ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

日本を代表する有名画家「平山郁夫」、その作品や絵画取引について

日本を代表する有名画家「平山郁夫」、その作品や絵画取引について
平山郁夫作品の買取相場は?高価買取のポイントもご紹介!

絵画は壁などに1枚あるだけで部屋の雰囲気を大きく変えてくれますし、それによって自宅等がよりワクワクする空間になるかもしれません。

その中で日本画は、特有の技法や独特の雰囲気を持つことから人気を集めているジャンルの1つです。

そして、昭和から平成の日本画を代表する作家が平山郁夫(ひらやまいくお 1930-2009)です。

平山郁夫の人物像や代表作に加え、作品の買取相場、高く買取してもらうためのポイントなどをご紹介します。

平山郁夫とは

平山郁夫とは

平山郁夫は、日本を代表する日本画家であり、教育者です。

日本美術院理事長・東京藝術大学学長などを務めました。

1930年に広島県で生まれた平山郁夫は、旧制広島修道中学3年時に原爆投下による被爆体験をしています。

原爆後遺症によって死をも覚悟する体験をしたことが、その後の創作活動・文化保護活動 にも大きな影響を与えました。

平山郁夫は画家として自らの作品を制作しながら、国内外数々の文化財の保存に尽力したことで知られています。

カンボジアのアンコール遺跡やアフガニスタン・バーミヤン渓谷の大仏など国内外さまざまな文化財の保護や修復、さらには技術指導を行って、現地では失われていた美術技法の再構築にも貢献しました。

さらにはユネスコ親善大使として中国と北朝鮮を仲介し、「高句麗前期の都城と古墳」と「高句麗古墳群」の世界遺産同時登録にも寄与しています。

そういった長年にわたる功績が認められ、1998年に文化勲章を受章したほか、2002年には中国政府から文化交流貢献賞が、2004年には韓国政府から修交勲章興仁章が贈られています。

2009年に惜しまれながら79歳で逝去しましたが、広島県尾道市にある平山郁夫美術館では現在も多くの作品を見ることができます。

平山郁夫と仏教・シルクロード

平山郁夫は仏教やシルクロードをテーマとした作品を多く残しています。

1959年ごろ、原爆後遺症で死を覚悟するなか、代表作の1つとなる『仏教伝来』が描き上げられました。

それ以降、平山郁夫の作品には仏教をテーマとしたものが多くなっています。

仏教のテーマは、古代インドに発生した仏教をアジアの果ての島国にまで伝えた仏教東漸の道であり、文化の西と東を結んだ道であるシルクロードへの憧憬につながっていきました。

中国からヒマラヤ山脈、タクラマカン砂漠に至るシルクロードのさまざまな遺跡へ何度も旅し、その旅は「シルクロードシリーズ」や奈良・薬師寺玄奘三蔵院の壁画に結実しています。

仏教が東漸した道でもあるシルクロードを描くことは、原子爆弾によって亡くなった仲間達への弔いでもあったのでしょう。

独特の柔らかなタッチで神秘的・幻想的な世界を表したシルクロードの風景画は、平山郁夫の代名詞となりました。

現在も、山梨県北杜市の「平山郁夫シルクロード美術館」には仏教をテーマにした多くの作品が展示されています。

平山郁夫の代表作品

平山郁夫の代表作品

近現代の日本画を代表する作家である平山郁夫には、優れた作品がいくつもあります。

ここでは、その中でも特に有名とされる4つの作品についてご紹介します。

仏教伝来

『仏教伝来』は1959年の院展で入選した、平山郁夫の出世作となった作品です。

原爆後遺症で死の危険が迫る中、「生きた証となる一作を残したい」との思いで描き上げられた作品だと言われています。

玄奘三蔵(三蔵法師)がシルクロードを旅し、インドから仏典を持ち帰る様子が幻想的に描かれています。

素晴らしい作品であるというだけでなく、その後の平山郁夫の作風を決定づけたきっかけとしても重要な作品です。

入涅槃幻想

『入涅槃幻想(にゅうねはんげんそう)』は1961年の院展で大鑑賞を受賞した作品であり、平山郁夫のプロ画家としての地位を確立させたと言われる代表作です。

涅槃に入る仏陀を仏弟子16人が見守る様子が描かれています。

平山郁夫作品にたびたび登場する平和の象徴としてのたくさんの鳩が、金色の光を放つ仏陀の上を飛び回っているのが印象的です。

また、幻想的なものが多い平山郁夫作品の中でも、タイトルに「幻想」と入っているように、特に幻想的な風景となっています。

大唐西域壁画

『大唐西域壁画(だいとうさいいきへきが)』は、奈良の世界遺産・薬師寺の壁に描かれた、7場面13枚・全長49mにもおよぶ大壁画です。

2000年に奉納されたこの作品のタイトルは、玄奘三蔵の旅行記である『大唐西域記』に由来しています。

『大唐西域壁画』は、取材を含めて制作期間約20年、スケッチだけで4000枚もの絵を描いたという大作です。

平山郁夫の長年のライフワークであるシルクロードへの旅で得たものの全てを注ぎ込み、玄奘三蔵の17年の旅を追体験して描かれたこの壁画は、まさに平山郁夫の生涯を代表する作品と言えるでしょう。

シルクロードを行くキャラバン東・太陽/西・月

『シルクロードを行くキャラバン』は、2008年に行われた日中平和条約締結30周年記念の北京展にも出品された晩年の代表作です。

過酷な砂漠を進むキャラバン隊が描かれたこの作品は、『東・太陽』と『西・月』の2枚から成ります。

『東・太陽』で太陽に照らされた砂漠は、灼熱の大地の厳しさがよく表れているとともに、『入涅槃幻想』の仏陀が放つ光にも通じる神々しさが感じられます。

『西・月』の砂漠は「平山ブルー」と呼ばれる深く澄み切った群青で描かれているのが特徴で、ラクダの足音だけが響く静寂の砂漠が見事に表現されています。

平山郁夫作品の買取相場はどれくらい?

平山郁夫作品の買取相場はどれくらい?

美術品買取史上における平山郁夫作品の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

平山郁夫作品の中でも、砂漠を進む美しいラクダが描かれている作品には買取史上で高い人気があり、コピー商品として印刷された絵画でも1万円ほどの買取価格がつくことがあります。

原画であれば小さな作品でも100万円ほどの買取価格がつくことも多いなど、平山郁夫作品の価値の高さがうかがえます。

平山郁夫作品で最も高いものでは、1,000万円ほどの買取価格がつくこともあるようです。

ただし実際の買取の場面での価格は、作品の保存状態などによっても異なります。

これらの価格は実際の買取価格とは異なる可能性もありますので、あくまで目安程度と考えてください。

平山郁夫作品の買取なら骨董品専門の買取業者を利用しよう

平山郁夫作品の買取なら骨董品専門の買取業者を利用しよう

平山郁夫作品をはじめとした日本画の価値を適正に見極めるためには、作品から読み取れる情報から作者・作品名・制作年代・真贋といったポイントを正確に判断できなけれななりません。

日本画について非常に高い専門知識や査定技術を持った買取業者でなければ難しい仕事です。

質屋で現金化したり、ネットオークションで売却したりという方法も考えられますが、骨董品専門ではない質屋やネットオークションの不特定多数の買い手に、日本画についての専門性があるかどうかは疑問です。

平山郁夫作品を安心して買取に出したいなら、骨董品専門の買取業者、その中でも日本画の買取実績を豊富に持つ買取業者を選ぶのが良いでしょう。

また、買取にまつわる各種手数料を無料にしている業者、出張買取を行っている業者などを選ぶことで、無駄な出費を避けながら便利に買取サービスを利用することができます。

平山郁夫作品を高く買取してもらうための4つのポイント

平山郁夫作品を高く買取してもらうための4つのポイント

平山郁夫作品には価値の高いものも多いですが、その中でもより高く買取してもらうためにはどのようなポイントに注意すれば良いでしょうか。

平山郁夫作品をはじめとして、日本画の買取価格に大きく影響するポイントを4つに分けてご紹介します。


・作品の保存状態

・作品の種類

・版画作品にサインやエディションナンバーがあるか

・付属品の有無

作品の保存状態

平山郁夫作品を含む絵画の買取で、作品の保存状態は買取価格に大きく影響する重要な査定ポイントとなっています。

価値の高いある平山郁夫作品であっても、傷や破れがある、カビが発生しているなど保存状態が良くない場合には買取価格は下がってしまう可能性が高いでしょう。

反対に保存状態が良ければ、平山郁夫作品の本来の価値が買取価格にも反映されるでしょう。

平山郁夫作品を保管する際には、箱や額に入れておく、湿気の多い場所は避けるなど、傷やカビを防ぐための工夫が大切です。

作品の種類

平山郁夫作品には水彩画もあれば、リトグラフやシルクスクリーンなどの版画、さらには壁画まで様々な種類が存在します。

さすがに壁画は買取の対象にはなりませんが、作品の種類も査定時にチェックされるポイントの1つです。

たとえば、版画作品は1つの原画から複数枚刷られるため、水彩画などの1点ものの作品に比べると希少価値は低くなるかもしれません。

版画作品でも原画や、1点ものの作品の中には、希少価値が非常に高くなるものもあるでしょう。

とはいえ、作品の種類で買取価格の高低がすべて決まってしまうわけではありません。

版画でも人気作品であれば、高い買取価格がつく可能性は十分にあります。

まずは試しに骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

版画作品にサインやエディションナンバーがあるか

平山郁夫を含む版画作品の買取で重要になるポイントの1つが、サインとエディションナンバーの有無です。

エディションナンバーとは、版画作品につけられる通し番号のことです。

作品に平山郁夫のサインがあれば本物である証拠になりますし、「△△/〇〇」のようにエディションナンバーが入っていることで希少性を証明することができます。

反対に、サインやエディションナンバーがないものは、本人公式のものではない複製品とみなされてしまうかもしれません。

複製品となると、やはり買取価格は下がってしまうでしょう。

付属品の有無

平山郁夫作品を購入すると、箱・額縁・鑑定書・保証書などの付属品がついてくることがあります。

これらの付属品が揃っている作品は、付属品が無い場合に比べて買取価格が高くなりやすい傾向があります。

特に、鑑定書・保証書・平山郁夫のサインが入った箱などは、本物の平山郁夫作品であることを証明してくれるので重要です。

平山郁夫作品には複製や贋作が存在しますので、本物であることが証明できれば買取価格に大きく影響します。

買取業者としても、買取後に再販するときに重要な付属品となるため、付属品が揃っている作品には高い買取価格をつけやすくなるでしょう。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料