株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!

【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!
【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!

茶道具は主に茶室で使う道具を指し、その種類は多岐に渡ります。

本格的な茶道で用いられる茶道具は、骨董品としても高い需要があるため、どのくらいの価値なのかを見極めるのは難しいでしょう。

骨董買取市場における茶道具の価値や多岐に渡る茶道具の種類と、より高く売るための8つのコツを解説します。

ご自宅に眠ったままになっている価値の不明な茶道具の査定はバイセルにお任せください!

お電話1本で経験豊富なスタッフがご自宅までお伺いしますので運び出しも不要。お値段にご納得いただければその場で現金が受け取れます!

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

密かに注目を集める茶道具と茶道の流派

【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!

茶道の世界はとても奥深く、国内外で教養や作法の一環として学ばれる方が増えており、世界的に注目の高さが伺えます。

そんな茶の世界で使われる道具(茶道具)の中でも、代表的な種類や特徴を紹介します。

茶道で使用される代表的な茶道具

茶道で使用される代表的な茶道具とその特徴は、以下の表の通りです。


茶道具名称特徴
茶碗焼き方の違いによって種類が変わり、茶道で使われる茶碗は主に抹茶茶碗が使用される。
薄茶器(棗)抹茶を入れるための容器。植物の棗の実に似ていることや、緩やかに絞りの形の薄茶器など形状の異なる棗も多い。
茶入れ陶器でできた茶を入れるための容器。茶道においては日本製よりも海外製の茶入れのほうが格が高くなる。
茶筅お茶を点てるために使う道具で、茶碗に抹茶とお湯を注ぎ均一に回して使用する。茶筅の穂先は種類がある。
茶杓茶器の中に収めた抹茶を茶碗にすくい使用する。素材は木製や竹、動物の角(象牙)が使われている茶杓もある。
茶巾麻素材で作られた布で茶碗を拭くために濡らして使用する。
柄杓茶道で使用されるものは主に木製で、水を汲むために使用され季節により大きさが変わる。
茶道の世界では茶釜とも呼ばれ、お湯を沸かすために使われる。
茶道具を飾るための棚で、水差しを置く場合もある。
掛け軸茶道と深い関係のある掛け物で、湿気に弱いので保管の際は桐の箱に入れて保管する。
花入れ掛け軸を飾る間の下に一輪差しで花を添える花瓶。季節によって差す花は変わる。
水指茶碗を水で濯ぐ為の陶器でできた容器。陶器製のほか木製の水指もある。

茶道においてメジャーな流派である「三千家」とは

茶道とは元々客人に茶を振る舞うために生まれ、千利休が詫び茶のスタイルを確立したと言われています。

千利休が確立した詫び茶のスタイルは、長い時間をかけ500以上もの流派が生まれましたが、その中で最もメジャーな「三千家」を紹介します。

表千家

千利休を開祖とする千家流茶道の本家であり、茶室の名は「不審庵」です。

「不審」は「いぶかしい」という意味で「人智を超えた感動」を表すものと言われています。

裏千家

表千家と同じく千利休を開祖とする千家流茶道の本家です。

「裏千家」の名前の由来は、表千家「不審庵」からみて、裏千家「今日庵」が通りの裏手にあったことが由来となっています。

武者小路千家

京都市上京区武者小路通りを発祥とする流派で、「官休庵」という茶室を営んでいました。

3つの流派の中で、最も合理的かつ無駄のない動きが特徴となっています。

茶道具の買取相場には「時価」と「市場価格」が大きく関係している

【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!

茶道具は著名な作家が作ったものや流派などによって買取額が上下します。

特に骨董品に関しては買取店側の「時価」と骨董品の「市場価格」が大きく関係しているため、一般的な中古品のような買取相場や参考価格が存在しないという特徴があります。

参考程度となりますが、茶道具の代表的な種類の買取相場をご紹介します。

骨董価値の見込まれる茶道具は一点ものというケースが多いです。

そのため、お持ちになっている茶道具の買取相場と一致しない可能性がありますのでご了承ください。

作家 代表的な作品 参考買取相場
石黒光南 銀瓶・金瓶など ~800万円前後
荒川豊蔵 瀬戸黒 志野焼 ~500万円前後
龍文堂 安之介 鉄瓶 ~200万円前後
十一代三輪休雪 萩焼 ~200万円前後
濱田 庄司 柿釉青流描角鉢など ~100万円前後
北村静香 南鐐瓢形手取釜(鉄之手)など ~100万円前後
二代秦蔵六 蝋型鋳造 ~100万円前後
十三代酒井田柿右衛門 濁手 ~100万円前後
本間琢斎 金属製品全般 ~100万円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまで作家の中でもっとも人気のある作品の相場を記載しております。骨董品の状態によってはお値段が付かない場合もございます。

※査定させて頂く骨董品などの状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※骨董品に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の骨董品は査定対象外となります。

こちらの作家ものの作品でも状態によって、大きく買取相場が異なりますのでご注意ください。

また、作家によっては、何代目が作ったかどうかによって価値が異なることもあります。

茶道具の大事な査定ポイントと高く売るための8つのコツ

【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!

茶道具は流派・作家物・種類によって価値が異なりますが、実は高値になる茶道具に共通した査定ポイントがありますので紹介します。

なるべく高く売るために、茶道具の特徴や査定ポイントを踏まえつつ、買取時のコツを8つご紹介します。

保管用の箱(共箱)が揃っているかどうか

著名な作家や代表的な流派の名が記された骨董品の多くは、共箱と呼ばれる保存用の木箱に収められています。

そのため共箱は、査定の際に価値を見極める重要なポイントとなるので、必ず残しておきましょう。

付属品が揃っているかどうか

元々セットになっていたり、付属品が付いていた茶道具などは、基本的に新品同様に揃えていた方が高評価となります。

茶事に出される食事に使う懐石道具にいたっては、全ての皿や小物が揃っていないと価値が下がってしまう傾向にあります。

箱を包んでいた布や止めていた紐、その他の付属していた小物類などがあれば、まとめて査定に出すことをおすすめします。

有名作家が手掛けた茶道具かどうか

茶道具は有名作家や人気作家が手掛けたものであれば、価値が高くなる傾向にあります。

作家とひと口に言っても様々で、作風も様々です。

茶道具の買取においては、知名度が高い作家であるほど、買取額も上がりやすいです。

例えば茶聖とも称せられる千利休や、茶道を愛していた織田信長など、歴史上有名な人物が携わった作品はより価値が高いとされています。

希少性の高い茶道具かどうか

茶道具は有名作家が手掛けたものであれば高評価となりますが、同じ作家の作品であっても、作品ごとに価値が異なります。

珍しい作品や、より工程が複雑な作品であるほど希少性も高くなるため、査定時には高ポイントとなるでしょう。

具体的に高ポイントとなる茶道具には、以下の特徴があります。


・緻密な装飾が施されている作品

・象牙や金銀などの豪華な装飾が施されている作品

・鉢や壺などサイズが大きい作品


これらに該当する茶道具であれば、それ以外の茶道具に比べて、高額買取も期待できるかもしれません。

※バイセルでは象牙がついた作品は買取対象外としております。

茶道具の作られた時代が古いかどうか

茶道具をはじめとする焼き物や工芸品は、古い時代に作られた作品であるほど現存数も少ないと考えられるため、希少性が高いとされます。

古い時代の茶道具は、歴史的にも骨董的にも価値が高い「古伊万里」「古備前」「古九谷」などがあり、作家物でなくても査定時に良い評価を得られるでしょう。

また、古い茶道具の経年劣化は否めないため、どれほど綺麗な状態が保たれているかどうかも重要な査定ポイントです。

査定に出す時は1点よりも複数で

茶道具は茶碗や釜、水指など複数で用いられます。

そのため、複数の茶道具の買取を検討中の方は、一度に売ることをおすすめします。

1点ずつの査定よりも複数まとめてのほうが高値を狙えます。

複数の業者で査定してもらう

茶道具などの骨董品は、細かい査定ポイントや骨董買取の市場価格を把握しなくてはいけないため、買取査定が難しい品とも言われています。

また茶道具は流行り廃りがあるうえに、茶道の流派も好みが分かれるため、なおさら買取業者ごとに算出する買取額が異なるでしょう。

そのため、茶道具は複数の買取業者に査定依頼し、比較をするのが重要です。

査定結果を比べて、最も買取額が高かった業者に買取を依頼することで、茶道具の高額買取に近づけます。

お茶会用の茶道具かどうか

茶道具は、お茶会で使われるものと普段のお稽古で使われるものの2種類に分類されます。

作家名が記されていることの多いお茶会用の茶道具のほうが、骨董品としての価値が見込まれるため高値になりやすいです。

【まとめ】茶道具の種類と高く売るコツ

【骨董品買取】茶道具の種類と相場は?高く売る8つのコツをご紹介!

骨董品買取において、高い人気と需要を誇る茶道具の種類と買取に出す際に押さえておきたいコツをご紹介しました。

特に茶道具は同じ商品名でも、出来の違いや作風などによって買取金額が変わってきます。

そのため、お持ちの茶道具を買取に出すときは、骨董品の買取を専門で行っている業者に相談してみましょう。

また骨董品は、査定ポイントが細かいうえに、時価と市場価値によっても査定価格が変動していきます。

1つの店舗だけでなく、複数の買取業者で査定をしてもらい、最も高値を付けてくれる買取業者に依頼するのが得策です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目