣の枚数の少ない発行年を、古銭業界では「特年」と呼びます。

半銭銅貨にとっての「特年」モノは、発行年が明治10年であるものです。

もちろん貨幣の状態、つまり発行時の状態に近いかどうか、黒ずみなど汚れや傷・掠れの有無など、査定額を上下するポイントは多くあります。

「明治10年製の角ウロコの竜半銭銅貨」でも、明らかに使用済みで汚れが目立つならば、それだけ査定額は下がります。

半銭銅貨の買取価格は?

半銭銅貨の買取価格は?

それでは実際のところ、半銭銅貨の価格相場はどのくらいでしょうか。

買取価格には、どれくらいの上下の幅があるのかをご紹介します。

買取価格は決して高くはありません

半銭銅貨は発行枚数も多く、比較的低い価格でやりとりされることの多い銅貨です。

市場にもよく出品され、特別珍しい存在とはいえません。

そのため、半銭銅貨の査定額は数百円~数千円程度に収まることが通例といえるでしょう。

ただし、特年である明治10年製の「角ウロコ」の半銭銅貨であれば、大幅に買取価格は上がります。

状態がよければ10万円を超えることもあり得るでしょう。

半銭銅貨に限らず、貨幣全般には製造行程でミスが発生して、正規のものと異なる形状の貨幣となってしまう「エラーコイン」というものがあります。

これは製造者としては作業ミスですが、希少性が生まれるため、古銭市場では査定額アップにつながります。

「明治10年製の角ウロコの竜半銭銅貨、かつ刻印にエラーあり」のアイテムならば、買取価格は数十万円にも至るでしょう。

エラーコインについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

参考記事:驚きの価格がつくエラーコインの種類と古銭買取について

明治時代に作られた半銭以外の銅貨について

明治時代に作られた半銭以外の銅貨について

明治時代では、半銭銅貨以外の種類の銅貨が発行・流通されました。

例えば「一厘銅貨」、「二銭銅貨」、「一銭銅貨」です。

それでは、これらの銅貨について詳しく解説いたします。

一厘銅貨とは

一厘銅貨には、菊の花の絵柄が記されています。

一厘銅貨の素材は、半銭銅貨と同じく錫・銅・亜鉛です。

古銭市場では、一厘銅貨は安価で売買されることが多いです。

しかし、明治8年~13年に発行された一厘銅貨は発行枚数が少なく希少価値があり、高値での買取が期待されます。

特に明治13年発行のものは、数十万円に至る可能性があります。

また、エラー硬貨が多いのも一厘銅貨の特徴です。

二銭銅貨とは

二銭銅貨とは

二銭銅貨は政府が明治6年に銅貨発行を大規模に進めた際に、半銭銅貨や一厘銅貨などと一緒に発行・製造されたものです。

ただし発行数の少ない明治6年製造のものは、数千円~1万円以上での買取事例もあります。

一銭銅貨とは

一銭銅貨は明治・大正・昭和を通じて流通し続けたので、発行枚数が多く比較的入手がしやすいものです。

そのため、希少価値が低く、あまり高価買取は期待できません。

ただし、明治14年発行の一銭銅貨は、発行年数「明治十四年」の「四」の刻印のわずかな違いで大きく査定が変化します。

通常の「四」に対して、「大四」と呼ばれる形状(四の囲いのなかの左撥ねの小さな違い)で刻印されている銅貨のほうが価値があります。

半銭銅貨の売り方、買い手選び

半銭銅貨の売り方、買い手選び

中古品買取の選択肢はたくさんあるので、古銭・貨幣はどこに依頼するのがいいのか、判断が難しいですよね。

それぞれの業者の特徴や依頼方法を説明します。

金券ショップ

金券ショップでは、外貨や映画チケット、新幹線チケットなどの売買をメインとしています。

しかし、最近では古銭の買取にも力を入れ、適正な査定を謳っているお店も多々見受けられます。

ただし、金券ショップの店員は古銭の専門家ではありません。

金券ショップの店員は古銭の知識を持ち合わせていないかもしれないので、貨幣本来の価値より査定額が下がる可能性があります。

ネットオークション

ネットオークションでは、売りたい古銭の価格を自分で決められます。

そのため、自分の希望する価格でお手持ちの古銭を売却できる可能性が高く、そこがメリットといえます。

デメリットとして、主観的な値付けは専門のスタッフによる査定に比べると、不正確な価格設定になってしまうという点でしょう。

古銭買取業者

古銭買取業者

古銭買取専門業者には、古銭に関する専門知識を有する査定員がいます。

ですので、古銭買取専門業者を利用すれば、古銭の価値に見合う査定額を提示してもらえる可能性が高く、古銭の売り方としては最もおすすめです。

古銭買取専門業者の査定員は、半銭銅貨を始めとする古銭特有の査定ポイントである「特年」や「エラー貨幣」などにも精通しているので、お手持ちの半銭貨幣の価値を適格に評価してくれます。

無料見積・出張査定を気軽に利用しましょう

古銭買取の専門業者の多くが、無料での見積もりを実施しています。

査定額に納得できなければ売却しなくてもよいですし、キャンセル料も発生しません。

また、お仕事に家事・育児と、忙しくて店舗持ち込みできないという方もいらっしゃいますよね。

多くの古銭専門買取業者が、利用者宅まで訪問してその場で買取を行う「出張査定サービス」をしていますのでぜひ利用してみましょう。

半銭銅貨を買取に出す際の注目ポイント

半銭銅貨を買取に出す際の注目ポイント

半銭銅貨ををできるだけ高く買い取ってもらうポイントをいくつか紹介します。

・状態が良好であること

・付属品があれば併せて査定に出すこと

・複数の業者に見積を依頼すること

状態が良好であること

状態が良好であるほど、半銭銅貨の査定額は高くなります。

つまり、汚れや染み・傷は、良好な状態での査定額に対するマイナス要因です。

ただし、半銭銅貨を始め、古銭とは歴史的・資料的価値も含めて査定されるものです。

そのため、アルコールで拭いたり薬品でクリーニングすることは、発行当時の状態からかけ離れた状態に変化させることに等しいです。

明らかな経年劣化によるホコリの詰まり、目に見える汚れの除去以上のことはしないよう、充分に気をつけてくださいね。

付属品があれば併せて査定に出すこと

付属品があれば併せて査定に出すこと

半銭銅貨に付属品は基本的にありませんが、小判など一部の古銭には、専用の木箱や証明書が付属することがあります。

これは贋作ではない、正真正銘の本物であるという動かぬ証拠になります。

証明書や特製容器の有無は大きく査定に影響しますので、もし付属品がある古銭を買取に出すならば、それらも併せて査定に出しましょう。

複数の業者に見積を依頼すること

全ての専門買取業者が、それぞれの査定基準で価値判断を行います。

そのため、査定に出す業者によって、どうしても買取価格に差が出てきます。

2社以上の業者に査定を依頼し、より高い買取額を提示してもらえた業者を選ぶと良いでしょう。

最もお得に半銭銅貨を買取に出すには

最もお得に半銭銅貨を買取に出すには

絵柄である竜のウロコの種類や製造年でプレミアが付き、査定額も跳ね上がるのが半銭銅貨です。

半銭銅貨は流通量も多く、査定額も低いだろうと思うかもしれませんが、お手持ちの半銭銅貨は思わぬプレミア要因を持っているものかもしれません!

なるべくお手持ちの半銭銅貨の本来の価値が評価されるよう、ホコリを払う程度のお手入れのみに留めましょう。

たとえ半銭銅貨が汚れていても、それだけで価値が低いと考える必要はないのです。

お手持ちの半銭銅貨を買取に出すことを検討しているならば、専門知識に長ける査定員が所属する、古銭買取専門業者に見積り依頼をすることをお勧めします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ