24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

元祐通宝の買取相場と高く売る方法

元祐通宝の買取相場と高く売る方法
元祐通宝の買取相場と高く売る方法

古銭の「元祐通宝(げんゆうつうほう)」は、平安末期頃より使用されていた中国からの「渡来銭(とらいせん)」です。

また、真ん中に穴が開いている「穴銭(あなせん)」と言われている硬貨です。

家にあるけど不要なので手放したい、だが買取の相場も分からないし、どこで買い取ってもらえばいいのかも分からない、と悩んでいませんか?

そこで、ここでは「元祐通宝を買い取ってもらうための方法」や「買取に出したい時に気を付けるポイント」をご紹介していきます。

元祐通宝を買い取ってもらう前のご参考となれば幸いです。

元祐通宝とは

元祐通宝とは

元祐通宝とは、そもそも何なのか、どこからきた古銭なのかをご紹介します。

元祐通宝とは平安末期頃より中国から流入してきた渡来銭です。

元祐通宝の素材は基本的に銅で出来ています。

また、元祐通宝は中国の北宋で発行されたとされていますが、宋が発行した貨幣は中国の歴代王朝の中でも豊富と言われていています。

そのため、コレクターの方々の間では「宋銭」は集め甲斐があるとされ人気が高いようです。

中国からの渡来銭は、貿易の際に流入してきたもので大名に使用を強制されたわけでもなく、博多の商人を中心に自然に使い始め、広まっていったとされています。

元祐通宝はしばらく普及し続けたため、渡来銭だけでは硬貨が不足してしまい、中国から渡ってきた元祐通宝を模して日本国内でも発行されていました。

元祐通宝の特徴

元祐通宝の特徴

もともと元祐通宝は、硬貨の真ん中に四角い穴が開いており、表面には上から時計回りで「元祐通宝」の文字が1文字ずつ刻まれています。

日本で作られた元佑通宝は、中国で作られた元祐通宝と比べて字体が異なり、更に裏面にも文字が刻まれています。

裏面の文字は、穴の左側に「口」、右側に「十」が書かれている「叶」と呼ばれていたものの他、穴の下に「真」、「木」、「一」、「上」、琴柱(ことじ・琴の音を調整するための道具)のような図形が書かれているものがあります。

これらのように背面に文字のある日本が作った元祐通宝について、「叶手元祐(かのうげんゆう・かのうでげんゆう)」と呼ばれ、中国で作られた元祐通宝と区分けされています。

更に背面に書かれている文字とかけ合わせて「背真」「背木」などとも言われコレクターの方々の間で親しまれています。

また、元祐通宝を現代の金額に換算すると1,500円から4,000円ほどと言われています。

更に、日本で作られた元祐通宝は真似して作られたものとは言え、数が少ないゆえに希少価値があります。

穴銭と絵銭の違い

円単位の貨幣が登場する以前に日本で流通していた古銭には、大きく分けて「穴銭(あなせん)」と「絵銭(えせん・えぜに)」の2種類があります。

元祐通宝のように硬貨の中央に穴が開いているものを「穴銭」といいます。

穴銭の種類は元祐通宝以外にも無数にあります。

一方、「絵銭」は、民衆の間で作られたおもちゃの貨幣と言われています。

「絵銭」は名前の通り七福神などの絵が描かれており、民衆のお守りや子供のおもちゃ、信仰対象などとされていたようです。

また、中国で作られた古銭は色々な種類があります。

古いものでは、貝でできた貨幣だったり、農具や包丁の形をした貨幣も存在しました。

元祐通宝の買取相場

元祐通宝の買取相場

元祐通宝の一般的な買取相場は、数千円~数万円です。

他の穴銭と比べると安い方に位置しますが、状態がよかったり希少なものであれば買取価格が高くなる場合もあります。

外径は30mm前後、厚さは3mmにも満たないものが多いです。

これほど小さい硬貨が査定額で数千円以上になるかもしれないともなれば、一度査定に出すだけでも損はないと思います。

ちなみに先ほどご紹介「絵銭」は発行当時おもちゃの貨幣とされていましたが、現代では歴史と文化を感じさせてくれるような価値があるとされており、実際の貨幣より高く買取に出せる場合もあります。

元祐通宝を高価買取してもらう方法

元祐通宝を高価買取してもらう方法

それでは、いざ元祐通宝を買取に出したいとなった時に、どこでどのようにすればより高く買い取ってもらえるのか?

そのコツをお伝えしていきます。

古銭専門買取業者に依頼する

古銭を手放したいと考えた時に、インターネットオークションやフリーマーケットに出品する手段もあります。

ですが、最もおすすめしたい方法は、専門買取業者への依頼です。

こちらでは、ネットやフリーマーケットを利用して古銭を売る場合のメリット・デメリットと、専門買取業者がおすすめの理由をご紹介します。

ネットやフリーマーケットに出品する

ネットやフリーマーケットに出品する

まず、お手持ちの古銭を売却する手段として、ネットオークションやフリマアプリ、フリーマーケットなどがあります。

インターネットを使用すれば家にいても手軽に出品できます。

また、大切な品物を売る場合は、次にどのような方の手に渡るか気になる方もいるかと思います。

フリーマーケットであれば、直接対面して売買するので、買い手がどのような相手か分かることもありますね。

ですが、古銭は買取してもらうジャンルとしては、あまり定番的ではないかもしれません。

そうなった時に、ネットオークションやフリマで出品してしまうと、古銭の知識があまりない相手に売却する事になりかねません。

更にインターネットを使用してオークションに出品するとなると、個人間でやり取りをし、ご自身で梱包・発送などの手間や手数料がかかることが多いです。

更には個人間でのやり取りとなるので、トラブルが発生することもあります。

よって、古銭をネットオークションやフリマで出品することはあまりおすすめできません。

専門の買取業者がおすすめの理由

専門の買取業者がおすすめの理由

それでは、買取業者の中には古銭を専門として取り扱っている買取業者があることをご存じでしょうか。

通常の買取業者よりも古銭専門買取業者を選ぶことで、古銭について知識や経験が豊富な査定員に買取査定をしてもらえます。

古銭を知り尽くしている査定員に依頼することによって、しっかりとお手持ちの元祐通宝の価値を見定めてくれます。

古銭専門買取業者と聞くと、少し馴染みがなく依頼するハードルが高いと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、手数料や査定料を無料で引き受けてくれたり、自宅に訪問してくれる出張買取サービスを実施している業者もあります。

そのため、専門買取業者に依頼する事で手間も費用も最低限に抑えることができ、更に安心したサービスが受けられる可能性が高いので、古銭を手放したい時には専門買取業者に依頼することをおすすめします。

保存状態に注意する

古銭を売る際には、査定の評価をなるべく下げないことがポイントです。

古銭は、保存状態が綺麗な方がより高く買い取ってくれる事が多いでしょう。

一般的なものよりも、より歴史が感じられる品物なので、長い期間保管していれば傷や汚れが付くこともあると思います。

更に、元祐通宝などの銅製の古銭はサビやカビが発生しやすいです。

そのため綺麗に残っているものが少なく、保存状態がいいものはとても希少価値があります。

それでは、どのようにして保存していればなるべく綺麗な状態が保てるのでしょうか。

古銭に発生しやすいサビやカビのほとんどの原因は「湿気」です。

故に、湿気から古銭を守るために、コインケースやアルバムに入れて、風通しの良い場所で保管するようにしましょう。

元祐通宝の買取で気を付けるべきこと

元祐通宝の買取で気を付けるべきこと

元祐通宝などの古銭を買取に出したい時に気を付けるポイントをご紹介します。

以下の2つのポイントをおさえたうえで買取査定に出すことをおすすめします。

たとえ汚れていても洗わないこと

保存状態がいいものが好ましいとしても、汚れてしまっている古銭は無理にクリーニングしないようにしてください。

もちろん綺麗なまま保管されていればいいのですが、カビやサビを落そうとこすってしまうと、製造当初の状態と異なってしまったり、逆に傷つけてしまう恐れがあるからです。

自ら価値を下げてしまう可能性があるため、古銭を見つけたらまずはそのままの状態で査定に出してください。

付属品をつける

古銭の中には、箱や鑑定書など付属品がついているものもあります。

付属していない場合はそのままで構いませんが、もし付属品があった場合は古銭本体と一緒に買取査定に出すのが望ましいです。

付属品を紛失してしまったり、一緒に買取査定に出さずにいると古銭の価値を下げることになってしまうので、必ずなくさないように保管しておいてください。

付属品の種類として代表的なものに、鑑定書があります。

鑑定書があった場合はその古銭の価値を証明するものとなります。

また、古銭の中には、箱に入っている場合もあります。

その場合は、なるべく箱から古銭を出さずに大事に保管しておいてください。

不用意に古銭を箱から出して触ったりしてしまい、万が一傷つけてしまったら古銭の価値が下がってしまう可能性があるため箱に入っている場合はそのまま査定に出してください。

元祐通宝の価値と買取の際に知っておくべきことのまとめ

元祐通宝の価値と買取の際に知っておくべきことのまとめ

ここまで、元祐通宝の価値と買取の際に知っておくべきことをご紹介しました。

元祐通宝は中国から渡ってきた渡来銭で、実際に使用されていたことから綺麗な状態で残っているものが非常に少なく、状態のいいものだと希少価値が大いにあるとされています。

元祐通宝は、保存状態などで買取価格が変わってきますが、むやみに綺麗にしようと思ってご自分で洗ったりこすったりするなどは逆に傷をつけてしまい、価値を下げてしまう可能性があるので避けましょう。

また、付属品があれば必ず一緒に買取査定に出しましょう。

古銭の買取は素人では判断しきれないところもあるので、専門知識のある買取業者に依頼するようにしましょう。

汚れていたりしてもあきらめずに、一度古銭専門買取業者に無料査定を依頼してみるといいでしょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ