ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

独特な形で愛されるエルメス・リンディの高額買取のためにできること

独特な形で愛されるエルメス・リンディの高額買取のためにできること
リンディ30
リンディ30 トリヨンクレマンス エトゥープ

当記事でよくある質問

  • Q
  • しばらく使っていないエルメス リンディを査定に出すつもりです。いくらになりますか?

  • A
  • 使用感やサイズ、付属品の有無で買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • エルメスのリンディを譲り受けましたが、好みと合わないので使っていません。価値ってありますか?

  • A
  • エルメス製品は全般的に中古需要が見込まれ、中でもリンディは独特な形が特徴で根強い人気がございます。 またバイセルではエルメスの査定実績が多数ございますのでエルメスの専用ページをご覧ください。

その他、独特な形で愛されるエルメス・リンディの高額買取のためにできることを詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

世界的な高級ブランドとして有名な「エルメス(HERMES)」。

創業以来、様々な種類のバッグを展開しているエルメスですが、その中でも独特な丸いフォルムで愛されているのがリンディです。

今回はエルメス・リンディの買取事情についてご紹介します。

独特な形が特徴のエルメス・リンディ

リンディ30
リンディ30 トリヨンクレマンス エトゥープ

ハンドバッグにもショルダーバッグにもなって使い分けができる

エルメスのリンディはバスケットを思わせるような特徴的なデザインの2WAYバッグで、2007年に初登場した比較的新しいモデルです。

通常はバッグの持ち手(ハンドル)が前面と背面を挟んで対になっているバッグが多いですが、リンディはサイド側にあたるマチ部分に持ち手があり、持ち手にストラップを付けることでショルダーバッグにも変わります。

バッグの底には5つの底鋲が付いており、床に直で置く場合でも、本体に汚れや傷がつかないよう配慮されたデザインとなっています。

荷物の出し入れがしやすく収納力が高い

バスケットを思わせる形状で高い収納力を持った機能面も魅力の一つで、バッグのフラップ部分にある金具をひねり、両サイドにあるファスナーを開けると開口部分が大きく広がり、荷物の出し入れがしやすい作りとなっています。

バッグ内に仕切りもあって小物類の収納にも最適

バッグの中は仕切りがないため、化粧ポーチといった普段ならかさばって入れにくい物でも入れられます。

もちろん外側と内側の2か所に、オープンポケットが設けられているので、鍵などの細々した整理しづらい小物類も分けて収納できます。

カラーの種類も豊富

またカラー展開も多く、ブラックやブルージーン、オレンジポピーといった定番カラーからシーズン限定の新色まで幅広いバリエーションがあり、個人の趣味嗜好に合わせて選べる選択肢の多さも特徴です。

買い替えを機に自宅に置いたままになっているリンディを査定に出そう

リンディは普段使いから旅行にまで使えるバッグで、カジュアルからフォーマルまでなじむ色とデザインに惹かれて長年愛用していた方も多いでしょう。

しかし、買い替えなどをきっかけにリンディをクローゼットに置いたままになっていませんか?

「新しいバッグを買ったけれどリンディをどうしようか困っている」という方は、一度査定に出してみてはいかがでしょう。

リンディは3種類とも中古需要が見込まれるので、バイセルでも多く買い取っている品です。

収納場所や処分に困っているリンディをこの機会に売ってみませんか。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

収納力抜群なリンディのサイズの種類

リンディ26
リンディ26 トリヨンクレマンス ブルーニュイ

エルメスのリンディはサイズが3種類あり、用途に合わせて選べるのでお使いになられている方も多いのではないでしょうか。

収納力の高いリンディはプライベートからビジネスシーンまで幅広く活用できる使い勝手の良さがあります。

最低限の荷物が入るコンパクトなリンディ26

リンディ26は、サイズが「約W26cm × H18cm × D14cm」とリンディシリーズの中で最もコンパクトなサイズです。

ちょっとしたお出かけとして活用している方も多いのではないでしょうか。

小ぶりの見た目とは裏腹にバッグのマチ幅も十分にあり、また開口部分も広いため収納力があります。

特に女性はスマートフォンや財布といった貴重品の他に、化粧ポーチといった小物類をたくさん持ち歩くといった方も多いと思われますが、リンディ26であればスペースを気にすることなく収納できます。

ランチボックスが入るお出かけ用のリンディ30

リンディ30は、サイズが「約W30cm × H19cm × D16cm」とリンディ26よりも一回りほど大きく、持ち歩く際の荷物が多い方に人気のあるサイズです。

スマートフォンや財布などはもちろんですが、ランチボックスや水筒といったかさばりそうなものでも収納可能で、お出かけや毎日の通勤など幅広く活躍できるため、オンオフ兼用で使っている方も多いのはないでしょうか。

仕事や旅行用バッグに使える大きめのリンディ34

リンディ34は、サイズが「約W34cm × H20cm × D17.5cm」とリンディの中で最も大きいサイズになります。

システムノートをはじめ、タブレットといったビジネスアイテムも楽々収納できる広い収納スペースがあります。

ビジネスシーンや少し遠出をするような場合や、荷物が増えがちなショッピングなど様々なシーンで活躍できるモデルです。

エルメス・リンディの買取価格

エルメス・リンディの買取価格

中古ブランド品市場でも人気があるエルメスのリンディですが、他のアイテムと同様に状態の良し悪しが買取価格を左右するケースも少なくありません。

年式が新しいものや新品に近いものだと、買取価格も高くなる傾向にあります。

リンディの参考買取率は以下の通りです。

  • ・新品未使用・・・定価から60~70%程度

  • ・新品同様・・・定価から50~60%程度

  • ・使用感のある品・・・定価から30~50%程度

  • ・壊れのある品・・・定価から5~30%程度

次に実際の参考買取価格をご紹介します。

ライン名参考買取価格
リンディ30 トリヨンクレマンス ブラック~¥400,000
リンディ30 トリヨンクレマンス エトゥープ~¥400,000
リンディ26 トリヨンクレマンス ブルーニュイ~¥380,000
リンディ30 トリヨンクレマンス オレンジポピー~¥380,000

あくまでも一例とはなりますが、やはり定番カラーは需要も多く高値になる傾向があります。

しかし年式や状態、付属品の有無によって買取価格は大きく変わるため、もしエルメス・リンディをお持ちでしたら、一度査定を利用して価値を調べてみるのはいかかでしょうか。

保存状態がよくて付属品がそろっていれば新品に近い査定金額になる可能性も!

ブランド品の買取実績が豊富なバイセルなら出張買取が利用でき、お電話1本で査定員が最短最速であなたのご自宅まで伺います。

自宅にいたままリンディを売れる機会ですので、売却を検討でしたらぜひお問い合わせください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

エルメス・リンディの査定はどこを重視している?

リンディ26
リンディ26 トリヨンクレマンス ブルーニュイ

リンディの査定の際に、一体どういうポイントを重視して査定を行っているのでしょうか。

下記にて、査定で重視されるポイントをご紹介します。

状態の良し悪し

査定をする際にはアイテムの状態が良し悪しが重要で、その状態によって大きく買取価格が上下します。

表面のすれや傷、ファスナーの破損、その他にも内側の汚れやカビ、ベタつきなどは買取価格に影響するため、査定の際には入念に見られるポイントになります。

色やサイズ

人気のカラーは直営店でも売り切れてしまい、入荷待ちとなるケースも少なくありません。

そのため、中古ブランド品市場においても需要が高く、人気のあるカラーかどうかという点も査定において重要なポイントです。

ブラックやエトゥープといった定番のカラーや色物ではピンク系の人気が高く、他にも新作カラーは高値が付く傾向にあります。

また、サイズも適度な大きさと収納力があるリンディ26とリンディ30の人気があり、高値が付く可能性が高いです。

付属品の有無

エルメス・リンディの付属品には、保証書や箱、保存袋やレインカバーといった種類があります。

特に購入場所と購入時期、そして「本物であること」を証明する保証書(ギャランティカード)の有無は非常に重要です。

他の付属品についても揃っていた方が買取業者も再販しやすく、付属品がない場合と比べると高値で買取されるケースが多いです。

そのため、購入した際には付属品も保管しておくことをお勧めします。

他にもリボンや商品タグ、取扱い方法が書かれた小冊子も一緒に査定に出すとさらに買取価格のアップが期待できます。

エルメス・リンディを高く売る3つのコツ

エルメス・リンディを高く売る3つのコツ

エルメスのリンディは定価が70万円以上と高額なものが多く、気軽に買えるものではありませんよね。

だからこそ、実際売るといった際にはできるだけ高く売りたいですよね。

高く売るためには、押さえておくべきコツがありますのでご紹介します。

型崩れに注意する

リンディは収納力があることで荷物を入れ過ぎてしまうなんてこともあると思います。

しかし、リンディは柔らかいレザー素材のモデルが大半で、荷物を入れすぎると型崩れの原因となってしまいます。

使用によりレザーにシワが寄ってきたり、荷重によって持ち手の部分の劣化につながったりするので注意しましょう。

売却する直前にもメンテナンスを行いましょう

実際の査定では、見栄えという第一印象が買取金額に影響するケースも多々あります。

そのため売却する直前でも表面の埃や汚れを布で拭き取ってあげたり、内部のゴミ(四隅やポケットの中)も取り除いてあげると査定額がアップすることがあります。

エルメス・リンディは早く売りましょう

エルメスのリンディはシーズン毎に新色がリリースされています。

そのため、年数が経つごとに型落ち化が進み、買取価格が下がってしまうなんてこともあります。

加えて、モデルによってはそのシーズンのトレンドカラーが使われていたりもします。

買取価格を下げずに高く売るためには、できる限り「早く」売ることをお勧めします。

まとめ:独特な形で愛されるエルメス・リンディの高額買取のためにできること

リンディ30
リンディ30 トリヨンクレマンス ブラック

エルメス・リンディはその独特なフォルムと収納力から、エルメスの製品の中でも人気のあるバッグになります。

中古ブランド品市場でもニーズがあるため、比較的高値で取引されるケースも多いですが、より高く売るためにはやっておくべきポイントがあります。

今回ご紹介した査定のポイントをしっかりとおさえ、高価買取を実現しましょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料