24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント
クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

クリスチャン・ラッセンとは、日本を中心に人気のある、海や自然をテーマに描いているアーティストです。

クリスチャン・ラッセンの作品を買取に出したいと検討されている方は、どのように手放そうか迷っているのではないのでしょうか。

今回の記事は、クリスチャン・ラッセンの経歴と人気作品および買取相場、買取方法、少しでも高く買い取ってもらうポイントをご紹介します。

クリスチャン・ラッセンの経歴

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

クリスチャン・ラッセン(以下、ラッセン)は、マリンアートの先駆的なアーティストです。

ラッセンは、1990年代に日本で大変人気があったアーティストで、アートに馴染みのない人でも名前を知っているくらい有名です。 現在も日本を中心に展示会を行って、福井沖原油流出事故では寄付をするほどの親日家でもあります。

ラッセンは11歳でハワイ・マウイ島へ家族で移住し、海・イルカ・偉大なる自然に感化されて、1976年よりアートの制作を開始します。

1983年に国連の「クリーンオーシャンキャンペーン」のイメージアートとして「サンクチュアリ」を制作し、後に国連記念切手となって切手の収益が国連の活動に使われました。

1989年には、ホノルルマラソン公式アーティストに選定されます。 また、1990年には常に感動を与えてくれる海に恩返しをしたいという思いから、1990年に自ら環境保護団体「シービジョン財団」を設立します。

1996年には、イライジャ・ウッドが主演した映画「フリッパー」の公式ポスターを制作します。 さらに1998年には「国際海洋年1998」の公式ポスターを制作し、NGO「F.U.N.」の親善大使に任命され、世界中で環境保護を訴えました。

ラッセンは1989年以降、アーティストの作品の展示会や販売・プロモーション支援を行うアールビバン社と契約します。

ラッセンが日本を中心に展示会を行ったことからマリンアートはブームになり、特に原画展「ピース」は、日本でのラッセンの地位を確立する契機となります。

この原画展と、1997年と2002年に開催された「全国縦断クリスチャン・ラッセン原画展」とを併せて、来場者数は10万人以上に上りました。

ラッセン作品の技法とは?

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

ラッセンの作品は「ミクストメディア技法」と「ジークレー版画技法」の2つによって作られています。

ミクストメディア技法

ミクストメディア技法とは、いくつかの版画技法を掛け合わせて作るものです。

具体的には下絵から版をおこしたものに、シルクスクリーン(版の孔を通してインクを下に押し出して刷り取る方法)や、リトグラフ(版の表面は平らなままでインクをのせる部分とのせない部分を作って転写する方法)などで加刷(かさつ)すると、作品に奥行きと立体感が増す技法です。

ミクストメディア技法は、作家によって組み合わせ方が様々で、複数の技法を合わせることで今まで表現できなかった色彩を表現できます。

ジークレー版画

ジークレー版画は、原画の画像をパソコンでデジタルに変換し、専用のプリンターで版画用紙やキャンバスに微細なインクを噴霧する技法です。

ジークレーの特徴は、原画の再現性の高さです。 ジークレーは限定版画作品を制作するために活用でき、制作コストを大幅に軽減し、尚且つ原画に劣らない高い質感を誇ります。

制作時は必ず作家が監修をし、印刷工房にて共同で行います。 ジークレーによって、作品の販売数が増やせ、アーティストの評価が上がる仕組みを作れます。

ジークレーでの制作は、印刷オペレーターが原画の質感を忠実に再現するために、何度も色彩調整をしています。 版画技術はデジタル化が進んでいて、ジークレーは200年褪色することがないと言われています。

また、紙も湿気で酸化しにくいドイツの版画紙を使用するなど、従来の版画技法から進歩しています。

クリスチャン・ラッセンの人気作品

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

ラッセンの作品は、イルカ・クジラなどの海の生き物をメインに、ディズニー・ビッグキャットといった人気キャラクターを用いることも多いです。

アートに馴染みのない人にでも取っつきやすいラッセンの作品は、ジグソーパズルやカレンダーなどのグッズにもなっています。

ここでは、ラッセンの人気作品の一部をご紹介します。

人気の作品は以下の通りです。

・マザーズラブ
・バランスオブライフ

マザーズラブ

1996年に制作されたマザーズラブは「マザーズ・ラブ」と「マザーズ・ラブII」があります。

マザーズラブはサンゴを背にイルカの親子が泳いでおり、マザーズ・ラブIIは夕暮れの海をバッグに中央にシャチの親子と左右にカラフルな熱帯魚が泳いでいます。

ラッセンの色彩感覚とミクストメディア技法で描かれた作品は、マリンアーティストと呼ばれるラッセンを象徴する一枚です。 マザーズラブは縦型と横型の作品があり、直筆サインなどが入っています。

バランスオブライフ

1999年に制作されたバランスオブライフは、250部限定版で発表された作品です。 バランスオブライフは宇宙をバッグに月や地球が描かれ、中央にイルカが飛び跳ねて波を打っている作品です。

バランスオフライフは金色のペンで直筆サインが描かれ、キャンバスにジークレーと手彩色で描かれています。

クリスチャン・ラッセンの買取相場

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

ラッセンの作品は、制作年・保存状態・人気の作品・サイズによって、買取相場が異なります。

ラッセンの作品は、基本的にSサイズとLサイズがあり、テーマによっては大型キャンバスの作品があります。 Sサイズは6~10万円、Lサイズ20万円、大型キャンバス24万円で買取されたケースが存在します。

絵画は、作家の知名度や保存状態、買取をしてもらう場所によっても買取相場が変動します。

クリスチャン・ラッセンの買取方法

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

アート作品は、買取相場が高値になる傾向があるため、買取方法も吟味する必要があります。 ここでは、ラッセンの作品の買取方法を以下の3つにまとめてご紹介します。

・ネットオークションを利用する
・質屋を利用する
・アート作品の買取実績が豊富な買取業者を利用する

ネットオークションを利用する

ネットオークションは、雑貨・日用品だけではなく、骨董品や美術品などの高価な品物も誰でも気軽に出品できます。

コレクターが欲しがるような希少なアイテムが多数出品されていることも、ネットオークションの特徴です。

ネットオークションは、気軽に出品できるメリットがある一方で、落札者とのトラブルが起きたら全て自己責任になってしまいます。

さらに、出品者は保存状態や作家の知名度などを考慮して、適切な落札価格を設定しないと落札されないどころか、想定より安く売れてしまう可能性もあります。

質屋を利用する

アート作品は、落札や買取以外にも、質屋に預けることで現金を借りられます。 質屋に作品を持ち込めば、すぐに査定をしてもらえて現金を得ることができます。

質屋は、預けた人が期限までに品物を取りに来なければ、中古市場に流してしまいます。 しかし、期限までに借りた元金と利息を返済すれば、品物が返ってくるメリットがあります。

ただし、消費者金融や銀行のカードローンより、金利が高い質屋もあります。 ホームページに金利が載っている質屋もある中で、月1~8%程度の金利が表示されていると安く感じるかもしれません。

しかし、質屋で1年以上に渡って現金を借りたい場合は、年利に換算すると消費者金融や銀行より高くなることがあるため、質屋に持ち込むのには注意が必要です。

アート作品の買取実績が豊富な買取業者を利用する

ラッセンの作品は、アート作品の買取実績が豊富な業者に査定をしてもらいましょう。

アート作品の査定経験が豊富な買取業者は、作家の知名度・技法・保存状態・付属品はあるか・需要があるか・偽物かどうかを踏まえて、価値に見合った買取金額を出してくれます。

ラッセンの作品には、Sサイズ・Lサイズ・大型サイズがあります。 サイズの大きな作品や、保管している作品がいくつもあると、売るために買取店に持ち運ぶ負担があります。

そこで出張買取を活用すれば、自宅にいながらラッセンの作品をまとめて売ることができます。

大手の買取業者は、出張買取をしている業者が多く、アート作品以外にも多様な買取品目があります。 さらに、大手の買取業者は、無料査定を行っている業者もあります。

高価なアート作品を売ることに慎重な方は、査定金額を知ってから買取するかどうかを検討することもできます。

ご自宅の近くにある出張買取をしている業者を調べてみましょう。

ラッセンの作品を少しでも高く買い取ってもらうポイント

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

アート作品を少しでも高く買い取ってもらうには、ポイントがあります。 いくつかのポイントを押さえてから査定に出すと、高く買い取ってもらえる可能性が上がるでしょう。

きれいに保管しておく

アート作品の状態が悪いと買取金額が下がることもありますが、一方で保存状態が良い方が少しでも高い買取金額になる傾向があります。

額縁は、作品をホコリ・汚れ・変色・カビなどから守る役割を担っています。 しかし、作品を長期間壁に飾っていると、額縁にホコリやシミが付着している可能性があります。

額縁以外に表面のアクリル版にもホコリが付着しやすくなります。 ホコリや汚れを見つけたら、乾いた柔らかい布で優しく拭き取って、なるべくきれいな状態で査定してもらうようにしましょう。

ラッセンの作品は額縁が付いて販売されているものもあり、フレームも作品の一部なので額縁から絵を出す必要はありません。

ただし、フレームに傷や凹み、留め具が外れそうになっている場合は、修復や交換しておくと良い状態を保てます。

一方、作品を飾らずに保管する場合は、購入時の箱に入れたままにしている人もいるでしょう。 その場合は、1年に1度は絵を箱から出して、直射日光や冷暖房の当たらない場所に1~2日おいて換気をします。

「買取に出したい」と思い立った時にできるだけ早く手入れをすれば、保管中の悪化や痛みを最低限に避けることができます。 作品をきれいに保存していたとわかるようにしてから査定に出しましょう。

ラッセンの直筆サイン・シリアルナンバーを確認する

ラッセンの作品は、アールビバン社が提供するラッセン作品のみに保証書が付きます。 作品の全てに金ペンでラッセンの直筆サインが描かれています。

ラッセンを含む多くのアーティスト作品には、限定番号(エディション)があります。 絵画は版画の価値を下げないために、原画を限定枚数だけ刷って販売します。

限定番号はアーティストが数量を管理する手段として、さらに限定部数だけを刷った版画であると証明するために、作品1枚ずつに記入します。

番号は版画の余白に分数で記入され、分子が限定番号(通し番号)、分母が限定総部数を示します。 例えば、限定番号「1/100」と記入されているものは、限定番号が1で限定部数が100の作品です。

アーティストが原画と版画を比較して、忠実に再現された版画であると認めたものだけを限定枚数として用意します。

また、ラッセン作品には「ヘッドエディション」と呼ばれる、限定枚数の前に書く以下のような記号があります。

・GL版(ギャラリーラッセンの略)
・CRL版(クリスチャン リース ラッセンの略)
・I版(インターナショナルの略)

アーティストは刷った作品の仕上がり具合を丹念に確認して、少しでも欠陥が見つかれば除外し、納得したものだけを残しています。

ですから、作品に同じシリアルナンバーは存在しないので、偽物かどうかの見分ける手段にもなります。

アート作品の知識を持ったいくつかの買取業者に査定をしてもらう

ラッセンのみならず、アート作品は「買取金額が価値に見合っているか」がポイントです。

査定を1社だけで済ませてしまうと、その業者で出された買取金額を相場だと思ってしまい、買取金額が安すぎることに気づかない恐れがあります。

その場合、いくつかの業者に査定をしてもらうと、作品の価値に見合わない低すぎる買取金額を出されたと気づけます。

買取金額以外にも、業者ごとのサービスの質も比較できるため、吟味しながら決められるのでおすすめです。

買取業者を探すには「アート作品の買取実績」「無料査定があるか」「買取方法の種類」を調べて、口コミで評判が良い業者を見つけましょう。

少々手間がかかりますが、口コミを調べておくと後悔なく、売りに出せる確率が上がります。

ラッセンを少しでも高く売るなら買取専門業者に買い取ってもらおう

クリスチャン・ラッセンを少しでも高く買い取ってもらうポイント

ラッセンは1990年代に日本でブームだったアーティストで、アートに馴染みのない一般家庭でも、一家に一枚は作品があると言われるくらい有名でした。

ラッセンは海・イルカ・自然をテーマに幻想的な色彩の作品が特徴で、現在も日本で展示会を行うほどの人気があるアーティストです。

ラッセンの作品の買取相場は、知名度・技法以外に、保存状態やサイズにも左右されます。 買取を検討しているのであれば、汚れやすい額縁を拭いて、きれいな状態を保ちましょう。

アート作品は、買取方法がいくつかあります。 しかし、一番価値に見合った買取金額を出してもらうには、アート作品の買取実績のある業者に査定をしてもらいましょう。

複数の業者に査定を依頼して、買取金額とサービスの質を比較すれば、後悔なく買取に出せます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

お申し込み

電話で無料相談はこちら

0800-817-2539

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

TVCM特設ページへ