24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

買取前に修理するべき?壊れたブランド品でも高額買取されるのは本当?

買取前に修理するべき?壊れたブランド品でも高額買取されるのは本当?
ルイヴィトン ヴェルニ ジャンク

丈夫なブランド品も長く愛用すれば壊れてしまうこともありますよね。

ブランド品は修理に出すにもお金がかかるし、できれば売ってしまいたいけど壊れてしまっている・・・。

実は、すでに壊れてしまっているジャンクのブランド品でも買取可能なようです!

今回はそんな壊れてしまったブランド品に焦点を当て「修理すべき」か「高額買取になるのか」検証していきたいと思います。

そもそも壊れていても買取ってもらえる?

ブランドもののジャンク品は一般的に買取してもらえるケースは多いとされてます。

ではどんなものが買取できて、どんなものが買取できないものなのでしょうか。

壊れたブランド品の買取について

ブランドのジャンク品は修理業者も多く、ハンドル(取っ手)の千切れてしまっているものや、パイピング(バッグの隅が擦れてしまっていて、中の生地が見えてしまっている)ものなど使用に少し難があっても買取は可能なケースが多いです。

ただ、上記のような品物は販売する際に修理が必要なケースが多く、修理代金が査定額から引かれてしまうため、金額的には安くなってしまう傾向があります。

買取後、壊れたまま店頭に商品が並んだり、オークションやフリマなどに出品されていることも滅多にないでしょう。

なおショップによっては、修理コスト(費用)を考えたときに費用対効果が合わず、ジャンク状態で店頭に出すこともあるようです。

ブランド品は壊れていても買取可能!

ブランド品の需要はとても多く、有名ブランドの一例として「ルイヴィトン」「シャネル」「エルメス」をはじめ、ラグジュアリーブランド(最高級老舗)が挙げられます。

定価も高く、人気があるブランドが多いので、多少壊れや傷があっても使用する方はいるでしょう。

加えて、ラグジュアリーブランドの品は、修理で手を加えることでより一層、商品状態の見栄えが良くなり上品な仕様に変貌するため、ブランド品のジャンク品は需要があるといえるでしょう。

ワケあり品の売却先はどこを選ぶべき?

ルイヴィトン キーポル ジャンク

ブランドのワケあり品はどこに売った方がよいのでしょうか。

「壊れたブランド品」という観点でみていきましょう。

オークションやリサイクルショップより買取専門店がおすすめ!

ブランド品の売買において、オークションやフリマアプリなどを利用する方は増えています。

壊れたブランド品でもオークションやフリマを通して売れるのでしょうか。

より多くの人の目に触れるという点では、オークションやフリマという選択肢は壊れたブランド品を売るうえで重要となるかもしれません。

ところが対個人向けの手段という性質上、状態に関しては繊細になるユーザーも多く、手が出ないケースも多いようです。

また出品手数料や梱包・配送の手間を考慮すると、手軽に売却が完結できる買取専門店の方が便利かもしれません。

ネットオークションで買い手が付かない品は、一度リサイクルショップや買取専門店に見積もりしてもらうのも良いかもしれません。

壊れたブランド品は買取不可となる場合も・・・

一般的に壊れたブランド品でも買取しているお店は多いようですが、一部買取対象にしていない業者もあります。

小売店などでは状態を気にしますが、その理由として、店頭で売るわけなので、より慎重に状態を気にする買取店の方が多いのでしょう。

よく街のリサイクル店などで耳にしますが、個人店ではリペア(修理)に時間と労力がかかってしまい、回転率の面を気にして買取不可にするお店もあるようです。

なので、色々な販路のある買取専門店に持っていくと効率的に買取してもらえる確率も上がりますね。

壊れたバッグや財布の高額買取は本当か?

ジャンクはジャンクでも、その使用頻度(状態)によっては高額買取の期待がもてます。

高額買取されるブランド品にはどんな特徴があるのでしょうか?また買取価格は実際にはいくらくらいになるのでしょうか?

高額買取になりやすいアイテムを参考にしてみましょう。

壊れたブランド品の買取価格について

例えば「ボタンだけが壊れ」や「ハンドルだけ千切れ」、「内側だけべたつきが出てる」などの商品は、リペアするときにはコスト(費用)はかかってきてしまいますが、ジャンク部分を直してしまえば新品同然ですよね。

逆に、内側は綺麗で外側が使用感ある商品の方が、リペアしても外側に使用感が残ってしまうので高額買取にはなりづらいとも言えます。

一例で、ハンドル切れのハンドバッグでは通常の買取価格からは6割~7割程度低くなってしまうことがケースもあります。

壊れていても高額買取されるものの特徴

商品のグレード(状態)にもよりますが、高額買取されるものの中で人気があるものは小物類でしょう。

なぜ壊れたバッグより小物の方が需要あるのか。

バッグが壊れていると使用に直接問題が生じてしまうことが多く、少し状態が悪くなると気になってしまう傾向にあり、それに対して財布やキーケース、ポーチなどは壊れていても需要が見込めるといわれています。

小物は価格的に幅広い層にとって手を出しやすく、小売店にとっても回転率が良いため、買取価格も高めに設定することができるのです。

多少の壊れがあったり、中がべたついていたりするブランド小物でも、積極的に買取に出してみてはいかがでしょうか?

自分の手で修理しても高額買取されるか?

シャネル コココクーン ファスナー

「壊れてしまい修理費が嵩んでしまう場合がある」「経年による劣化でボタンが錆びが酷くなった」

壊れていると値段付かなそうだし、自分で修理してから売ろう!そんな考えの方も多いのではないでしょうか。

ところが実は修理したからといって、査定評価が必ずしも高くなるわけではありません。

次にリペア品の査定において買取業者が気にするポイントや、ブランド品を修理する際の注意点についてまとめてみました。

ブランド品を自分で修理した場合の買取について

ブランド品を自分で修理した場合、リペア費が嵩まず直せますので、費用は最低限に抑えられるでしょう。

上記のようなケースの場合、手縫いで修復したり接着剤でつなげたりと雑な修復方法になりがちです。

実はそういった手法が買取時の減点ポイントになってしまい、高額買取になりづらくなります。

高級ブランドというのは、ステッチ(縫製)1本1本が細かく均等に作られているため丈夫です。

自らリペアすることで、結果使用するには問題なかったものが、いざ売却するとなった場合安くなってしまう恐れがあります。

結論、自分で修理してしまうと高額買取にはなりづらくなりますので、控えるのが鉄則といえるでしょう。

ブランド品の修理を修理業者に依頼した場合

修理業者に修理を依頼すれば、壊れてしまったブランド品でも、実用可能で買取できるレベルまで修復してもらうこともできます。

しかし利用したことのある方ならご存知の通り、ファスナーや根革の部分でも数千円の費用が必要となることもあり、決して安いとはいえません。

また、業者によって技術もまちまちですし、買取に出した際にむしろマイナスに働いてしまう可能性もあるのです。

ブランド品の種類によっては、査定額が修理代金よりも低くなってしまうこともありますので、買取に出す予定であれば、修理せずに査定を受けることをお勧めします。

ブランド品修理の注意点

上述の通り、修理する際には反って修理費が嵩んでしまう場合があります。

修理した後に、状態に見合った買取金額になるのか否かを、一度修理前に商品を買取店へ持って行ったり、電話などで聞いてみると良いでしょう。

合わせて、正規店へ出したときの修理代も聞いておくと参考になって良いですね。

正規店でリペアしたら高額買取になる

リペアするにあたり、高額買取になりやすいのは正規店でリペアすることです。

街の修理ショップなどが悪いと言っているのではありませんが、やはり正規でリペアするのとでは質が違います。

なぜなら、ステッチ1本にしても、内側の生地においても正規でしかやっていない技法があるためです。

また正規店でリペアをしてもらうにあたっても、基本的に代金は発生してきます。

・メインのファスナーの修理 10,000円前後

・中のべたつきの修理 20,000円前後

・ハンドルの修理 20,000円前後

※金額は状態によって上下します、ご参考までにお考え下さい。

では正規店でリペアをお考えの方へ、リペアの保証期間や所要期間について、そして正規店でのリペアを受けた製品の買取価格はいくらになるのかを解説していきましょう。

正規店の保障期間やリペアについて

正規店では、おおよそリペア期間は1か月~長くて3か月程度と言われています。

職人が一つ一つ手作業でリペアしていて、丁寧に仕上げるので時間がどうしてもかかり、長めの期間を設けてるともいえます。

保証期間はそれぞれで、リペア箇所に応じて異なるので一概には断言できないブランドが多いようです。

リペア済みのブランド品の買取価格について

一般的に正規店でリペアをしてもらうと、「証明書」もしくはバッグ内の「シリアル刻印」に修理の年月日を入れたり、「シール」などで修理した日付を特定できたりします。

なので買取時には、修理したことがわかるものが必ず修理した際は付属でつきますのでリペアしてもらった際は忘れず取っておきましょう。

また、証明書やシールなどが言わば、「ギャランティカード」の役割にもなってきますので抑えておきましょう。

この点を抑えることで、高額買取の可能性が大幅にアップに繋がってきますね。

正規店以外の修理専門店でリペアした場合と買取価格

正規店以外でリペアするメリットとして、コストが抑えられます。逆にデメリットは、買取価格が落ちやすいとされます。

上記で説明しましたが、正規以外でリペアをすることにより、内側の生地や縫製が変わってしまうことが多々あり、その商品を売る際に需要が低くなってしまいがちな事情がある為です。

それは買取価格にも響いていてしまうケースが多く、正規店でリペアするのに比べると1割~5割くらいの価格になってしまう恐れがあります。

予め正規店とのリペアの金額の差や、買取価格もリサーチすると良いですね。

壊れたブランド品の買取の注意点

ルイヴィトン スピーディ ファスナー

壊れてしまったブランド品を売るには必要最低限、知らなければいけない注意点があります。

買取できない区分や、品目ごとでどういったものが買取不可のケースがあるのかご参考ください。

壊れたものの買取の注意点(必ず買取できるわけではない)

ジャンク品について、一部買取不可のケースもあります。

買取店は小売店が多く、買取してからお店へ出すわけですが、修理したりクリーニングしたりとリスクが伴い、積極的に買取をする事例は少なめなようです。

また、品目にもよりますがジャンクの程度によっては、修理不可で正規店から返品にもなり兼ねません。

品目ごとの注意点

上記で品目にもよりますが、買取不可の対象もあると記述しました。

バッグや財布などの小物の他にも、ブランドジュエリー(ネックレスやリング)もあり、切れたネックレスや片方になってしまったものもあります。

ブランドではありますが、身につける品物に関しては買取不可の買取店は多いとされ、その理由として需要が低くなってしまうことにあります。

千切れてしまっていたり、ラインストーンやダイヤモンドが取れてしまっていたりする例ですと、つなぎ合わせるのにも時間とコストがかかります。

そのため製品での金額が出しづらく、買取不可になる場合も中にはあるようです。注意しましょう。

壊れたブランド品でも高額買取になる?:まとめ

結論、壊れたブランド品でも買取は可能のパターンの方が多いようです。

もし壊れてしまっていても、電話で問い合わせたり画像を撮って概の金額を算出してくれるお店もあるようですね。

その商品が買取できる品物なのか否かは、リサーチをして事前に確認を取るのが良いでしょう。

以下の点を再度おさらいします。

・必ずしもジャンク品が買取可能とは限らない

・修理する際に注意する必要性がある

・壊れがあっても高額買取になる可能性がある

・リペア店によって買取価格に違いが出るケースがある

以上を再度注意し、場合に応じて買取に出してみても良いかも知れませんね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

ブランド品の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ