株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介
刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

「実家の片付けをしていたら古い刀剣が出てきた」といったようなケースは珍しくないようです。

保管するにも手入れは難しく、処分するにも方法が分からず、困ってしまった経験をお持ちの人も少なくないのではないでしょうか。

そんな時には、刀剣の買取を考えてみることをおすすめします。

刀剣の種類や買取相場について、また、刀剣を買取してもらう際に必要なものや買取時の注意点についてご紹介します。

※バイセルでは刀剣(刃のついた状態)の買取が難しい場合がございます。なお、鍔(つば)、鞘(さや)、鎧(よろい)のみ買取可能ですので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

刀剣の種類

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

ひとくちに「刀剣」と言っても、日本のものだけでも実に様々な種類があります。

ここでは日本の刀剣にどんな種類があるのかについて、長さや形による分類・作られた時代による分類をもとにご紹介します。

長さや形による刀剣の分類

日本の刀剣は、長さや形によって直刀(ちょくとう)・太刀(たち)・打刀(うちがたな)・脇差(わきざし)・短刀に大きく分類されます。

長さや形による刀剣の分類は表の通りです。


種類長さ特徴時代
直刀さまざま反りがなく、まっすぐ平安時代中期以前
太刀2尺以上鎬があり、反りを持つ平安時代中期以降
打刀2尺以上鎬があり、反りを持つ
太刀より反りが小さくて抜きやすい
室町時代以降
脇差1尺~2尺鎬があり、反りを持つ
武士以外も帯刀を許された
室町時代以降
短刀1尺以下鎬があり、反りを持つ
反りが小さく、柄と刀身の間に鍔がない
鎌倉時代以降

※鎬(しのぎ)…刀身を刃側から見て、1番横幅が広い部分。「しのぎを削る」の語源。

※柄(つか)…刀剣を振るう際に握る部分。

※鍔(つば)…刀身と柄の境目に付けられるパーツ。握った手が滑って切れてしまうのを防ぐ。


長さ1尺は、メートル法ではおよそ30.3cmです。

従っておおよそ、太刀や打刀は長さ60cm以上、脇差は30cm~60cm、短刀は30cm以下となります。

また、直刀以外の4種類を総称して湾刀(わんとう)と呼びます。

いわゆる「日本刀」と呼ばれるのは、この湾刀のことです。

作られた時代による刀剣の分類

日本の刀剣は作られた時代によっても、上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀に分類されます。

これらは刀の形状や用途ではなく、単純に時代による分類です。


種類時代
上古刀平安時代以前
古刀平安時代末期~1595年(安土桃山時代末期)
新刀1596年~1780年(江戸時代中期)
新々刀1781年~1876年(明治9年)
現代刀1876年~

刀剣の有名産地「五箇伝」とは

明治時代以降に日本の刀剣に関する研究が進められた結果、日本の刀剣の作風は5つのグループに分類できることが分かりました。

それぞれ、作風の中心的な場所の旧国名をとって山城伝(やましろでん:京都)・大和伝(やまとでん:奈良)・備前伝(びぜんでん:岡山)・相州伝(そうしゅうでん:神奈川)・美濃伝(みのでん:岐阜)と呼ばれています。

これらの5つを総称して五箇伝(ごかでん)と呼びます。

この5箇所以外で刀剣が作られる地域も、五箇伝の伝法が伝えられたことによって発展したケースが多いです。

五箇伝は日本の作刀の基本とも言えるもので、どの伝法が使われているかは刀剣の買取の際にも重要なチェックポイントになります。

刀剣の買取相場はどのように決まる?

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

骨董品買取市場における刀剣の買取相場は、どのようにして決まるのでしょうか。

刀剣の買取相場を決定づける4つの重要ポイントについてご紹介します。

有名な刀工の作品であるかどうか

日本の刀剣には、歴史上多くの名工と呼ばれる刀工が存在します。

そのような有名な刀工の作品の場合、買取相場は高くなりやすいです。

相州正宗(そうしゅうまさむね 鎌倉~南北朝時代)・和泉守兼定(いずみのかみかねさだ 室町時代)・源清麿(みなもときよまろ 1813-1855年)といった、歴史上でも最も有名なクラスの刀工の作品であれば、1,000万円以上の価格で取引されることもあります。

刀剣の種類

刀剣の種類別では、短刀や脇差よりも打刀の方が買取相場は高くなりやすいです。

あくまでも目安程度ですが、同じランクの作品で同様の保存状態であれば、短刀の買取相場は打刀の50~60%程度、脇差の買取相場は打刀の40~50%程度になることが多いようです。

拵えの有無や美しさ

拵え(こしらえ)とは、外出用に装飾された鞘・柄・鍔のことです。

反対に自宅保管用の鞘を白鞘(しらさや)と言い、日本の刀剣は外出用と自宅保管用で刀装を使い分けるのが一般的でした。

この拵えの有無や細工の美しさも、買取価格を左右するポイントです。

刀剣の保存状態

刀剣の買取相場に大きな影響を与えるのが、刀剣の保存状態です。

いくら価値ある刀剣であっても、錆や傷、ヒビがあるなど保存状態が良くないと、買取価格は大きく下がってしまう恐れがあります。

保存状態が良く、刃紋が美しい刀剣であれば買取市場における需要も多くなり、高い買取価格がつきやすいでしょう。

刀剣を買取してもらうには登録証が必要

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

日本では鉄砲刀剣類所持法(銃刀法)により、刀剣類(刃渡り15cm以上の刀・槍・薙刀、刃渡り5.5cm以上の剣など)の所持や売買は禁じられています。

そのため、骨董品・美術品として刀剣を所持・売買するためには、都道府県の教育委員会による当該刀剣の登録を受けなくてはなりません。

この登録を受けていない刀剣の所持を続けたり、売買を行ったりすると処罰の対象になってしまいます。

何かの拍子に登録証のない刀剣を手に入れた際には、まず所轄の警察署の生活安全課に刀剣類発見の届出をする必要があります。

その後、警察より通知を受けた教育委員会が登録審査会を行い、審査を通過した刀剣には、ひと振り6,000円(+税)を支払うと登録証が発行されます。

この登録証が発行されれば、その後の所持や売買が可能になるのです。

刀剣の買取の際にはこの登録証が必ず必要になります。

登録証は大切に保管し、買取の際には刀剣と併せて準備しておきましょう。

刀剣をより高く買取してもらうための3つのポイント

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

刀剣の買取価格に大きく関わるのは、作者・種類・拵え・保存状態などでした。

ではこれらの観点から、お持ちの刀剣をより高く買取してもらうためにはどのようなことに注意すれば良いでしょうか。

刀剣を少しでも高く買取してもらうために、気を付けたい3つのポイントをご紹介します。

なるべく早めに買取してもらう

刀剣の買取には保存状態が重要ですが、刀剣は素材が鉄である以上、錆から完全に逃れることはできません。

たとえ刀を抜くことなく鞘に収めてあったとしても、次第にうっすらと霜がおりたように薄い錆が発生し、時間経過とともに赤く錆びていってしまいます。

そして、錆が発生してしまえば、どんな名工の作品であっても買取価格は大きく下がってしまう恐れがあります。

その意味で、買取を考えている刀剣があるなら、錆が発生する前に早めに売るというのは1つの手でしょう。

持っている間は手入れを忘れずに

いくら「早く買取してもらった方が良い」と言われても、手放す決心がなかなかつかない場合もあるでしょう。

刀剣の保存状態を保つためには早く売るだけではなく、刀剣を所持している間に錆を防ぐための手入れをすることも重要です。

刀剣が錆びないようにするためには、刀身に薄くチョウジ油を塗るという手入れが有効です。

ティッシュペーパーなどに染み込ませたチョウジ油をごくごく薄く塗ってあげると良いでしょう。

ただし、油は時間が経つと劣化しますので、数ヶ月に1度は前回の油を拭って塗り直すという作業を行うのがおすすめです。

刀剣の手入れとは言っても、砥石などを使ってご自身で研ぐのはおすすめできません。

刀剣、特に日本刀の研ぎは非常に難しく、専門家でなければ刀剣に傷をつける結果になってしまう恐れがあるからです。

付属品は刀剣と一緒に買取に出す

刀剣を買取に出す際、本体以外に鍔・拵え・刀台などの付属品も買取対象となることは多いです。

特に、細工の美しい拵えや、金工・漆工等の技術が使われた刀台などには高い価値がつくこともあります。

刀剣の登録証はもちろんですが、他に見てもらいたい付属品があれば、刀剣と一緒に査定に出すようにしましょう。

刀剣の買取でよくある質問

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

刀剣は買取市場で取引される商材の中でも扱いが難しく、買取に出すにあたって複雑な点や疑問点も出やすいかもしれません。

ここでは、刀剣の買取でよくある質問をご紹介し、解説します。

刀剣の買取に鑑定書は必要?

結論から言えば、鑑定書が無くとも刀剣を買取してもらうことはできます。

ただし、鑑定書があれば刀剣の価値や品質を証明できるため、買取時の査定においても有利に働くことは多いです。

刀剣の鑑定書を発行している機関や個人はいくつもありますが、その中で最も信頼性が高いとされているのが「日本美術刀剣保存協会」です。

日本美術刀剣保存協会の鑑定書があれば、買取時にもその鑑定内容は信頼できるものと見なされることが多いです。

ただし、付いているのが日本美術刀剣保存協会の「認定書」だった場合には注意が必要です。

日本美術刀剣保存協会の「認定書」は1950年から1982年の間に発行されていた書類で、現在は廃止されています。

この時代の鑑定技術は現代に比べて未熟なため、刀剣の価値を証明するものとして不十分と見なされてしまう可能性があります。

模造刀や偽造刀は買取してもらえる?

趣味のコレクションとして、あるいは居合道などの稽古用として、模造刀や偽造刀を持っているという人も多いでしょう。

模造刀や偽造刀は美術品・骨董品としての需要があるため、買取に対応している業者は多いです。

真剣とは扱いが異なりますが、保存状態の良い模造刀や偽造刀であれば買取してもらえる可能性は高いでしょう。

まずは試しに、骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

刀剣の一部だけでも買取してもらえる?

日本の刀剣は刀身・柄・鍔・鞘など、様々な部品の組み合わせによってできています。

これは分解してメンテナンスしやすいようにするための仕組みで、日本の刀剣の特徴とも言えるでしょう。

そしてこの特徴のため、「押し入れや蔵などから刀剣の一部だけが見つかった」というケースも珍しくないようです。

このような刀剣の一部分だけであっても、買取に対応している業者はあります。

特に、美しく装飾された鞘や柄などは、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

物によっては買取不可となる可能性もありますが、「一部だけだから」と諦めてしまわずに、まずは骨董品専門の買取業者に問い合わせてみましょう。

買取店とネットオークションはどっちがおすすめ?

刀剣を売るには買取業者に買取を依頼する以外にも、ネットオークションを使って個人間で売買する方法もあります。

ネットオークションにはスマートフォン1つあれば出品できてしまうため、非常に便利な方法であることは間違いありません。

ただし、不特定多数の買い手を相手にするネットオークションでは、刀剣の専門知識を持った買い手に出会えるとは限りません。

お持ちの刀剣の正しい価値を見極めてもらえず、本来付くはずの価格よりも安い価格で落札されてしまう危険があります。

お持ちの刀剣の適正な価値を見極めてもらいたいなら、骨董品専門の買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

ネットオークションでの売却を考えている場合でも、骨董品専門の買取業者に査定だけを依頼して、刀剣の正しい価値を把握しておくことは重要です。

※バイセルでは刀剣(刃のついた状態)の買取が難しい場合がございます。なお、鍔(つば)、鞘(さや)、鎧(よろい)のみ買取可能ですので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目