ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介
刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

「実家の片付けをしていたら古い刀剣が出てきた」という方もいるのではないでしょうか。

刀剣は保管するにも手入れは難しく、処分するにも方法が分からず、取り扱いに困ってしまうこともあるかと思います。

そんな時には、刀剣の買取を考えてみることをおすすめします。

刀剣の種類や買取相場について、また、刀剣を買取してもらう際に必要なものや買取時の注意点についてご紹介します。

刀剣の種類

刀剣の種類

ひとくちに「刀剣」と言っても、日本のものだけでも太刀・刀・脇差・短刀・槍・薙刀など、実に様々な種類があります。

今回は日本の代表的な刀剣について、長さや形による分類・作られた時代による分類をもとにご紹介します。

長さや形による刀剣の分類

日本の刀剣は、長さや形によって直刀(ちょくとう)・太刀(たち)・打刀(うちがたな)・脇差(わきざし)・短刀に大きく分類されます。

長さや形による刀剣の分類は表の通りです。


種類長さ特徴時代
直刀さまざま反りがなく、まっすぐ平安時代中期以前
太刀2尺以上鎬があり、反りを持つ平安時代中期以降
打刀2尺以上鎬があり、反りを持つ
太刀より反りが小さくて抜きやすい
室町時代以降
脇差1尺~2尺鎬があり、反りを持つ
武士以外も帯刀を許された
室町時代以降
短刀1尺以下鎬があり、反りを持つ
反りが小さく、柄と刀身の間に鍔がない
鎌倉時代以降

※鎬(しのぎ)…刀身を刃側から見て、1番横幅が広い部分。「しのぎを削る」の語源。

※柄(つか)…刀剣を振るう際に握る部分。

※鍔(つば)…刀身と柄の境目に付けられるパーツ。握った手が滑って切れてしまうのを防ぐ。


長さ1尺は、メートル法ではおよそ30.3cmです。

従っておおよそ、太刀や打刀は長さ60cm以上、脇差は30cm~60cm、短刀は30cm以下となります。

古墳時代後期の日本の刀剣は、柄に金・銀を施したものが多く、装飾品としての用途で作られていたと言います。

平安時代以降は武器として進化したため、切れ味を求めて反りを持つ形状に変わっていきます。

また、直刀以外の反りを持つ4種類を総称して「湾刀(わんとう)」と呼びます。

一般的に「日本刀」と呼ばれるのは、この4種類の湾刀を指します。

刀身の買取において、長い刀に比べて短い刀は、短い分買取額が下がってしまうかどうかという質問が挙がることがあります。

結論を述べると、刀身の長さはそれほど関係ないでしょう。

買取査定時には、刀身の長さよりも、刀工・流派・保存状態などが評価される傾向にあります。

作られた時代による刀剣の分類

日本の刀剣は作られた時代によっても、上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀に分類されます。

これらは刀の形状や用途ではなく、単純に時代による分類です。


種類時代
上古刀平安時代以前
古刀平安時代末期~1595年(安土桃山時代末期)
新刀1596年~1780年(江戸時代中期)
新々刀1781年~1876年(明治9年)
現代刀1876年~

武家政権がゆえに武器が進化していく平安時代末期や、開国の戦乱が起きたために刀が実戦向きになっていく江戸時代などというように、時代の流れに合わせて刀剣が進化したゆえに分類されていることが分かりますね。

太刀などの古刀は、それより新しい刀剣に比べて高く売れる傾向にあります。

特に鎌倉時代は度重なる戦争によって刀作りが栄えていた時代で、武家社会に相応しい実用性と美術品としての美しさを兼ね備えた刀が多く作られました。

それゆえ、鎌倉時代の刀剣は市場でも価値が高いとされ、高額買取が期待できるケースがあります。

刀剣の有名産地「五箇伝」とは

刀剣の有名産地「五箇伝」とは

鎌倉時代は「刀の黄金期」とも言われ、幕府が刀工を招いていました。

後世に残る代表的な名刀が多く生み出された鎌倉時代以降、代表的な日本の刀剣の作風は5つのグループに分類されていました。

それぞれ、作風の中心的な場所の旧国名をとって、以下のように呼ばれます。


・山城伝(やましろでん:京都)

 …実戦時の切れ味等よりも、姿・形の優美さに重点が置かれた日本刀。

・大和伝(やまとでん:奈良)

 …上品味を残しつつ、素朴な実戦用に徹した日本刀。五箇伝の中で最も古い流派。

・備前伝(びぜんでん:岡山)

 …優秀な刀匠によって伝法が引き継がれ、大量生産をこなすなどで繁栄し続けた日本刀。

姿は、腰反りがある物や大段平(幅が広い刀身)の物まで様々。

・相州伝(そうしゅうでん:神奈川)

 …薄いが強度があり、突き刺しに優れた日本刀。鎌倉時代末期に大流行した。

・美濃伝(みのでん:岐阜

 …大量生産や高品質な特別注文で名を馳せた、実用向きでよく斬れる日本刀。五箇伝の中で最も新しい流派。


これらの5つを総称して五箇伝(ごかでん)と呼びます。

この5箇所以外で刀剣が作られる地域も、五箇伝の伝法が伝えられたことによって発展したケースが多いです。

五箇伝は日本の作刀の基本とも言えるもので、どの伝法が使われているかは刀剣の買取の際にも重要なチェックポイントになります。

刀剣の買取相場はどのように決まる?

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

骨董品買取市場における刀剣の買取相場は、どのようにして決まるのでしょうか。

刀剣の買取相場を決定づける重要ポイントについてご紹介します。


・有名な刀工の作品であるかどうか

・刀剣の保存状態

・付属品があるか

・銘の有無


それでは、詳しく説明していきます。

有名な刀工の作品であるかどうか

日本の刀剣には、歴史上多くの名工と呼ばれる刀工が存在します。

そのような有名な刀工の作品の場合、買取相場は高くなりやすいです。

相州正宗(そうしゅうまさむね 鎌倉~南北朝時代)・和泉守兼定(いずみのかみかねさだ 室町時代)・源清麿(みなもときよまろ 1813-1855年)といった、歴史上でも有名なクラスの刀工の作品であれば、数百万円以上の価格で取引されることもあります。

刀剣の保存状態

刀剣の買取相場に大きな影響を与えるのが、刀剣の保存状態です。

いくら価値ある刀剣であっても、錆や傷、ヒビがあるなど保存状態が良くないと、買取価格は大きく下がってしまう恐れがあります。

保存状態が良く、刃紋が美しい刀剣であれば買取市場における需要も多くなり、高い買取価格がつきやすいでしょう。

付属品があるか

刀剣買取では、本体以外に刀箱・刀袋・刀掛台などの付属品も買取対象となることが多いです。

特に、金工・漆工等の技術が使われた刀掛台などには、高い価値がつくこともあります。

刀剣と一緒に見てもらいたい付属品があれば、忘れずに査定に出すようにしましょう。

銘の有無

刀剣には、刀工によって本体に銘が入ることがあります。

銘とは、茎(なかご・柄に被われる部分)に刻まれる「製作者名」「製造年」などのことです。

そのため有名な刀工が作った刀剣であれば、銘が入っていることで「本物の証」にもなるため、高額買取に繋がりやすくなります。

しかし刀剣の扱いに慣れていない方が無理に柄を外すと、怪我をしたり、刀剣の状態を悪化させてしまう恐れがあるので業者に任せるのがおすすめです。

刀装具だけだと買取対象としている業者は多い

刀装具だけだと買取対象としている業者は多い

買取業者によっては刀剣を買取不可としていますが、刀装具だけであれば買取対象としているところが多いです。

刀装具とは、主に以下のものが挙げられます。


・鍔(つば)

・目貫(めぬき)

・小柄(こづか

・笄(こうがい)

・拵(こしらえ・外出用に装飾された鞘・柄・鍔)

・白鞘(しらさや・白木で作られた自宅保管用の鞘)


これらの刀装具の組み合わせによって、日本の刀剣は出来上がります。

これは分解してメンテナンスしやすいようにするための仕組みで、日本の刀剣の特徴とも言えるでしょう。

そしてこの特徴のため、「押し入れや蔵などから刀剣の一部だけが見つかった」というケースも珍しくないようです。

このような刀剣の一部分だけであっても、買取に対応している業者はあります。

例えば、鑑定書つきの鍔一式で84万円もの高価買取が実現したケースもありますので、刀剣の一部だけでも遠慮せず買取に出しましょう。

また、それぞれ刀装具の種類や状態によって買取額が異なります。

特に拵は外出用の刀装具なので、多くの人の目に触れるがゆえに、様々な装飾が施されています。

色を塗る塗り師や白銀師、柄巻師など熟練した職人たちによる美しい細工が施された拵えであれば、芸術的観点から見ても高評価となりやすいので買取額に期待できるでしょう。

物によっては買取不可となる可能性もありますが、「一部だけだから」と諦めてしまわずに、まずは骨董品専門の買取業者に問い合わせてみましょう。

 

刀剣を買取してもらうには登録証が必要

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

日本では鉄砲刀剣類所持法(銃刀法)により、刀剣類(刃渡り15cm以上の刀・槍・薙刀、刃渡り5.5cm以上の剣など)の所持や売買は禁じられています。

そのため、骨董品・美術品として刀剣を所持・売買するためには、都道府県の教育委員会による当該刀剣の登録を受けなくてはなりません。

この登録を受けていない刀剣の所持を続けたり、売買を行ったりすると処罰の対象になってしまいます。

何かの拍子に登録証のない刀剣を手に入れた際には、まず所轄の警察署の生活安全課に刀剣類発見の届出をする必要があります。

その後、警察より通知を受けた教育委員会が登録審査会を行い、審査を通過した刀剣には、ひと振り6,000円(+税)を支払うと登録証が発行されます。

この登録証が発行されれば、その後の所持や売買が可能になるのです。

刀剣の買取の際には、この登録証が必ず必要になります。

登録証は大切に保管し、買取の際に刀剣と併せて準備しておきましょう。

刀剣をより高く買取してもらうためのポイント

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

刀剣の買取価格に大きく関わるのは、作者・付属品の有無・保存状態などでした。

ではこれらの観点から、お持ちの刀剣をより高く買取してもらうためにはどのようなことに注意すれば良いでしょうか。

刀剣を少しでも高く買取してもらうために、気を付けたいポイントは以下の通りです。


・なるべく早めに買取してもらう

・こまめな手入れをしておく

・骨董専門の買取業者に問い合わせる

・出張買取サービスを利用する


それでは、詳しくご紹介します。

なるべく早めに買取してもらう

刀剣の買取には保存状態が重要ですが、刀剣は素材が鉄である以上、錆から完全に逃れることはできません。

たとえ刀を抜くことなく鞘に収めてあったとしても、次第にうっすらと霜がおりたように薄い錆が発生し、時間経過とともに赤く錆びていってしまいます。

そして、錆が発生してしまえば、どんな名工の作品であっても買取価格は大きく下がってしまう恐れがあります。

その意味で、買取を考えている刀剣があるなら、錆が発生する前に早めに売るというのは1つの手でしょう。

こまめな手入れをしておく

いくら「早く買取してもらった方が良い」と言われても、手放す決心がなかなかつかない場合もあるでしょう。

刀剣の保存状態を保つためには早く売るだけではなく、刀剣を所持している間に錆を防ぐための手入れをすることも重要です。

刀剣が錆びないようにするためには、刀身に薄くチョウジ油を塗るという手入れが有効です。

チョウジ油は、美術品や骨董品を専門的に取り扱う業者などから購入でき、最近ではインターネットでも手に入るので調べてみると良いでしょう。

ティッシュペーパーなどに染み込ませたチョウジ油を、刀身にごくごく薄く塗ってあげると良いでしょう。

ただし、油は時間が経つと劣化しますので、数ヶ月に1度は前回の油を拭って塗り直すという作業を行うのがおすすめです。

刀剣の手入れとは言っても、砥石などを使って自分で研ぐのはおすすめできません。

刀剣のうち、特に日本刀の研ぎは非常に難しく、専門家でなければ刀剣に傷をつけて価値を下げる結果になってしまう恐れがあるからです。

買取前に刀剣を研いでおきたいという方は、専門的に研磨を行っている研ぎ師がいる業者に依頼しましょう。

骨董専門の買取業者に問い合わせる

刀剣を買取に出す際は、骨董専門の買取業者の利用がおすすめです。

骨董専門の買取業者には、刀剣を含む骨董についての専門知識や買取経験が豊富な査定員が在籍しています。

そのため、お持ちの刀剣の価値をしっかり見極めてくれるでしょう。

また、骨董専門の買取業者に問い合わせて、刀剣評価鑑定士が在籍しているかどうかを買取前に確認しておくと良いでしょう。

刀剣評価鑑定士は、日本刀の価値を正確に判断し、知識と経験によって美術的な価値や価格の評価査定を行う人が有する専門知識です。

刀剣評価鑑定士が在籍している買取業者であれば、より安心で確実な買取査定を行ってくれるでしょう。

出張買取サービスを利用する

刀剣を買取に出す方法として、出張買取サービスの利用が好ましいでしょう。

出張買取とは、利用者の自宅まで査定員が訪問し、その場で査定・買取してくれるサービスです。

自宅にいながら刀剣を買取に出せるので便利です。

一方で、店舗への持ち込む方法で刀剣を買取に出す場合は、いくつか注意点があります。

刀剣を買取店まで自分で持ち運ぶとなると、登録証を忘れずに持参しなければ、銃刀法違反とみなされてしまう恐れがあります。

さらに電車などを使って買取店へ向かう場合は、刀剣をむき出しの状態で持ち運ぶと、多くの人から不審の目で見られるかもしれません。

そのため、ゴルフバッグなどに入れて、刀剣が見えない状態で運ぶなどの配慮が必要です。

刀剣は、持ち込み買取で売ろうとすると色々と手間がかかるため、出張買取の利用が賢明と言えます。

優良な買取業者の選び方とは?

優良な買取業者の選び方とは?

買取業者とひと口に言っても、数は非常に多いので、どのように選べばいいのか迷ってしまいますよね。

優良な買取業者の選び方のポイントをいくつか挙げますので、参考にしてみてください。


・全国展開している

・買取実績を公表している

・手数料を無料としている

・オペレーターや査定員の対応が誠実

・口コミサイトで良い評判が多い


それでは、詳しくご紹介します。

全国展開している

全国展開している買取業者であれば大手企業のところが多いので、対応面で安心感があります。

さらに出張買取を利用する場合には、対象としている地域が広まるため、お住いの地域も対象である可能性が高まります。

また、持ち込み買取を利用する場合にも、自宅の近くに店舗がある確率が高まるでしょう。

全国展開している買取業者を選ぶのは、色々な観点から見て、買取利用者にとって賢明と言えます。

買取実績を公表している

買取業者の中には公式ホームページで、買取実績を公表しているところがあります。

特にお持ちの刀剣と同じ種類の買取実績が掲載されていた場合、全く同じ買取額にならなくとも、おおよその目安にはなります。

買取実績を公表している手前、実際の買取額が極端に低かったときには、説明できる正当な理由があると言えるでしょう。

そのため、買取実績を公表している業者は、信用度が高い傾向にあります。

手数料を無料としている

せっかく品物を売ってお金にするのに、不用意に手数料などを支払わねばならないとなると、少し損をした気分になりますよね。

ひとつの業者で買取を決めた際に「手数料がかかりますが、ご了承ください」と、査定時の説明で言われた場合、なかなかきっぱり断れないケースもあります。

そのためにも、買取業者を選ぶ時点で、その業者が査定料・出張料・キャンセル料などの手数料を無料としているかどうかを調べておきましょう。

公式ホームページで見ても分かりづらい場合は、問い合わせてみるのもひとつの手です。

オペレーターや査定員の対応が誠実

デジタル化が進む世の中ですが、基本的に買取は「人」対「人」です。

そのため、オペレーターや査定員の対応について、誠実さが見られることで利用者側からの評価も高くなりますよね。

問い合わせ時の返答が早かったり、実際の査定時の査定員による対応が丁寧であれば、買取自体も良好に進むでしょう。

さらに買取後、オペレーターから「査定に不満がなかったかどうか」などのフォローの電話があるような買取業者であれば、より誠実さが伝わりますね。

返答の早さは実際に問い合わせだけしてみれば分かりますし、業者ごとの公式ホームページなどでフォロー体制について紹介されていることもあるので、調べておきましょう。

口コミサイトで良い評判が多い

やはり信用できるのは、実際に買取業者を利用した人の声ではないでしょうか。

インターネットの検索サイトで「(業者名) 口コミサイト」などと検索すれば、多数の口コミサイトが表示されるので、いくつかのサイトを読んでみましょう。

「買取の対応が早かった」「丁寧に査定をしてくれた」「予想より高く売れた」などの良い評判が書き込まれていたら、その業者は優良の可能性があります。

刀剣の買取でよくある質問

刀剣の買取相場はどのように決まる?買取時の注意点もご紹介

刀剣は買取市場で取引される商材の中でも扱いが難しく、買取に出すにあたって複雑な点や疑問点も出やすいかもしれません。

ここでは、刀剣の買取でよくある質問をご紹介し、解説します。

刀剣の買取に鑑定書は必要?

結論から言えば、鑑定書が無くとも刀剣を買取してもらうことはできます。

ただし、鑑定書があれば刀剣の価値や品質を証明できるため、買取時の査定においても有利に働くことは多いです。

刀剣の鑑定書を発行している機関や個人はいくつもありますが、その中で最も信頼性が高いとされているのが「日本美術刀剣保存協会」です。

日本美術刀剣保存協会の鑑定書があれば、買取時にもその鑑定内容は信頼できるものと見なされることが多いです。

ただし、付いているのが日本美術刀剣保存協会の「認定書」だった場合には注意が必要です。

日本美術刀剣保存協会の「認定書」は1950年から1982年の間に発行されていた書類で、現在は廃止されています。

この時代の鑑定技術は現代に比べて未熟なため、刀剣の価値を証明するものとして不十分と見なされてしまう可能性があります。

模造刀や偽造刀は買取してもらえる?

趣味のコレクションとして、あるいは居合道などの稽古用として、模造刀や偽造刀を持っているという人も多いでしょう。

模造刀や偽造刀は美術品・骨董品としての需要があるため、買取に対応している業者が多いです。

模造刀や偽造刀の価値は、真剣より下がりますが、保存状態の良いであれば買取してもらえる可能性は高いでしょう。

まずは試しに、骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

保存状態が悪い刀剣も査定してくれる?

刀剣を長い年月保管していれば、割れ・ヒビ・欠け・錆などが発生し、状態が悪くなることもあります。

そういった場合「買取査定をしてもらえないのではないか」と心配になる方もいるかと思います。

状態が悪い刀剣は減額になったり買取不可となることもありますが、有名な刀工が手掛けたものなどであれば、買取してもらえる可能性が高いです。

現存数が少ない種類だと希少価値が見出されることもあるので、諦めずに骨董品専門の買取業者に相談してみることをおすすめします。

買取店とネットオークションはどっちがおすすめ?

刀剣を売るには買取業者に買取を依頼する以外にも、ネットオークションを使って個人間で売買する方法もあります。

ネットオークションにはスマートフォン1つあれば出品できてしまうため、非常に便利な方法であることは間違いありません。

ただし、不特定多数の買い手を相手にするネットオークションでは、刀剣の専門知識を持った買い手に出会えるとは限りません。

お持ちの刀剣の正しい価値を見極めてもらえず、本来付くはずの価格よりも安い価格で落札されてしまう危険があります。

お持ちの刀剣の適正な価値を見極めてもらいたいなら、骨董品専門の買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。

ネットオークションでの売却を考えている場合でも、骨董品専門の買取業者に査定だけを依頼して、刀剣の正しい価値を把握しておくことは重要です。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料