ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ブランド買取で必要なものって?必要な理由や査定額への影響を解説!

ブランド買取で必要なものって?必要な理由や査定額への影響を解説!
身分証明書や付属品がなくても買取はしてもらえるの?

「身分証明書や付属品がなくても買取はしてもらえるの?」 「付属品の有無は査定額に大きく影響するの?」 ブランド品の買取を初めて検討するとき、このような素朴な疑問が次々と浮かんでくることでしょう。ここではブランド買取を考えた時に、売却時に必要なものや査定に有利になる付属品などを見ていきます。

ブランド買取で必要なもの

本人確認書類

本人確認書類

まず必要になるのが本人確認書類です。「宅配買取」を利用する場合でも、本人確認書類が必要となります。その場合には、現住所が確認できる身分証明書のコピーを送付します。

家族などに依頼されて売却する場合は、「委任状」を作成します。委任状には、依頼主の名前や住所、生年月日や電話番号などに加え、代理人の名前や住所、生年月日や電話番号などを記入します。

買取業者によっては、公式ホームページから委任状をダウンロードすることも可能です。このとき代理人の身分証明書も持参してください。また買取金額が200万円を超える場合は、依頼主の身分証明書のコピーも必要です。

ブランド買取で本人確認書類が必要な理由

ブランド買取で本人確認書類が必要な理由

ブランド買取で本人確認が必要なのは、「古物営業法」で義務付けられているからです。これは盗品や偽品などの売買防止や、速やかな発見などを目的として制定されました。

本人確認書類として認められるものは、「運転免許証」や「運転経歴証明書」、「パスポート」や「住民基本台帳カード」、「在留カード」や「特別永住者証明書」、「個人番号カード」です。いずれか1つの身分証明書を提示しましょう。

「健康保険証」も認められますが、買取金額が200万円を超える場合は、健康保険証に加え、公共料金領収書(請求書)か住民票を提示する必要があります。

身分証明書は、加工・修正(塗りつぶしなど)は一切せずに提出します。現住所が記載されている、有効期限内の身分証明書を使用してください。

身分証明書と現住所が異なる場合は、電気や水道などの公共料金領収書(請求書)か住民票を持参しましょう。年金手帳や学生証、社員証や住所の記載がない身分証明書は利用できません。

あると査定で便利な付属品

あると査定に有利なもの

付属品

付属品がそろっていると査定金額が上がりやすいのでバッグのショルダーやベルト、小物などはなくさないようにしましょう。

特にブランドのアイコンとなる飾りや本体の一部とみなされる付属品は、欠けているよりも全部そろっていると査定金額が落ちにくいです。

例えば、エルメスの「バーキン」や「ケリー」なら、付属品は「クロシェット」や「カデナ」などです。

特殊な高級素材が使用されている付属品は汚さずに大切に保管して査定に出しましょう。

購入時の袋や箱

エルメスのオレンジ色の箱やティファニーのブルーボックスなど、一目でブランドがわかる箱は、以前は単体でも値段が付くほど重要なアイテムでした。現在では、フリマアプリなどの普及で箱をより手軽に手に入れられるようになり、箱自体の価値は下がっています。

箱や袋がそろっていれば査定に有利になり、正規店で購入した、丁寧に保管されていたという証明になるので査定金額アップが期待できます。

購入時の袋や箱があるなら、ぜひ一緒に査定に出してください。

バイセルならブランド品は付属品がなくても売れます

「付属品が1つだけ欠けているけど査定してもらえるかな…」「付属品がほとんどないんだけど買い取ってもらえるかな」と思っている方でも、バイセルでは付属品の有無問わず品物の査定を受け付けています!

付属品以外にも保存状態や中古市場での価値、そしてブランド品ならブランドやデザインの価値も加味して査定金額を提示します。

付属品がなくても諦めずに査定に出してみることをおすすめします。

査定ご希望の方はこちらのフォームからご相談ください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

ギャランティーカードや保証書

通常、保証書やギャランティーカードがなくても問題はありません。ギャランティーカードや保証書があれば査定に有利ですが、ブランド買取で重視されるのは、おもにブランド力や人気、商品の状態です。経験豊富な査定員なら、商品そのものを見て商品の価値を正しく評価できます。

ただし、保証書やギャランティーカードがついていると、転売しやすい場合があります。そのため、特にコピー商品が多く出回っているブランド品などでは、重視される場合もあるでしょう。

ノベルティ

ブランド品を購入すると、期間限定でキーホルダーや、ステッカーなどの「おまけ」をもらえる場合があります。販売されたものではないため希少価値があります。ものによっては、購入した商品以上の高値が付く場合もあるでしょう。

付属品が査定金額に大きく影響するケース

例えばブランド時計でも、箱や保証書などの付属品がそろっている「完品」に価値を見出す人が多いので、査定でも完品に近い状態だと金額が高くなりやすいです。

小さいのでなくしやすいコマなどの付属品もすべて残しておきましょう。

また、ブランドの時計は保証書も用意して購入時期を証明できるようにしてください。

査定に必要な情報や物が多いほど、査定員は適切な価値を見極めやすいので用意しておくことをおすすめします。

未使用品でも付属品が欠けていると査定金額が下がる場合も

ブランド時計のみならず全ての品物にいえますが、未使用品であっても付属品が欠けていると「新品」とみなされず、査定金額が下がってしまう可能性があります。

付属品の有無によって査定金額への影響は数百円~数千円程度ですが、付属品の有無が重視される商品だとそれ以上の金額がマイナスになるかもしれません。

ですから、未使用品を査定に出したいなら、付属品がそろっているかと保存状態がきれいかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

ブランド買取で必要なもの

今回はブランド買取で必要なものや付属品が査定金額にどれほど影響するかを解説しました。ブランド買取では、法律上、本人確認が必要です。査定を依頼する段階で、本人確認書類を準備しておくとよいでしょう。

付属品は、全部そろっていると査定に有利です。わざわざ購入する必要はありませんが、できるだけ付属品をそろえて、商品はきれいな状態にして査定に出しましょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料