24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

価値の高い海外紙幣とはどのようなもの?

価値の高い海外紙幣とはどのようなもの?
海外紙幣を高価買取

様々な国で発行され、大きさやデザイン、色などが豊富である海外紙幣。日本に持ち込むと実用性はなくなってしまいますが、珍しい海外紙幣であればコレクション品として高い価値をつけられることがあります。

海外紙幣の長い歴史や海外紙幣を入手したときのポイント、価値基準や保管方法のコツについてご紹介します。

                     

海外紙幣の歴史とは?

海外紙幣とは、外国で通貨として流通している、または過去に流通していた紙幣のことを指します。

日本でお札が発行されたのは江戸時代と言われていますが、海外では古くから紙幣が製造されていました。

世界で初めて紙幣を作ったのは中国であり、10世紀の北宋時代に製造方法が発明され、国内で広く流通していきました。

世界で初めて製紙技術を発明したのも中国でしたが、その製造方法は貴重なものとされていました。

そのため、なかなか国外へ伝えられず、15世紀に入ってようやくスペインにおいてヨーロッパ初の紙幣が製造されました。

現在では様々な国で紙幣が使用されており、偽造防止技術も高度なものになっています。

たとえばスイスでは模様を凹版で印刷したり、紫外線インクを用いたりしており、カナダでは一部が透明となったポリマー製の紙幣を使っています。

   

手持ちの海外紙幣はどうすれば良い?

海外紙幣を入手する一般的なタイミングは、海外旅行の際です。

海外では日本円が通用しないため、あらかじめ現地の紙幣へと両替をしておきます。

旅行が終わって使いきれなかった紙幣は、金券ショップや買取業者に依頼して買い取ってもらうことができます。

金券ショップはこれから海外旅行へ出かける人へ現地の紙幣を売ることが目的なので、メジャーな紙幣を比較的安価に取り扱う傾向があります。

一方で、買取業者では希少価値のある紙幣に対し、額面以上の価値をつけて査定することがあります。

もし希少価値の高い海外紙幣を入手したら、買取業者へ持ち込んでみるのも良いでしょう。

                 

価値の高い海外紙幣とは

希少価値が高いほど、査定額も高くなる傾向がありますが、代表的な例としては現在存在しない国の紙幣が挙げられます。

たとえば、ソビエト連邦の紙幣は現在製造されていない上に国もなくなってしまったため、珍しい紙幣として評価されるのです。

また、国は現存していても、製造停止してしまった紙幣であれば、高い価値がつけられることがあります。

たとえば、ユーゴスラビアの5,000億ディナール紙幣やハンガリーの1垓ペンゲー紙幣などは、ハイパーインフレを背景として一時的に流通した珍しい紙幣となっています。

                 

海外紙幣の保管方法のコツ

紙幣の価値には、その保管状態も大きく影響してきます。

一般的には未使用美品がもっとも高い価値をつけられ、使用済みのものはキズや汚れが少ない方が高い査定額となります。

自宅での保管方法では、湿気や直射日光を避けることが最も重要なポイントです。

湿気や日光はカビや色あせの原因となってしまうため、紙幣コレクション専用の袋に入れキャビネット保管するなどして、紙質が維持されるよう心がけましょう。

目立つ汚れやホコリがあれば柔らかい布で軽く拭き取る程度にしてください。

もしコレクションせず処理方法に困っている場合は、買取業者に持ち込んでみることがおすすめです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

古銭の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ