ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【発行国・種類別】金貨の買取相場をご紹介!買取お役立ち情報まとめ

【発行国・種類別】金貨の買取相場をご紹介!買取お役立ち情報まとめ
【発行国・種類別】金貨の買取相場をご紹介!買取お役立ち情報まとめ

金貨とは、金を素材として造られた貨幣で、銀貨や銅貨とともに遠い昔から世界各国で流通してきました。

金貨の買取の際には金そのものの価格とは別に付加価値が付くこともあり、金貨の種類や発行された年代によっても違いがあります。

本コラムでは、金貨の発行国・種類別にその金貨の特徴や買取相場、その他買取に役立つ情報をご紹介していきます。

金貨の価値について

金貨の価値について

金貨は古代から使用されており、古い時代でいえば、古代ローマのソリドゥス金貨などが有名です。

日本においては西暦760年に開基勝宝という金銭が発行されています。

しかし、純金は硬貨として使用するには柔らかすぎるため、日本やアメリカなどをはじめ一般的には90%の金と10%の銀もしくは銅の合金が用いられています。

その後、金と経済を連動させる金本位制が1816年にイギリスで確立されたましたが、現在はありません。

通貨型金貨

金融機関にて、金地金の価格より高く設定された額面で両替できる金貨です。

おそらく日本のみで10万円と5万円の記念金貨が発売されました。

地金型金貨

金地金の価格にややプレミアム(加工費・輸送費などの諸経費)をつけて売買される金貨です。

そのため、毎日の地金相場に連動して時価取引され、額面は金地金の価格より低く設定されています。

収集型金貨

コレクション要素の強い金貨を指します。

金地金の価格を超える固定価格で発売され、市場における取引価格は収集家や貨幣商の市場価格により決まります。

オリンピックのような国家的な行事を記念して発売されることが多いです。

金貨の銀行両替は損?買取業者に売れば額面以上で売れる!

査定員

金貨をコレクションされている方の中には資産としての価値を見込んで所有されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし銀行で金貨を現金化しようとすると「額面価格での両替」になってしまうため注意が必要です。

もし金貨の売却をお考えであれば金の価値に詳しい買取業者へ相談しましょう。買取業者であれば金としての価値も見極めてくれるので額面以上での売却も可能になります。

大切な金貨を売るなら金の価値に詳しいバイセルへ

金価格の高騰に伴い近年稀に見る価格上昇を続けている金貨。ご売却を検討中であれば、売り時は今かもしれません。

バイセルでは資産価値の高い金貨をはじめ国内外のコイン類を対象に査定・買取を行っております。

お電話1本で経験豊富なプロがご自宅まで無料で訪問、大切な金貨の価値をしっかり見極めますのでお任せください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

【種類別】日本の金貨の買取相場

天皇御即位記念金貨

金貨の種類は、発行国を国内外含めると、より多岐にわたります。

まずは日本の金貨について、種類別で特徴と買取相場をご紹介します。

天皇陛下御即位記念10万円金貨

1990年に現在の上皇明仁の御即位を記念して発行された、純金製の今上天皇御即位記念金貨です。

表面には鳳凰と瑞雲、裏面には菊花紋章と桐と唐草がデザインされています。

買取相場は額面である10万円以上が期待できるでしょう。

また、その後に発行され続けている御即位〇周年などの記念金貨も高額買取されやすい種類となっています。

皇太子殿下御成婚記念金貨5万円金貨

1993年に発行された皇太子・徳仁親王の御成婚記念の純金金貨です。

2羽の鶴や菊花紋章等があしらわれたデザインです。

額面以上の買取価格が期待でき、保存状態が良ければ過去に数万円になったケースもあります。

東日本大震災復興事業記念1万円金貨

東日本大震災の復興費をまかなうために発行された金貨です。

デザインは「犠牲者の鎮魂と被災地の復興、未来の希望への思いを込めた」(財務省)とされ、第1次~4次まで発行されました。

第1次~4次までの表面デザインは異なっており、学校と鯉のぼりが描かれている2次発行のものが高額買取されやすいです。

買取相場は、状態の良いもので数万~数十万円で、2次発行分は数万円で買取された事例もあります。

長野五輪冬季大会記念金貨1万円金貨

1998年第18回冬季オリンピックの開催を記念して発行された金貨です。

スキージャンプと長野県花のりんどうがデザインされています。

売却当日の地金相場にもよりますが、数万円を超える買取価格になることもあります。

2002FIFAワールドカップ記念1万円金貨

2002年に日韓共同で開催されたサッカーのFIFA ワールドカップを記念して発行された金貨です。

買取相場は数万円ほどで、傷や汚れなどがない綺麗な状態であれば数万円以上になるケースもあります。

日本国際博覧会記念1万円金貨

2005年愛知万博(EXPO 2005)の開催記念として発行された金貨です。

買取相場は数万円ほどで、状態にもよりますが数万円を超えることもあります。

旧20円金貨

明治初期に発行された金貨ですが、発行枚数が非常に少なく、約5万枚ほどです。

発行年銘や状態によって、数百万円もの買取価格がつくこともあります。

新20円金貨

明治後期から昭和にかけて約5千万枚発行された金貨です。

発行年銘によっては非常に少ない年もあり、良いもので数万~数十万円ほどの買取相場となります。

【種類別】海外の金貨の買取相場

金貨

続いて、種類別で海外の金貨の特徴と買取相場をご紹介します。

メイプルリーフ金貨

1979年より毎年カナダ王室が発行している金貨で、エリザベス女王とサトウカエデの葉がデザインされています。

額面の何倍以上の買取額がついた事例もあります。

ウィーン金貨ハーモニー

1989年当時、ヨーロッパ唯一の純金「地金型金貨」として誕生した金貨です。

世界的に人気のある法定通貨で、オーストリア造幣局から発行されています。

買取相場は数万円~数十万円にもなる傾向がありますが、状態やオンス数によって価格が変動するので注意が必要です。

ダカット金貨

1284年イタリアのヴェネチアで誕生した金貨で、国際貿易に使われる基本の通貨として広く流通しました。

買取相場は、額面にもよりますが数千円から数万円で買取される場合が多いです。

イーグル金貨

1986年から発行されているアメリカ合衆国の地金型金貨です。

デザインにもある自由の女神とイーグル(白頭鷲)の組み合わせは、実にアメリカらしいモチーフです。

買取相場は、額面にもよりますが、数万円から十数万円で買取される場合が多いです。

ブリタニア金貨

イギリスの王立造幣局が発行する地金型金貨です。

ブリタニア金貨にはエリザベス女王の肖像とイギリスを擬人化した女神であるブリタニア女神が描かれています。

買取相場は数万円から十数万円ほどの傾向で、一番価値が付きやすいのは100ポンド(1オンス)の金貨とされています。

ソブリン金貨

1817年から発行され続けているイギリスの法定貨幣です。

数万円ほどの価格で買取されるものが多いですが、金貨の状態やポンド数などで価格は異なります。

また、ソブリン金貨の中には歴史的価値の高い希少な年号のものもあります。

パンダ金貨

中国より1982年から毎年発行されている地金型金貨で、ジャイアントパンダと世界遺産の北京天壇がデザインされています。

買取相場は、状態やオンス数によりますが、数千円から十数万円ほどです。

カンガルー金貨

オーストラリアが1986年より発行している金貨で、エリザベス女王の肖像とカンガルーがデザインされています。

発行された年にもよりますが、買取相場は数万円から十数万円ほどです。

ナゲット金貨

オーストラリア・パース造幣局が発行している地金型金貨で、1986年から1989年までの4年間発行されていました。

買取相場は、数万円から十数万円ほどが一般的ですが、状態やオンス数などに左右されます。

クルーガーランド金貨

南アフリカ共和国の造幣局が発行する地金型金貨です。

1967年から発行されていて世界的にも有名な金貨の1種と言われます。

オンス数や状態にもよりますが、数万円から数十万円ほどで買取されることが多いです。

フラン金貨

フランスのパリ造幣局にて1810年より発行された金貨です。

表面に月桂冠をつけたナポレオン1世、裏面にフランス帝国の文字と月桂樹のリースが描かれています。

数万円以上で買取されることが多く、一番高く買い取ってくれるのは状態が良い20フランの金貨でしょう。

ペソ金貨

メキシコシティ造幣局が発行した金貨で、2・2.5・5・10・20・50ペソの6種類と多めです。

買取相場は、他の金貨に比べて低めの傾向があり、数千円ほどとなっています。

しかし独立100周年記念に発行された50ペソ金貨は、ペソ金貨の中では比較的高い買取額になるでしょう。

こんな状態の金貨でも売れる!

アメリカの金貨

「金貨」と一口に言っても、状態によって価値が左右されることが多いです。

保存状態の良くない金貨もたくさんあるため、中には「こんなに劣化している金貨は売れるのだろうか…」と不安になってしまう方もいるかもしれません。

一般的には、かなり昔の年代物の金貨のように保存状態が悪く、傷ついてしまった金貨でも買い取ってもらうことが可能です。

あまりにも古くて、全く価値があるのかどうかさえ分からない金貨も、基本的には金貨であれば買取対象になります。

さらに、ペンダントに加工されたジュエリーコイン等も、装飾部分と併せて査定・買取対象になる場合が多いです。

お持ちの金貨が劣化していたり、傷ついたりしていても、一度買取査定を試してみてはいかがでしょうか。

金貨を高く売るためにはどうすればいい?

外国の金貨

「より金貨を高く売るために!」と、金貨などのコインを自分で洗浄する方もいらっしゃるかもしれません。

しかしコインの洗浄は、磨きすぎて欠けてしまったり、色落ちしてしまったりする恐れもあります。

下手に洗浄して傷がつき、買い値が下がる場合もあるため、洗浄せずにまずはそのままの状態でコイン専門の買取業者に査定を依頼するのがベストです。

そして買取業者を選ぶ際には、豊富な買取実績があるかどうか、専門知識を活かした査定ポイントで見極めてくれるかどうかに注目しましょう。

単純に金の重さだけを査定する業者より、金貨の特徴やコイン市場での相場を考慮してくれるなど、あらゆる視点で査定してくれる優良業者を選びましょう。

地金の価値だけでなく、その金貨の希少性や状態等の価値をしっかりと見抜いてくれる業者に依頼すれば、お持ちの金貨に適した買取金額を提示してくれることでしょう。

実際にお持ちの金貨を売りたいとお考えであれば、ぜひこれらを参考にコイン専門の買取業者を選択し、査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目