ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【漆器買取】漆器は高価買取に期待!高額査定のポイントや買取相場について

【漆器買取】漆器は高価買取に期待!高額査定のポイントや買取相場について
漆器の高額買取を目指すには?種類やおすすめの買取業者を解説

日本の伝統工芸品である漆器は、会津漆器、山中漆器、紀州漆器など様々な種類があります。

人気の種類であれば買取市場でも需要が高いため、高額買取が望めます。

本コラムでは高額買取されやすい漆器の種類や、おすすめの買取業者、高く売るためのポイントを詳しく解説します。

漆器の買取を検討している方は、ぜひとも参考にご一読ください。

漆器の価値

漆器の価値

漆器は、漆(うるし)を塗り重ねて作る日本の伝統工芸品で、紙や木からできているものが多いです。

食器や根付けなどがあり、安価で手に入るものから高級品までと種類は様々です。

漆器を作り上げるためには漆塗り・漆液の採取・木地作りなど、それぞれの技法が必要であり、工程ごとに職人が配置されています。

しかし、現在では漆に関わる職人が減少してきており、希少な存在となっています。

そのため、漆器は骨董買取市場でも需要が高く、種類によっては高額買取が望めるでしょう。

高額買取されやすい漆器の種類

高額買取されやすい漆器の種類

漆器には多くの種類がありますが、中でも高額買取されやすい主な種類をご紹介します。

お持ちの漆器に該当する種類がありましたら、高値で売れる可能性があるため、一度査定に出してみると良いかもしれません。

香合(こうごう)

香合は茶道具の一種であり、また仏具の一種でもあります。

漆器の中では、国内外問わず需要の大きい商品カテゴリーです。

香合の有名作家・作品には、篠原如雪の「茄子」「団栗(どんぐり)」、篠原傑の「蛍」などがあります。

形状や作家にもよりますが、蒔絵(金粉・銀粉などで表面に絵模様をつける装飾技法)のデザインが美しい香合には数十万円の買取価格が提示されることもあります。

お椀

お椀は日本三大漆器の「会津漆器」「山中漆器」「紀州漆器」の作品であれば、買取市場で価値が高いため10万円を超える額で買取が行われることもあります。

ただし食器という性質上、使用済みのものは買取額が下がるなどと、状態によって相場の幅が広いという点に注意が必要です。

香合の有名作家・作品には、鶴田明子の平文椀「赤い花」、人間国宝でもある室瀬和美の「ちょもらんま」などがあります。

また、蔵や倉庫で見つけたお椀でも、丁寧に保管されてきたものであれば思わぬ高額買取となることもあるので買取業者に見てもらうことをおすすめします。

簪(かんざし)・櫛(くし)

簪や櫛は和装をより一層、魅力的に引き立ててくれる装飾品です。

蒔絵の美しい作品であれば、数万円ほどの買取価格が付くケースも少なくありません。

漆塗りの簪や櫛を手掛けているのは、150年の歴史をもつ老舗メーカー「かづら清」などがあります。

簪や櫛を買取に出す際には、骨董品や和装小物をメインに買取を行っている業者に依頼すると、価値を見逃されることはないでしょう。

棗(なつめ)

「棗」は抹茶を保管するための茶道具の一種で、大きさによって大棗・中棗・小棗の3つに分けられます。

植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたと言われており、可愛らしいフォルムが人気の骨董アイテムです。

特に松田権六・田辰秋などの有名な棗作家や、田村一舟など有名蒔絵師の蒔絵が入った棗は高い買取価格が期待できるでしょう。

さらに棗は、海外からの需要が高まっていることもあり、無銘の作品でも形状やデザインが優れているものに高値が付く傾向があります。

高く売れる漆器の特徴

高く売れる漆器の特徴

高く売れる漆器にはある程度決まった特徴があります。

主な特徴をご紹介しますので、お持ちの漆器に当てはまるか確認しておきましょう。

  • ・有名産地もの
  • ・有名作家もの
  • ・天然素材のもの

それでは、詳しく解説します。

該当する漆器をお持ちの場合は、高額買取の可能性があるので査定に出してみることをおすすめします。

有名産地もの

漆器には、「日本三代漆器」と称される有名な産地で作られる漆器があります。

「日本三代漆器」は、福島県の「会津漆器」、石川県の「山中漆器」、和歌山県の「紀州漆器」です。

「会津漆器」は、塗り職人が何工程も繰り返し、ムラのない地塗りを行います。

仕上げに蒔絵や沈金(器の表面を掘って金を沈める装飾技法)を行い、黒や朱の地塗りに美しい装飾が加えられます。

次に「山中漆器」は、木目を 生かして仕上げる拭き漆(ふきうるし)技法が特徴で、挽物木地の中では質・量ともにトップクラスと言われています。

最後に「紀州漆器」は、シンプルで丈夫な漆器のため実用的で、朱塗りの下から黒漆が浮き出ているのが特徴です。

「日本三代漆器」は人気が高く、買取市場でも需要があるので、高く買い取ってもらいやすいです。

他に、飛騨春慶塗、琉球漆器、浄法寺塗、鎌倉彫、村上堆朱彫なども、名産地で作られた人気がある漆器です。

有名作家もの

有名産地以外にも、有名作家が手掛けた漆器は買取額が高くなりやすいです。

特に買取対象となりやすい漆器を手掛ける作家は以下の通りです。

室瀬和美赤地友哉
植松抱民植松包美
太田喜久太郎大場松魚
小川松民小川破笠
音丸耕堂池田泰真

中でも室瀬和美や赤地友哉など、人間国宝に認定されている作家の作品は、高額買取が期待できます。

作家ものかどうかは、作品または共箱(作品が納められている桐箱)に作家名が記載されていることがあるので、確認しておくと良いでしょう。

また、記載がなく作家ものかどうか分からない場合は、骨董に特化した買取業者で見てもらうことをおすすめします。

天然素材のもの

漆器の素材は、木製以外にもプラスチックなどを用いることがあります。

しかし、買取市場で価値が高いのは、天然木を使用した木製の漆器です。

漆器に用いられる木には、欅(けやき)、水目桜(みずめざくら)、栃(とち)、桂(かつら)などがあります。

また、漆器に使用される塗料には、ウレタンと天然漆があります。

漆の質感を表現した合成塗料であるウレタンは、安価で手に入れられる漆器に用いられます。

一方で、天然漆は漆の木の樹液を原料にした天然塗料で、耐酸性・耐水性に優れています。

そのため、ウレタンよりも天然漆で塗られた漆器の方が高級品とされます。

したがって、天然木製の漆器の中でも、天然漆が塗られているものは、より高額買取が期待できると考えられます。

漆器を売るなら骨董品の買取業者がおすすめ

漆器を売るなら骨董品の買取業者がおすすめ

漆器は、作家や作品、そして本体の状態などの細かいポイントを評価することで正しい価格を算出できます。

そのため、リサイクルショップなどでは漆器に詳しい査定スタッフがいる可能性が低く、細かく評価されないかもしれません。

実際には価値がある作品でも、価値を見誤られて安く買い取られる、または買取不可とされてしまうこともあり得ます。

一方で骨董品の買取業者であれば、漆器をはじめとする骨董品の専門知識を有する査定員がいるため、お持ちの漆器の価値を見落とすことなく査定してくれるでしょう。

漆器の価値を活かして、なるべく高く売りたいと考える方は骨董品の買取業者の利用がおすすめです。

骨董品バナー
骨董品バナー

漆器を高く売るには?

漆器を高く売るには?

漆器は作品によって、観賞用に高値でも入手したいという人もおり、買取市場でも需要があります。

せっかく価値のある漆器を売るなら、少しでも高く現金化したいですよね。

漆器を高く売るための方法を、大きく分けて3つご紹介します。

  • ・出張買取を利用する
  • ・付属品を揃える
  • ・なるべく早く売る

それでは詳しくご紹介します。

出張買取を利用する

出張買取とは、査定員が自宅まで来て、その場で査定してくれる買取サービスです。

骨董品の買取業者でも行っているところが多く、査定額に納得できたらその場で現金化してくれるので便利に利用できます。

反対に、持ち込み買取や宅配買取を利用した場合、品物が買取店に着くまでの間に傷が付いたり汚れたりする可能性がゼロとは言い切れません。

傷・汚れは漆器の買取額を下げる原因にもなるため、なるべく避けた方が良いでしょう。

出張買取であれば、漆器を自宅にあるままの状態で査定が受けられるので、今以上に価値が下がることなく査定員に見てもらえます。

したがって出張買取は、その他の買取方法に比べて、高く買い取ってもらえる確率が高い方法だと言えます。

付属品を揃える

漆器には、鑑定書や箱などの付属品が付いていることがあります。

特に作家物の場合は、作家名・作品名が記された証明書や、サインや落款入りの共箱があると本物である証になります。

これらの付属品が揃っていると次の買い手からの需要が高まることから、買取額が高くなりやすいです。

また、本体だけでなく付属品の状態も綺麗である方が査定評価が高くなることがあります。

付属品は査定に出すまで大事に保管しておき、査定当日には揃えておきましょう。

なるべく早く売る

漆器は傷・欠け・汚れなどが見られない、綺麗な状態であるほど高く買い取られる傾向にあります。

定期的に状態を確認したり、手入れすることが大切です。

長い間しまいっ放しにしておくと、湿気が原因でカビが生えたり、反対に乾燥して傷んでしまうこともあります。

大事にしまっておいても経年劣化は防げないので、今以上に状態を悪くしないためにもなるべく早く売ることがおすすめです。

漆器買取でよくある質問

漆器買取でよくある質問

漆器を初めて買取に出すという方は、いくつか疑問が浮かぶでしょう。

漆器買取に関するよくある質問をQ&A形式でご紹介しますので、買取に出す前に参考としてみてください。

Q.汚れている漆器でも買い取ってくれますか?

A.漆器は汚れや傷が見られるほど、買取額が下がる傾向にあります。

ただし有名な作家物や作品であれば、汚れの度合いにもよりますが、買い取ってくれることもあります。

諦めずにまずは骨董品の買取業者に相談してみると良いでしょう。

Q.作家が分からない漆器でも見てくれますか?

A.骨董品の買取業者であれば、漆器に詳しい査定員がいるため、手掛けた作家が分からない作品でも査定が可能です。

なるべく、どこでいつ入手したものなのかを事前に調べておくと、査定がスムーズになります。

「無名作品だと思っていたものが思わぬ人気作家の作品だった」ということもあり得るので、詳細が分からない漆器も査定に出してみることがおすすめです。

Q.査定の際に手数料はかかりますか?

A.買取業者によって手数料の有無は異なりますが、中には査定料・キャンセル料・出張料を無料としているところもあります。

手数料がかかるかどうかは各業者のホームページやチラシなどで確認できるはずです。

不安な方は、直接電話で問い合わせて聞いてみるのも良いでしょう。

Q.見てもらいたい漆器がたくさんあるんだけどまとめて査定してくれる?

A.骨董品の買取業者であれば、ほとんどのところでまとめて査定が可能です。

業者側は1点ずつ買い取るよりも、1回の査定で複数の在庫を増やせるという利点があるため、査定額をアップしてくれるケースもあります。

あまりにも点数が多い場合は、事前に複数の品を査定してほしい旨を伝えておくと、査定がスムーズでしょう。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する