ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について
また出張買取のご相談が増えコールセンターにお電話が殺到しております。つながらない場合はおかけ直し下さい。 0120-542-668 ) 0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ロイヤルコペンハーゲン食器の価値と買取相場についてご紹介!

ロイヤルコペンハーゲン食器の価値と買取相場についてご紹介!
ロイヤルコペンハーゲン食器の価値と買取相場についてご紹介!

ロイヤルコペンハーゲンといえば、青色で繊細に表現されたデザインの食器が印象的です。

現在では青色のシリーズ以外にも、彩色豊かなシリーズがあります。

自宅に使っていないロイヤルコペンハーゲンの食器があるのであれば、価値の分かる 買取業者に査定してもらってはいかがでしょうか。

ロイヤルコペンハーゲンの価値と、人気がある食器の種類、買取相場についてご紹介します。

さらにロイヤルコペンハーゲンの査定前に注意してほしい点や、高く売るコツなどもまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

ロイヤルコペンハーゲンの価値とは?

ロイヤルコペンハーゲン食器の価値と買取相場についてご紹介!

ロイヤルコペンハーゲンはラグジュアリーテーブルウェアブランドで、プレート・マグカップ・カトラリーなどの食器類に加え、フィギュリン等も製作しています。

ロイヤルコペンハーゲンの作品は、白磁にハンドペイントで描かれる白と青のコントラストが特徴です。

ロイヤル コペンハーゲンは1775年、デンマークの皇太后ジュリアン マリーが国を豊かにするための支援の1つとして設立されました。

ロイヤル コペンハーゲンのロゴは、王室と関係があることを示す「王冠」の下に、デンマークに流れる3本の海峡を象徴した「3つの波線」が入っています。

王冠のイラストは、時代と共に変化しているため、確認することで製造年代が分かります。

ロイヤルコペンハーゲンは設立以降、2,000種類近くの陶磁器を生み出しました。

その全ての製品は、原料である陶土の採取からデザインのペイント、そして箱詰めまで数ヶ月かけて職人の手作業でされています。

ロイヤルコペンハーゲンの伝統技術は、240年以上に渡って培われています。

そのうえ、1つの製品を作り上げるのに30人もの職人の手を経ているため、伝統を称賛するロイヤルコペンハーゲン製品は、中古市場でも充分価値のあるものと言えます。

ロイヤルコペンハーゲンの食器の種類

ロイヤルコペンハーゲン食器の価値と買取相場についてご紹介!

ロイヤルコペンハーゲンの食器は数十種類のシリーズがあります。

ここでは、特に人気のシリーズを紹介します。

ブルーフルーテッド

「ブルーフルーテッド」はロイヤル コペンハーゲンを代表するロングセラーシリーズで、ブランド設立時の1775年に制作された最初のシリーズです。

同シリーズは白色をベースに青色で植物の模様が描かれており、種類はプレイン、ハーフレース、フルレース、メガの4つあります。

ラインナップはマグカップ、クッキージャー、バターディッシュ、ミニプレートセット、クーププレートなど豊富です。

唐草模様にも見える「ブルーフルーテッド プレイン」は、工房が設立して最初に完成されたデザインのため、食器の裏にデコレーション番号の「No.1」が書かれています。

イヤープレート

「イヤープレート」は、1908年に初年度版から現在まで毎年違うデザインが製作されている人気シリーズです。

クリスマスプレートとも呼ばれ、2018年版で111枚目を迎えました。

色は濃い青と白の2色で、デザインはコペンハーゲンの風景や積もる雪、クリスマスツリー、売り子などが描かれています。

プレートには毎年違う絵柄が描かれているため、コレクションの中でも人気のあるシリーズです。

ブルーフラワー

「ブルーフラワー」は1778年に発表され、現在は廃盤になっている歴史的シリーズです。

食器にはチューリップ、スイセン、ケシ、サクラソウ、ポピー、カーネーションなどの花々が、青の濃淡で描かれます。

種類は最もシンプルな柄の「ブルーフラワー プレイン」、波模様や大きく描かれた植物の茎や巻きひげが特徴の「ブルーフラワー カーブ」、直線的な柄が特徴の「ブルーフラワー アンギュラー」の3つがあります。

同シリーズは廃盤になっているため現在でも高い人気があり、食器を探している人が多くいます。

フローラ・ダニカ

「フローラ・ダニカ」は、1790年にデンマークと密接な関係にあったロシアの女帝エカテリーナ2世への贈り物として作り始めました。

デンマーク領土にある約3,000種類の植物を収めた植物図鑑「フローラ・ダニカ」を原画にしているため、美しい草花が特徴で、「世界一豪華なティーセット」と称されています。

1つの作品を2人の絵付師によって作り上げるので、サインが2つ記載されています。

余談ですが、フローラ・ダニカの原作となる食器はデンマークの国宝とされ、王室の離宮であるローゼンボーグ城に保存されているそうです。

ロイヤルコペンハーゲンの買取相場

ロイヤルコペンハーゲンの買取相場

ロイヤルコペンハーゲンは、1つ1つ職人の手作業で丁寧に作られているため、コレクターからも愛されています。

フローラ・ダニカをはじめとする人気シリーズの買取相場は、状態が良ければ50万円前後とされています。

ただし、この買取相場はシリーズやセット内容などによって大きく変動するため、参考までに留めておいてください。

お持ちのロイヤルコペンハーゲン製品の詳しい買取額を知りたい方は、プロの査定員の査定を受けることをおすすめします。

 

高級ブランドの食器を売るなら専門の買取業者に査定してもらおう!

高級ブランドの食器を売るなら専門の買取業者に査定してもらおう!

歴史の長いロイヤルコペンハーゲンの食器は、今も新作が出るほど人気があるブランドです。

中古市場でもコレクション需要の高いロイヤルコペンハーゲンの食器は、適切な方法で査定してもらえば得する可能性があります。

ですから、ブランド食器を売るなら専門の買取業者に査定してもらいましょう。

査定員は需要が高い食器のブランドとシリーズを熟知し、製作年代、保存状態、付属品の有無などの観点から、査定金額を算出します。

専門の買取業者に査定してもらえば、食器の価値を低く見積もられずに済みますのでおすすめです。

おすすめの買取業者の選び方とは?

おすすめの買取業者の選び方とは?

専門の買取業者と言っても、インターネットなどで探すと数多く出てきます。

中でもおすすめの買取業者は、以下のポイントを押さえているところです。


・出張買取サービスを提供している

・全国展開している

・買取実績を公開している

・各種手数料を無料としている


それぞれの項目を詳しくご紹介しますので、業者選びの際に参考にしてみてください。

出張買取サービスを提供している

ロイヤルコペンハーゲンをはじめとする食器を売る際、買取業者が提供している出張買取サービスを利用しましょう。

出張買取サービスとは、査定員が自宅まで来てくれ、その場で訪問・査定してくれる買取方法です。

査定を申し込んだら、あとは食器を用意して自宅で待つだけなので、店舗に着くまで食器が割れないように気をつけながら運ぶ手間もありません。

ほとんどの業者では、訪問してもらいたい日時を指定できるので、時間を節約したいという方も便利に利用できます。

全国展開している

全国展開している買取業者であれば、ほとんど大手企業が運営している場合が多いので、利用者に対して悪質な対応はしないでしょう。

なぜなら大手の買取業者なら多少の知名度があるため、悪い口コミが拡散されるのを避けたりと、利用者の反応を考慮するからです。

全国展開している買取業者は、優良なサービスを行っている傾向にあるので、買取業者の店舗数や支社数などがどのくらいなのか注意して選びましょう。

買取実績を公開している

買取業者の中には、公式サイトなどで買取実績を公開しているところがあります。

食器類を実際にいくらくらいで買い取っているのかを、売る前に把握できれば全く情報が無い中で査定に出すよりも安心ですね。

自分が売りたいものと同じ種類の食器であっても、必ず公式サイトに記載されている買取額になるとは限りませんが、1つの基準にはなります。

買取業者を選ぶ際、ロイヤルコペンハーゲンのお持ちのシリーズの買取実績が公開されているところがあるかどうかを、インターネットで調べてみると良いでしょう。

各種手数料を無料としている

買取業者に食器類の買取を依頼する際、査定料やキャンセル料を請求してくるところもあります。

もしもお持ちの食器を査定に出したとき、価格に納得できなかった場合を考えると、キャンセル料を無料にしているところの方が気兼ねなく断れますよね。

賢く買取を利用するには、査定料やキャンセル料など各種手数料を無料としている業者を選ぶのがおすすめです。

ロイヤルコペンハーゲンを高く売るコツ

ロイヤルコペンハーゲンを高く売るコツ

ロイヤルコペンハーゲンを少しでも高く売るには、以下のコツを押さえておきましょう。


・早めに買取に出す

・壊れていても自分で修復しない

・複数の買取業者で相見積もりをもらう


それでは、詳しくご紹介します。

早めに買取に出す

ロイヤルコペンハーゲンなどの食器類は、思い立ったときなど、早めに買取に出すと良いでしょう。

その理由は、食器本体の経年劣化を考慮するため、なるべく綺麗な状態で売りたいからです。

食器類は綺麗な状態であるほど、買取額は高くなる傾向にあります。

さらに、ロイヤルコペンハーゲンなどのブランド食器であれば、シリーズものの新作が出続けています。

新作であればコレクターからの需要があり高く売れやすいため、「前作」になる前の早い時期に売ることで、高額買取に繋がるでしょう。

壊れていても自分で修復しない

食器類にヒビ・欠けや、デザインの剥げなどが見られると、査定評価に影響するため、買取額が下がる傾向にあります。

そのような食器を買取に出す前「修復したら高く売れるかも」と考え、自分で修復しようとする方もいます。

ただし、その方法はおすすめできません。

修復することで、制作者以外の人の手が加えられたことになるので、反対に価値が下がってしまうことがあります。

特にロイヤルコペンハーゲンなどのブランド食器であれば、壊れているものでも査定してくれる買取業者は多いので、そのままの状態で査定員に見てもらいましょう。

複数の買取業者で相見積もりをもらう

ロイヤルコペンハーゲンの買取額をより上げるためには、複数の買取業者で相見積もりをもらう方法が得策です。

目星をつけた2、3箇所の買取業者に、査定を依頼し、全ての査定額を比べます。

その中で最も高い査定額を提示してくれた業者に買取を依頼することで、満足する買取額に近づけると言えるでしょう。

ロイヤルコペンハーゲン製品の査定前の注意点

ロイヤルコペンハーゲン食器の価値と買取相場についてご紹介!

お持ちのロイヤルコペンハーゲンの食器を買取に出すなら、少しでも高く売りたいですよね。

査定に出す前に以下の注意点をチェックしておけば、高く売れる可能性が上がります。


・食器のシリーズ

・食器の保存状態

・付属品の有無


ここでは、上記を踏まえて具体的に注意したいポイントをご紹介します。

食器のシリーズ

日本でも知名度が高いロイヤルコペンハーゲンは、査定金額が高くなる可能性があります。

特に査定では、査定時の時期に市場で人気があるシリーズかどうかで、大きく買取額が左右されます。

高く買い取ってくれるシリーズは、売る時期や買取業者によって異なるので、まずは売り先に相談してみても良いかもしれません。

ロイヤルコペンハーゲン全ての食器の裏には、ロゴ(王冠、青く描かれた3本の波線)と絵付師のサインが描かれています。

食器は職人の手作りなので、ロゴ・サインの色合いは製造年代や絵付師によって違います。

またロイヤルコペンハーゲンは製造中に何かしらの理由で訳ありと判定した食器を、ロゴの王冠の下にある3本の波線に傷を縦に付け、訳あり品として販売しています。

訳あり品の場合は表面に小さな凹みやペイントのズレなどが見られる可能性があるので、減額されるかもしれませんが、基本的に訳なし品と質は同じなのでほとんどの業者で売れるでしょう。

食器の保存状態

買取査定では、食器の保存状態も価値の決め手となる大事なポイントです。

保存状態が悪い食器には以下の特徴があります。


・ブランド刻印が擦り切れていて確認できない

・使用感があって摩耗、変形、変色、剥げが目立つ

・欠け、ヒビ、シミなどの劣化がある

・食器として使えないほど損傷が激しい


ロイヤルコペンハーゲンの食器は、綺麗な状態でクリスマスプレートなどの人気シリーズであれば高額で買い取られる可能性があります。

しかし、いくらロイヤルコペンハーゲンでも食器として使えない状態だと、買取できない恐れがあります。

付属品の有無

ロイヤルコペンハーゲンをはじめとする食器類を買取に出す際、入手時に付いてきた付属品と一緒に出すことで、査定額が上がることがあります。

ロイヤルコペンハーゲンの付属品には、ブランドのロゴが描かれている箱や冊子などが挙げられます。

イヤープレートシリーズなど飾るタイプであれば、フレームやプレート立て、フックなども一緒にあると良いでしょう。

ロイヤルコペンハーゲンの次の買い手のことを考えたとき、箱があればすぐ保存できますし、フレームなどがあればすぐ飾れます。

そのため、業者も再販しやすい等の理由で高値で買い取ってくれる可能性が上がります。

食器買取で多いQ&Aまとめ

食器買取で多いQ&Aまとめ

食器類の買取を初めて検討している方の場合、様々な疑問が浮かぶかと思います。

食器買取に関する質問の中でも多いものを挙げながらお答えしていくので、なるべく疑問を解決した状態で買取に望みましょう。

Q.付属品が揃っていないのですが、査定してもらえますか?

A.箱や冊子などの付属品がある食器であれば、買取額も上がりやすいですし、査定時間の短縮になる可能性もあります。

しかし、付属品が揃っていない場合でも、査定は可能としている買取業者が多いです。

多少の減額などはあるかもしれませんが、諦めずに査定に出してみましょう。

Q.査定に出したい食器の個数が多いです。一度にまとめて査定してくれますか?

A.結論から言うと、ほとんどの業者で複数の食器をまとめて買取に出すことができます。

ただし割れ物の食器類を複数持ち歩くと、割れてしまわないか心配になったり、重くてかさばるなどの手間が増えるでしょう。

そのため、複数の食器をまとめて買取に出す際は、自宅で査定してもらえる出張買取サービスの利用がおすすめです。

Q.不要なカトラリーもあるのですが、食器と一緒に買取に出せますか?

A.ほとんどの業者で食器と一緒にカトラリーも査定してもらえるでしょう。

食器とセットになっているカトラリーなどであれば、コレクション価値も高いため、より高く買い取ってくれる可能性があります。


ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください