24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

ブランド買取で交渉はあり?できるだけ有利に交渉成立させる方法とは?

ブランド買取で交渉はあり?できるだけ有利に交渉成立させる方法とは?
交渉

ブランド買取では、交渉次第でより高い買取価格を提示してもらうことも可能なようです。

交渉するのは気が引ける・・・という方も多いようですが、値上げ交渉は、高額買取のためには、重要なポイントでもあるのです。

また正確な価値を判別してもらえていないのではと少しでも疑問に感じた場合には、積極的に交渉するべきなのです。

今回はブランド買取において、出来るだけ有利に交渉を成立させる方法やコツをご紹介します。

査定員への対応に注意!ブランド買取で交渉したいときは・・・?

ルイヴィトン バッグ

ブランド買取で価格交渉する際には、査定員への対応においていくつか注意しておくべきポイントがあるようです。

満足のいく買取価格を提示してもらうためにもぜひ覚えておきましょう。

ブランド買取交渉方法① 具体的な買取希望金額を提示する

査定の際には希望額を尋ねられることがあります。

その際には、「できるだけ高く」といったあいまいな対応よりも、「〇〇〇円なら売ります!」と具体的な金額を提示することをお勧めします。

また、複数業者に査定を依頼して、あらかじめ相場を把握しておくと、希望額を伝えるときには武器になるかもしれません。

また希望額でOKとなれば、その後の流れもスムーズになりますし、査定にかかる時間も短縮できるでしょう。

ブランド買取交渉方法② 商品への質問には正直に答える

査定員は査定の際に、商品に関する質問をします。いつごろ購入したものなのか、どこで購入したのか、など買取価格を決定する上で需要な項目が聞かれるでしょう。

その際には、具体的になおかつ正直に回答することをお勧めします。

査定員は、日々数十点、多ければ百点を超える大量の品物を査定しています。商品知識も豊富で、もし少しでも商品をよく見せるために嘘をついたとしても簡単にばれてしまうかもしれません。

嘘をついたとなれば、それだけ印象は悪くなってしまうことも考えられます。

分からないことは分からないと伝えてもいいので、可能な限り正直な対応を心がけましょう。

状態は少しでも良く、付属品は忘れずに揃えること

交渉のための付属品

高額買取のための価格交渉ももちろん重要ですが、「状態」や「付属品」も重要な査定ポイントのひとつです。査定の前にはチェックしてきましょう。

お手入れをして状態を綺麗にしてきましょう

長く使用したブランド品はどうしても汚れや劣化が出てきます。

例えば、バッグであれば、角擦れや破損は個人では修復は難しいでしょうが、内側のホコリや黒ずみは少しの手入れで落とすことができる場合が多いです。

買取業者側からすると、簡単に落とせる汚れであっても、目の前で本当に落とすことができるのか確認することができません。

また、汚いバッグ、手入れがされて来なかったバッグという印象を持たれると、少なからずマイナス評価につながってしまいます。

長く使用したブランド品はどうしても汚れや劣化が出てきます。

査定の前には、汚れのある商品は汚れを落として綺麗にしておくといいでしょう。

付属品の有無と追加査定について

付属品の有無は高額査定のための重要なポイントの一つです。

ショルダーバッグのストラップや、腕時計の外箱やベルトのコマなど重要度の高い付属品は買取価格にも影響を与えますので、お持ちの場合併せて査定してもらうことをお勧めします。

またブランド買取におけるよくあるトラブルに「付属品の追加査定」があります。

ブランド品の買取が一度成立した後に、後日、付属品が見つかり査定を依頼したが断られてしまうトラブルです。

訪問買取で売却した場合、8日間のクーリングオフが適用されますので、売った商品を一度返品してもらい、再度付属品を合わせて査定してもらえるでしょう。

もしくは業者によっては、改めて別契約として付属品のみの買取にも対応してくれるかもしれません。

しかし8日間のクーリングオフ期間を超えていた場合、付属品のみの買取に対応していない業者だと、見つかった付属品のみ持て余してしまうことになるかもしれません。

また訪問買取以外の買取方法では、クーリングオフが適用されておらず、完全に返品不可となる場合もあるので注意が必要です。

買取の際には、しっかりと付属品が無いか確認しておくことをおすすめします。

交渉のタイミングは査定価格を提示されたとき

交渉 タイミング

価格交渉をするなら、最初の査定価格が提示されたタイミングがいいでしょう。

買取業者によっては最初に提示する金額は、必ずしも提示可能な限界の額ではない場合があります。

買取業者にとっては、少しでも安く買い取ることができれば、それだけ利益につながるので、初めは低い額を設定することがあるようです。

初めから交渉するつもりでいれば、不当に低い額で買い取られることを防げますし、最高価格での売却にもつながるでしょう。

なお対面の買取方法であれば、その場で希望金額を伝え、宅配買取であれば「再査定」を受けましょう。

買取方法別!ブランド買取の交渉術

交渉術

高額買取のために重要な「交渉」ですが、買取方法によって交渉する方法は異なるようです。以下で見ていきましょう。

店頭買取の交渉

店頭の場合、過去にも利用したことがあるということを伝える、もしくは、売ったお金で今後その店で何か購入する予定があると伝えてみても良いかもしれません。

どちらかというと古典的な方法ですが、常連さんであったり、今後も利用してくれることが分かっている場合、多少融通を効かせてくれるかもしれません。

宅配買取の交渉

業者によって異なりますが、査定結果が電話で伝えられる場合、電話先で希望額を伝えましょう。

宅配買取でも業者によっては再査定に対応してくれる場合もありますので、査定額を鵜呑みにしない姿勢を持ちましょう。

出張買取の交渉

複数のブランド品を合わせて査定すると交渉の余地も広がります。

基本的に出張査定の場合、買取業者からすると、出張費用がかかっていますので、買い取れる商品は多いに越したことはありません。

「この商品も売るから、こっちの商品の額を上げてくれ」といった交渉ができるかもしれません。

納得のいく取引のために

ブランド買取で納得のいく交渉

納得いく取引のためには、業者と自らの妥協ポイントを明確にしておく必要があります。

当然ですが買取業者によって査定基準は異なりますし、買取価格も異なってきます。

高額買取に固執しすぎて対応する態度が悪くなれば、業者は交渉に応じてくれないこともあります。

あくまで買取業者も商売として査定を行っており、出来るだけ安く買うことで利益につながります。

その中で、最後にはお互いの妥協点を見つけることが重要となってくるのです。

複数業者に査定を依頼して買取価格を比較して、最も高い提示額を待つのも一つの手ですが、時間もかかりますし労力も使うことでしょう。

商品の相場を把握して、ある程度の希望価格を決めて査定員に伝えましょう。

納得のいく取引のためにはあくまで無理のない交渉を心がけましょう。

ブランド買取で交渉はあり?:まとめ

今回はブランド買取における「交渉」についてご紹介しました。

ご紹介した交渉のポイントを押さえ、高額買取の準備を進めるのと同時に、買取は人と人とのやりとりということを理解し、あくまでお互いの妥協点を探すことを心がけ満足できる買取を目指しましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

ブランド品の種類

買取対象品目

TVCM特設ページへ