株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も
高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

買取市場で高額取引される外国コインは多数存在します。

その中でも、どの種類の外国コインなら高い金額で売れるのかご存知でしょうか?

また、査定にて価値のありそうな外国コインが手元にあっても、どこに、どのように査定を依頼すればいいか困ってしまいますよね。

本記事では外国コインの種類、高騰している外国コインの買取金額、売却方法をご紹介します。

外国コインは大きく分けて地金型金貨と収集型金貨の2種類

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

日本の買取市場で取引されている外国コインは、各国の政府(造幣局)が発行する地金型金貨収集型金貨が中心です。

どちらの金貨も通貨として流通する目的で発行されたものはありません。

地金型金貨は、通貨としてではなく投資目的で発行されています。

各国の政府が地金型金貨の製造を行っており、重量と品位は各国の政府が保証しています。

日々の金相場に連動した市場価格で売買でき、地金型金貨は小額からの投資に向いています。

金地金の時価相当分に、製造・流通コストなどの金額を上乗せして売買されます。この上乗せ金をプレミアムと言います。

人気があるのは純度99.99パーセント以上の純金製コインです。

また、収集型金貨はコレクション目的で発行されています。

国家行事の開催を記念するときに発行されることが多い収集型金貨は、販売枚数も限られています。

発行枚数の少なさやデザインの希少性が付加価値になっているため、金の地金価格および通貨としての額面の双方よりも高い金額で販売するのが一般的です。

また、どちらの金貨も発行する目的が違いますが、使用目的がハッキリと分かれているわけではなく、地金型金貨も収集型金貨として人気のものも多数あります。

例えば、世界三大金貨と呼ばれるメイプルリーフ金貨、ウィーン金貨、カンガルー金貨は、地金型金貨として発行されていますが、発行年や額面ごとにデザインが変わるため収集型金貨としても人気があります。

高騰している外国コインの買取金額

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

金やプラチナが使われた外国コインや、100年以上前に発行されたアンティークコインは、コレクターの注目が集まっていて、価格が高騰しつつあります。

その中でも「1939年ヴィクトリア ウナとライオン5ポンド金貨」は、発行枚数わずか400枚と希少で、オークションでは2,000万円近い価格がつく高騰ぶりです。

また「2009年ウルトラハイリリーフ金貨」は、アメリカ財務省が2009年の1年間のみ発行した金貨が話題になるなど、人気はますます高まっています。

外国コインの価値と買取相場を知るならバイセルへ!

外国コインは、地金価格と希少性が加味されて買取価格が決まります。

金やプラチナ素材を用いた地金は、買取相場で高値になりやすいです。

それだけではなく同じ種類のコインでも、発行年代が古いものや、既に発行が終わったデザインかどうかによっても希少価値の程度が変わります。

外国コインのおおよその価値や買取相場は、インターネットで外国コインを紹介するサイトや買取業者のホームページで調べることができます。

しかし、買取業者によって相場の情報は違うため、お持ちの外国コインの価値をしっかり把握したいのであれば、実際に査定してもらうことをおすすめします。

外国コインの価値や買取相場を知るなら、査定経験と買取実績が豊富にあるバイセルにお任せください。

外国コインに詳しい査定員があなたの大切なコインの価値をしっかり見極めます!

まずはお気軽にバイセルまでお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

外国コインを売る方法

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

高く買い取ってくれそうな外国コインを持っていたら、どのような方法を選ぶと高く売れるのでしょうか。

それぞれの売却方法ついてご紹介します。

買取業者に売る

コインを扱う買取業者は多くあります。

特にコイン専門の買取業者は、金貨の価値を見極める知識と査定経験が豊富ですから、あらゆる金貨を適切に査定してくれます。

また、人気の外国コインなら偽物が出回っている可能性があり、大事に持っていても偽物かもしれません。

真贋を見極めるにはコイン専門の買取業者ではないと難しいです。

多くのコイン専門の買取業者は、出張買取・持ち込み買取と買取方法が選べて、さらに査定・買取手数料を無料で提供しています。

「お金と手間をかけずに高く売りたい」「外国コインが本物かどうか不安」「今も価値があるかを知りたい」人は、コイン専門の買取業者の査定をしてもらいましょう。

オークションに出品する

外国コインはネットオークションで売ることもできます。

外国コインの出品には、コインを撮影し特徴を紹介する文章と落札希望価格を記入します。

ネットオークションは、出品者が落札希望価格を決められるので、種類と出品するタイミングによっては高値で売れる可能性があります。

しかし、コインの価値を見極める知識のない出品者が、本来なら高値で落札される可能性の高いコインなのに、低い落札希望価格を設定すると、高く売れずに損をしてしまう場合があります。

好きなタイミングで売却したいときはオークションを利用すると良いでしょう。

外国コインを手放すには両替、募金、寄付する方法もある!

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

「現在流通している外国コインを持っているけれども、買取業者で買い取ってもらえない」場合は、別の方法を検討してみましょう。

両替する方法

外国コインはこれまで日本の銀行などでは両替できませんでした。

しかし最近、空港やホテルにポケットチェンジという機械が登場しています。

これに外国コインや紙幣を投入すると、国内で使える電子マネー、各種ギフト券などに交換できます。

羽田空港国際線ターミナルなどから帰ってくるなら、ポケットチェンジの利用が最も簡単です。

募金や寄付する方法

国内の主要な国際空港には、外国コインの募金箱も設置されています。

海外旅行からの帰りに、募金箱に外国コインを入れていく人は多いようです。

募金箱は、日本ユニセフ協会が「ユニセフ外国コイン募金」の一環として設置しています。

また、すでに家に持ち帰った外国コインがあったら、寄付する方法もあります。

日本ユニセフ協会では、郵送または宅配便で外国コインの寄付も受け付けています。

他にも、公益社団法人・日本キリスト教海外医療協力会なども、外国コインの寄付を募集しています。

おわりに

高額買取が可能なのはどんな外国コイン?余った外国コインを両替・寄付する方法も

外国コインには主に投資型金貨と収集型金貨があり、中古市場で人気の金貨なら買取相場が高くなる可能性があります。

しかし現在、貨幣として使われている外国コインを、査定に出してもほとんど買い取ってもらえません。

代々、外国コインの収集をしているのなら、押し入れから多くのコレクションが出てくるでしょう。

ご自宅で外国コインを見つけたら、コイン専門の買取業者を有効に活用して、査定金額を出してもらってくださいね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目