ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

絵画や彫刻などの美術品が1つあるだけで、部屋の雰囲気は大きく変わりますよね。

中でも彫刻作品は立体ならではの存在感が人気を集め、買取市場においても活発に取引されています。

そんな彫刻作品の中でも最もポピュラーなものの1つにブロンズ像がありますが、ブロンズ像を売りたいと思ったときには、どこに買取に出せば良いのでしょうか。

また、買取相場はどれくらいになるでしょうか。

ブロンズ像の有名作家や買取相場、買取時のポイントや買取業者の選び方などをご紹介します。

ブロンズ像とは

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

ブロンズ像とは、ブロンズを素材として、神仏・人・動物などを模して作られた彫刻作品のことです。

素材であるブロンズとは、銅を主成分としていて錫を含む合金のことで、日本語では「青銅」あるいは「砲金」と呼ばれます。

ブロンズ像に近い言葉に「銅像」がありますが、現実の銅像が純度100%の銅で作られることは考えにくく、ほとんどが錫などを混ぜた合金で作られていることから、区別して考える必要はあまりないと言えるでしょう。

ブロンズは加工がしやすく強度にも優れているうえ、表面が酸化すると酸化膜を作って内部までの腐食を防ぐという性質があることから、剣や斧、大砲の砲身の素材として使われていました。

我々の身近なところでは、水道メーターの素材としても知られています。

ブロンズはこのような性質から、制作から長期間が経過しても劣化が少ない、安定した素材として彫刻作品にも多く用いられています。

また、ブロンズ像は原型さえあれば、同じ作品を複数鋳造させられるのも特徴です。

例えば、ロダンが粘土などで原型を制作した「考える人」は、世界に28体も真作が存在します。

ブロンズ像の歴史

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

ブロンズ像の発祥は今から約5000年前の紀元前3000年頃、初期のメソポタミア文明においてだと言われています。

現存するものでも、最も古いエジプト第6王朝ペピ1世の像(エジプト考古学博物館所蔵)は4000年以上前のものと推測されており、非常に長い歴史を持ちます。

中国経由で日本にブロンズ製の剣や鏡が伝わったのは紀元前3世紀ごろ、国内でブロンズ製品が鋳造されるようになったのは紀元前1世紀ごろのようです。

当初は銅鐸などの祭礼用の道具が多く作られましたが、奈良時代になると仏教文化と融合し、有名な奈良の大仏をはじめとしたブロンズ製の仏像が多く作られるようになります。

これにより、日本にもブロンズ像の文化が根付きました。

戦国時代以降には銃や大砲の素材としてブロンズが使われたことによって鋳造技術が向上し、その後の日本におけるブロンズ像制作の礎となりました。

ブロンズ像の人気作家は?

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

骨董品・美術品の買取市場で高い買取価格がつきやすいブロンズ像は、ほとんどが人気作家の手がけた作品です。

ここでは、買取市場においても人気の高いブロンズ像の有名作家をご紹介します。

北村西望

北村西望(きたむらせいぼう 1884-1987)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の彫刻家です。

文化勲章や紺綬褒章を受章するなどの輝かしい功績をもち、日本彫刻会の展覧会において最優秀作品に贈られる賞が「北村西望賞」と名付けられるなど、日本を代表する有名作家の1人です。

北村西望の代表作としては、故郷・長崎に5年がかりで作り上げた「長崎平和祈念像」が挙げられます。

他にも国会議事堂内にある「板垣退助立像」や、長崎県の諏訪神社にある「神馬像」など、日本各地の多くの人の目に触れる場所に数々のブロンズ像を残しました。

骨董品・美術品の買取市場においても非常に高い価値が認められる作家です。

舟越保武

舟越保武(ふなこしやすたけ 1912-2002)は、昭和から平成にかけて活躍した彫刻家です。

旭日小綬章を受章し、文化功労者に選ばれるなど、戦後日本を代表する作家の1人となっています。

自らもカトリック教徒であった舟越保武にはキリスト教関連の作品が多く、高村光太郎賞を受賞した「長崎26殉教者記念像」、島原の乱をモチーフにした「原の城」などの代表作は、海外の美術ファンからも高い人気を得ています。

他には、秋田県の伝説をモチーフとしており、秋田県の田沢湖畔に設置された「たつこ像」も有名です。

海外での人気も高いことから、買取市場においても高い買取価格のつきやすい彫刻家の1人言えるでしょう。

富永直樹

富永直樹(とみながなおき 1913-2006)は、昭和から平成にかけて活躍した彫刻家・工業デザイナーです。

瑞宝中綬章・文化勲章を受章した有名彫刻家であるとともに、黒電話4号機・日本初のカラー電話・家具調テレビのデザインを手がけるなど、日本における工業デザインの祖としても知られています。

富永直樹の代表作としては、文部大臣賞を受賞した「平和の叫び」や、故郷・長崎のグラバー園に展示されている「トーマス・ブレーク・グラバー之像」などが有名です。

また、自身が工業デザイナーとして所属した三洋電機の創業者・ 井植歳男(いうえとしお)の記念館である井植記念館には、富永直樹作の井植歳男像が設置されています。

富永直樹の彫刻作品は骨董品・美術品の買取市場においても非常に人気があり、最も高く買取されるブロンズ像作家の1人です。

籔内佐斗司

籔内佐斗司(やぶうちさとし 1953-)は、第五回天展彫刻部門大賞・第21回平櫛田中賞など数々の賞を受賞している、現代日本を代表する彫刻家です。

ブロンズ像のほかに、木彫りの彫刻も得意としています。

籔内佐斗司のブロンズ像作品では、アメリカのナイアガラ大学付属カステラーニ美術館に所蔵されている「うつせみ童子」、横浜ビジネスパークに設置されている「いぬもあるけば」、大阪の阪急三番街に展示されている「のらいぬたち」などが有名です。

買取市場においても籔内佐斗司のブロンズ像作品は人気が高く、積極的に買取を行っている買取業者も多いでしょう。

高田博厚

高田博厚(たかたひろあつ 1900-1987)は、著名な彫刻家であり、思想家・文筆家・翻訳家でもあります。

瑞宝中綬章を受章するなど彫刻家として高い評価を受けるとともに、文筆家として数多くの著作を残しました。

高田博厚の作品展示としては、埼玉県の東武東上線高坂駅から伸びる歩道に約1kmにわたって高田博厚のブロンズ像作品が展示されている「高坂彫刻プロムナード」があります。

この高坂彫刻プロムナードには、「遠望」「大地」「アラン」など、高田博厚によるブロンズ製の人物像が32も展示されています。

高田博厚のブロンズ像作品でも小型のものは買取市場に出回る機会も多く、買取市場でも高い人気を誇ります。

骨董品バナー
骨董品バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

林良慶

林良慶(りんりょうけい 1961-)は、中国の有名彫刻家です。

2006年には中国・福建省の莆田市工芸美術師に認定されるなど、中国美術界でも注目度の高い作家です。

裸婦像などの女性像を得意としており、女性の体のしなやかな曲線、体に沿う衣服の繊細な表現には官能的な美しさがあります。

林良慶の代表作には、女性の蠱惑的な美を表現した「酔いしれて」「脚を組む乙女」「午睡のあと」などがあります。

林良慶のブロンズ像作品は日本の骨董品・美術品買取市場における人気も高く、積極的に買取を行う買取業者も多いでしょう。

サルバドール・ダリ

サルバドール・ダリ(1904-1989)は、シュルレアリスム(20世紀にヨーロッパ各地で起こった芸術運動)を代表するスペインの画家・彫刻家です。

絵画や彫刻のほかにも、ファッション・広告・映画・舞台装置など、幅広い作品を手がけました。

特に画家として著名なダリには、スペイン現代美術館に所蔵されている「窓辺の人物」、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている「記憶の固執」など、有名な絵画作品がいくつもあります。

さらにダリには、絵画ほどではないにしてもブロンズ像にも有名作品がいくつもあり、代表例として「窓の中のガラ」「時間のプロフィール」「ニュートンへの敬意」などが挙げられます。

「天才」と自称していた変人・ダリの個性あふれる作品は、絵画・ブロンズ像ともに世界的に人気が高いです。

博物館級の作品も多いですが、買取市場に出回った時には高い価格で取引される可能性があるでしょう。

モロー兄弟

モロー兄弟とは、マチュラン・モロー、イポリット・モロー、オーギュスト・モローの3兄弟のことで、3人ともが彫刻家として有名です。

さらに、3兄弟の父であるジャン・バティスト、イポリットの息子フランソワ、オーギュストの息子ルイも彫刻家で、モロー家は3世代にわたる彫刻家一族となっています。

モロー兄弟のブロンズ像作品には若い男女や子どもなどの人物像が多く、マチュラン・モローの「美女胸像」、イポリット・モローの「少年像」、オーギュスト・モローの「ブランコに乗る女性」など、数多くの有名作品があります。

アールヌーヴォー(19世紀末から20世紀初頭の、ヨーロッパを中心とした美術運動)を語るのに欠かせない作家であるモロー兄弟は、西洋アンティークの人気作家として骨董品・美術品買取市場でも高い人気を誇ります。

モロー兄弟のブロンズ像作品で保存状態が良ければ、高い買取価格がつくことも期待できるかもしれません。

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

骨董品・美術品の買取市場において、ブロンズ像の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

ブロンズ像の買取相場には、ものによって大きな幅があります。

一般的には、人気作家の作品ほど買取相場は高くなりやすいと言えるでしょう。

そこでここでは、人気作家が手掛けた作品のおおまかな買取相場について表にまとめました。

作家買取相場
北村西望~20万円前後
舟越保武~30万円前後
富永直樹~30万円前後
サルバドール・ダリ~1万円前後
モロー兄弟~20万円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまで作家の中でもっとも人気のある作品の相場を記載しております。骨董品の状態によってはお値段が付かない場合もございます。

※査定させて頂く骨董品などの状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※骨董品に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の骨董品は査定対象外となります。


人気作家の有名な作品であれば、数十万円といった買取価格がつくこともあるようです。

また、日本の買取市場においては、日本の有名作家の方が高く買取されやすい傾向があるかもしれません。

ただし、これらは人気作品で保存状態が良いなどの条件が揃っている場合の買取相場です。

実際の買取価格とは異なる場合がありますので、あくまで参考程度と捉えてください。

ブロンズ像を高く売るために知っておきたい査定ポイント

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

大切なブロンズ像を買取に出すわけですから、少しでも高く買取してもらいたいと思うのは当然のことでしょう。

そのためには、ブロンズ像の査定ポイントを知った上で、買取時にどのようなことに注意すれば良いかを把握しておく必要があります。

ここでは、ブロンズ像の買取で重要とされる査定ポイントと、それぞれの査定ポイントの観点から、どういったものであれば高く買取されやすいのかをご紹介します。

ブロンズ像の買取で知っておきたい査定ポイントには、以下のようなものがあります。


・有名作家の作品かどうか

・ブロンズ像の保存状態

・鑑定書などの付属品の有無

・真作か複製か

有名作家の作品かどうか

ブロンズ像の査定においてまず確認されるのは、その作品の作者は誰かということです。

ブロンズ像を含む美術品の買取において、人気作家・有名作家の作品であるかどうかは買取価格に大きな影響を与えます。

やはり、有名作家の作品ほど買取市場における需要が高く、買取価格も高くなりやすいです。

反対に、無名作家の作品であれば買取市場における需要が少ないため、高い買取価格はつきにくいかもしれません。

作者のサインや鑑定書など、その作品の作家を証明できるような情報がある場合には、査定時に査定員へ提示してあげると良いでしょう。

ブロンズ像の保存状態

ブロンズ像の買取において重要な査定ポイントの1つに、作品の保存状態があります。

本来は価値の高い作品であったとしても、欠損がある・割れがあるなどすると買取価格は下がってしまう可能性が高いでしょう。

また、ブロンズは中までは腐食しにくい素材とはいえ錆が発生することはあります。

そこで、ブロンズ像の保管時には箱に入れるなどして傷が付かないようにする、ブロンズ像が濡れた場合にはすぐに拭き取るなどの対策を怠らないようにしましょう。

ただし、たとえブロンズ像の状態が悪くなってしまっても、自分で修理しようとするのはおすすめできません。

手を加えることで、ブロンズ像の美術的価値を損なってしまう可能性があります。

保存状態が良くない場合でも、まずはそのままの状態で買取業者の査定に出してみるのがおすすめです。

鑑定書などの付属品の有無

ブロンド像を購入する際に、箱・像を乗せる台・栞(作品名と作者のサインなどが書かれた紙または木の札)・鑑定書といった付属品がついてくることがあります。

これらの付属品は美術ファンにとっては大切なコレクションの一部でもありますし、また作者を証明するものとして査定においては非常に重要です。

例えば、本来あるはずの共箱(作品を収めるための木の箱で、作者のサインが入っていることが多い)がないことによって、買取価格が大きく下がってしまうような可能性もあります。

そこで、ブロンズ像の付属品は、捨てることなく大切にとっておくことをおすすめします。

保管しておいた付属品は査定時に、忘れず査定員に提示するようにしてくださいね。

真作か複製か

有名作品の場合には特に多いですが、ブロンズ像には複製のものが出回っていることがあります。

当然ながら、真作のものと複製とでは買取市場における価値にも大きな差があります。

専門知識を持った査定員でなければよくできた複製を見分けることは難しいですが、この点も需要な査定ポイントになります。

真作であることを証明する意味でも、上で挙げたような付属品は大きな役割を果たしてくれるでしょう。

ブロンズ像買取で損をしない買取業者の選び方

ブロンズ像の買取相場はどれくらい?買取業者の選び方も徹底解説

ブロンズ像を含む美術品は価値の判定が非常に難しい品物であり、買取業者によって買取価格に幅が出ることも多いです。

では、ブロンズ像を買取に出すとき、損をしないためにはどのような基準で買取業者を選べば良いでしょうか。

「こんな買取業者ならおすすめできる」という5つのポイントをご紹介します。


・骨董品、美術品専門の買取業者

・出張買取サービスを提供している買取業者

・各種手数料が無料の買取業者

・買取実績が豊富な買取業者

・スタッフの受け答えが明確な買取業者

骨董品・美術品専門の買取業者

ブロンズ像は質屋で現金化することができる場合もあるでしょうし、総合リサイクルショップなどで買取を行っている店舗もあります。

しかしながら、ブロンズ像を買取に出すなら、骨董品・美術品専門の買取業者を利用するのがおすすめです。

ブロンズ像の価値を正確に見極めるためには、作家名・作品名・制作年代・保存状態の良し悪し・付属品の有無・希少性・人気度といったポイントを適正に判断できなければなりません。

これには高い専門知識と査定技術が必要です。

リサイクルショップや質屋といった骨董品・美術品を専門としない業者では、ブロンズ像に関する専門知識を持った査定員が店舗にいるとは限りません。

お持ちのブロンズ像の本来の価値とはかけ離れた価格で買取されてしまい、思わぬ損をしてしまう可能性があります。

骨董品・美術品専門の買取業者であれば、ブロンズ像などの美術作品に関する専門知識を持った査定員がいるはずです。

ブロンズ像を安心して買取に出したいなら、骨董品・美術品専門の買取業者を選ぶのが良いでしょう。

出張買取サービスを提供している買取業者

ブロンズ像などを買取に出す際、利用できる買取方法には大きく分けて、品物を買取店の店頭に持ち込む「持ち込み買取」、品物を買取業者に送付する「宅配買取」、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来てくれる「出張買取」の3つがあります。

このうち、ブロンズ像の買取でおすすめなのが出張買取です。

ブロンズ像は少しの破損や欠損でも美術的価値が大きく損なわれてしまう可能性があるため、繊細な取り扱いが必要です。

持ち込み買取や宅配買取を利用する場合には、ブロンズ像を店舗まで持ち運ぶ際、または配送の際にブロンズ像が欠けてしまったり、傷がついてしまういったリスクがゼロではありません。

その点、出張買取は買取業者の査定員が自宅まで来て査定・買取してくれますから、ブロンズ像を持ち運ぶ必要も、梱包・発送する必要もありません。

ブロンズ像のような美術品を買取に出すには、最も適した買取方法であると言えるでしょう。

各種手数料が無料の買取業者

買取サービスを利用すると、業者によっては出張買取の出張費・査定料・キャンセル料といった手数料がかかる場合があります。

せっかく大切なブロンズ像を買取に出したのに、このような手数料がかかってしまっては実質的な買取価格は目減りしてしまいます。

また、「どれくらいの価値があるのか、試しに査定に出してみたい」という場合にいちいち手数料がかかっていたのは、気軽に査定を依頼できません。

ブロンズ像の買取を安心して利用するためにも、利用するなら買取にまつわる各種手数料を無料にしている買取業者がおすすめです。

買取実績が豊富な買取業者

ブロンズ像などの美術品は価値を正確に見極めることが難しいため、買取業者によって買取価格に幅が出ることがあります。

安心して利用できる買取業者を見極めるための1つヒントになるのが、「多くの人から選ばれている買取業者である」ということです。

買取実績が豊富、または問い合わせ件数が多いということは多くの利用者から選ばれており、また、買取の経験が豊富な買取業者であると考えられます。

たくさんの問い合わせに対応して多くの買取実績を積み上げているということは、それだけ査定員などの人材も豊富に揃っているということにもなるでしょう。

安心して利用できる買取業者である可能性が高くなります。

同様の観点から、出張買取サービスを全国規模で行っているような買取業者も、広い範囲で多くの人から選ばれてため安心して利用できる買取業者の可能性が高いと考えられます。

骨董品バナー
骨董品バナー

スタッフの受け答えが明確な買取業者

ブロンズ像などの美術品の買取相場は、美術品を専門としない人には分かりにくいところがあります。

仮に買取業者の査定内容が間違っていたとしても、利用者はそれを指摘・反論する材料を持っていないというケースも多いでしょう。

そのためやはり、買取業者を選ぶ上で安心感というのは非常に大切になってきます。

買取にまつわる様々な疑問に、査定員などのスタッフが明確に答えてくれるような買取業者であれば、利用する側としては安心です。

反対に、スタッフの受け答えが曖昧であっては、利用者の不安は消えません。

曖昧な答えのまま押し通そうとするようなら、不当な安値で強引に買取する「押し買い」などを行う悪徳業者の可能性さえあります。

買取業者を選ぶ際には何よりも安心が大切です。

スタッフの受け答えに不安が残る場合には、一度キャンセルしてじっくり考えてみるというのも、買取で損をしないためには重要です。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する