ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  8. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  9. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説
大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

大阪は古くから商人の町と言われますが、買取業者も多くあり、骨董品の買取も活発に行われています。

では、大阪で骨董品を買取に出す際には、どのような買取業者を利用できるでしょうか。

大阪で利用できる骨董品の買取業者や買取方法、骨董品の買取における査定ポイントなどをご紹介します。

大阪で骨董品の持ち込み買取に対応しているお店はどこにある?

大阪府では、大阪市を中心に200ほどの店舗が骨董品の持ち込み買取に対応しています。

大阪メトロやJR、阪急などの主要鉄道路線の沿線に多く分布しており、買い物や他の用事のついでに利用するには利便性が高いと言えるでしょう。

一方で、大阪府内でも南部には骨董品の持ち込み買取に対応している店舗は少ないです。

泉佐野・阪南・河内長野といった地域に住んでいる人からすると、持ち込み買取を利用するためだけにわざわざ遠くまで出向かなければならず、面倒かもしれません。

さらには、せっかく遠方から骨董品を持ち込んで査定に出しても、買取価格が安かったり買取を断られてしまったりという可能性も考えられます。

それでは、大阪で骨董品を売るにはどのような買取方法が良いのか、見ていきましょう。

大阪で骨董品を持ち込み買取すると損をする?!

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

持ち込み買取は、買取店の店頭に売りたい骨董品を持ち込めばその場で査定・買取まで完了してしまう点が手軽です。

しかしながら、骨董品の持ち込み買取にはデメリットもあります。

場合によっては思わぬ損をしてしまう可能性もありますので、大阪で骨董品の持ち込み買取を利用する際に注意したいポイントを確認しておきましょう。

割れやすい骨董品を持ち運ぶのはリスクがある

骨董品の中には茶道具・食器・花瓶など、割れやすい素材でできたものも多数あります。

車などで買取店の店頭まで運ぶ間に、ちょっとした衝撃で割れたり破損したりという可能性も否定できません。

苦労して運んだ挙句、大切な骨董品が割れたり欠けたりしてしまったのでは、やりきれない気持ちになりますよね。

そうでなくとも、骨董品を運ぶのには非常に神経を使いますし、楽なことではありません。

骨董品の持ち込み買取には、持ち運びの困難さというデメリットがあります。

骨董品の専門知識を持たない買取店もある

大阪で骨董品の持ち込み買取に対応している店舗の中には、骨董品専門の買取店もあればリサイクルショップなどの幅広い品物を取り扱う買取店もあります。

骨董品の価値を適正に見極めるためには、焼き物なら産地・制作年代・作家名など、美術品でも制作年代・作家名・作品の希少性などと、数多くの査定項目について正確に見抜く能力が必要です。

これは高い専門知識と査定技術を持った査定員にしかできません。

しかしながら、リサイクルショップなどの幅広い品物を取り扱う買取店には、骨董品に詳しい査定員が常駐している可能性は高くないでしょう。

価値ある骨董品であっても、本来の価値を見極めてもらえない恐れがあります。

中には、「食器1kg〇〇円」などと重さのみで買取価格を算出しているような買取店もあります。

お持ちの骨董品を本来の価値に即した価格で買取してもらいたいなら、こういった持ち込み買取店はおすすめできません。

持ち込み買取は買取価格が安くなりやすい

持ち込み買取を行うには店舗を運営する必要があります。

テナント料・人件費・光熱費など、店舗を運営することによって必要になる経費があるため、持ち込み買取店では無店舗型の買取業者に比べてコストが多くかかりやすいです。

そのため、持ち込み買取では店舗運営のコストを賄わなければならない分、どうしても骨董品の買取価格が抑えられやすい傾向にあります。

大阪で骨董品買取なら専門業者の出張買取がおすすめ

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

骨董品の持ち込み買取には、


・店舗までの持ち運びが困難

・骨董品専門でない買取店の存在

・店舗運営によるコスト分、買取価格が安くなりやすい


といったデメリットがありました。

そこで、大阪で骨董品を買取に出すなら、


・骨董品専門の買取業者を利用する

・出張買取サービスを利用する


というのがおすすめです。

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

骨董品専門の買取業者なら価値を正しく見極めてくれる

骨董品の価値を見極めるためには作家名・制作年代・希少性など、数多くの査定項目を正確に見抜いていかなければなりません。

骨董品に関する非常に高い専門知識と査定技術が必要です。

骨董品を専門とする買取業者であれば、骨董品に関する専門知識と査定技術を持った査定員が在籍しているはずです。

また、骨董品買取に関するノウハウが蓄積されているでしょうから、それらを活用して骨董品の適正な価値を見極めてくれるでしょう。

買取価格の信頼性・妥当性という点に関しては、やはり骨董品専門の買取業者が優れていると考えられます。

出張買取は骨董品に適した買取方法

買取業者が提供している買取方法には、持ち込み買取のほかに骨董品を買取業者に送付して査定・買取してもらう「宅配買取」、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれる「出張買取」があります。

その中で、骨董品買取で最もおすすめしたいのは出張買取です。

まず、出張買取なら査定員が利用者の自宅等まで来てくれますから、リスクをとって骨董品を持ち運ぶ必要がありません。

また、出張費・査定料・キャンセル料といった手数料を無料にしている業者も多くあります。

無料サービスをうまく使えば、自宅にいながら無料で複数業者の査定内容を見比べることもできます。

 

骨董品買取でおすすめの買取業者の選び方

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

大阪で骨董品を買取に出すなら、骨董品専門で出張買取サービスを提供している買取業者を利用するのがおすすめでした。

では、実際に利用する買取業者を選ぶ際には、ほかにどのようなポイントがあるでしょうか。

買取業者を選ぶ際に参考になる3つのポイントをご紹介します。

買取実績が豊富な買取業者

大切な骨董品を安心して任せられる買取業者を選ぶ上で、買取実績が豊富かどうかは1つの参考になります。

ひとくちに骨董品と言っても、西洋美術・中国美術・日本画・茶道具・食器など種類は多岐にわたります。

買取業者によって、あるいは査定員によってジャンルごとの得意不得意があることは珍しくありません。

買取実績が豊富な買取業者であれば、それぞれの種類について豊富な買取経験があるでしょうから、種類ごとにそれぞれ専門性を持った査定員が在籍しているはずです。

売りたい骨董品に合った専門知識と査定経験を持った査定員が、適正な価値を見極めてくれるでしょう。

また、買取実績が豊富ということはそれだけ多くの人から選ばれているということになります。

多くの人から選ばれているということは、査定依頼をするうえで大きな安心材料になるでしょう。

各種手数料が無料の買取業者

骨董品の買取に際しては、買取業者によって出張買取の出張費・査定料・キャンセル料などの手数料が発生する場合があります。

せっかくお持ちの骨董品が高く買取してもらえたとしても、その際に手数料がかかっては実質的な買取価格は目減りしてしまいますよね。

また、骨董品の価値を知るために「試しに査定に出してみたい」という時に、いちいち査定料やキャンセル料がかかっていては、気軽に査定を依頼することができません。

骨董品の買取サービスを安心して利用するためにも、買取に関わる各種手数料を無料にしている買取業者を選ぶのがおすすめです。

全国を出張対象地域としている

出張買取を行っている買取業者がおすすめなのは前述した通りですが、中でも日本全国を出張買取の対象地域としているような大手買取業者は特におすすめです。

全国規模の広い範囲で出張買取を行えるのは、やはり多くの地域で多くの人に利用されているということでしょう。

また、広い範囲を賄えるくらい、査定員などの人材が豊富に揃っているということでもあると考えられます。

多くの人から選ばれている買取業者なら、やはり実際に買取サービスを利用する上で1つの安心材料になるのではないでしょうか。

骨董品の査定ポイントと高く売るためのコツ

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

ひとくちに骨董品といっても種類は多岐にわたり、価値の幅も非常に広いです。

たくさんの種類がある中でも、骨董品の買取においては、多くの種類の骨董品に共通して重要視される査定ポイントがあります。

ここでは、骨董品を少しでも高く買取してもらうために知っておきたい査定ポイントをご紹介します。

有名作家・有名ブランドが手がけた作品かどうか

焼き物なら人間国宝などの人気作家、洋食器なら人気ブランド、絵画なら有名画家といったように、有名作家・有名ブランドが手がけた骨董品は高い価値が認められやすいです。

一概には言えませんが、骨董品買取における一般的な傾向として、作者の知名度や人気が高ければ高いほど買取価格も高くなりやすいでしょう。

また、「歴史上の有名人が愛用していた」などの場合には、作品自体の品質以上に歴史的な価値が加算される可能性があります。

骨董品の作られた年代が古いかどうか

和食器・茶道具・西洋美術などの中でも、アンティーク(おおよそ100年以上前に制作されたもの)と呼ばれるものには高い価値が認められるものが多いです。

通常、古い時代に作られた作品であるほど現存数も少ないため、希少性が高いと考えられます。

例えば和食器や茶道具などの焼き物では、「古伊万里」「古備前」「古九谷」といった有名産地もののアンティークには価値の高いものが多いです。

有名産地もののアンティークであれば、作者が分からないものでも高い買取価格がつく可能性があります。

また、制作年代の古い骨董品は経年劣化で保存状態の悪くなってしまっているものが多いため、古い上に保存状態の良い骨董品があれば、希少価値はさらに高くなるでしょう。

保存状態が良いかどうか

骨董品にも様々な種類がありますが、保存状態はどんな骨董品にも共通して重視される査定項目です。

例えば掛け軸や絵画なら、傷や破れがある・汚れがひどい・カビが発生しているなどすると、本来価値の高いものであっても買取価格は下がってしまうでしょう。

茶道具・和食器・洋食器・ガラス工芸などでは、欠けや傷があるなどすると買取価格は下がってしまいやすい傾向にあります。

骨董品の保存状態を悪くしてしまうことを防ぐためにも、保管時には箱に入れておく・湿気の溜まりやすい場所は避けるなどの工夫が必要です。

共箱などの付属品がついているかどうか

日本や中国の骨董品なら、共箱(作品を収めるための箱)に入れられた上で世に出されるものが多いです。

この共箱は付属品としてコレクション的価値があるというだけでなく、作者のサイン(墨書き)が入っていることも多いため、例えば有名作家の作品であることを証明する助けにもなってくれます。

共箱のついている作品は真作であるという信用度が得やすいため買取市場における需要も高く、買取価格は高くなりやすいです。

同じ意味で、鑑定書や保証書といった付属品も、骨董品の査定の際には重要な査定ポイントとなります。

これらの付属品は大切に保管しておき、査定時には骨董品と一緒に提示するようにしましょう。

買取市場で人気の骨董品にはどんな種類がある?

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

ひとくちに骨董品といっても、掛け軸や絵画から、茶道具・食器などの焼き物、ガラス工芸、西洋なら磁器人形やオルゴールなど、種類は多岐にわたります。

ここではその中でも、骨董品買取市場において人気の高い骨董品の種類についてご紹介します。

掛け軸

掛け軸とは、書や日本画・仏画などを裂(きれ:綿地又は絹地の織物)や紙で仕立てたもののことです。

中国で仏画を丈夫な紙に貼り付けて持ち運んでいたのがルーツで、日本にも礼拝用のものとして伝わったと言われています。

和室では、花入れなどとともに床の間を飾るものとしてお馴染みですよね。

日本の掛け軸・中国掛け軸ともに、骨董品買取市場で高い人気があります。

特に、有名作家が手がけたもの、軸先(掛軸を巻く際に軸となる部分で、掛けた際に一番下にくる)に象牙などの高価な素材が使われているものであれば、高く買取してもらえる可能性は高くなるでしょう。

茶道具

茶道具は広義には茶道に用いる道具一般を指しますから、ひとくちに茶道具と言っても種類の幅は広いです。

骨董品買取市場で出会うことが多い茶道具の種類としては、茶碗・茶釜・花入れ・水指などがあります。

茶道が習い事として人気であることから、買取市場における茶道具の取引も活発です。

特に、陶磁器の人間国宝が手がけた茶碗や花入れなどは、買取相場が高くなりやすい茶道具です。

また、茶道を愛したと言われる織田信長や豊臣秀吉など、歴史上の有名人が愛用していた茶道具にも高い価値がつくことが多いでしょう。

西洋美術

西洋美術とは、古代からヨーロッパに伝わる美術様式に基づいて作られた作品の総称です。

絵画・彫刻・磁器人形・洋食器・ガラス工芸といった西洋美術品は、骨董品買取市場において活発に取引される骨董品の1つです。

価値の高いものも多い西洋美術の中でも、有名作家や有名ブランドの作品なら高く買取してもらえる可能性は増すでしょう。

また、制作年代の古い「西洋アンティーク」と呼ばれるものは希少性が高く、買取相場が高くなるものも多いです。

絵画

様々な種類がある骨董品の中でも、絵画は買取市場において高い価値がつきやすい種類の1つです。

日本画西洋画現代アートとジャンルは様々ありますが、どれも有名作家の代表的な作品であれば、1,000万円を超えるような買取相場になるものもあります。

ただし、絵画には贋作も多いため、買取市場で取り扱う際には注意を要する骨董品のジャンルでもあります。

食器

和食器洋食器などの食器類も、買取市場で活発に取引される骨董品の1つです。

和食器の場合には、有名産地ものや、人間国宝などの有名作家が手がけた作品であれば高く買取してもらえる可能性が高いでしょう。

洋食器の場合には、有名ブランドの手がけた作品の買取相場が高くなりやすいようです。

また、価値の高い食器なら使用済みでも買取してもらえますが、未使用の食器の方が高く買取されやすい傾向があります。

大阪府内でのバイセルの出張買取対応エリア

バイセルの大阪府内における買取対応可能エリアは、下記の通りです。

大阪市の他、大阪府全域で対応しておりますので、遠方にお住まいのお客様からも多数ご利用いただいております。

※出張買取のご予約状況によっては、最短で即日での出張対応が難しく、お待ちいただく場合もございます。詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。


大阪府内(市部)

大阪市、堺市、池田市、箕面市、豊中市、茨木市、高槻市、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四條畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、和泉市、高石市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、富田林市、大阪狭山市、河内長野市


大阪府内(町村部)

能勢町、豊能町、島本町、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町、太子町、河南町、千早赤阪村

大阪出身の有名作家

大阪で骨董品を高く買取してもらうには?おすすめの買取方法や査定ポイントを解説

上方文化の中でも芸能や食文化などが有名な大阪ですが、絵画や陶芸などの分野にも大阪出身の有名作家はたくさんいます。

ここでは大阪出身の有名作家の中から、骨董品買取市場で出会うことの多い作家についてご紹介します。

朝井閑右衛門

朝井閑右衛門(あさいかんえもん 1901-1983)は、大阪市出身の洋画家です。

幅3メートルを超える大作である代表作『丘の上』は文部大臣賞を受賞するなど、画壇での評価も高い作家です。

朝井閑右衛門の作品は、絵の具をキャンバスに直接、幾重にも塗り重ねる厚塗りの画風が特徴です。

描いたモチーフは人物の肖像・物語・風景・仏画など多岐にわたりますが、中でも朝井閑右衛門は薔薇と電線風景を繰り返し描いています。

朝井閑右衛門の作品は骨董品買取市場での需要も高く、多くの骨董品専門の買取業者で取り扱われています。

今井政之

今井政之(いまいまさゆき 1930-)は、大阪市出身の陶芸家です。

陶土に色付きの泥を付けることで彩色する泥採(でいさい)という技法の中でも、今井政之は緑味を帯びた泥で苔の様な独特のざらざら感・しっとり感を出す「苔泥彩(たいでいさい)」の技法を生み出したことで有名です。

花や魚の模様を象嵌する技法も優れており、日本でも文化勲章を受章するなど評価されているほか、今井政之の作品は海外でも人気となっています。

今井政之の作品は骨董品買取市場でも需要が高く、特に大皿や壺などの大型作品は高く買取されやすい傾向があります。

角谷一圭

角谷一圭(かくたにいっけい 1904-1999)は、大阪市出身の釜師(茶釜作家)です。

日本を代表する釜師の1人で、1978年には人間国宝にも認定されています。

茶の湯の伝統を受け継いだ優雅で格調高い作風は、まさに茶釜の王道と言えるでしょう。

角谷一圭の作品は茶道ファンからの熱い注目を集めており、人気作品であれば数十万円ほどの買取相場になるものもあります。

島成園

島成園(しませいえん 1892-1970)は、堺市出身の日本画家です。

島成園の作品には美人画が多く、女性画家が描く美人画として話題になりました。

島成園の美人画では単に美人を描くのにとどまらず、画中の女性の顔に痣を描きこむことによって、その内面をも表現しようとするなど、新しい表現を意欲的に追求しました。

また、島成園は新聞連載小説の挿絵、雑誌の表紙絵といったメディアの仕事を多く手がけたことでも知られています。

島成園の作品は、掛け軸などを中心に骨董品買取市場でも一定の需要があります。

島成園作品を取り扱っている買取業者も多いでしょう。

谷口香嶠

谷口香嶠(たにぐちこうきょう 1864-1915)は、泉佐野市出身と言われる日本画家です(ただし、京都市生まれとの説もある)。

谷口香嶠は日本画家でありながら西洋画の緻密な描法を取り入れ、写実を重んじた作風であることが特徴です。

歴史画を得意としており、掛け軸作品を多く制作しました。

谷口香嶠の作品は骨董品買取市場でも人気が高いです。

掛け軸作品を中心に、骨董品専門の買取業者などで多く取り扱われています。

 
24時間・土日祝日も無料受付中! お申込み・ご相談はコチラ
0120-542-668 電話通話無料でのお問い合わせはコチラ
お電話での相談はコチラ!携帯電話・スマホからも通話料無料