新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?
使用済み食器は買取対象?食器を損しないで買い取ってもらえるポイント

食器は贈答品や引き出物などでもらう機会も多く、「自宅に使っていない食器がたくさんある」という人も多いかもしれません。

そんな時には食器買取の利用を検討したいところですが、初めての人にとって、食器買取には分からない部分も多いかもしれません。

「使用済みの食器は買取してもらえるのか」「高く買取してもらいやすい食器はどういうものか」など、疑問を抱えている人も少なくないように見受けられます。

使用済みの食器を買い取ってもらえるか、高く買取してもらいやすい食器の種類に加えて、ブランド洋食器や産地ものの和食器の買取相場、買取時の注意点などをご紹介します。

使用済みの食器は買い取ってもらえるのか?

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

食器棚などにたくさんある使用済みの食器を整理するのは大変ですよね。

燃えるゴミですぐに捨てられるものではありませんし、食器は頂き物も多いでしょうから捨てるにも躊躇してしまいます。

そんなときに、もし使用済みの食器をまとめて買取してくれる業者があれば簡単に片付けることができます。

使用済みの食器は基本的に買取対象にならない場合が多いです。

ただし、ロイヤルコペンハーゲン・ウェッジウッド・マイセンといったブランド洋食器や、人気作家の陶芸作品・有名産地ものといった和食器などは食器買取市場における人気が高いため、使用済みであっても一定の需要があります。

これらの食器であれば、新品未使用でなくても買取してもらえる可能性が十分にあります。

特に、使用済み食器の中でも保存状態が良いものは需要が高く、食器買取市場において活発に取引されています。

使用済みの食器であっても、保存状態によっては高く買取してもらえるかもしれません。

ブランド食器とノーブランド食器で買取相場は変化するのか?

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

未使用品であれば、ブランドかノーブランドかを問わず、食器は買取に出せます。

ただし、ブランドかノーブランドかによって食器の買取相場には差があります。

ブランド食器の買取相場は、およそ数千円から数万円です。

ロイヤルコペンハーゲンやマイセンなどの有名ブランドであれば、作品によっては数十万円~100万円といった買取相場になるものもあるでしょう。

有名ブランドや有名産地ものの食器は食器買取市場における人気が高いため、買取相場が高くなる可能性が高いです。

食器の保存状態や、セット内容が揃っているかどうかなどにもよりますが、有名ブランドや有名産地の食器であれば使用済みでも一定の需要があるため、買取してもらえるケースは多いです。

一方、ノーブランド食器の買取相場は1枚が数千円に満たない場合が多いようです。

使用済みのノーブランド食器は食器買取市場における需要がブランド食器に比べて少なく、保存状態がそれほど悪くなくても買取業者によっては買取不可になる可能性があります。

買取可否の基準は買取業者によってことなりますので、詳しくは査定員に聞いてみましょう。

買取相場が高くなりやすい食器にはどんなものがある?

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

ブランド洋食器や、有名産地もの・有名作家の和食器などは、食器買取市場での買取相場が高くなりやすいです。

では、買取相場が高くなりやすい食器には、具体的にはどのようなものがあるでしょうか。

ブランド洋食器、有名産地の和食器、有名作家の和食器に分けてそれぞれまとめてみます。

買取相場が高くなりやすいブランド洋食器

買取相場が高くなりやすい洋食器ブランドには以下のようなものがあります。

カッコ内は、そのブランドの代表的なシリーズ名や得意ジャンル等です。


・ロイヤルコペンハーゲン(フローラダニカなど)

・ウェッジウッド(ジャスパーなど)

・マイセン(アラビアンナイトなど)

・バカラ(ガラス製品)

・エルメス

・ヘレンド(インドの華など)

・クリストフル(シルバー製品)

・ノリタケ(オールドノリタケなど)


ブランド洋食器の概要や買取相場については、こちらの記事に詳細が載っていますのでご覧ください。

買取相場が高くなりやすい有名産地の和食器

買取相場が高くなりやすい有名産地ものの和食器には以下のようなものがあります。

カッコ内は現在の生産地名です。


・有田焼(佐賀県有田町周辺)

・唐津焼(佐賀県東部・長崎県北部)

・九谷焼(石川県南部)

・伊万里焼(佐賀県有田町周辺)

・萩焼(山口県萩市周辺)

・備前焼(岡山県備前市周辺)

・美濃焼(岐阜県東部)


和食器や陶磁器の詳細な解説や買取相場について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

買取相場が高くなりやすい有名作家の和食器

食器の買取相場が高くなりやすい有名作家には以下のような人々がいます。

カッコ内は、その作家が得意とする和食器の種類です。


・酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん 有田焼)

・中里太郎右衛門(なかざとたろうえもん 唐津焼)

・徳田八十吉(とくだやそきち 九谷焼)

・三輪休雪(みわきゅうせつ 萩焼)

・金重陶陽(かねしげとうよう 備前焼)

・金重素山(かねしげそざん 備前焼)

・中村六郎(なかむらろくろう 備前焼)

・荒川豊蔵(あらかわとよぞう 美濃焼)

・加藤孝造(かとうこうぞう 美濃焼)

食器の買取相場はどれくらい?

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

ブランド洋食器や、有名産地もの・有名作家の和食器の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

洋食器、和食器に分けてそれぞれ見ていきましょう。

洋食器の買取相場

有名ブランドの洋食器について、代表的なシリーズとおおよその買取相場についてまとめました。

表をご参照ください。


ブランド名人気シリーズ等買取相場
マイセンアラビアンナイトなど~100万円前後
バカラガラス製品~100万円前後
ラリックガラス製品~100万円前後
ロイヤルコペンハーゲンフローラダニカなど~50万円前後
リチャードジノリカポディモンテなど~10万円前後
クリストフルシルバー製品~10万円前後
フッチェンロイターフィギュリンなど~10万円前後
ファイヤーキングキンバリーなど~5万円前後
ロイヤルアルバートオールドカントリーローズなど~5万円前後
ロイヤルクラウンダービーロイヤルアントワネットなど~5万円前後
ロイヤルドルトンブランブリーヘッジなど~5万円前後
ローゼンタールクラシックローズなど~5万円前後
ヘレンドインドの華など~5万円前後
ノリタケオールドノリタケなど~5万円前後
セーブル~5万円前後
リヤドロ磁器人形~5万円前後
エルメス~3万円前後
ウェッジウッドジャスパーなど~3万円前後
アウガルテンウィンナーローズなど~3万円前後
ミントン~ハドンホールなど~3万円前後
リモージュジョルジュボワイエなど~3万円前後
エインズレイオーチャードゴールドなど~3万円前後
アラビアパラティッシなど~1万円前後
イッタラバードなど~1万円前後
ティファニー~1万円前後
リーデルワイングラスなど~5000円前後
ルクルーゼ鍋など~1000円前後
ナルミミラノなど~1000円前後
ロールストランドペルゴラなど~1000円前後
グスタフスベリベルサなど~1000円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまでブランドの中でもっとも人気のある作品の相場を記載しております。食器の状態によってはお値段が付かない場合もございます。

※査定させて頂く食器の保存状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※食器に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の食器は査定対象外となります。

マイセンやバカラなどの人気高級ブランドの作品は、食器買取市場でもやはり買取相場は高くなりやすいです。

また、マイセン・ロイヤルコペンハーゲン・ウェッジウッドなどは、食器買取市場でも特にポピュラーで、出会うことの多いブランドだと言えるでしょう。

和食器の買取相場

有名産地ものの和食器について、産地ごとの代表作家とおおよその買取相場についてまとめました。

表をご参照ください。


種類代表的な作家買取相場
有田焼酒井田柿右衛門など~100万円前後
唐津焼中里太郎右衛門など~20万円前後
九谷焼徳田八十吉など~50万円前後
伊万里焼今泉今右衛門など~50万円前後
萩焼三輪休雪など~100万円前後
備前焼金重陶陽など~50万円前後
美濃焼(志野)鈴木藏など~50万円前後
美濃焼(瀬戸黒)荒川豊蔵など~500万円前後
益子焼濱田庄司など~50万円前後
伊賀焼~10万円前後
織部焼北大路魯山人など~100万円前後
京焼青木木米など~30万円前後
薩摩焼沈壽官など~10万円前後
信楽焼北大路魯山人など~100万円前後
丹波焼~10万円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまで産地・作家の中でもっとも人気のある作品の相場を記載しております。食器の状態によってはお値段が付かない場合もございます。

※査定させて頂く食器の保存状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※食器に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の食器は査定対象外となります。

有田焼・萩焼・美濃焼といった人気の産地もの和食器で、人間国宝の作品であれば特に高い買取相場になりやすい傾向があります。

また、長い歴史を持つ産地もの和食器も多いですが、古い作品で保存状態が良ければ買取相場は高くなりやすいでしょう。

食器を売るなら食器専門の買取業者に査定してもらおう

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

食器の買取に対応している買取業者には、総合リサイクルショップや食器専門の買取業者などがあります。

特にブランド食器の場合なのですが、食器を買取に出すなら食器専門の買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

食器の適正な価値を見極めるためには、製造年代・産地・希少性・素材・ブランド名・作家名などをチェックする必要があります。

食器に関する高い専門知識を持った査定員でなければ、食器を適正に査定することはできません。

リサイクルショップなどの食器を専門としない買取業者では、食器を専門とする査定員が店舗にいないケースが多くあります。

食器の適正な価値を見極められるかどうかは疑問です。

中には、価値あるブランド食器やアンティーク食器であっても、ノーブランド品と一律に「1kg〇〇円」と重さのみで買取価格を算出しているような買取店もあります。

価値の高い食器の買取価格を重さのみで決められてはたまりませんよね。

お持ちの食器を本来の価値に即した価格で買取してもらいたいなら、食器専門の買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

複数の業者で相見積もりを取るのも有効

食器専門の買取業者の間でも、その時々の食器の買取価格には業者ごとに差が出ることがあります。

そこで、お持ちの食器をより高く買取してほしいと考えるなら、複数の業者に査定を依頼して相見積もりを取るのも有効な手です。

その中から最も高い買取価格をつけてくれた業者を選ぶこともできますし、査定中の査定員の振る舞いなどから安心して任せられる業者を見極めることもできます。

食器を「急いで売りたい」という場合でなければ、気になる買取業者をいくつかピックアップして、相見積もりを取ってみても良いかもしれません。

食器をより高く買取してもらうためのポイント

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

本来高い価値があるはずの食器でも、査定時の状況によっては買取価格を下げてしまうようなケースもあります。

反対に言えば、高く買取してもらうためのポイントを押さえておけば、少しでも高い買取価格をつけてもらえる可能性もあります。

食器をより高く買取してもらうための代表的なポイントは、以下の3つです。


・セット内容は全て揃えて査定に出す

・食器の保存状態はきれいしておく

・売ると決めたらなるべく早く買取に出す

セット内容は全て揃えて査定に出す

食器の中には、例えばティーカップ・ソーサー・プレート・ティーポットから成るティーセットのように、セットで販売されているものが多くあります。

このようなセットで販売されている食器の場合には、セット内容が全て揃っている方が高く買取してもらえる可能性が高いです。

買取の際には、セット内容を全て揃えて査定に出すのがおすすめです。

ただし、セット内容が全て揃っていなければ買取してもらえないというわけではありません。

例えば「カップ&ソーサー6客セットのうちの2客だけ」といった場合でも、人気ブランドの場合には、「好きなブランドの食器だから2客だけでも良い」という需要が発生するケースは多いです。

人気ブランドの食器であれば、セットの一部だけでも買取価格がつくケースは多いでしょう。

セット内容が揃っている方が買取価格は高くなりやすいですが、揃っていなくとも査定に出すのに遠慮は要りません。

< また、食器購入時についてくる付属品も、一緒に査定に出すことをおすすめします。

ブランドによっては外箱、商品紹介のリーフレットやブランドのカードなどがついてきますが、食器コレクターにとってはこれらも重要なコレクションの一部です。

付属品がついているものの方が食器買取市場における需要が高くなるため、高く買取してもらえる可能性は上がるでしょう。

食器の保存状態はきれいしておく

割れや欠けがあると食器の買取価格は下がってしまう可能性が高いです。

この点は分かりやすいので気を付ける人が多いのですが、割れや欠けのほかに汚れやカビも買取価格に影響することがありますので注意が必要です。

陶器、あるいは木製の食器などは、比較的カビが発生しやすいです。

そして、カビの発生原因となるのが、食器の汚れ・ほこり・湿気です。

食器に汚れが付いた場合には放置せずに、しっかりと洗い落してから乾燥させるようにしましょう。

また、ほこりは使っていない食器にも溜まってくるので、定期的に払ってあげると良いでしょう。

湿気を溜めないためには、湿気の多い場所に保管しないこと、たまには風を通してあげることなどが重要です。

使用頻度が少ない食器で、汚れが付着していることに気づかないまま棚にしまっていたというケースがよくあります。

固まってしまった汚れに気づき、慌てて固めのスポンジで擦りがちなのですが、これをすると細かい傷がいくつも食器についてしまう恐れがあります。

傷がついてはかえって買取価格を下げてしまいますので、汚れは柔らかいスポンジで優しく洗い落とすようにしてください。

売ると決めたらなるべく早く買取に出す

骨董的な価値のつくアンティーク食器はブームなどによる買取相場変動の影響が大きいためこの限りではありませんが、ブランド食器などの場合には、なるべく早く買取に出したほうが高い買取価格がつく可能性があります。

一般に、ブランド食器は新作の方が食器買取市場における需要が多く、発売から時間が経ったものほど需要が少なくなりやすい傾向があります。

そのため、高く買取してもらうためには、需要が比較的多いうちに早めに買取に出すというのは1つの手です。

「プレゼント等で新作のブランド食器をもらったが、使う予定がない」といった場合には、早めに査定を依頼するのが得策と言えるかもしれません。

また、ブランド食器でなくとも、保存状態が良いほうが高く買取してもらいやすいという傾向は顕著です。

使う予定がないのであれば、今よりも保存状態が劣化してしまう前に買取に出すというのは1つの考え方としてあるでしょう。

食器の買取方法にはどんなものがある?

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

食器の代表的な買取方法には以下の3つがあります。


・出張買取

・宅配買取

・持ち込み買取


それぞれにメリット・デメリットがありますので、お持ちの食器の数や種類などに応じて、利用する買取方法を検討してみてください。

出張買取

食器の買取方法の1つ目として、食器専門の大手買取業者が行っていることの多い出張買取があります。

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれるサービスです。

査定が自宅で行われますので、食器を買取店まで運んだり、梱包・発送などを行う必要がありません。

その点で非常に手軽ですし、持ち運びの時に食器を破損してしまうなどの心配もありません。

また、出張費や査定料などの手数料を無料にしている買取業者も多いです。

そういった無料サービスを上手く使えば、自宅にいながら無料で複数業者の相見積もりを取ることもできます。

宅配買取

宅配買取とは、売りたい食器を買取業者に送付して査定・買取してもらう買取方法です。

買取業者の営業時間に合わせる必要がないので、忙しい人にはありがたい買取方法だと言えるでしょう。

しかし、宅配買取にはデメリットもあります。

食器を梱包・発送する手間がかかるうえ、宅配業者を介しての送付になるため、配送中に食器が破損してしまう可能性もゼロではありません。

また、査定員と対面での査定ではないため査定内容について詳しく質問することができず、査定員と対面での買取方法に比べて査定内容に対する納得感が持ちにくいかもしれません。

なお、食器は破損しやすいため、食器の宅配買取を行っていない買取業者も一部あります。

上記のような理由から、食器買取の際に宅配買取を利用するのはおすすめし難いといえます。

持ち込み買取

持ち込み買取とは、売りたい食器を買取業者の店舗に持ち込んで査定・買取してもらう買取方法です。

予約なども必要ない場合が多く、その場で査定・買取まで全て完了できる点が手軽な買取方法です。

しかしながら、食器専門の買取業者を利用したいと考えると、店舗数はそれほど多くありません。

自宅の近くに思い当たる店舗がないという人もいるでしょう。

また、食器は重いものが多いですから、大量の食器を店舗まで持ち運ぶのは大変な手間がかかります。

もし大変な持ち運びの際に食器が破損してしまうと、買取価格にも大きく影響してしまいます。

持ち込み買取は宅配買取と同様、食器を査定に出すには向かない方法だと言えますので、利用は控えた方が良いでしょう。

食器買取に関するQ&A一覧

食器を高く買い取ってもらうには?使用済みでも買取対象になる?

初めて利用する人にとっては、食器買取には分かりにくいところもあります。

ここでは、食器買取でよくある質問をご紹介し、解説します。

どんな種類の食器が買取対象になるの?

カップ・ソーサー・プレート・ポットといった洋食器、茶碗・皿といった和食器、ナイフ・フォーク・スプーンといったシルバーカトラリーなど、どんな種類の食器でも買取対象になります。

ただし、ブランドや作品によっては買取不可となる場合もありますので、詳しくは各買取業者に問い合わせてみましょう。

ブランドが分からない食器を査定に出しても良いの?

ブランドが分からない食器であっても、査定自体を断られるということは基本的にありません。

そんな場合でも、食器に精通した査定員であれば適正な価値を見極めることができるでしょう。

むしろ、専門の査定員に見てもらうことでブランドが判明するかもしれません。

ブランドが分からない場合も、気軽に査定を依頼してみましょう。

箱やリーフレットなどの付属品がなくても買取してもらえる?

箱やリーフレットなどの付属品が揃っている場合の方が、高く買取してもらえる可能性は上がります。

しかし、付属品が無ければ買取してもらえないというわけではありません。

有名ブランドの人気作品であれば、付属品が無くても高い買取価格がつく可能性はあります。

付属品がなくても、遠慮なく査定を依頼してみましょう。

食器棚に入れたままで仕分けしていなくても問題ない?

出張買取の場合で、売りたい食器が食器棚に入ったままで仕分けされていないということはよくあります。

その場合でも多くの買取業者では、査定員が1点ずつ食器棚から取り出して査定してくれます。

ただし、トラブルを避けるためにも、「この範囲の食器だけ査定してほしい」など、買取希望の食器とそうでない食器を明確に伝えるようにしましょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください