ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

家の壺が高額で売れるかも?買取額が期待できる種類やポイント!

家の壺が高額で売れるかも?買取額が期待できる種類やポイント!

田舎の家などで、居間や玄関先に壺が飾ってある光景をよく見かけます。

日本家庭の装飾として日常的に飾られている壺ですが、実は思いもしない値が付けられることがあります。

壺の価値や高額買取が期待できる種類、高額買取してもらうためのポイントをご紹介します。

壺の買取を検討している方は、参考として読んでみてください。

壺を欲しがる人たちの理由と心理

壺を欲しがる人たちの理由と心理

どうして壺に高額がつけられるのかというと、それだけ需要が発生しているからです。

日本では陶器の壺が伝統的に多く作られてきましたが、国内外を問わず、それらには美術品としての価値が認められています。

そして、世界中の美術コレクターから注目される存在となっているのです。

また、インテリアとしても大きなスペースを取らない壺は裕福な家庭や企業で購入されるケースもよくあります。

高額な壺を購入することで社会的な地位を確認している人もいて、壺を所有することはステータスの一種だといえるでしょう。

その他、節税対策として企業が壺を購入することもあり、日本では大きな買い物の代名詞としても挙げられます。

価値の不明な壺の買取なら実績多数のバイセルへ!

バイセルは骨董品に関する買取実績を多数持っています。

だから価値が不明な壺や自宅に保管したままの壺があればお電話1本で無料で出張しますので運び出しの必要はありません。

お値段にご納得いただければその場で現金を受け取れますのでお気軽にお問合せください。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料

高額買取が期待できる壺の種類

高額買取が期待できる壺の種類

高額買取が期待できる壺には、いくつか特徴があります。

どのような種類の壺が高額買取に繋がるのか、代表的なものをご紹介します。

有名作家が手掛けた壺

壺以外の骨董品にも言えることですが、有名作家が手掛けた作品は骨董市場で需要が高く、買取額も高くなりやすいです。

人間国宝の徳田八十吉井上萬二・浅見隆三・金城次郎酒井田柿右衛門、また人間国宝を辞退した河井寛次郎などによって作られた壺は、希少性によっては買取額が期待できます。

同じく高額買取が期待できる海外の有名な作家は、エミール・ガレやドームらが挙げられます。

有名産地の壺

作家名が明確にならなくても有名産地の壺である場合は、買取額が高くなることがあります。

特に「日本六古窯」と呼ばれる以下の6つは、日本を代表する窯として知られており、日本遺産にも認定されています。


・越前

・瀬戸

・常滑

・信楽

・丹波

・備前


他にも「日本三大陶磁器」と称される有田焼(伊万里焼)・美濃焼・瀬戸焼といった陶器は、お土産や日用品だけでなく、美術品としての価値も称賛されています。

例えば伊万里焼の中でも江戸時代に量産されたものを指す古伊万里は、独特な形状と資料的価値が研究家によって認められ、特に高額で取り扱われています。

中国・朝鮮骨董の壺

中国の石壺や朝鮮の古陶磁などは、中国人に需要の高い種類です。

中国の市場では偽物が多く出回っているため、信頼感の高い日本で壺を買うという外国人が増えているようです。

金・銀・銅素材の壺

金、銀、銅などが素材となった壺は「骨董品の価値」に加え「金属の価値」も付加されるので、高額買取が望みやすいです。

日々変動する金・銀の相場が上がれば、壺の買取相場も上がる傾向にあるので、他の壺に比べて売り時も重要となります。

有名食器ブランドの壺

ブランド食器のメーカーによって、壺を作っているところもあります。

有名ブランドものの壺であれば需要が高いので買取価格も期待でき、具体的にはマイセンウェッジウッドなどが挙げられます。

現存数が少ない壺

壺を含む芸術の作品は、現存数が多い作品ほど手に入りやすいため、高い値段が付きにくいものです。

それに対し、現存数が少ないものほど価値が高くなりやすいです。

職人や流派が限定された壺は、特定の国の特定の年代でしか作られていない貴重な品物と言えます。

壺の買取相場はどれくらい?

高額買取が期待できる壺の種類

骨董品買取市場における壺の買取相場は、作家や作品、保存状態などによって大きく異なります。

有名作家の壺について、おおまかな買取相場をまとめましたので表をご参照ください。


作家作品のジャンル買取相場
徳田八十吉九谷焼(磁器)~20万円前後
井上萬二白磁(磁器)~10万円前後
浅見隆三陶器・磁器~5,000円前後
金城次郎琉球陶器~10万円前後
河井寛次郎陶器~200万円前後
酒井田柿右衛門有田焼(磁器)~100万円前後
エミール・ガレガラス工芸~500万円前後
ドームガラス工芸~500万円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまで作家の中でもっとも人気のある作品の相場を記載しております。骨董品の状態によってはお値段が付かない場合もございます。

※査定させて頂く骨董品などの状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※骨董品に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の骨董品は査定対象外となります。

ちなみに買取相場とは異なりますが、河合寛次朗(かわいかんじろう)の壺作品に280万円、藤本能道(ふじもとのうどう)の壺作品に230万円もの取引価格がついた実例もあります。

上で挙げたような有名作家の作品であれば、数十万円~数百万円もの買取価格がつく可能性が充分にあるので、不要な壺作品をお持ちでしたら是非とも買取に出しましょう。

ただし、これらは人気作品で保存状態が良かった場合の買取相場です。

実際の買取価格は異なる場合がありますので、あくまで参考程度と考えてください。

 

壺を高額買取してもらうためのポイント

壺を高額買取してもらうためのポイント

壺を少しでも高く売るために、注意しておきたいポイントを押さえておきましょう。

付属品を揃えよう

壺に限らず、中古品買取の場合、購入時の箱・袋・説明書などの付属品を本体と一緒に買取に出しましょう。

付属品があるかないかで、再度販売する際の買い手の需要に関わってくるため、買取価格を左右します。

特に壺の鑑定書などがあると、買取額に良い影響を与えます。

自己判断で無理に修復を行わない

壺は綺麗な状態である方が、買取額が高くなる傾向にあります。

ただし、壊れたりヒビが入っていたからと言って、自分で不用意に修復しないことをおすすめします。

修復の仕方を熟知していないのに行うと、反対に壺の価値を下げてしまうことになり得ます。

劣化や傷が見られる壺も、自己判断で無理に修復を行わずに、そのまま買取に出すのが賢明です。

壺の価値はプロの査定で見極めてもらおう

壺の価値はプロの査定で見極めてもらおう

壺の買取を検討している方は、本体の材質を確かめてみましょう。

光沢が強ければ塗料が塗ってあったり、化学物質が配合されていたりする証拠なので最近作られた大量生産品のひとつだと判断できます。

しかし、光沢が鈍っていれば伝統的な手法で作られているうえに、かなり年代が経過している作品の可能性があります。

このように、お持ちの壺が意外な価値を秘めていることもあり得ます。

ただし、素人で鑑定しづらいジャンルですので、プロがいる業者の買取査定を受けることをおすすめします。

さらに多くの大手買取業者が行っている出張買取サービスを利用すれば、自分で買取店まで壺を持ち運ぶリスクもなく、自宅で簡単に買取査定してもらえます。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料