ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について
また出張買取のご相談が増えコールセンターにお電話が殺到しております。つながらない場合はおかけ直し下さい。 0120-542-668 ) 0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介

北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介
北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介

丸みを帯びたデザインと温かみのある色が特徴の北欧食器は、インテリア好きであれば一枚は持っているでしょう。

ですが、しばらく使っていない北欧食器があるなら、価値が下がらないうちに買取に出すことを検討してみてはいかがでしょうか。

今回は北欧で代表する食器ブランドと買取方法をご紹介します。

北欧食器はどんな食器?

北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介

ブランド食器の中でも、北欧のブランド食器は若年層に注目されています。

日常用にも来客用にも使いやすい温かい雰囲気があるデザインと、手に届きやすい価格が多くて大変人気です。

今回ご紹介するアラビア、イッタラ、グスタフスベリ、ロイヤルコペンハーゲンは、創業してから今日まで、北欧食器ブランドとして不動の地位を確立しています。

特に日用使いでの需要が高く、買取で高値で売れるブランドの食器もあります。

高額買取されやすい北欧食器ブランド

北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介

北欧食器ブランドは100年以上も前に設立されたものもあり、アンティーク品としての価値もあります。

ここでは、高額買取されやすい北欧食器ブランドをご紹介します。

アラビア

アラビアは、1873年にフィンランドのヘルシンキ郊外にあるアラビア地区で創業した、フィンランドを代表とするブランドです。

創業してから140年以上、フィンランドの家庭で愛され続けています。

1932年にアラビアに招かれたアート・ディレクターのクルト・エクホルムが、アラビアの日用食器のデザインに機能性を取り入れるなどしてブランドを発展させました。

また、エクホルムに誘われたカイ・フランクは、1945年に単色のバリエーションが豊富な「ティーマ」をデザインしました。

「ティーマ」によって、食卓で少ないアイテムで多目的に使えるようにする「キッチン革命」を起こしたアラビアは、フィンランドの食器ブランドにおいて確固たる地位を築きました。

アラビアの食器はデザイン性が高く、ビンテージ色から実用的な食器までラインナップが多いところが特徴です。

活用シーンを選ばずに食卓のコーディネートを楽しめます。

なお、アラビアの人気の種類にスンヌンタイ、パラティッシ、ブラック パラティッシ、パープルパラティッシ、24h アベックなどがあります。

イッタラ

イッタラは、北欧デザインのパイオニアとして美しさ、機能性、本質を大切にし、流行に左右されないデザインを追求しているブランドです。

イッタラは北欧食器の中でも知名度が高く、日本でも百貨店などで販売されています。

1881年にイッタラは、フィンランド南部にあるイッタラ村のガラス工場から始まりました。

当初はヨーロッパモデルに従って吹き、型押し、磨き、彩色、彫刻ガラスを作っていました。

20世紀初頭は食器類に様々な装飾が施される時代な一方で、イッタラは装飾本位の食器セットを機能的に加えて、落ち着きと清潔感のある作品に変えた最初の企業と言われています。

現在ではガラス製品だけではなく、陶磁器や調理器具なども手がけています。

イッタラのコレクションには新しいデザインだけでなく、80年以上経っているデザインも含まれています。

代表的なシリーズにティーマ、カステヘルミ、カルティオ、オリゴ、アイノ・アアルトがあり、どれもシンプルで高品質な食器です。

知名度が高くてラインナップの多いイッタラは、中古市場でも需要が高いです。

グスタフスベリ

グスタフスベリは、1825年にスウェーデンのストックホルムで設立したブランドです。

ウィルヘルム・コーゲやスティグリンドベリなどのデザイナーによって、個性豊かで思いが込められた温かいテーブルウエアを数多く生み出しました。

手作りに近い手法で完成されたテーブルウェアは、食器一点ずつ色の付け方などが異なっており、製品の個性を楽しめます。

1937年にグスタフスベリに入社後、スティングリンドベリは当時活躍していたデザイナーのウィルヘルム・コーゲの元で修業を積んだ後に、スウェーデンを代表するデザイナーになりました。

彼がデザインしたブランドの代表作はベルサ、アダム、リブ、ブルーアスター、レッドアスター、ブルヌスなどがあります。

ベルサは、1960年~74年頃に作られたグスタフスベリのテーブルウエアを代表するシリーズです。

彼の代表作であるベルサは今でも絶大な支持を得ています。

カップ&ソーサーは葉脈がくっきりと描かれた木の葉モチーフが特徴です。

アダムは1956年~74年に作られた食器です。

均等に並んだドットに遠近法を用いて立体的な印象に仕上げています。

現代のラインも当時の設備を活用しながら手作りに近い製法で作られ、一つずつ表情の違う温かみのある製品に仕上がっています。

ロイヤルコペンハーゲン

ロイヤル コペンハーゲンは、1775年にデンマーク政府が設立しました。

設立してから240年以上に渡って、2,000種類近くの陶磁器を作っている、ヨーロッパの中では深い歴史のある陶磁器メーカーの一つです。

小国・デンマークでは、ロイヤルコペンハーゲンの食器を必ず持っていると言われています。

また、ロイヤルコペンハーゲンは濃淡のあるブルーの絵付けが特徴で、白と青のコントラストで作られている作品が多くあります。

「ブルーフルーテッド プレイン」はブランド設立当初から作られている代表的なロングセラーシリーズで、陶磁器工房が設立して最初に完成されました。

ブルーフルーテッドの絵柄は中国が起源と言われています。

似たようなデザインは世界中の磁器窯に広まったものの、ロイヤルコペンハーゲンは世界中から絶賛され、真のブルーフルーテッドと位置づけされています。

「フローラ・ダニカ」も1790年から作られている有名なシリーズです。

デンマーク領土にある約3,000種類の植物を収めた植物図鑑「フローラ・ダニカ」がデザインの元になっています。

北欧食器の買取相場はどれくらい?

北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介

買取市場における北欧食器の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

ブランドごとのおおよその買取相場をまとめましたので、以下の表をご参照ください。


ブランド名買取相場
ロイヤルコペンハーゲン~50万円前後
アラビア~1万円前後
イッタラ~1万円前後
ロールストランド~1000円前後
グスタフスベリ~1000円前後

※上記の相場表は、あくまで目安です。あくまで作家の中でもっとも人気のある作品の相場を記載しております。骨董品の状態によってはお値段が付かない場合もございます。

※査定させて頂く骨董品などの状態次第では、買取相場は上記に比べて大きく変動しますのでご了承ください。

※骨董品に汚れや傷などがある場合には、額面を下回る買取価格となる場合もございます。

※弊社基準により一部の骨董品は査定対象外となります。

ただし、あくまでもこれらは人気作品で保存状態が良いなどの条件が揃った場合の買取相場です。

実際の買取価格とは異なる場合がありますので、あくまで参考程度と考えてください。

 

北欧食器の買取方法について

北欧食器の人気ブランドと買取方法をご紹介

北欧食器の買取方法は出張買取、宅配買取、持ち込み買取の3つがあります。

買取業者によって食器の買取方法が違う場合があるので、興味がある業者を見つけたら相談してみましょう。

出張買取

出張買取は、業者の査定員が利用者宅に直接出向く買取方法です。

査定後、買取金額に納得がいけば、その場で現金で受け取れる業者もあります。

食器を複数枚持っていたら買取店まで持ち運ぶのは大変ですし、店舗まで持っていく最中に食器を落として壊れる恐れがあります。

出張買取なら食器を持ち歩く負担なく、自宅にいたまま査定に出せるのが特徴です。

申し込み方法は後述する宅配買取と持ち込み買取と同じように、買取業者のホームページにあるお問い合わせフォームに必要事項を入力します。

後ほどオペレーターから折り返しの連絡が来て、査定希望商品の確認、出張買取の説明、査定員の訪問日調整などを質問します。

コンプライアンス遵守を徹底している買取業者であれば、査定前に行商従業者証を提示し、査定内容の説明してくれます。

査定中は一点ずつ丁寧に品物を見て、利用者の意思を確認してから買取契約をするのでご安心ください。

ただし、便利な出張買取でも以下のデメリットがあります。


・利用者が希望する日時に申し込めず、待たなくてはいけない場合がある

・自宅に知らない人が来ることに抵抗がある

・サービス対象外の地域だと使えない場合がある


買取業者を利用するのが初めての人は、出張買取について不明点が多くあるでしょう。

買取業者の多くはフリーダイヤルで相談を受け付けているので、少しでも興味があれば相談してみることをおすすめします。

宅配買取

宅配買取は、利用者が食器を自宅やコンビニから宅配便で買取業者に送る方法です。

出張買取のように自宅に査定員を呼ぶ手間を省きたい人や、自分の都合で買取に出したい人、査定のための準備が面倒な人に向いています。

宅配買取は、食器を入れる査定用キットが無料でもらえる業者があります。

さらに査定用キットを入れた品物の送料、査定料、振込手数料も無料なので気軽に使えます。

しかし、宅配買取は以下のデメリットがあります。


・査定用キットがない業者だと自分でダンボールや梱包材を用意する

・業者によっては希望する査定金額ではなく返送を希望すると着払い(利用者負担)になる

・買取業者に食器が届いてから査定金額が出るまで時間がかかる


査定から買取金額受け取りまでを自宅で完結できるメリットがありますが、査定用キットがない業者だと準備に余分な出費と手間が発生してしまいます。

また、食器などの割れ物は宅配買取が使えない買取業者もあるので、申し込みをするなら業者のホームページにある注意事項を確認しましょう。

持ち込み買取

持ち込み買取は、利用者が買取店に直接持ち込んで食器を査定してもらって、納得できたらその場で現金を受け取れる方法です。

持ち込み買取を提供している買取業者は、完全予約制で待ち時間なく査定を受けられます。

また、プライバシーを重視して個室で査定してもらえるため、個人情報が他の利用者に漏れず安心です。

商品知識と経験豊富な査定員がいつでも在籍しているので、査定中に困ったことがあったら直接質問もできます。

しかし、デメリットは自宅から店舗まで食器を持ち込むときに破損の恐れがあることです。

箱に入っている食器も移動中に車で運ぶ際にも、食器同士がぶつかれば割れてしまうかもしれません。

食器の買取方法は、保存状態や数によって合う方法をしっかり検討しましょう。


ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください