ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【骨董品買取】鼈甲製品の相場は?高く売るコツをご紹介!

【骨董品買取】鼈甲製品の相場は?高く売るコツをご紹介!

鼈甲(べっこう)製のアイテムは、古くからの歴史があり、今やデザイン性や希少性の高さで注目されています。

鼈甲が希少とされている理由や高額買取が期待できる鼈甲製品、高く売るコツなどをご紹介します。

どこへ買取に出せばいいのか悩んでいる方にも、参考にしていただければ幸いです。

※バイセルでは鼈甲の買取が難しい場合がございますので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

鼈甲の歴史は?

鼈甲は「タイマイ(玳瑁)」というウミガメの甲羅が原料となっています。

日本では古くから、簪(かんざし)・櫛(くし)・装飾品などの加工品として、鼈甲を用いていました。

日本最古の鼈甲製品は、約1400年前に小野妹子が隋から持ち帰った皇室への献上品と言われています。

鼈甲製品は将軍家への献上品としても物珍しがられ、江戸時代に普及していきましたが、庶民には手の届かない贅沢品だと言われていました。

なぜ鼈甲は希少性が高いのか?

【骨董品買取】鼈甲製品の相場は?高く売るコツをご紹介!

べっ甲は長い歴史の中で日本人の生活に根付いてきましたが、現在では大変希少とされています。

なぜなら、タイマイがワシントン条約で保護されるようになったためです。

日本での卵の採集や、鼈甲加工目的のタイマイの捕獲は原則禁止と定められています。

希少とされる鼈甲の中でも、以下に該当するものは、より高価とされています。


・透明度が高い

・斑(ふ)がない

・黄色い部分が多い


特にこれらが優れている「白甲(しろこう)」と呼ばれるものは、採れる量が少なく、鼈甲の中でも最高級品と呼ばれる種類です。

また、現在では禁止前に輸入された原料を使って鼈甲製品が作られています。

希少となった本来の鼈甲製品に対し、代用品として水牛や合成樹脂などを用いて鼈甲調としている製品が普及しています。

高く売れる鼈甲のアイテムは?

【骨董品買取】鼈甲製品の相場は?高く売るコツをご紹介!

日本では、鼈甲を様々なアイテムに加工しています。

その中でも高額での買取が期待できるアイテムをいくつかご紹介します。

メガネ

今や鼈甲は、メガネのフレームとして定番の黒・茶などの無地に負けず劣らず人気と言える柄です。

人の肌に馴染みやすいとされる鼈甲は、人口の素材には無い魅力があります。

成形の保持力も高く、かけ心地にも定評があります。

特に鼈甲をふんだんに使ったオール甲のモデルは、高級品と言われています。

サングラス

鼈甲は、メガネだけでなくサングラスにも用いられています。

大人の雰囲気を演出するサングラスでも、鼈甲が施されていることで、程よい抜け感や柔らかい印象をプラスしてくれます。

鼈甲を用いたサングラスの中でも、特にハイブランドものであれば、ブランド品としての価値も付きます。

鼈甲製サングラスを取り揃えている主なハイブランドには、BVLGARI(ブルガリ)・PRADA(プラダ)・CHANEL(シャネル)OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)などが挙げられます。

このようなハイブランドの鼈甲製サングラスをお持ちの場合は、骨董にもブランドにも詳しい買取業者に相談してみると良いでしょう。

髪留め

鼈甲は、櫛やバレッタ、簪などのヘアアイテムにも使用されています。

鼈甲は、螺鈿(らでん)や漆工芸品との相性がいいため、1つのアイテムでこれらの高級素材が使用されているほど更なる高額買取が狙えるでしょう。

着物にもよく合う美しい蒔絵が施された本鼈甲の簪は、骨董市場でも高級品として取引されることがあります。

置物

鼈甲が施された置物は、骨董品としても美術品としても価値があるとされています。

鼈甲製の置物は、船や鯉などをモチーフにしたものがあります。

精巧な作りであれば、伝統工芸品としての付加価値が付くこともあるため、骨董品や美術品について専門的な買取業者に見極めてもらうと良いでしょう。

鼈甲を高く買取してもらうコツ

【骨董品買取】鼈甲製品の相場は?高く売るコツをご紹介!

鼈甲をなるべく高く買取してもらうには、いくつか押さえておきたいコツがあります。


・虫食いに注意する

・専門知識がある買取業者を探す

・修理ができる業者も視野にいれる


それでは、詳しくご説明します。

虫食いに注意する

べっ甲をはじめとする骨董品は、綺麗な状態であるほど買取額が高くなりやすいです。

動物性素材である鼈甲は、天然素材の布などと同様に虫食いの被害に合う可能性があります。

また、手の油が付着したまま放置しておくと変色する恐れがあります。

保管時は丁寧に汚れを拭き取り、防虫剤と一緒にしまっておきましょう。

直射日光が当たる場所や、温度・湿度の変化が激しい場所も避けた方が良いでしょう。

専門知識がある買取業者を探す

鼈甲には、希少なタイマイから採れた本来の原料を使ったものと、プラスチックなどで鼈甲風に作られたものがあります。

これらは真贋を見分けるのが難しく、鼈甲について専門知識をもつ人でないと正しい鑑定ができないことが多いです。

知識がない素人がいる買取店で査定を依頼すると、本鼈甲であるにも関わらず、誤ってプラスチック製と査定されてしまうかもしれません。

鼈甲の買取は、鼈甲などの骨董品を専門的に取り扱っている買取業者に、査定依頼するのが得策です。

修理ができる業者も視野にいれる

もし虫食いや割れ・欠けなどが起きてしまっている鼈甲製品をお持ちの場合は、虫食いの修復などが得意な専門買取店に査定依頼をしてみましょう。

他の店舗では買取を断られてしまうようなべっ甲製品でも、歓迎してくれるかもしれません。

「状態が悪いから」と言って諦めずに、一度買取店に相談してみることをおすすめします。

※バイセルでは鼈甲の買取が難しい場合がございますので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料