ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

食器の買取はブランドが決め手?!高く売れるブランドまとめ

食器の買取はブランドが決め手?!高く売れるブランドまとめ
ブランド 食器 買取
バカラ(Baccarat)ロックグラス

プレゼントや引き出物などでブランドものの食器を譲り受けたり、何かの記念に高級な食器を購入したことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところが使う機会が滅多になかったり、インテリアとして飾っていたけど不要になったなどの理由から手放したいケースもあるでしょう。

実はブランドものの食器であれば、思わぬ高額買取となることも珍しくありません。

ブランド食器の買取事情や高く売れるブランド食器の種類とその買取相場、買取前の注意点についてご紹介します。

ブランド食器は買取に出せる?

ブランド食器は買取に出せる?

食器の買取は、街中にあるリサイクルショップなどで対応してくれるでしょう。

また、使用済の食器でも買い取ってくれるところが多いです。

しかし業者によって査定技術や買取実績などが異なるため、それに比例してブランド食器の買取相場は異なります。

ブランド食器の査定経験が少なかったり、専門知識に乏しい査定員に査定されたりすると、食器本来の価値を見落とされてしまうこともあるため注意が必要です。

ブランド食器は買取に出せるとはいえ、業者によって実際の買取額が違う場合があることを忘れないようにしましょう。

ブランド食器の値段にこだわるなら実績多数のバイセルへ!

バイセルでは、ブランド食器や洋食器の買取実績を多数もっています。

ご自宅に眠っているブランド食器など使わず眠ったままのお品はお任せください!

しっかり価値を見極めた査定でご納得の買取価格をご提示いたします!

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

どんな食器の種類が査定対象になる?

食器には色々な種類があるため「どこからどこまでが買取に出せるのか」と悩んでしまうこともあるかと思います。

ブランド食器であれば、基本的には幅広く買取に出せるでしょう。

査定対象となる主な食器の種類は、以下の通りです。


カップ&ソーサーマグカッププレート(皿)
ポットクリーマーグラス
カトラリーボンボニエール湯呑

大きく食器と括っても、カップでもティーカップやコーヒーカップなどがあったり、グラスでもワイングラスやロックグラスなどがある様に、細かく分類すると非常に多くの種類があります。

お持ちのブランド食器が査定対象になるか不安な方は、一度買取業者に相談してみましょう。

【種類別】高く売れるブランド食器の買取相場

ブランド 食器 買取
エルメス(HERMES) ガダルキヴィール

ブランド食器とひと口に言っても様々で、各ブランド特有の柄・形などがあります。

食器市場で需要が高く、高価買取となりやすいブランド食器を、それぞれの特徴・主なシリーズ・買取相場と共にご紹介します。

エルメス

エルメスの食器類は、ブランドロゴの「H」や馬をモチーフにしたものなどの独特な絵柄があしらわれており、そのデザイン1つ1つに物語が込められています。

エルメスのテーブルウェアは1984年に進出し、「ヴァンキャトル」や「ガダルキヴィール」などのシリーズを筆頭に食卓芸術を華やかにしてきました。

その他、エルメスの代表的なテーブルウェアシリーズは、以下の通りです。


・タイセット

・ブルーダイユール

・モザイク ヴァンキャトル

・Hデコ

・シェーヌダンクル


デザイン性が豊かなエルメスの食器類は、食器買取でも高額買取になりやすいブランドの1つです。

エルメスの食器類の買取相場は、状態によりますが数万円ほどとなることが多いです。

マイセン

マイセンは、ドイツのマイセン地方の磁器食器で、ヨーロッパでいち早く白磁食器の製造技法を確立させたがゆえに「白磁の最高峰ブランド」と言われています。

マイセンほどのブランド食器ともなれば、セット品のうちの1点であっても買取を行ってくれる業者が多いので、買取をお考えの際はぜひ積極的に査定を受けてみましょう。

マイセンの代表的なテーブルウェアシリーズは、以下の通りです。


・ブルーオニオン

・アラビアンナイト

・ピンクローズ

・Bフォーム

・波の戯れ


中でも「アラビアンナイト」などの人気シリーズは、良好の状態であれば100万円前後の買取相場となることがあります。

ウェッジウッド

ウェッジウッドは、イギリスを代表する陶磁器ブランドで、世界最大の食器メーカーとしてブランド食器市場に君臨しています。

ウェッジウッドシリーズの中でも、創始者が生み出した伝統ある「ジャスパー」と、野イチゴのプリント「ワイルドストロベリー」はウェッジウッドのアイコンとなっています。

上記の定番コレクションや人気コレクションは需要があり、他にも「フロレンティーン」「ピーターラビット」「コロンビア」なども買い取ってもらえるでしょう。

ウェッジウッドの「ジャスパー」などのシリーズものは、良好の状態であれば数万円前後の買取相場となることがあります。

ロイヤルコペンハーゲン

18世紀にデンマーク王室による援助を得て生産が始まったロイヤルコペンハーゲンは、ヨーロッパを中心に、広く人気を集めている食器ブランドです。

新品で購入すれば数万円から数十万円ともなるロイヤルコペンハーゲンは、中古であっても需要があります。

「ブルーフルーテッド」「フローラダニカ」といったシリーズは、50万円前後の高額で買取が行われることも珍しくありません。

ヘレンド

ヘレンドは、ヴィクトリア英女王の目に留まり、一躍世界最高峰の食器メーカーとなったハンガリーのブランドです。

「ヴィクトリア」「ウィーンの薔薇」「インドの華」などの人気シリーズは、数万円ほどの買取価格となることもあります。

その他のヘレンドのシリーズには、東洋美術に影響を受けた「シノワズリ」や、「インドの華」のデザインを基に作られた「アポニー」などがあります。

バカラ

高級クリスタルガラスブランドとして世界的に人気があるバカラは、日本でも需要が高いです。

「アルクール」「ミルニュイ」「エトナ」「ベガ」など人気シリーズも多く、定番のタンブラー、ペアグラス、ワイングラスといったアイテムは高額で買取が行われています。

また、歴史の長いバカラはアンティークものも流通しており、コレクターも多いのが特徴です。

バカラ製品は、希少性の高いものや状態の高いものであれば、100万円ほどの買取額が期待できることもあります。

ノリタケ

ノリタケは、1914年「白色硬質磁器」を用いた日本初のディナーセットを完成させた食器ブランドです。

1932年には、日本で初めてのディナーセットとなる「ボーンチャイナ(磁器の一種)」の開発にも成功し、現在では以下の通り数多くのラインナップが存在します。


・ダイヤモンドコレクション

・花銀彩 百合

・インペリアルスイート

・マスターピースコレクション


中でも「マスターピースコレクション」は、ブランド100年以上の歴史の中で引き継がれてきた技術が惜しみなく施されているノリタケの最高級シリーズと言われています。

また、一般的にブランド食器は新しい食器のほうが買取値は付きやすく、古いデザインのものは逆に買取値が付きづらい傾向にあります。

ただしノリタケは、「オールドノリタケ」とも呼ばれる何十年も前のデザインでも需要は高く、数万円ほどの買取額が狙えるブランドです。

アウガルテン

世界で初めて磁器のコーヒーカップを作ったのはアウガルテンと言われているほど、ブランドの歴史は古いです。

アウガルテンは1718年、オーストリアで生まれた、ヨーロッパの中でも2番目に古いと言われている食器ブランドです。

ちなみにヨーロッパ最古の食器ブランドは、前述でもご紹介したマイセンです。

アウガルテン工房の最上級絵付師しか描けない「ファンタジーバードシリーズ」や、ウィーン工房が再興された頃に作られた「ウィーンフラワーシリーズ」などの場合は、数万円ほどの買取額が期待できるかもしれません。

アウガルテンの人気シリーズは他にもあり、アウガルテン宮殿のディナーセットとして作られた「マリアテレジア」などが挙げられます。

アラビア

アラビアは、フィンランド発祥の食器ブランドです。

ヘルシンキ郊外にあるアラビア通りに工場があったことから、このブランド名が付けられたと言われています。

アラビアの人気シリーズは、歴史の古い「バレンシア」や「パラティッシ」をはじめ、知名度が高い「ムーミン」などと様々です。

アラビアの食器は展示会で数多くの受賞歴があるほど芸術性が高く、そのうえ実用的なのにも関わらず、安価なものが多いです。

そのため買取相場は数百円から数千円ほどで、高額買取は望めないかもしれませんが、安定して買取してもらえるブランドでしょう。

イッタラ

イッタラは、1881年に設立されたフィンランドのガラス工場が前進となった食器ブランドです。

品質とデザインに自信をもつイッタラは、電子レンジや食洗機にも対応している現代に便利な食器も多く作っています。

買取相場は数百円から数千円ほどで、ブランド食器の中では買取価格が低めですが「イッタラバード」などのシリーズであれば、比較的高く買い取ってもらいやすいです。

その他、イッタラの代表的なシリーズは以下の通りです。


・オリゴ

・カステヘルミ

・カルティオ

・ティーマ

・フローラ

・レンピ


中でもロングセラーの「フローラ」は1991年頃廃盤になり、2013年末から2014年始めにかけて復刻版が生産されました。

最初の廃盤前のもので、さらに製造年代が古いほど価値が高くなる傾向にあります。

エインズレイ

エインズレイは、英国王室ご用達のイギリス食器ブランドとして有名です。

開窯されたのは1775年で、ボーンチャイナの中でも骨灰が50%以上含まれている最高級品「ファインボーンチャイナ」の技法をいち早く取り入れました。

エインズレイには歴史が古いシリーズが多くあります。

例えば、1790年にブランド創設者の1人がデザインしたという「コテージガーデン」や、18世紀にデザイナーがスミレの美しさに魅了されて描いたものが基となった「イングリッシュバイオレット」などが挙げられます。

エインズレイはアンティーク食器の価値が高く、100年以上ブランドアイコンとして親しまれている「オーチャードゴールド」シリーズで、状態が良いものなどであれば数万円の買取額が付くこともあります。

クリストフル

クリストフルは1830年より創業を始めた、五つ星のホテル等で愛用されている銀食器ブランドです。

フランス王のルイ・フィリップから王室御用達の認定を受けたブランドで、カトラリーやティーセットなどを多く製造しています。

クリストフルの主なシリーズは、以下の通りです。


・マルメゾン

・アルビ

・ジャルダンエデン

・タリスマン

・パール

・マルリー


さらに2015年に発表された「ムード」の新作は、カトラリー類が卵型の美しく洗練されたケースに納められているのが特徴的で、美術品としての価値も見出せると言えます。

クリストフルの製品は、セットで買取に出すことで数十万円という額が付いたりと、高価買取が期待できます。

セーブル

日本でも高級食器ブランドとして有名なセーブルは、1738年にパリで生まれました。

セーブルの食器は、女性に好まれる繊細で上品なロココ調デザインがあしらわれており、「セーブル焼」や「セーブル磁器」とも呼ばれます。

また、作品に施されている美しい濃紺色が特徴で、その青を「セーブルブルー」と称されています セーブルブルーが施されている代表的なシリーズとその特徴は、以下の通りです。


・ファットブルー…瑠璃色が均一に表現されている

・クラウデッドブルー…紺に近いような深い青で雲状のぼかしが用いられている

・アガサブルー…明るく澄んだ水色で僅かにマーブル模様になっている


セーブル食器の生産数は年間約6,000ピースと少なく、希少性が高いため、数万円前後の買取額を期待できるでしょう。

ティファニー

ジュエリーブランドとしても有名なティファニーは、食器も手掛けています。

ジュエリーに施す優美なデザインなどに見られるティファニーらしさは、食器にも表れているので、結婚式の引き出物としても人気です。

ティファニーの食器コレクションは、ティファニーブルーとホワイトのコントラストが特徴の「カラーブロック」と、可憐なサンザシの花が印象的な「リーブス」などが挙げられます。

ティファニーの食器の買取額は、コレクションにもよりますが、特に限定品などは数万円ほどの買取額が期待できます。

ナルミ

ボーンチャイナで有名なナルミは、日本発祥のブランド食器としてノリタケに次ぐ人気があります。

ナルミのコレクションは、ブランドの創業を記念した「50th記念 5客アソート椀皿セット」や、プラチナのリボンで編み込んだリボンが特徴の「フェリシータ!」などが有名です。

ナルミの買取相場は数百円から数千円ほどと低めですが、コレクションによってはセットで出せば高めに買い取ってくれることもあります。

ファイヤーキング

ファイヤーキングはアメリカ発祥の耐熱ガラスブランドで、ポップなデザインや、白・緑などのパステルに近いカラーが特徴です。

中でも高額買取が望めるのは、食器市場で出回っている数が少なく、希少性が高いとされる以下のマグカップです。


・1976年以前に作られた「FireKing」のロゴが入っているもの

・「フィルビー」シリーズのジェダイカラーのもの

・キンバリーシリーズのオーロラ、ライトアンバーなどのカラーのもの


これらの品であれば、数万円ほどの買取額が期待できるかもしれません。

フッチェンロイター

フッチェンロイターは、ドイツのバイエルン地方発祥の食器ブランドです。

ブランド食器の中では買取価格はさほど高くありません。

しかし、ハンドペイントにこだわった繊細な絵付けに魅了された愛好家は多く、ティーセットなどであれば他のシリーズよりも高めに買い取ってもらえることが多いです。

フッチェンロイターのシリーズは、中国様式の模様をアレンジした「ブルーオニオン」や、細やかな浮き彫りと可憐な小花が上品な雰囲気を演出する「エステール」などが挙げられます。

フッチェンロイターは、セットなどで買取に出せば、状態にもよりますが数千~数万円前後で買い取ってくれる場合があります。

ミントン

ミントンは、1793年にイギリスで生まれ、王室で愛用されていた食器ブランドです。

2015年には惜しくもブランドが買収され、廃止しています。

「世界一美しいボーンチャイナ」とも言われ、ミントンの代表シリーズである「ハドンホール」シリーズなどは10万円前後の買取相場となります。

ブランド廃止よりもずっと前に廃盤となった「シャリマー」「コカトリス」などのシリーズであれば、より高価買取が期待できるでしょう。

ラリック

ラリックは、元宝飾デザイナーであったルネ・ラリック氏が手掛けるクリスタルブランドです。

ラリックの食器類はデザイン性が高く、状態が優れているものであれば、100万円前後の高額買取が期待できることもあります。

ラリックのシリーズは、繊細なフロステッド加工が施されているベストセラーの「ランジェ」や、ツバメが羽ばたく様子が艶消しガラスで表現されている「イロンデル」などが挙げられます。

リーデル

リーデルは、1756年にオーストリアのボヘミア地方で生まれたガラスメーカーで、家族経営によって代々、伝統技術が受け継がれているブランドです。

ワイングラスを主にハンドメイドで製造しており、一流レストランのシェフやソムリエからも支持されています。

リーデルのシリーズは、リーズナブルな順に「オヴァチュア」「ヴィノム」「ソムリエ」などが挙げられます。

リーデルは価格帯が安定しているため、シリーズによっては数千円程度の買取相場となっています。

リチャードジノリ

リチャードジノリは、イタリアで初めて白磁を作り出した食器ブランドとして有名です。

「トスカーナの白い肌」と称されているリチャードジノリの食器は長年愛されています。

リチャードジノリの買取額は、作品によって様々ですが。

ナポリ王カルロ3世から製造技法を譲り受けた最高峰シリーズの「カポディモンテ」やアンティーク物、廃盤品なら数万~10万円前後の値が付くこともあります。

リモージュ

フランスの都市リモージュで作られた陶磁器作品のことをリモージュと呼びます。

1766年、リモージュで白磁食器の材料であるカオリンが発見され、七宝焼き・磁器食器の都として広く知られるようになりました。

リモージュの陶磁器を扱うブランドは、ナポレオン3世も愛用していたという「ベルナルド」の他、「アビランド」「レイノー」などが有名です。

リモージュは、アンティークものやリモージュボックスなどであれば、数万円ほどの高額買取になりやすい傾向にあります。

リヤドロ

リヤドロはスペイン発祥の磁器人形(フィギュリン)メーカーですが、カップやプレートなどの食器も手掛けています。

躍動感と優しさを兼ね備える美しい作品に、世界中の愛好家が魅了されています。

リヤドロのシリーズは、ブランドロゴとボタニカル模様が施された「ロゴ」や、麻の葉と七宝の模様が施された「Hitoiki(ひといき)」などがあります。

リヤドロの買取価格は、磁器人形が全体的に高めですが、食器では日本古来の和柄模様があしらわれたサケカップなどが人気です。

ルクルーゼ

ルクルーゼは、ホーロー製の赤い料理鍋がブランドアイコンになっている食器メーカーで、日本でも高い知名度をもちます。

安価で入手できるので、買取額は数百~数千円ほどと、あまり期待はできないかもしれません。

ルクルーゼのプレートには、スタイリッシュな印象を与える「ラウンド」や、コロンとしたフォルムがかわいらしい「スフィア」などがあります。

廃盤モデルとなった27cmのプレートや、人気のセットであれば1万円前後の値が付くこともあり得ますので、プロの査定員に見定めてもらいましょう。

食器ではないですが、ココットロンドの廃盤カラーとなっているオリーブグリーンやカリビアンブルーも価値が高いとされます。

ロイヤルアルバート

ロイヤルアルバートは「リーズナブルなボーンチャイナ」を指針としており、製造コストを抑えています。

しかし初期には高級食器も手掛けており、それに当たる一部のロイヤルアルバートのアンティーク食器は、高額買取が期待できるでしょう。

バラをはじめとする花のモチーフが可愛らしい「オールドカントリーローズ」「レディーカーライル」など人気のシリーズであれば、数万円ほどの買取額が期待できることもあります。

ロイヤルクラウンダービー

ロイヤルクラウンダービーは、1750年の創業当時ダービー社という名称でした。

その後、1775年に国王より「クラウン」の商標使用を認められ、1890年にビクトリア女王から「ロイヤル」の称号を授かって「ロイヤルクラウンダービー」が誕生しました。

ロイヤルクラウンダービーの買取価格は全体的に高額で、中でも人気が衰えない「ロイヤルアントワネット」や、日本の伊万里焼をイメージした「オールドイマリ」などは価値が高いとされています。

状態によっては数万円ほどの買取額が期待できることもあります。

ロイヤルドルトン

ロイヤルドルトンはイギリスの代表的な陶磁器ブランドで、ミントンやロイヤルアルバート等の有名ブランドも傘下におくほどの、英国を制する食器メーカーです。

ロイヤルドルトンの買取価格は、現在は廃盤となっている「ブランブリーヘッジ」などのシリーズやアンティークもの、プレミアものであれば1万円が超える額が付く場合もあります。

ローゼンタール

ローゼンタールはドイツ発祥の食器ブランドで、材料・技術・生産設備が優れており、西洋を代表する食器ブランドとして広まっています。

カップ・ソーサー・プレート・ポット・花瓶などに加え、磁器人形も手掛けています。

現在は絶版となっている「クラシックローズ」シリーズなどであれば、状態によっては数万円ほどの買取額が期待できることもあります。

また「魔笛」シリーズは、他シリーズに比べて買取価値が高く、セットであれば10万円を超えることもあると言われています。

ロールストランド

ロールストランドは、スウェーデンで王室御用達の食器ブランドとして窯を開きました。

特にデザイナーの起用に力を入れて、「普段使いの美しい陶器」というスタイルで、芸術性に富んだ食器を作り続けています。

ロールストランドのシリーズは、ブルーの小花柄が可愛いアイコン的存在「ロールストランド」や、1930年発表以降ロングセラーの「スウェディッシュグレース」などが有名です。

安価で入手しやすいので買取額は数百円から数千円と、そこまで高くはないですが、アンティーク食器であれば1万円を超える値が付くこともあります。

ブランド食器の買取際の注意点

ブランド 食器 買取
エルメス(HERMES)シェーヌダンクル

ブランド食器は高額買取を狙いやすいですが、いくつか注意点があります。

主な注意点は以下の通りです。


・使用済みの場合

・付属品が無い

・状態が良くない


それでは、詳しくご説明します。

使用済みの場合

食器の買取では、未使用か使用済みかで買取価格が変わってきます。

未使用の方が、使用済みの食器よりも高く買取られる傾向にあります。

一方で、使用済みの食器だとほとんどお金にならないと思われがちですが、ヘレンドやマイセンとなどのブランド食器であれば高額が付くケースは多々あるようです。

「使用済みだから売れないだろう…」と諦めずに、現在の価値を知るという意味でも、一度査定を受けてみるのがおすすめです。

買取業者の多くは査定料・キャンセル料がかからないので、積極的に問い合わせしてみても良いでしょう。

付属品が無い

ブランド食器の買取では、専用の箱や部品、証明書が無くても買い取ってくれる可能性は高いです。

しかし、購入時の状態のまま食器が専用の箱で保管されたもの、セット系であればフルセット揃っているものは、より買取額が上がります。

買取査定に出す前に、お持ちの付属品とセット品は全て用意しておくようにしましょう。

状態が良くない

ブランド食器の買取時には、本体の状態も査定額に大きく影響します。

小さな傷程度では極端に価値を落としませんが、ヒビやカケなどがある場合、買取業者によっては買取不可となるケースが多いようです。

使用していない食器でも、長年保管していることによる経年劣化は否めないので、買取前に傷・汚れ等の状態チェックをしておきましょう。

もしホコリ・汚れなどが付着してる際は、柔らかい布で優しく拭き取りましょう。

お手入れ時に傷を付けてしまったり、割ってしまわないように、充分注意してくださいね。

ブランド食器はブランド専門買取業者に売ろう!

ブランド食器は、ブランド品を専門的に買い取っている業者に売ることをおすすめします。

ブランド品専門の買取業者であれば、ブランド食器に精通している査定員が在籍しています。

各ブランド自体の価値や、シリーズごとの価値についての専門知識を有しているため、お持ちのブランド食器に適した買取額を算出してくれるでしょう。

総合リサイクルショップなどに売る場合、ブランドに詳しいスタッフの査定を受けられることが少ないので、価値を低く見誤られてしまう恐れがあります。

また、大手の専門買取業者であれば、出張買取サービスを行っていることが多いです。

出張買取とは、査定員が利用者の自宅を訪問し、その場で査定・買取を行うサービスです。

割れ物であるブランド食器を買取店まで持ち運ぶ場合、傷を付けないように注意したり、重くてかさばるなどの懸念点があります。

しかし出張買取サービスを利用すれば、家にいながら査定を受けられるので、自宅にブランド食器がある状態のまま査定員に見てもらえます。

ブランド食器は、ブランド品専門の買取業者の出張買取サービスを利用して売るのが得策と言えます。

さらに、買取業者の中には、ブランド食器の出張買取や宅配買取などのサービスが、手数料無料で利用できるところもあります。

複数の業者を利用して、満足できる査定額を提示してくれたところにのみ、買取に出すのも賢い売り方です。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料